競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    福島牝馬S予想

    福島牝馬S予想|2017年|予想オッズまとめ

    一撃帝王で福島牝馬Sの情報をGETしましょう。
    無料でここまでのサイトは珍しい


    ヤフーニュースより
    武豊5年ぶり福島参戦 古馬牝馬重賞完全制覇近づく

    最終週を迎える福島競馬に武豊が参戦する。“春の福島”で手綱を取るのは東日本大震災後の12年「福島復興祈念競馬」以来5年ぶり。自身の古馬牝馬重賞完全制覇(残すは福島牝馬S、府中牝馬S、ターコイズS)も近づくとあって、力が入るに違いない。

      
     福島での騎乗に、ユタカは「久しぶりだね」と笑みをのぞかせた。土曜メインの福島牝馬Sにはクインズミラーグロで挑む。「もともと昔に乗っていたし、ここのところ安定している」。同馬にはデビュー4戦目で初騎乗し(3着)、6戦目で初勝利へと導いた。前走の中山牝馬S(3着)でまたがっていたのが同期の蛯名ということもあり、「先週会って、最近ゲートの中が悪いと聞いたよ。小回りだし、スタートが鍵だね」と好走のヒントを得たようだ。

      
     先週の皐月賞では12番人気のダンビュライトを3着に導く好騎乗。名手は「先週は穴ジョッキーだったけど、今週は本命ジョッキーで(笑)」と白い歯を見せ、人気馬と臨むみちのくでの一戦を楽しみにしていた。(デイリースポーツ・向 亮祐)

    【福島牝馬S予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5

    福島牝馬S(福島牝馬ステークス)予想|調教・追い切り|2ch・ネットまとめ

     


    無料予想で40万円・・・!!

    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ


    teki



    パワースポットは体調上向き、福島牝馬S厩舎情報/美浦トレセンニュース

     4月25日(土)に福島競馬場で行われる福島牝馬S(GIII・芝1800m)に出走予定の美浦所属各馬について、関係者に取材した。

    ■オメガハートロック(牝4・美浦・堀宣行)について、橋本篤典調教助手。
    「前走の中山牝馬S(GIII・8着)は途中で止める気難しい面も見せず、集中して走れていました。若干のんびり構えた感じもあり、もう少し早めに仕掛けても良かったようにも思いますが、レース内容は良くなってきています。前走後は、短期放牧を挟んで順調にきています。まだ気の悪さも残っていて良化途上ではありますが、体も締まってきました。中山でも走っていますから、小回りの福島も大丈夫でしょう」

    ■パワースポット(牝7・美浦・菊沢隆徳)について、菊沢調教師。
    「最近は輸送をしても体が減らなくなりました。中間も飼い葉を食べていますし、元気一杯です。暖かくなってきて体調もさらに上向いてきました。福島コースなので、直線でうまくさばければ良いですね」

    ■フィロパトール(牝6・美浦・武藤善則)について、武藤調教師。
    「先々週、先週と少し重たかったのですが、追い切りはビシッとやっています。その分、体も絞れてきました。今回は重賞なので、今週(4/22)も動く馬の後ろに入れてビッシリ追い切りましたが、時計も良く動きも良かったです。データ的には叩き良化型と言われていますが、福島では休み明けで2着になったこともありますし、昨年の福島記念(GIII)ではいつもよりレースをしにくい位置で4着に来てくれました。得意な福島ですし、期待したいですね」

    ■アルマディヴァン(牝5・美浦・高橋文雅)について、高橋調教師。
    「レースを使うごとに良くなっています。これまでは左回りで良績を収めていますが、前走の幕張S(1600万下)は中山の1600mで勝てたことは大きかったと思います。これまでは脚質的なものもあって、1400m、1600mを使ってきたので、おのずと左回りの中京や東京で走ることが多かったのですが、右回りでも問題はありません。今回は小回りで距離も1800mに延長されますが、力をつけていますし、展開がハマれば楽しみはありますね」

    ■グレイスフラワー(牝6・美浦・宗像義忠)について、宗像調教師。
    「前走の中山牝馬S(6着)は休み明けでしたが、最後は良い脚を使っていました。叩かれて良くなっていますし、今週(4/22)の追い切りでも気合いが入ってきた感じがしました。体もだいぶ絞れてきましたね。小回りの1800mになりますが、柴田善臣騎手にうまく乗ってもらえればと思います」

    ■ペイシャフェリス(牝4・美浦・高市圭二)について、高市調教師。
    「いつも追い切りは動きますが、今週は時計も動きも良かったです。前に行く馬なので、枠順が鍵になると思います。できれば真ん中くらいの枠が理想です。小回りの福島なら距離も大丈夫だと思います。自分のペースで行ければ持ち味を発揮できるでしょう」

    ■ウエスタンメルシー(牝4・美浦・奥村武)について、奥村調教師。
    「1000万下、初音S(1600万下)と連勝する前の4戦は、夏場で馬が萎んでいたのもありましたし、雨が降ったり、札幌の外枠に当たったりと惨敗続きでした。馬が精神的に折れてしまってはいけないということで、刺激を与える意味もあり、2走前に勝った時は中1週でレースに出走させました。また初音Sで乗ってくれた後藤騎手が、レース後に折り合いも心配ない、脚をためてレースを進めるのも大丈夫、中山牝馬Sに行ったらおもしろいと言ってくれまたので、この条件も大丈夫だと思います。

    攻め馬の動きとレースが直結するわかりやすい馬です。先週、丸田騎手が乗ってビシッとやり、今週は予定通りに良い併せ馬ができました。馬の後ろに入れても折り合いも良かったです。重賞ですから甘くはないですけど、状態が良いので期待したいです」

    (取材・文・写真:佐々木祥恵)

     
    【福島牝馬S(福島牝馬ステークス)予想|調教・追い切り|2ch・ネットまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ