競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    札幌記念

    札幌記念予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】日曜札幌11R・札幌記念

    前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

     ◇アイトーン「勝った馬が掛かり気味で、こちらは斤量も1キロ重くて2番手に引く形。結果論になるが、やはりハナに行った方がいい」(国分恭騎手)

     ◇アストラエンブレム「スタートで遅れてしまった。その後はポジションを上げていって最後まで頑張ってくれたんだけど。スタートが良かったら勝っていたと思う」(ルメール騎手)

     ◇クロコスミア「自分のペースで行けた。折り合いはついたし、止まってはいない。力は出せた」(岩田康騎手)

     ◇ゴーフォザサミット「1コーナーの入りで不利を受けて、思っていたよりも位置取りが1列後ろに。ラストで伸び切れなかったのは動いていったぶん」(蛯名正騎手)

     ◇サウンズオブアース「スタートが良くて思った通りの競馬ができたが、4コーナーで一杯になってしまった。久々のぶんなのか、力を出し切れなかった」(ボウマン騎手)

     ◇サクラアンプルール「4コーナーでおっと思ったが、勝ち馬にうまく乗られた。馬場が回復したのと、枠順が良かったので流れに乗れた」(田辺裕騎手)

     ◇サングレーザー「今日は意識的にポジションを取りにいってイメージ通りだったが、結果的にはなし崩しに脚を使ってしまったかな。いつものような切れを発揮できなかった」(福永祐騎手)

     ◇スズカデヴィアス「最初のポジション取りで、器用な馬にいい位置を取られてしまった。最後は脚を使ってくれているけど…」(三浦皇騎手)

     ◇スティッフェリオ「枠は外だったが、すぐに内へ入れられることができたし、うまくレースを進めることができた。今は馬が充実しているのを感じる」(丸山元騎手)

     ◇ナイトオブナイツ「ゲートで立ち遅れて、流れに乗れなかった。体重も10キロ増えていたし、56キロも少し見込まれた」(池添謙騎手)

     ◇ネオリアリズム「レース前からテンションが高かった。それが響いて伸び切れなかった」(モレイラ騎手)

     ◇マイスタイル「強かった。まだ余力があったし、前走よりも内容は良かったと思う。オープンに戻ってこられて、また楽しみができた」(田中勝騎手)

     ◇マカヒキ「馬は良くなっていた。4コーナーでは内にササって走りづらそうだったので、外へ持ち出したときに(横の)2頭に寄ってしまった。いい形でレースをさせたいと思っていたんだけどね…」(内田博騎手)

     ◇マルターズアポジー「自分のレースはできた。道中で少し力むのと、右手前だと内へササるのが余計」(武豊騎手)

     ◇ミッキースワロー「精神的には落ち着いていたけど、脚さばきにしなやかさがなかった。でも、十分に走っている」(横山典騎手)

     ◇モズカッチャン「少し距離が長い。スローペースで動くに動けない位置に入ってしまった」(Cデムーロ騎手)

    展開を読む【札幌記念=ハイペース】

    マルターズアポジーが最内枠から大逃げを打つ。アイトーンが2番手に付け、マイスタイルが離れた3番手。息の入らない流れになる。モズカッチャン、サクラアンプルールは中団、マカヒキミッキースワローは後方から直線勝負へ。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    札幌記念予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【札幌記念】東西調教ウオッチャー

      1番手はマルターズアポジー

     美浦Wコースでしっかり下地を整えての札幌入り。15日には付きっ切りでけいこをつけている柴田善騎手を背に、芝コースで5F62秒4とさすがの脚力をアピールした。洋芝の北海道参戦は初めてだが、渋った馬場でしっかりと下を捕らえたフットワークを見せていたのも強調材料だ。

     マイスタイルは中間に短期放牧を挟んだこともあり、先週、今週とハードな内容。先週の併せ馬で素軽さを取り戻したようで、今週は単走ながら走る気を表に出して札幌芝コース6F78秒9の好タイムをマーク。馬体も大きく見せ、連闘明けの反動はない。

     マカヒキは友道厩舎らしく、栗東で6Fからの追い切りを丹念に消化。札幌で余力残しにとどめた15日も直線の加速は滑らかで、久々としては及第点以上の仕上がりに映る

    【札幌記念予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    札幌記念予想|2017年|直前情報まとめ


    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【札幌記念】最新生情報

    ◆気合ほどよく〔3〕ヤマカツエース

     金曜に函館から札幌へ移動。土曜朝は角馬場で体をほぐし、ダートコースを1周した。素軽く、気合もほどよく感じる。池添兼調教師は「着いてからもカイバを食べている。きっちり仕上がったし、いい枠も当たった。秋は大きなタイトルを取りたいね」と早くも秋の飛躍を見据えていた。

    ◆食欲ばっちり〔13〕エアスピネル

     函館から午後2時12分に札幌へ到着。馬房に収まると、バリバリとカイバを食べる食欲旺盛ぶりだ。「輸送はおとなしいし、着くとすぐに環境に慣れる。順調に乗り込んで、手脚の軽さも出てきた。(距離延長も)心臓の強い馬だし、ジョッキーも一流。心配は何もない」と中村助手は自信を持つ。

    【札幌記念】傾向と対策
    函館で施行された13年を含めて、過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・5・0・3】で連対率70%。連軸としての信頼度はまずまず。2番人気は【2・0・2・6】。5番人気が【4・2・0・4】で大活躍。

     ☆世代 4歳が【4・2・2・22】で優勢。5歳が【3・4・4・30】で続く。6歳は【2・1・1・25】。

     ☆東西比較 関東馬は【2・5・3・45】、関西馬は【8・5・7・72】。圧倒的に関西馬が優勢。

     結論 ◎エアスピネル ○ヤマカツエース ▲マウントロブソン

    【プラスα・札幌記念】枠が好転

    <札幌11R・札幌記念 サクラアンプルール>函館記念(9着)は大外16番枠で距離ロスを強いられた。今回は絶好の最内1番枠。3走前の中山記念(2着)だけ走ればVも。


    日曜札幌“この馬は消さないで”

     【札幌11R・マウントロブソン】昨年、世界のモーリスでV逸したモレイラのリベンジマッチ。9カ月ぶりの前走は18キロ増だったが、特に下半身の成長が目に付き、その効果としてスタートの遅さとズブい面が解消されたようだ。ローカルでは2戦2勝と、小回りが合うタイプ。例年より小粒なメンバー構成だけに、アタマ固定で勝負したい。



    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    札幌記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    札幌記念注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【札幌記念】モレイラも合格点!ロブソン1馬身半先着
     夏競馬最大のレース、札幌記念が17日に確定した。ただ一頭の木曜追いとなったマウントロブソンには、来日したばかりのジョアン・モレイラ騎手(33)=ブラジル出身、香港拠点=が騎乗。僚馬にあっさりと1馬身半先着した。この動きには“マジックマン”も合格点のジャッジ。復調気配の素質馬が、心強い相棒を得て飛躍を果たそうとしている。

     北の大地から、人馬ともに飛躍へ。9カ月ぶりで福島テレビOPを快勝したマウントロブソンが、モレイラ騎手を背に札幌のダートコースで力強い走りを披露した。香港の名手も、手綱から伝わる感触にご満悦だ。

     「すごくいいフィーリング。テンションが高くなったけど、困るほどではない。元気がいいという感じだね。併せてからの反応も良かった」

     朝5時半の馬場開場直後に登場。涼しげな風が吹き込む中、半マイルからサトノヴィクトリー(3歳未勝利)を2馬身追いかける。リズムのいい脚取りで、4コーナーで内へ。馬なりで僚馬を抜き去ると、4ハロン54秒8、3ハロン39秒6-12秒6で1馬身半先着した。

     11日の輸送まで、美浦トレセンで入念な乗り込み。「順調に仕上がっています。休養明けを使った後も反動はなく、前走より状態もいい」と小林厩務員も自信のデキだ。

     手綱を託されたモレイラ騎手は、3季連続のリーディングに輝いた香港のNO・1ジョッキー。日本でも【26・19・8・36】で勝率29・2%、連対率50・6%と破格の数字を残すなど、その技量は世界中に知られている剛腕だ。

     日本馬の海外挑戦でもGI4勝。サトノクラウン(香港ヴァーズ)、ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世C)をGI初制覇に導くなど、その“神騎乗”ぶりは日本のファンにも浸透している。「カミキジョウ? ナイスなニックネームだね。ありがたい」と名手は笑顔を見せつつ、切なる思いもある。「昨年はモーリスに乗って2着。悔しかった。札幌記念は勝ちたいレースになった。日本ではまだ重賞を勝っていないし、今回は取りたい」と雪辱&初タイトルへ意欲を燃やす。

     「しまいの脚がすごくいいし、非常にポテンシャルは高い。スムーズに流れに乗れれば、チャンスはある」。マウントロブソンの持ち味を生かし切り、札幌のファンを魅了する。
    【札幌記念】3年連続参戦ヤマカツエース「今回が一番いい状態で臨める」

    【札幌記念(日曜=20日、札幌芝2000メートル)注目馬17日朝の表情:函館競馬場】
    3年連続の当レース参戦となるヤマカツエースは厩舎周辺で引き運動を行った。  土屋助手「2年前(4着)は3歳で古馬トップクラスとの対戦だったし、昨年(5着)は宝塚記念(13着)のダメージが残って調子が上がらなかったもの。今年はここ一本に絞って調整してきたので今回が一番いい状態で臨める。前走の大阪杯(3着)でGIでもやれるだけの力があるのを見せてくれたし、秋へ向けて弾みをつけたい」
    【札幌記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    札幌記念|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『札幌記念』レース展望
     札幌開催も後半戦に突入。今週の日曜メインでサマー2000シリーズ(全5戦)の4戦目となる札幌記念(20日、GII、芝2000メートル)が行われる。7~8月では唯一のGIIで、例年、一線級が集う伝統の重賞。2014年には同年の桜花賞馬ハープスターが当時GI・5勝のゴールドシップとの一騎打ちを制して4万人超の大観衆を沸かせ、昨年はネオリアリズムが僚馬で前年の年度代表馬モーリスを退けて後の香港GIクイーンエリザベス2世C制覇につなげるなど、数々の名勝負が繰り広げられてきた。

     ただ、今年は古馬に挑む3歳馬はおらず、連覇がかかっていたネオリアリズムも1週前に回避が決まったことで、06年以来となるGI馬不在のメンバー構成になった。ただ、そのぶん混戦模様で、馬券的な魅力は十分ある。

     充実度ではヤマカツエース(栗東・池添兼雄厩舎、牡5歳)がリードしている。初タイトルは一昨年のニュージーランドTだが、中距離に的を絞ってからは2000メートルで重賞4勝。今春の2戦も、金鯱賞で連覇を果たすと、GIに昇格した大阪杯でキタサンブラックに0秒2差の3着に好走したように、距離&重賞実績はメンバー屈指だ。成熟機に入り、秋にはGI奪取が視界に入る存在。札幌記念は過去2年で4、5着と善戦どまりだが、充実した今年は相手関係からも雪辱を果たして不思議はない。

     エアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡4歳)は、京都金杯で重賞2勝目を飾ったが、その後は3、2、5着と歯がゆい成績で、前走の安田記念も直線で前が壁になる不利が痛かった。それでも、進路が開けてからは際立つ伸び脚で0秒2差まで追い上げたように、瞬発力はGI級だ。今回は距離延長となるが、菊花賞で3着に好走したように潜在的なスタミナは十分にある。今回、初コンビとなるクリストフ・ルメール騎手は、今年の1回札幌開催で【13・9・8・6】、連対率48.9%と抜群の成績を残し、6勝の2位を離して開催リーディングを独走中。この点も魅力だ。

     鞍上の魅力では、札幌記念で【2・2・5・8】の横山典弘騎手と初タッグを組むサウンズオブアース(栗東・藤岡健一厩舎、牡6歳)も引けを取らない。14年のはなみずき賞を最後に勝利から遠ざかっているが、GIで2着3回を誇る、現役最強の2勝馬。名手を背に、3年4カ月ぶりの勝利&待望の重賞初制覇の期待がかかる。ポイントは、今春のドバイ遠征組が帰国後、いまだ勝利を挙げられていない点。函館入厩後は追うごとに良化が見られるものの、まだ太め感があり、最終追い切りの動きは入念にチェックしたい。

     昨年の覇者こそいなくなったが、同厩の美浦・堀宣行厩舎が送り出すマウントロブソン(牡4歳)も有力な存在。フジテレビ賞スプリングSを制した実績馬で、小回りコースも得意。上がりのかかる馬場の方が持ち味が生きるだけに、初めての洋芝も向く可能性はある。前走の福島テレビオープンは、9カ月ぶりのうえに初の年長馬相手だったことを全く問題にせず快勝。連勝で秋の飛躍につなげるか注目だ。

     ネオリアリズムの回避は、同型のマイネルミラノ(美浦・相沢郁厩舎、牡7歳)にとっては吉と出そう。札幌コースは初めてだが、昨年の函館記念勝ちから洋芝適性は確か。大差で先行した僚馬に悠々と先着した1週前追いの動きからも、7歳という年齢的な衰えは感じられない。

     サマー2000シリーズ第2戦の函館記念で2着に好走したタマモベストプレイ(栗東・南井克巳厩舎、牡7歳)も、夏の中距離王の座を虎視眈々と狙う。同9着のサクラアンプルール(美浦・金成貴史厩舎、牡6歳)は今年の中山記念2着、同10着のツクバアズマオー(美浦・尾形充弘厩舎、牡6歳)は中山金杯勝ちがあり、ともに叩き2戦目で前進を期す。

     その他、今年の金鯱賞でヤマカツエースの0秒2差2着に逃げ粘ったロードヴァンドール(栗東・昆貢厩舎、牡4歳)、近況不振ながら、一昨年の覇者ディサイファ(美浦・小島太厩舎、牡8歳)なども、北の地の祭典で主役を狙う。
    【札幌記念|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ