競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    東京新聞杯予想

    東京新聞杯予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【東京新聞杯】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探っていく。

     ☆人気 1番人気は【0・1・2・7】で不振。2番人気と3番人気が各2勝。5番人気が【3・2・1・4】と活躍し、波乱傾向。

     ☆前走 ニューイヤーS組が【2・3・2・15】と活躍。阪神カップ組とエリザベス女王杯組が各2勝(2着なし)。スポニチ賞京都金杯組も【1・3・3・28】と馬券圏内に入っている。

     ☆世代 4歳が【4・3・3・23】、6歳が【4・2・0・26】。5歳が【2・3・6・32】で続く。7歳以上の優勝はなく、ベテラン不振。

     結論 ◎ダノンプラチナ ○クルーガー ▲リスグラシュー
    展開を読む【東京新聞杯=平均ペース】
    トウショウピストがハナ候補。競りかける馬がいなければ隊列はすんなり決まる。流れが落ち着けばダイワキャグニーは早めの進出も可能。中団からリスグラシューなども伸びて最後の直線。追い込み勢も加わってゴール前は激しい争いに。
    【前走後の談話】日曜東京11R・東京新聞杯

    ◇アドマイヤリード「スローペースだった。もう少し前で運べればよかったが、後ろからになってしまった。ラストの脚は素晴らしかった」(戸崎圭騎手)

     ◇カデナ「コンディションは悪くなかったが、ひと脚使っただけで、坂で止まってしまった。流れが向かなかったこともあるが、体が成長してきて距離適性が変わった可能性があるのかも」(福永祐騎手)

     ◇ガリバルディ「直線ではジワジワと差を詰めている」(岩田康騎手)

     ◇クルーガー「4コーナーで動けない場面があったが、そこからよく頑張って伸びてくれた」(浜中俊騎手)

     ◇グレーターロンドン「今の中山の馬場で流れが落ち着いてしまうと、後ろから追い込む馬にはきつかった。最後はよく追い上げているが、ここまでだった」(田辺裕騎手)

     ◇サトノアレス「直線はよく伸びていたが、併せにいって少しブレーキをかけていた。知らなかったけど、そういう馬みたい。それでも完璧なレースができたし、残り150メートルでは絶対勝ったと思ったけど…」(ルメール騎手)

     ◇ストーミーシー「ラストで確実に脚を使えるタイプ。初のオープンだったけど、展開がはまれば十分にやれる」(大野拓騎手)

     ◇ダイワキャグニー「テンションが高く、(道中も)苦しいポジションだったが、直線は脚を使えた」(菊沢徳師)

     ◇ダノンプラチナ「まだいい頃に比べると60%ぐらいの状態。以前ほどシュッとギアも上がらない感じだが、さすがにこの相手では負けられない」(蛯名正騎手)

     ◇ディバインコード「1600メートルはぎりぎり。この馬には1400メートルの方がいい。でも、よく頑張っていると思う」(ルメール騎手)

     ◇デンコウアンジュ「これ以上ない、いい形でレースを運べた。2000メートルだとペースが遅いが、(今日は)マイルで流れにうまく乗れた」(蛯名正騎手)

     ◇トウショウピスト「速い馬もおり、今日は相手が強かった。これがいい経験になれば」(古川吉騎手)

     ◇ハクサンルドルフ「馬場を気にしていたのか、直線の入り口では進んでいかなくなった。でも、外に出すとラストはすごい脚を使ってくれた」(大野拓騎手)

     ◇ベルキャニオン「以前乗ったときは僕がコントロールできなかったが、またチャンスを頂いたので折り合いに気をつけて乗った。勝ち馬の後ろで折り合いがついたし、3、4コーナーの手応えも良くもう少しだったが…。内容は悪くないし、ここを使って次はさらに良くなるだろう」(石橋脩騎手)

     ◇マイネルアウラート「位置取りは指示通り。ただ、向こう正面からプレッシャーがきつくて…」(丹内祐騎手)

     ◇リスグラシュー「スローになるのは分かっていたし、ゲートを出せなかったのがすべて」(福永祐騎手)

    【データで勝負】日曜東京11R・東京新聞杯

    【データからの注目馬・東京11R】

    ◎(15)ダイワキャグニー

    ☆近5回の同名レースを参考。前走が重賞【4・4・5・32】→Vか0秒5差以内なら【4・3・4・13】。また、連対馬の8頭は東京芝で1勝以上&連対率50%以上か、GIで3着以内歴があった

     ダイワキャグニーは東京芝で4勝のコース巧者。同舞台では1戦1勝で、そのキャピタルSのV時計は優に重賞級だった。ベストの条件で重賞奪取は目前だ。


    東京新聞杯の予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
    keibaj




    競馬ジャパンへ行く



    東京新聞杯予想|2018年|注目馬「グレーターロンドン」まとめ

    chuumokuuma



    グレーターロンドン
    父ーディープインパクト、母父ードクターデヴィアス

    2017年-東風ステークス




    1着 グレーターロンドン 田辺裕信
    2着 ダイワリベラル 北村宏司
    3着 ロジチャリス 戸崎圭太


    グレーターロンドンは重賞勝利していない


    (ヤフーニュース引用)
    【東京新聞杯】仕上げ抜かりなし!グレーターロンドン、好反応12秒5

     東京マイルで4戦3勝のグレーターロンドンはWコースで3頭併せ。最後方追走から直線で最内に入ると、ラスト1ハロン12秒5と鋭いフィニッシュ。中とは併入だが、外のトゥーレ(新馬)には貫禄の2馬身先着だ。

     大竹調教師は「よかったよね。加減しないで追い切った。中距離を使っていたときは折り合いを気にしていたけど、今年はマイル路線でいくので、しっかりとしまいの反応を確かめた」と、ぬかりない仕上げを強調した。


    東京競馬場芝1600mデータ

    種牡馬データ
    ()は勝率-複勝率

    ディープインパクト産駒

    2000年以降
    81-66-51-334/542(14.9%-36.5%)

    重賞
    12-13-10-79/114(10.5%-30.7%)

    G1は5勝
    2017年 安田記念 サトノアラジン
    2014年 ヴィクトリアマイル ヴィルシーナ
    2014年 NHKマイルC ミッキーアイル
    2013年 ヴィクトリアマイル ヴィルシーナ
    2011年 安田記念 リアルインパクト


    騎手データ

    川田将雅騎手
    2000年以降
    6-3-4-29/42(14%-31%)

    重賞
    3-0-1-14/18(16%-22%)

    勝利
    2017年 サウジアラビアロイヤルカップ ダノンプレミアム
    2017年 安田記念 サトノアラジン
    2015年 安田記念 モーリス


    ディープインパクト✕川田将雅✕東京競馬場芝1600m
    4-1-3-9/17(23%-47%)





    展開に左右されるだけに怖さはある!!





    「広告」競馬ジャパンの無料予想が激アツなの知っているw

    keibaj


    愛知杯の無料予想が凄かった。
    無料馬連予想で万馬券


    競馬ジャパンへ行く



    東京新聞杯予想2016年|直前情報まとめ

    無料予想が激アツの競馬情報会社

    ターフビジョン 
    http://tr-vision.net
    3連複無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!! 

    ハイヴォルテージ 
    http://high-voltage.tokyo
    元グリーンch解説者在籍!!注目無料予想が期待度大!!

    トライキャスト 
    http://tricast.jp
    無料コンテンツと有料コンテンツが豊富!!

    馬生
    http://umanama.com/
    競馬予想の真髄を学べるサイト!!

    競馬劇場 
    http://keiba-gekijo.com
    マコちゃんの予想が面白い、登録料0円に期待

    by競馬予想会社ファン




    ルルーシュ「いくよ」府中マイルで復活www 

     過去にこの舞台で重賞10勝。藤沢和雄師(64)の得意コースで行われる東京新聞杯(G3、芝1600メートル、7日=東京)に、サトノギャラント(牡7)とルルーシュ(牡8)の2頭出しをかける。ギャラントは当舞台で7戦4勝。久々のマイル戦に臨むルルーシュも、4日の追い切りで軽快な動きを披露した。府中のマイルといえば藤沢だ。

     名門藤沢和厩舎は、東京競馬場でこそ存在感を増す。先週までに積み上げた現役最多1290勝のうち、実に3分の1以上の469勝が府中でのものだ。

     府中の東京新聞杯には、これまで延べ26頭を送り込んだ。藤沢和師は「まぎれがないコースだし、使いやすい条件」という。他に延べ10頭以上使っている現役調教師がいないことを考えても、独特の嗅覚で重要視してきたレース。04年ウインラディウス、10年レッドスパーダと結果を出している(※中山開催の03年ボールドブライアンも勝利)。

     3年連続の参戦になるサトノギャラントは、この舞台で7戦4勝。加えて、今年はもう1頭の刺客を用意した。ルルーシュだ。3年8カ月ぶりのマイル戦になるが、東京マイルは【1 1 0 0】。奇策ではない。「以前からマイルはまた使いたいと思っていた。重量面とかちょうどいい番組がなくて、まずはAJCCを使ったが、ちょっとハミをかんじゃった。マイルの競馬をしちゃった」と笑う。前走は1年5カ月の長期休養明け。掛かって失速したが、グイグイと飛ばしていく前向きな姿勢を見せた点はむしろ頼もしい。

     4日は坂路で4ハロン54秒4-12秒9。軽快なフットワークで、ゴールまで右肩上がりのラップを刻んだ。「元気は良さそうだね。マイル戦、行くよ。やってみます」。府中の勝ち方を知り尽くすトレーナーの選択が、オルフェーヴルと同世代の明け8歳馬を完全復活に導くか。ギャラントともども目が離せない。【高木一成】

     ◆東京芝1600メートルの調教師別成績(96年以降) 藤沢和師が72勝を挙げ、2位以下を大きく引き離す。2位国枝師が41勝だから、その差は31勝。飛び抜けて優秀な数字だ。出走回数100回以上の勝率、連対率、複勝率もすべて首位。

     ◆藤沢和厩舎の東京芝1600メートル重賞勝ち これまでに東京新聞杯の2勝を含む10勝を挙げている。これは通算のJRA重賞94勝中、中山芝1800メートルと並ぶ最多タイの数字。もっとも得意にしている舞台といっていい。

     

    ↑↑

    本日、ゼンノロブロイ産駒が大活躍

     

     

    トーセンスターダム、1馬身差先着「オーストラリア遠征に」向けて弾みをつける

     

    【東京新聞杯(日曜=7日、東京芝1600メートル)注目馬3日最終追い切り:栗東】トーセンスターダムは武幸(レースはF・ベリー)を背にウッドで併せ馬。直線では鋭く脚を伸ばして1馬身先着。動きは上々だ(5ハロン69・8―40・1―12・6秒)。

     池江調教師「前走(京都金杯=10着)はスタートがすべて。中間のゲート練習では落ち着いている。予定している豪州遠征に向けて弾みをつけたい」

     

    「東京新聞杯」リベラル、重賞初Vへいざマイル

    【東京新聞杯予想2016年|直前情報まとめ】の続きを読む

    東京新聞杯予想|調教・追い切り|注目馬まとめ
     

    【東京新聞杯(日曜=7日、東京芝1600メートル)注目馬:美浦発トレセン秘話】例年この時期になると、必ずソワソワし始める関係者が美浦トレセンに出現する。1回小倉開催が直前に迫ってきたためだ。相沢厩舎の三尾一之助手など「実はボクは美浦アレルギー。小倉、北海道の出張が外せないんです」と言い切るほど。その“特異体質”の真偽はともかく、関係者にとって冬の小倉が夏の北海道と並ぶ人気スポットなのは確かだ。

     ただ、そんな中で加藤和厩舎の加藤士津八助手が少々浮かぬ顔で自身の小倉行きを告げてきた。どちらかといえば出張好きのタイプ。一体どうしたかと聞いてみると…。

    「実は滞在馬の中にかなり行儀の悪い馬がいるんです。馬場入り口でターンしたり、調教中にビタッと止まったり…。これまで馬場で落とされたことは数知れず。あまりに危ないので騎手に調教を頼むのが申し訳なく、ボクが行くことになったんですよ」

     馬力という仕事率の単位があるように、馬のパワーは相当なもの。ゆえにそれを活用しようと、人は古くから馬とコミュニケーションを取る努力を重ねてきた。しかしいかに調教技術が進歩しようと、メンタルをコントロールしにくい暴れ馬はなお現存する。そのリスクを起源とするホースマンの危険性も何度か目の当たりにしているだけに…。結果の良否を問わず、まずはシヅヤの無事なる帰還を願いたい。

     さて、今週のGIII東京新聞杯にも、実は“暴れ馬”もどきが出走する。香港マイル=7着から仕切り直しを誓うダノンプラチナである。

    「走る馬はみんなオレがボス、と思っているからねぇ。とにかく自分の思いを押し通そうとする我が強いんだ」

     国枝栄調教師が語るように、デビュー当初から携わる人間に苦労をかけた馬である。坂路手前の壁に寄り付きテコでも動かなかった姿を、当方も何度か目撃している。

    「今は徐々に言うことを聞くようにもなったけどね。実際その負けん気、エネルギーを実戦で出してくれさえすれば文句はないよ。ゴールドシップしかり、オルフェーヴルしかり。走ればみな個性派と呼ばれるんだから」

     初の古馬GIタイトル奪取をもくろむ今年は、ダノンプラチナがニュー“個性派”を目指す元年でもある。まずはその第一歩に注目したい。

     

    東京新聞杯-追い切り動画


    【追い切りCheck】東京新聞杯(片岡&柴田)

    ・ダノンプラチナ・グランシルク・サトノギャラント・マイネルアウラート

     



    TM追い切り診断 2016東京新聞杯 美浦 

    ・ダッシングブレイズ・ ダノンプラチナ・グランシルク・マイネルアウラート

    ・サトノギャラント

     


    主な馬の調教タイム

    グランシルク

    2/3 南W良

    66.5-51.3-37.9-13.0

    ダッシングブレイズ

    2/3 栗東坂

    53.5-38.8-25.2-12.5

    ダノンプラチナ

    2/3 南W良

    84.9-69.2-53.6-39.4-12.9

    テイエムタイホー

    2/3 栗東CWやや

    84.9-69.7-54.1-39.7-11.8

     

     

    221:2016/02/01(月) 11:59:07.18 ID:
    ダンシングブレイブは

    勢いならこれ

    ここで勝ち負けを演じれば一気に安田記念迄見えて来る
    219:2016/02/01(月) 11:50:46.80 ID:
    テイエムタイホーは

    電撃戦からマイル迄のスピード馬である

    単騎逃げ濃厚の今回はマイぺースで主導権を握る
    【東京新聞杯予想|調教・追い切り|注目馬まとめ】の続きを読む

    5
    東京新聞杯|調教・追い切り|動画・タイム|まとめ

     エキストラエンドの最終追いはC・デムーロを背にCWコース3頭併せ。内ロードジェネラル(5歳500万)、外レッドカイザー(4歳1000万)の真ん中を追走して6F89秒5。最初はゆっくりと入り、鞍上が馬の気持ちを乗せるように徐々にペースアップすると、ラストは馬なりのまま11秒9を計時。ゴール板前で3頭が鼻面を併せる迫力ある動きで最先着した。

     4度目のコンビとなるC・デムーロは「最後はいい反応だった。以前に比べて馬が成長しているのは確か。レースは行き脚がつかないタイプなので徐々にポジションを上げてしまいを生かす競馬ができれば」と自信に満ちた表情で感触の良さを伝えた。

     昨年のこのレースは降雪による開催順延で、2度の長距離輸送を強いられたが2着と好走。厳しい環境下でも地力の高さをきっちり示した。その後は不振が続いたが、“らしさ”が戻ってきたのが3走前の富士S。後方から上がり3F32秒9の末脚で猛追すると、勝ち馬に0秒1差の5着まで肉薄した。連覇を狙った前走のスポニチ賞京都金杯でも、非凡な瞬発力を発揮して首差2着に惜敗。2度目の重賞制覇へ態勢は万全だ。

     
    東京新聞杯主な馬の調教タイム
    ⑤ マイネルメリエンダ
    【東京新聞杯|調教・追い切り|動画・タイム|まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ