マカヒキ|日本ダービー2016年|徹底評価
 
馬体診断でS評価←最近久しぶり見た 

 「日本ダービー・G1」(29日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、競馬の祭典に出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】週末予想の参考に…日本ダービー馬体診断

 【マカヒキ=評価S】

 四肢を真っ直ぐに出すきれいなフォームで、つなぎは長めで角度や柔軟性は適性。ハイレベルと言われているこの世代だが、その中でもトップクラスの素材の持ち主という評価は早い時期から変わらない。

 ただ弥生賞あたりは前後のバランスがイーブンの印象だったが、皐月賞ではトモがこぢんまり映るシルエット。ハードに攻めを積んだ影響を危惧してB評価にしてしまったが、結果的には前腕のたくましさが増したことが要因だったようだ。

 今回も少しだけ前が強いバランス比重だが、それでもトモのボリューム感は前走以上。1週前、2週前追い切りは栗東CWで意欲的な併せ馬を消化しているが、その効果かより皮膚の薄いシャープな質感になってきたのはプラスだ。

 1週前追い切り後の撮影だが、細く見せるところはなくしっかりと馬体を維持して至極順調な様子。相変わらず頭の位置は高いが、聡明(そうめい)な目つきとキリッとした立ち居振る舞い。今回は出走馬中、最高の評価を与えても良さそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前診断〉川田を背に栗東CWで6F82秒7-11秒6(仕掛け)。ジルダ(4歳1600万下)を0秒7追走して0秒6先着。4角ではパートナーと内外の間隔をあけて馬場の大外。フォームに全くブレがなく、ゴーサインが出たラスト1Fの伸びは圧巻だった。攻め気配は申し分ない。

 

弥生賞では文句なしのパフォーマンス

皐月賞でも直線凄い脚で追い込んできた

 

 

 




競馬ファンならもう有名…!!
まだ無料会員になっていない人はもったいない
オークスもしっかり的中、
競馬スピリッツ
2016_0522_oaks




 

 

 

520:2016/05/24(火) 15:03:34.32 ID:
マカヒキはルメールや武なら圧倒的な一番人気だよ
皐月賞も勝ってるだろうし
【マカヒキ|日本ダービー2016年|徹底評価】の続きを読む