競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    競馬2ch

    5

    ローズS予想|予想オッズ・1番人気ミッキークイーン|ネット評価


    ローズS鉄板の馬単1点勝負
    無料配信決定、トレセン直送ブレーン

    rozu1

    【ローズS】レース展望

     阪神では日曜20日にローズS(GII、芝1800メートル)が組まれている。12日に行われた紫苑Sに続く秋華賞トライアルの第2弾で、3着までに秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられる。

     今年は、この世代の牝馬限定GIを勝った3頭が全て出走する予定。例年以上の豪華メンバーとなった。なかでも注目されるのはミッキークイーン(栗東・池江泰寿厩舎)だ。春は桜花賞出走こそかなわなかったが、同じ日に行われたオープン特別・忘れな草賞から連勝でオークスを制覇。ここまで5戦して連対を外したことがない安定感が光り、そのうちオークスを含む4戦で上がり3ハロン最速タイムをマークしている。ディープインパクト産駒らしい切れ味が魅力だ。阪神コースも【2・1・0・0】の安定感。重馬場で未勝利戦を快勝しており、仮に道悪になっても対応できそうなのは頼もしい。

     レッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎)は、桜花賞で2着に4馬身差をつけて逃げ切った。オークスは折り合いを欠いて10着に敗れただけに、今回の距離短縮は好材料。阪神へのコース替わりも【1・1・1・0】と全て重賞で好走しているだけに強みとなる。ミッキークイーンともども目標はまだ先だが、クラシックホースとして譲れない戦いだ。

     ショウナンアデラ(美浦・二ノ宮敬宇厩舎)はデビュー戦は2着に敗れたが、その後3連勝で阪神ジュベナイルフィリーズを制し、2歳女王に輝いた。惜しくも右前脚の骨折でクラシックには出走できなかったが、ローズSからの始動に目標を定めて調整されている。9カ月ぶりの実戦になるが、阪神JFではレッツゴードンキなどを破っており、能力の高さは世代屈指。久々に加えて距離も未知数だが、前記2頭を打ち破るとすればその最右翼はこの馬だろう。

     クイーンズリング(栗東・吉村圭司厩舎)はデビューから3連勝でフィリーズレビューを制し、桜花賞では2着クルミナル(オークス3着)に0秒1差の4着と好走。オークスは出遅れなどが響いて9着だったが、距離短縮はプラスに働きそうなので見直せる。帰厩後の調教過程は2頭のクラシックホースよりも充実しており、力はぞんぶんに発揮できそうだ。

     ディープジュエリー(美浦・国枝栄厩舎)は新馬戦、500万下特別、オークストライアルのスイートピーSと無傷の3連勝を飾ったが、中2週の強行軍となるオークスをパスして、秋に備えた。世代のトップクラスがそろった今回は試金石の一戦となるが、無敗という戦歴は魅力だ。

     春の実績馬では、サンスポ賞フローラSを勝ったシングウィズジョイ(栗東・友道康夫厩舎)や、チューリップ賞2着のアンドリエッテ(栗東・牧田和弥厩舎)なども侮れない存在になる。このあたりは成長力が鍵となるだろう。

     先週の紫苑Sでは、夏に古馬と対戦して力を付けた2頭が権利を獲得しており、上がり馬も見逃せない。特にトーセンビクトリー(栗東・角居勝彦厩舎)は、牡馬を相手に500万下特別→1000万下特別と連勝中で、勢いは一番。母はエリザベス女王杯を勝った名牝トゥザヴィクトリーで、全兄に重賞5勝のトゥザグローリー、有馬記念をはじめGI2着3回の実績があるトゥザワールドなどがおり、血統背景も一流だ。

     夏に条件戦を勝った馬にはタッチングスピーチ、サンクボヌール(ともに栗東・石坂正厩舎)や、テルメディカラカラ(栗東・石橋守厩舎)などもいる。ほかでは、3歳限定戦ながら未勝利、500万下と連勝中のレーヌドブリエ(栗東・矢作芳人厩舎)も注目の的。4カ月の休み明けがカギだが、母はメジロドーベルという良血馬で、上位に入って不思議がない素質馬だ。引き続き母の主戦だった吉田豊騎手とのコンビで挑む。

     
    ローズSー2014年
     

    1着 ヌーヴォレコルト 岩田康誠

    2着 タガノエトワール 小牧太

    3着 リラヴァティ 松山弘平

     

    競馬ブック想定より

    1番人気 ミッキークイーン

    2番人気 レッツゴードンキ

    3番人気 アンドリエッテ

    4番人気 ショウナンアデア

    5番人気 クイーンズリング

     

    ネット競馬より

    1番人気 ミッキークイーン
    2番人気 レッツゴードンキ
    3番人気 アンドリエッテ
    4番人気 トーセンビクトリー
    5番人気 クイーンズリング

    2chSCの声

    【ローズS予想|予想オッズ・1番人気ミッキークイーン|ネット評価】の続きを読む

    5
    京成杯AH|予想・予想オッズ|アルビアーノの可能性
     
    【京成杯AH(京成杯オータムH)|予想・予想オッズ|アルビアーノの可能性】の続きを読む

    5

    アイビスサマーダッシュ予想オッズ|予想オッズ1番人気セイコーライコウ|ネットまとめ

     


    管理人注目サイトー勝馬プラチナム
    最強伝説ー無料会員
    katiz1


    3月移籍ライコウ連覇で竹内厩舎初重賞

     新潟開幕週のメーンはサマースプリントシリーズ第3戦「第15回アイビスサマーダッシュ」。注目は昨年の覇者で8歳馬のセイコーライコウ。一切の衰えを見せず、今年も得意の夏を迎えた。連覇を飾り、新しい所属厩舎に重賞初Vを贈ることができるか。

     “最後”と“最初”の重賞Vの偉業に挑む。2月の鈴木康厩舎の定年解散に伴い、新規開業の竹内厩舎へ。鈴木康厩舎に最後の重賞勝ちをもたらした愛馬とともに移籍した古谷厩務員は「もう8歳。急に成長するってこともないし、夏場は毎年こんな状態」と穏やかに語る。7~9月で【3・3・0・2】と好成績を残す馬が、例年通りなら心強い。

     昨年のアイビスSDは2番枠から快勝。馬場中央を真っすぐに駆けぬけた。直線競馬は外枠が有利とされるが、古谷厩務員は「気難しい馬で、囲まれると嫌気が差してしまう。囲まれやすい外枠より、内枠がいい」とあえて内枠を希望。4歳時に発症した右前脚屈腱炎の影響で、今でも調教は坂路のみ。「ベテラン馬なので、前の厩舎のパターンをそのままやらせてもらっている」と新厩舎での取り計らいに感謝している。

     韋駄天S→函館スプリントS→アイビスSDという臨戦過程も前年を踏襲。函館スプリントSは昨年と同じ4着、しまいはグンと脚を伸ばした。騎乗した柴田善は「レースに乗っても衰えを感じない」とその若さに舌を巻く。竹内師は「みんなで話してこの馬にとって1番良い方法でやってきた。ここまで思い描いたローテーション。この夏の集大成を勝利で飾りたい」と厩舎の重賞初Vへ意気込む。今年もまばゆい雷光が、新潟の夏を熱くする。

     
    アイビスサマーダッシュの予想オッズです
    1番人気 セイコーライコウ 3.5
    2番人気 ネロ 4.2
    3番人気 リトルゲルダ 6.2
    4番人気 アースソニック 6.8倍
    5番人気 レンイングランド 9.2倍
    【アイビスサマーダッシュ予想オッズ|予想オッズ1番人気セイコーライコウ|ネットまとめ】の続きを読む

    5

    中京記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

     


    注目サイトから無料会員になれます!!
    サラブレッドリサーチ-無料会員
    sarabu1

    【中京記念】祐一仰天!カオスモス一番時計49秒0

     サマーマイルシリーズ(全3戦)の第1戦、中京記念の追い切りが23日、栗東トレセンで行われた。カオスモスは、坂路の併せ馬で半馬身遅れたものの、馬なりで4ハロン49秒0と自己最速&今週の坂路の一番時計をマーク。サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』を獲得し、好調ぶりをアピールした。左回りだと内にモタれるという課題をクリアし、波乱を起こす穴馬になる。

     梅雨に逆戻りしたような雨模様の栗東トレセンに朝一番、どよめき広がった。坂路を駆け上がったカオスモスが馬なりで4ハロン49秒0と破格の時計をマーク。手綱を取った福永騎手も舌を巻いた。

     「なんちゅう時計を出すねん。おれの(栗東坂路調教の)レコードやわ。しかも追っていないからね。毎回、動く馬やけど、調子が悪いと出ない時計。力は出せる態勢だと思う」

     調教駆けするネロ(1600万下)を約2馬身追走。軽快に飛ばす僚馬をマークしながら、ぐんぐん加速していく。直線に向いて並びかけたものの、追いかけたぶん、半馬身遅れてフィニッシュ。それでも、4ハロン49秒0-12秒6は自己最速で、この日の栗東坂路の一番時計だ。サンケイスポーツ調教評価で文句なしの『S』評価を獲得した。

     状態面は万全で、マイル重賞では一昨年のGIIIアーリントンC、昨年のGIIIダービー卿CTでともに2着と実績がある。勝利の鍵を握るのは、前走のオープン特別・パラダイスS(2着)で露呈した課題の克服だ。清永助手は「左回りだとどうしても内にモタれてしまう。前回は今まで以上にそれが出てしまった」と説明する。

     追い切りで癖を確かめた福永騎手は「モタれるところはなかった。レースで追ったり、引っ張ったりすると出るのかもしれない」と語り、「今の中京は馬場が悪いから、内ラチ沿いに行くのはどうかだが、他の馬が外を回って(内に)いなくなるのはいいかもしれない。馬力がある馬だからね」と策をめぐらせた。

     1番人気が15連敗中で、ここ2年は馬連でも万馬券と波乱必至の尾張マイル決戦。今年はカオスモスが好配当を呼び込むかもしれない。(川端亮平)

     
    サンスポ予想王ー中京記念
     
    【中京記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    中京記念予想|予想オッズまとめ|ネット評価まとめ
     
    【中京記念予想|予想オッズまとめ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ