競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    直前情報

    フローラS予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】日曜東京11R・フローラS

    ◇アストラサンタン「直線で一瞬離されかけたけど、そこからもう一度脚を使ってくれた。もうひとつギアがあった。最後はよく差し切ってくれたし、今日は勝ててよかった」(Mデムーロ騎手)

     ◇ヴェロニカグレース「前半は真面目すぎる感じがあったが、未勝利を勝ったときと比べても、これなら勝てると思った。でも、最後はちょっと甘くなってしまって…」(戸崎圭騎手)

     ◇ウスベニノキミ「掛かる面があるので出たなりで、この馬のリズム重視で運んだ。直線を向いてからもよく伸びてくれた。頑張っていたし、力のある馬」(内田博騎手)

     ◇オスカールビー「素直なタイプ。ビュッと切れないのである程度のポジションを取ったけど、(ラストは)思ったほど伸びなかった」(国分優騎手)

     ◇オハナ「理想はツヅミモンの後ろ(4番手)だったが、取れずに1列後ろになった。そのあたりがうまくいっていれば、もう少し接戦になっていたと思う」(石橋脩騎手)

     ◇カーサデルシエロ「追い切りを一杯にやっておらず半信半疑な面もあったが、スムーズさを欠きながらもしっかりと脚を使ってくれた」(北村友騎手)

     ◇サトノワルキューレ「今日は長く脚を使ってくれた。能力があり、スタミナも豊富なタイプ。いい牝馬」(Mデムーロ騎手)

     ◇サラキア「(ゲート内で)下がったときに開いてしまって…。最後はよく伸びてきていただけに、もったいなかった」(池添謙騎手)

     ◇ディアジラソル「この枠順だし、うまく内で脚をためることができた。勝負どころでもスムーズにさばいて外へ出せたし、うまくいった。距離的には1600メートルがぎりぎりかもしれない」(内田博騎手)

     ◇デュッセルドルフ「口向きを気をつけてほしいと言われていたので、返し馬で確認したが、確かにハミが当たると頭を上げそうな感じだった。それで、フワッと出していった。すぐ折り合いがついたし、少頭数の外枠も良かった。最後はもっと伸びるかと思ったけど、まだ気を使っている感じ。そのぶん伸びしろもあると思うし、楽しみな馬」(石橋脩騎手)

     ◇ノーブルカリナン「スタートが遅かったのは僕のミス。先のある馬だし、道中はじっくり構えた。しまいはよく伸びたが、この流れだった。いいバネがあるし、これからもっと良くなると思う」(勝浦正騎手)

     ◇ノームコア「返し馬でエキサイトしていたが、レースでは落ち着いていた。手応えがあまり良くなかった割には最後まで頑張ってくれた」(北村宏騎手)

     ◇パイオニアバイオ「惜しい競馬が続いていたし、ようやく勝たせてあげることができてよかった。馬も頑張ってくれた。もともと力があるし、上のクラスに上がってもやれると思う。ここまで状態を維持してくれた陣営、乗せ続けてくれたオーナーに感謝」(石橋脩騎手)

     ◇ハイヒール「落ち着いて上手に走ってくれた。距離延長がいい方向に出てくれた」(藤岡佑騎手)

     ◇ファストライフ「今日はスタートをうまく出てくれた。勝負どころで少し反応が悪かったけど、直線でまた脚を使ってくれた」(大野拓騎手)

     ◇ラブラブラブ「2コーナーから向こう正面にかけて左へ行く面を見せていたし、直線でもそれを矯正しながらだった。それでも、けいこの感触が良かったので、期待をしていた。気性面で成長してくれれば楽しみ」(松岡正騎手)

     ◇レッドベルローズ「この距離も大丈夫だった。直線を向いてからの反応も良かった。最後は物見をしていたし、スタート前にテンションが上がるなど、まだ子供っぽいところはあるが、能力の高い馬」(ルメール騎手)

    【データで勝負】日曜東京11R・フローラS

    【データからの注目馬・東京11R】

    ◎(4)サトノワルキューレ

    ☆近5回の同名レースを参考。1着馬はすべて前走が非重賞組。一方、2着馬は4頭が重賞で5着以内の実績馬だった。関西馬【4・3・2・34】→前走が4着以内で、前回と同じ騎手が騎乗なら【3・1・1・5】

     好走条件に合致する関西馬のサトノワルキューレに注目する。スタミナ豊富で長く脚を使えるため東京コースも向く。

    【フローラS】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆前走 フラワーC組が3勝6連対と優勢だが、近年は500万下からの臨戦馬も活躍。着順は4着以内が理想的。

     ☆外枠警戒 外枠不利のコースだが、枠番別勝利数では8枠が3勝とトップ。1、3、4枠が2勝で続く。

     ☆距離経験 連対20頭中18頭が1800メートル以上に出走経験があった。マイルまでしか経験のない馬は割引。

     ☆騎手 内田が08、09年連覇含む4勝。

     結論 ◎ノームコア ○ウスベニノキミ ▲サトノワルキューレ



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    5

    阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)予想|直前情報まとめ


    競馬予想が激アツ!!
    競馬ファンならここを使え
    競馬予想コンシェルジュ

    keibayosoukon

    メジャーエンブレムが3.1倍で1番人気/阪神JF前日オッズ

     13日に阪神競馬場で行われる、第67回阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳・牝・GI・芝1600m・1着賞金6500万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、アルテミスS2着からの戴冠を狙うメジャーエンブレム(牝2、美浦・田村康仁厩舎・3.1倍)が支持された。

     続いての2番人気は函館2歳Sの勝ち馬ブランボヌール(牝2、栗東・中竹和也厩舎・6.8倍)、3番人気はデビューから2連勝中のアットザシーサイド(牝2、栗東・浅見秀一厩舎・8.6倍)となった。

     以下、ファンタジーSを制したキャンディバローズ(牝2、栗東・矢作芳人厩舎・8.8倍)、アルテミスSを勝ったデンコウアンジュ(牝2、栗東・荒川義之厩舎・8.9倍)、白菊賞から中1週で臨むアドマイヤリード(牝2、栗東・松田博資厩舎・15.3倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    02 メジャーエンブレム 3.1
    11 ブランボヌール 6.8
    09 アットザシーサイド 8.6
    15 キャンディバローズ 8.8
    17 デンコウアンジュ 8.9
    01 アドマイヤリード 15.3
    04 クードラパン 16.8
    07 クロコスミア 22.3
    06 メイショウスイヅキ 31.2
    13 ウインファビラス 34.5
    18 メジェルダ 36.8
    10 ペプチドサプル 38.6
    05 ペルソナリテ 42.3
    08 メジャータイフーン 47.7
    12 ウインミレーユ 50.6
    14 ジェントルハート 69.0
    03 マシェリガール 73.9
    16 キリシマオジョウ 107.7

     その他、馬連は02-11が10.2倍、馬単は02-11が15.1倍、3連複は02-15-17が18.8倍、3連単は02-17-11が71.4倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     
    枠順後のコメント
     
    【阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)予想|直前情報まとめ】の続きを読む

    5

    ローズステークス予想|直前情報|ネット評価まとめ

     

    競馬ローズSはここの予想を期待!!
    高配当21が激アツ無料予想が熱い
    rozu2




    アンドリエッテ(牝3=牧田)は坂路へ。4F68秒0で駆け上がった。牧田師は「変わりなくいい感じ。カイバもしっかり食べていますよ」と報告。「直線が長い条件は合っていると思うし、うまくさばいて来られたら」と期待していた。

     


    オークス馬ミッキークイーン(牝3=池江)は坂路1本で4F68秒6を計時。兼武助手は「春よりカイバをしっかり食べているし、体は10キロ近くプラスで出せそう。いい休養になりました」と状態の良さを伝えた。

     

    【ローズS】名牝ドーベルの娘レーヌドブリエ、秋華賞母子2代制覇

     この秋、ドーベルの血がG1を席巻する!?G1・5勝の名牝メジロドーベルの娘レーヌドブリエがローズSに出走。母子2代制覇の懸かる秋華賞の出走権利を狙う。さらにドーベルの孫マッサビエル(牡3=小笠)は4戦3勝の成績を引っ提げ、次週の神戸新聞杯から菊花賞を狙う。2頭の生まれ故郷、レイクヴィラファーム(北海道洞爺湖町)もその期待に盛り上がりを見せている。

     2011年5月20日、メジロ牧場は44年の歴史に幕を下ろした。だが「メジロ」の血は脈々と生き続けている。安田記念はファミリーラインにメジロの冠が5代続くモーリスが制覇。そして今秋は名牝メジロドーベルの血を持つ3歳馬の出番だ。ローズSにはドーベルの7番子、レーヌドブリエがスタンバイ。メジロ牧場を引き継ぎ、マーケットブリーダーへと姿を変えたレイクヴィラファームの岩崎義久さん(36)は胸を高鳴らせる。

     「さすがに荷が重いかな…と思いますが、権利を獲れれば、母が勝ったG1の舞台に立てますからね。しかも母と同じ吉田豊ジョッキーで出られるというのもうれしいですね」

     続けて来週の神戸新聞杯にはマッサビエルが挑む。ドーベルの2番子だった母メジロルルドは、当歳時の外傷で右眼の視力を失いデビューできず。そのぶん息子への期待は大きい。

     「遅生まれで1歳のセリでも見栄えがしなかったんです。でも、育成に行ってグンと良くなりました。血のポテンシャル、そしてまさにうちの牧場が大事にしている成長力ですね」

     レイクヴィラファームにはドーベルの血を持つ繁殖牝馬が自身を含めて6頭。

     「やはり一番走ってほしい血統です。この血統をブランドにしていかなければいけないと思っています」

     牧場開設から5年、ここまで平たんな道のりではなかったが、昨年の青葉賞でドーベルの孫・ショウナンラグーンが生産馬として重賞初制覇。徐々に軌道に乗ってきた。

     「以前はメジロとついているとつぶれた牧場、というイメージだったと思うんですが、ラグーンには助けられました。牧場のスタッフのワクワク感も違うと思いますよ」。同ファームのスタッフ、そしてドーベルが、遠き北の大地で吉報を待っている。

     
    【ローズステークス予想|直前情報|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    新潟2歳S予想|直前情報|ネット評価まとめ
     
    【新潟2歳S予想|直前情報|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ