競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    秋華賞

    ローズ予想|2017年|ファンディーナまとめ




    chuumokuuma



    「広告」ランキング…これだけしっかりした馬券師がいるだけに
    無料予想も激アツw無料予想で毎週70万円?GETらしい

    rannking



    ファンディーナ、ヤフーニュースより

    【ローズS】ファンディーナ、カイバ食いが全然違う
    秋華賞トライアル、ローズSの追い切りが13日、栗東トレセンで行われた。
    無敗の3連勝でフラワーCを制し、皐月賞(7着)でも1番人気に支持されたファンディーナが、坂路の2頭併せで併入ながら軽やかに駆け上がり、好仕上がりをアピール。
    CWコースで楽々と先着した桜花賞馬レーヌミノルが、調教評価で最上級の『S』となった。  

    高い素質を示してきたファンディーナが最後の1冠へ向け、再始動だ。皐月賞7着の悪夢を、まずは前哨戦で払拭する。その準備は整った。  

    「やり過ぎないようにという指示。きっちりと体を併せて、手応えはいいように見えました。イメージ通りの追い切りができたと思います」  見届けた高野調教師が目を細めた。朝一番の坂路を4ハロン73秒6で軽く上がった後の2本目。まぶしい朝日を浴びながら、外のタイセイレガシー(3歳未勝利)と歩調を合わせ、最後は併入でフィニッシュ。

    時計は4ハロン55秒0-12秒4と速くはないが、予定通り。力強いフットワークが好仕上がりを印象づけた。  

    「ここまで一杯に追い切ったことはありませんが、本数はこなしてきました。まだ100%ではないけれど、体調は春よりも本当にいいです」  

    トレーナーは納得の表情だ。

    先に秋華賞が控えるが、能力を発揮できる態勢は整ったとみていいだろう。  
    今春のパフォーマンスは強烈だった。3連勝でGIIIフラワーCを制して、牡馬相手の皐月賞で1番人気に支持されたほど。7着とはいえ、早めに先頭に立ち見せ場はつくった。デビュー時に516キロだった馬体重は皐月賞では504キロに減っており、指揮官は「使っていた疲れなどもあったと思います。

    振り返れば、よくやっています」と悲観していない。  
    夏の休養で、馬体重は520キロ台後半まで回復した。
    トレーナーは「今は馬体の維持に全く苦労していない。
    カイバの食いが全然違うんですよ。

    多少緩いが、シルエットは問題ない。走れる体つきです」と胸を張った。  
    皐月賞で初黒星を喫したが、まだ牝馬に負けたことはない。

    春は別路線に向かったファンディーナが、秋は牝馬同士の戦いで頂点へ。
    そのスタートを切る。
    【ローズS】ファンディーナ不安一“走”高野師も絶賛12秒4
     3枚の秋華賞切符を懸けた「第35回ローズS」(17日、阪神)の追い切りが13日、栗東トレセンで行われた。秋こそG1獲りへ…と期待を背負うファンディーナは坂路で余裕の仕上げ。乗り込み量に不安はあっても、それをはね返すだけの逸材に注目だ。

    また月曜(18日)中山の菊花賞TR「第71回セントライト記念」(3着までに優先出走権)では、ミッキースワローが好気配。実戦想定の最終追いを終え、いざ台風の目に。  派手なパフォーマンスを封印してサラッと済ませた。ファンディーナはいつも通り坂路2本乗り。1本目を4F73秒6で駆け上がって13分後に再度スタート地点へ。

    タイセイレガシー(3歳未勝利)との併せ馬は最初の1Fを15秒0で入り、そこから徐々にペースを上げていく。その気になれば4F51秒を切る脚力がありながらもオーバーワークを避けて4F55秒0にとどめ、ラスト12秒4としまい重点で同入。
    高野師が納得の表情で切りだす。  

    「併せ馬で全体時計を遅くして、しまいも追わないように。イメージ通りにやれました。先週の追い切り後も順調に来ているし、今朝もいい動きでしたよ」  

    前走・皐月賞で7着に敗れ、その後はオークスを見送って放牧へ。
    一戦ごとに減っていた体はすぐに回復した。「新馬戦の体重(516キロ)をキープするのが理想。先週で520キロ台の後半だし、体重は問題ないですよ」と明るい表情。

    ただし、夏場の暑さが影響して立ち上げが遅れたこともあり、ビッシリ乗り込めてはいない。高野師は現状を包み隠さず伝える。  

    「常識的にはビシバシやるところだけど今はまだそういう状況ではありません。
    カイ食いはいいし、コンディションは100%だけど乗り込み量が不足しているんです。正直ここを使って良くなれば…という位置付けですね」  

    春に新馬、つばき賞、フラワーCとデビュー3連勝を飾り、来月15日の秋華賞出走に必要な賞金は加算済み。3枚のG1切符を懸けたトライアルとはいえ、その権利獲りとは無縁の立場にいる。良化の余地を残しながらで、割引が必要だとしても能力は一級品。

    「物見しないし、初コースであたふたするタイプではありません。
    跳びが大きくて奇麗なので道悪は分からないけど、パワーは相当ありますよ」と未経験の阪神と週末の雨予報は気にしていない。

    本番にどうつなげるか。
    そこが問われる秋初戦になる。


    フラワーカップ-2017年




    1着 ファンディーナ


    でもさ・・・これ今思うと相手しょぼすぎたw
    2着 シーズララバイ
    3着 ドロウアカード

    ・・・・

    今回はフラワーカップみたいにはならない。






    競馬ファンならここの無料予想は無視できない。
    ギャロップジャパンの無料予想が熱いz

    gjs

    秋華賞予想|2016年|概要まとめ

    競馬ファンなら。。。。ここチェック

     大本命と目されていたオークス馬シンハライトの故障(屈腱炎)離脱で、一転混戦ムードとなった秋華賞。最後の1冠を手にするのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■10/16(日) 秋華賞(3歳・牝・GI・京都芝2000m)

     ビッシュ(牝3、美浦・鹿戸雄一厩舎)はトライアルの紫苑Sを2.1/2馬身差で完勝。春のオークス3着馬が、ひと夏を越しての成長ぶりを見せつけた。オークス1・2着のシンハライト・チェッキーノが戦線離脱、桜花賞馬ジュエラーも骨折明けのローズS敗退となれば、順調さと実績からいって本馬が主役を張ることになりそうだ。

     ジュエラー(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)はローズSで11着に終わったが、これは故障明けと馬場が悪かった分だろう。春のチューリップ賞や桜花賞でシンハライトと激戦を繰り広げたように、底力は間違いなく世代トップクラス。一気に巻き返しての戴冠が期待される。

     ヴィブロス(牝3、栗東・友道康夫厩舎)は紫苑Sで2着。3コーナーで大きく不利を受けながらも、直線でよく追い上げており、着差(2.1/2馬身)ほどには勝ったビッシュとの力差はないと言っていいだろう。2012年の本レースでハナ差敗れた姉ヴィルシーナの悔しさを晴らせるか。

     その他、ローズSでシンハライトとハナ差2着のクロコスミア(牝3、栗東・西浦勝一厩舎)、一叩きして良くなりそうなパールコード(牝3、栗東・中内田充正厩舎)、ローズSで3着の良血馬カイザーバル(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)、京都替わり歓迎のレッドアヴァンセ(牝3、栗東・音無秀孝厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

     
    桜花賞-2016年



    1着 ジュエラー
    2着 シンハライト
    3着 アットザシーサイド



    オークス-2016年




    1着 シンハライト 池添謙一
    2着 チェッキーノ 戸崎圭太
    3着 ビッシュ 横山典弘


    紫苑S-2016年


    1着 ビッシュ 戸崎圭太
    2着 ヴィブロス 福永祐一
    3着 フロンテアクイーン 蛯名正義


    ローズS-2016年



    1着 シンハライト 池添謙一
    2着 クロコスミア 岩田康誠
    3着 カイザーバル 四位洋文



    【秋華賞予想|2016年|概要まとめ】の続きを読む

    5

    秋華賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ 

     
    《広告》 競馬予想はここ信頼
    無料予想が激アツ・・・競馬予想を信頼

    bakenshuuka1


    大外ミッキークイーンが果たして

     注目のミッキークイーンの枠順は大外18番に決まった。兼武助手は「今回はゲートが肝心なので、最後に入れられるのはいいんじゃないか。内でゴチャつくこともない」と淡々としたもの。金曜朝は引き運動と軽めのメニューを消化。「追い切り後もひどくイレ込むこともない。前走より状態は明らかに良くなっている。ゲートさえしっかり出てくれれば」と大一番へ力を込めた。

     
     
    【秋華賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    秋華賞予想|予想・予想オッズまとめ
    ココロノアイぶっつづけOK

     オークス(7着)のレース後に右第1指骨剥離骨折が判明し休養していたココロノアイは、美浦Wコースで半マイルから一気にスピードアップ。行き出した直後に一瞬、掛かる素振りを見せたが、すぐさま落ち着きを取り戻し、いつものしなやかなフットワークで駆け抜けた。動き、体ともに久々の重ったるさは微塵も感じられない。

     先週5Fから一杯に追われており、「けさは反応を確かめる程度。動き自体は良かったし、ひと追いごとに良くなっているのを感じる。態勢は整った」と尾関調教師。同じく久々でスプリンターズSに挑み、2着と激走したサクラゴスペルの再現を目論んでいる。(夕刊フジ)

     

    競馬ブック想定より

    1番人気 ミッキークイーン

    2番人気 レッツゴードンキ

    3番人気 タッチングスピーチ

    4番人気 トーセンビクトリー

    5番人気 アンドリエッテ

     

    ネット競馬より

    1番人気 ミッキークイーン

    2番人気 レッツゴードンキ

    3番人気 タッチングスピーチ

    4番人気 トーセンビクトリー

    5番人気 クイーンズリング

     

     

    【秋華賞予想|予想・予想オッズまとめ】の続きを読む

    秋華賞予想|1週前登録馬から注目馬|ミッキークイーンまとめ




    《広告》 秋華賞はここの無料会員になっておけばお得な馬券
    チェンジの無料予想が熱い、指定サイトから無料会員になっていると
    おすすめです
    shuukachn





    『秋華賞』ミッキー万全あとは発馬次第、池江『5分に出て中団にさえいれば』

     「秋華賞・G1」(18日、京都)

     発馬難という春からの課題は残した一方で、オークス馬としての体面は保った。ローズS2着からの巻き返しをもくろむミッキークイーンが、主役としてラスト1冠に臨む。岩崎助手は「カイ食いはいいし、体も減っていません。前走を使ったことで締まりが出た感じ」と万全の状態を強調する。

     あとはゲートだけ。「内回りですからね。出遅れると致命的になる。五分に出て中団にさえいれば」池江師は願うように話す。できれば前哨戦で不安の芽は取り除いておきたかった。だが、「これまでで五分に出たのはオークスだけ。ゲートの中で前脚を動かしてしまう。出れば抑えは利く馬なんです。その分、伸びてくれますから」と、昨年のショウナンパンドラに続くレース連覇を狙う浜中は相棒の能力を信頼する。

     オークス&秋華賞W制覇は4頭の三冠牝馬以外に97年メジロドーベル、06年カワカミプリンセス、13年メイショウマンボの3頭。自慢の末脚で偉業を成し遂げる。

     

    ミッキークイーン

    父-ディープインパクト、母父-Gold Away

     

    オークス(優駿牝馬)-2015年


    2015年 オークス結果

    1着  ミッキークイーン 浜中俊

    2着 ルージュバック 戸崎圭太

    3着 クルミナル 池添謙一


     

    ロースS-2015年


    2015年 ローズS結果

    1着 タッチングスピーチ ルメール

    2着 ミッキークイーン 浜中俊

    3着 トーセンビクトリー 武豊

     

     

    2chSCの声
     

    【秋華賞予想|1週前登録馬から注目馬|ミッキークイーンまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ