競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    競馬追い切り

    5
    アルゼンチン共和国杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    【AR共和国杯】ラブイズブーシェ運気最高潮!

     ラブイズブーシェが5日、アルゼンチン共和国杯へ向けて栗東トレセンで追い切りを行った。CWコースの併せ馬で先着。昨年の函館記念以来の復活Vへ向け、気配は良好だ。管理する村山明調教師とオーナーのDr.コパこと小林祥晃氏は、コパノリッキーで3日の交流GI・JBCクラシックを制覇。勢いに乗って、中4日でGII優勝を狙う。

     ラブイズブーシェが併せ馬できっちりと先着。復調ムードを漂わせた。

     「『しまいしっかりやって』という指示でした。いいと思いますよ」。手綱を取った古川騎手が好感触を伝えた。

     CWコースで、みやこSに出走する僚馬スリータイタン(1600万下)を1馬身ほど追走した。3コーナーを過ぎて外から並びかけると、一杯に追われてラスト1ハロン13秒0(6ハロン83秒4)で1馬身先着。スパッとは切れず、全体の時計が少しかかったぶん、サンケイスポーツ調教評価は『B』となったが、しっかりと脚を伸ばした。

     村山調教師は「いつもよりしっかり追えたと思います。完全に(気持ちが)乗ったわけではないが、徐々によくなっています」と話す。

     昨年は函館記念で重賞初制覇を飾り、続く札幌記念、天皇賞・秋はともに4着と善戦。その後、不振に陥ったが、前走の新潟記念は中団の内から脚を伸ばして5着と復調の兆しを見せた。今回の東京芝2500メートルは昨年の目黒記念で2着と実績がある。「衰える年ではない。コースも悪くないし、気持ちさえ途切れなければ」と古川騎手。

     オーナーは、サンケイスポーツ土曜のコラム『やさしい競馬開運学』でおなじみのDr.コパこと小林祥晃氏。3日に大井で行われた交流GI・JBCクラシックで、同じ村山厩舎所属の愛馬コパノリッキーで連覇を果たした。陣営の運気は最高潮で、ラブイズブーシェもその勢いに乗る。 (鈴木康之)

     

    サンスポ予想王-美浦

     

    サンスポ予想王-美浦 

     

    主な馬の調教タイム


    スーパームーン

    11/4 南W

    69.2-52.5-39.1-13.0


    レコンダイト

    11/4 栗東坂

    53.9-40.0-26.3-13.2


    ロンギングダンサー

    11/4 南P

    65.9-51.2-37.2-12.2


    ゴールドアクター

    11/4 南W

    65.2-51.4ー38.0-12.8

     

    2chSCの声

    【アルゼンチン共和国杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    マイラーズカップ予想|調教・追い切り|予想・2ch・ネット情報まとめ 
     
    無料予想で40万円・・・!!
    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ


    teki




    【マイラーズカップ復活のサンライズメジャー】

    【マイラーズC(日曜=26日、京都芝外1600メートル=1着に安田記念優先出走権):栗東・得ダネ情報】

     6・7安田記念への重要なステップとなるGIIマイラーズC(26日=京都芝外1600メートル)は、昨秋のマイルCSを制したダノンシャークが左前脚挫石により出走回避。ならば当時ハナ差でビッグタイトルを逃したフィエロが、新マイル王へ向けてうっぷん晴らしの快走を見せる? いやいや、穴党が注目すべきはサンライズメジャー。対フィエロで先着歴のある実績馬の戦列復帰がレースを熱くする。

     サンライズメジャーは昨秋のマイルCSを目前にして無念の出走取り消し。前哨戦のスワンSでは2着と、フィエロ(3着)に先着を果たしただけに、無事に出走できていたならと思わずにはいられない。

     マイル路線は絶対王者不在の混迷の時代が続いている。今年になって一気に台頭してきた新星のモーリス(ダービー卿CT)が本番でも高い支持を集めることが予想されるほど。逆に言えばフィエロはもちろん、このサンライズメジャーも、ここでの走り次第で一気に主役候補に躍り出ることが可能なのだ。そのサンライズメジャー。能力はフィエロにも劣らないことを実証済みとはいえ、ブランクが長い割に帰厩後は目一杯に追っておらず、最終追い切りも馬なり。手ぬるく感じる調整内容が、評価を下げる要因にもなりそうだが…。

    「牧場できっちり乗り込んでいたようで、全く太め感のない体で帰ってきたんですよ。だから帰厩後は、ゆったりとした調整を続けてきました。もちろん体調の不安は何もありませんし、久々でも力を出せる状態にありますよ」(小林助手)

     もともと早くから素材的には有望視されていたが、発馬難や折り合い難が出世を遅らせた。それでもキャリアを重ねることにより落ち着きが出て、昨夏からはオープンでも崩れ知らずの走りを見せている。

    「昨年から良くなってきた馬だけど、今年はさらに大きなところで活躍してほしいと、大いに期待しています。折り合いのことを考えれば、道中の流れも速くなる京都の高速馬場は悪くない」(小林助手)

     スワンSで、いったんは前に出かけたフィエロを差し返すような形で先着を阻止したゴール前の脚は着差以上の強さを感じさせた。復活のサンライズメジャーからの馬券に思わぬ好配当の予感が漂っている。

     

    マイラーズカップ=調教動画

    マイラーズカップ-栗東1

    マイラーズカップ-栗東2

     

    主な馬調教タイム

    テイエムタイホー

    4/23-栗東CW良

    68.8ー53.5-38.9ー11.6

    マイネルメリエンダ

    4/22-南坂稍

    59.0ー42.8ー27.4-13.5

    サンライズメジャー

    4/22-南W稍重

    69.1-53.5-38.8ー12.7

    ディアデラマドレ

    4/25-栗東坂良

    62.4-45.1-28.8ー14.0

    フィエロ

    4/22-栗東坂稍重

    54.4-39.5-25.2-12.3

    フルーキー

    4/25-栗東坂良

    64.2-45.8ー29.0ー13.9

    ヒストリカル

    4/25-栗東坂良

    59.3-42.2-26.7ー13.2

     

     

    競馬馬場のついてはこの1冊をチェック!!

     

    【マイラーズカップ予想|調教・追い切り|予想・2ch・ネット情報まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ