競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    東京新聞杯追い切り

    東京新聞杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    【東京新聞杯】柴山雄一騎手、サトノアレスと未勝利戦以来のコンビ 藤沢和厩舎の馬で重賞勝つ!

    ◆第68回東京新聞杯・G3(2月4日、東京競馬場・芝1600メートル)

     地方・笠松からJRA移籍して14年目となる柴山雄一騎手(39)=美浦・フリー=は、サトノアレスでの重賞制覇へ熱い思いを抱く。これまで重賞12勝を挙げたが、普段から調教を手伝うなど縁の深い藤沢和厩舎の馬での白星はない。「数年前の北海道開催で調教を手伝ったのがきっかけで、恩返しをしたいですね。久々に実戦で乗れるし、チャンスだと思う」と燃えている。

     今回は16年9月に勝ち上がった未勝利戦以来のコンビ復活となるが、その後も調教ではパートナー役を務めてきた。「本当にどっしりとしてよくなってきた。腰の緩さがなくなり、まだまだよくなっているというか、アレスは早熟じゃないと思う」。朝日杯FSを制して2歳王者に輝いた後、重賞戦線では結果が出ていないが、4歳を迎えての成長を確信している。

     前走のキャピタルSは、上がり最速33秒4の末脚で2着に好走して復活の手応えをつかんだ。「東京のマイルは本当にいいと思う。あの子が走りやすそうなイメージがあります」と、優しい瞳は自信に満ちていた

    【東京新聞杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    東京新聞杯予想|調教・追い切り|注目馬まとめ
     

    【東京新聞杯(日曜=7日、東京芝1600メートル)注目馬:美浦発トレセン秘話】例年この時期になると、必ずソワソワし始める関係者が美浦トレセンに出現する。1回小倉開催が直前に迫ってきたためだ。相沢厩舎の三尾一之助手など「実はボクは美浦アレルギー。小倉、北海道の出張が外せないんです」と言い切るほど。その“特異体質”の真偽はともかく、関係者にとって冬の小倉が夏の北海道と並ぶ人気スポットなのは確かだ。

     ただ、そんな中で加藤和厩舎の加藤士津八助手が少々浮かぬ顔で自身の小倉行きを告げてきた。どちらかといえば出張好きのタイプ。一体どうしたかと聞いてみると…。

    「実は滞在馬の中にかなり行儀の悪い馬がいるんです。馬場入り口でターンしたり、調教中にビタッと止まったり…。これまで馬場で落とされたことは数知れず。あまりに危ないので騎手に調教を頼むのが申し訳なく、ボクが行くことになったんですよ」

     馬力という仕事率の単位があるように、馬のパワーは相当なもの。ゆえにそれを活用しようと、人は古くから馬とコミュニケーションを取る努力を重ねてきた。しかしいかに調教技術が進歩しようと、メンタルをコントロールしにくい暴れ馬はなお現存する。そのリスクを起源とするホースマンの危険性も何度か目の当たりにしているだけに…。結果の良否を問わず、まずはシヅヤの無事なる帰還を願いたい。

     さて、今週のGIII東京新聞杯にも、実は“暴れ馬”もどきが出走する。香港マイル=7着から仕切り直しを誓うダノンプラチナである。

    「走る馬はみんなオレがボス、と思っているからねぇ。とにかく自分の思いを押し通そうとする我が強いんだ」

     国枝栄調教師が語るように、デビュー当初から携わる人間に苦労をかけた馬である。坂路手前の壁に寄り付きテコでも動かなかった姿を、当方も何度か目撃している。

    「今は徐々に言うことを聞くようにもなったけどね。実際その負けん気、エネルギーを実戦で出してくれさえすれば文句はないよ。ゴールドシップしかり、オルフェーヴルしかり。走ればみな個性派と呼ばれるんだから」

     初の古馬GIタイトル奪取をもくろむ今年は、ダノンプラチナがニュー“個性派”を目指す元年でもある。まずはその第一歩に注目したい。

     

    東京新聞杯-追い切り動画


    【追い切りCheck】東京新聞杯(片岡&柴田)

    ・ダノンプラチナ・グランシルク・サトノギャラント・マイネルアウラート

     



    TM追い切り診断 2016東京新聞杯 美浦 

    ・ダッシングブレイズ・ ダノンプラチナ・グランシルク・マイネルアウラート

    ・サトノギャラント

     


    主な馬の調教タイム

    グランシルク

    2/3 南W良

    66.5-51.3-37.9-13.0

    ダッシングブレイズ

    2/3 栗東坂

    53.5-38.8-25.2-12.5

    ダノンプラチナ

    2/3 南W良

    84.9-69.2-53.6-39.4-12.9

    テイエムタイホー

    2/3 栗東CWやや

    84.9-69.7-54.1-39.7-11.8

     

     

    221:2016/02/01(月) 11:59:07.18 ID:
    ダンシングブレイブは

    勢いならこれ

    ここで勝ち負けを演じれば一気に安田記念迄見えて来る
    219:2016/02/01(月) 11:50:46.80 ID:
    テイエムタイホーは

    電撃戦からマイル迄のスピード馬である

    単騎逃げ濃厚の今回はマイぺースで主導権を握る
    【東京新聞杯予想|調教・追い切り|注目馬まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ