競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    日経新春杯予想オッズ

    日経新春杯予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)
    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    【日経新春杯展望】連覇を狙うミッキーロケットが中心

     ◆第65回日経新春杯・G2(1月14日、京都競馬場・芝2400メートル)

     第65回日経新春杯・G2が1月14日、京都競馬場の芝2400メートル(ハンデ戦)を舞台に行われる。

     昨年の覇者ミッキーロケット(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎=キングカメハメハ産駒)が、ようやく復調してきた。その勝利後5戦は馬券圏内を外していたが、前走の中日新聞杯は正攻法からの2着。57・5キロを背負ってのものだけに価値は高い。最も得意とする舞台で連覇に挑む。

     ソールインパクト(牡6歳、美浦・戸田博文厩舎=ディープインパクト産駒)は、前走のアルゼンチン共和国杯で2着と好走。ハンデ(53キロ)に恵まれた部分もあったが、勝ち馬スワーヴリチャードは、その後の有馬記念で4着、3着馬セダブリランテスは中山金杯を勝った。強敵ともまれた経験を生かし、再度好戦も。

     2400メートル超で安定感抜群の走りを見せるパフォーマプロミス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎=ステイゴールド産駒)。初の重賞挑戦だが、目下の勢いと距離適性を武器に上位進出を目指す。

     休み明けで挑んだ秋華賞では10着に終わったリカビトス(牝4歳、美浦・奥村武厩舎=ディープブリランテ産駒)だが、デビュー3戦は上がりNO1の末脚で3連勝。軽ハンデで末脚の生きる展開なら。

     末脚自慢のステイヤー、昨年の3着馬モンドインテロ(牡6歳、美浦・手塚貴久厩舎=ディープインパクト産駒)、中日新聞杯3着ロードヴァンドール(牡5歳、栗東・昆貢厩舎=ダイワメジャー産駒)、かみ合えばベルーフ(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎=ハービンジャー産駒)の突っ込みも。
    【日経新春杯予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5
    日経新春杯予想|予想オッズ|1番人気シュヴァルグラン

    競馬新聞での元有名TM
    ブレーン→の競馬情報会社が熱い

    4連勝で重賞Vになるか?シュヴァルグラン

     今年最初のGIIレースとなる日経新春杯。今回は現在3連勝中のシュヴァルグランに注目が集まりそうだ。同馬が4連勝で重賞初制覇を果たすか、サトノノブレスやレーヴミストラルなどの実績馬がこれを阻むか、それとも軽ハンデ馬が台頭するか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■1/17(日) 日経新春杯(4歳上・GII・京都芝2400m)

     シュヴァルグラン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)はここにきて3連勝。そのどれもが本格化を思わせるような強い勝ちっぷり。ヴィルシーナの半弟という良血が開花してきたようだ。ハンデ戦でどれだけ見込まれるかがカギとなりそうだが、今のこの馬ならある程度背負わされても好勝負に持ち込めるはずだ。

     サトノノブレス(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は一昨年の覇者。連覇を狙った昨年は11着と惨敗したが、前々走のアルゼンチン共和国杯で4着、前走の金鯱賞で3着と復調してきている。前走からの距離延長、京都へのコース替わりもプラス材料で、上位争いが期待される。

     レーヴミストラル(牡4、栗東・松田博資厩舎)は前走の金鯱賞で出遅れ。直線では脚を使ったが、上位にきたのは前につけた馬と内で脚を溜めた馬ばかり。あの流れではきつかった。直線が平坦なコースは合いそうで、ここは巻き返しを期待したい。

     その他、立て直しての巻き返しが期待されるダコール(牡8、栗東・中竹和也厩舎)、このメンバーなら巻き返せても良いダービーフィズ(牡6、美浦・小島太厩舎)、除外明けも力上位のベルーフ(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)、一昨年2着、昨年3着のアドマイヤフライト(牡7、栗東・橋田満厩舎)辺りも好走の圏内。発走は15時45分。

     
    【日経新春杯予想|予想オッズ|1番人気シュヴァルグラン】の続きを読む

    このページのトップヘ