競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    日本ダービー予想オッズ

    日本ダービー予想|2020年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds


    G1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku



    日本ダービー1番人気結果

    2019年 サートゥルナーリア 4着
    2018年 ダノンプレミアム 6着
    2017年 アドミラブル 3着
    2016年 ディーマジェスティ 3着
    2015年 ドゥラメンテ 1着
    2014年 イスラボニータ 2着
    2013年 キズナ 1着
    2012年 ワールドエース 4着
    2011年 オルフェーヴル 1着
    2010年 ヴィクトワールピサ 3着



    1番人気は2勝。。。

    「結果」
    3-1-3-2-0-1/10(30%-70%)


    アルケミスト
    akia

    「期間限定これ激アツだよね」まあ見逃し厳禁です。
    無料コンテンツだけで儲けられる。





    ヤフーニュースより
    【日本ダービー 東西記者サンデーチェック】栗東のディープボンド、鋭い伸び脚を披露


     ◆第87回日本ダービー・G1(5月31日、芝2400メートル、東京競馬場)  

     日本ダービー・G1(31日、東京・芝2400メートル)の出走予定馬が24日、東西トレセンで全休日前の“日曜追い”で本番への態勢を整えた。  

     栗東で活気ある動きを披露したのが、京都新聞杯を制したディープボンドだ。朝一番のCWコースを5ハロンからゆったり単走でスタートすると、ラストは鋭い脚でフィニッシュ。5ハロン71秒2―12秒2を刻んだ。「ストライドが大きい走りで、いつも通りですね。水曜日に最終追い切りをやるので、(今日は)ゴール前で仕掛ける程度」と大久保調教師はうなずいた。  

     皐月賞で13着に敗れたマイラプソディは反撃ムードが漂う。CWコースを4ハロン60秒3―13秒5。馬なりで力強く駆け抜けた。大江助手は「だんだん気持ちが持ち直してきていて、走りたい気持ちが戻ってきている。能力がある馬ですし、自分の走りができるかですね」と期待を込めた。  

     ほかの皐月賞組では、7着のコルテジアがCWコース5ハロンから75秒6―14秒1。久保田助手は「抜群の出来ですね。毛づやも馬体の張りもいい。左回りでもきっちり手前を替えることができている」と胸を張る。8着のヴェルトライゼンデは坂路を56秒5―13秒2。使った上積みを感じる動きだった。11着のレクセランスはCWコースを5ハロン74秒9―13秒1で走り抜けた。(松浦 拓馬)

    日本ダービー動画【2019年】



    日本ダービー-2019年結果 

    1着 ロジャーバローズ 浜中俊
    2着 ダノンキングリー 戸崎圭太
    3着 ヴェロックス 川田将雅
     
    日本ダービー予想(人気)

    1番人気 コントレイル
    2番人気 サリオス
    3番人気 サトノフラック
    4番人気 ワーケア
    5番人気 ガロアクリーク

    ギャロップジャパン(GallopJapan)

    無料コンテンツでこれだけ楽しめます。
    管理人に日々チェックしています。もちろん無料でw
    特に鉄板の複勝圏内率が半端ないw
    とりあえず誰でも無料で試せる無料コンテンツを大事にしようw
    gjs

    東京優駿(日本ダービー)予想|2019年|予想オッズまとめ

    yosouodds




    東京優駿の人気を調べてみました。

    ちなみに東京優駿の1倍台の馬


    15年 ドゥメンテ(1.9) 1着

    07年 フサイチホウオー(1.6) 7着

    05年 ディープインパクト(1.1) 1着

    94年 ナリタブライアン(1,2) 1着

    91年 トウカイヘイオー(1.1)1着





    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
     トラックマンS(栗東担当者)

     コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!

    ヤフーニュースより
    【日本ダービー キャロットF秋田代表インタビュー】サートゥルナーリア、圧倒2冠で世界へ「隠されている強さを見たい」


     ◆第86回日本ダービー・G1(5月26日・芝2400メートル、東京競馬場)  

    令和最初の競馬の祭典、第86回日本ダービー・G1は26日、東京競馬場で行われる。注目は、ディープインパクト以来、14年ぶりとなる無敗の2冠奪取を狙うサートゥルナーリア。4戦4勝で皐月賞を制した大物だが、馬主のクラブ法人、キャロットファームの秋田博章代表(71)は「隠されている強さを見せていない」と、内に秘めた爆発的な力の発揮を期待した。  

    ―まずは、皐月賞を振り返ってください。  
    「レース間隔が空いたことで、ちょっと緩んだ感じがありました。栗東トレセンに入って調教を急ピッチでやったのですが、直前にトレセンに見に行った時、少し硬さがあるかなと感じていました。競馬は接戦ではあったものの、勝ててよかったというのが正直なところです」  

    ―完調手前でクラシック1冠目をV。ダービーへ上積みは大きそうですね。  
    「ホープフルSの後、トライアルを使わずに皐月賞へ向かったのは、ダービーにベストな状態を持っていくためです。2日にノーザンファームしがらきで馬を見ましたが、筋肉のメリハリがしっかりついてきており、想定通りに馬はできてきました。このまま順調にいけば、いいレースができるだろうと思っています」  

    ―キャリア4戦4勝。「大物」の予感が、確信に変わったレースはどれですか?  
    「まだ実感がない、というのが正直なところです。牧場時代から同世代の中でも完成度という点では抜けている感じがありました。非常に体幹がしっかりしていることでブレずに走れる馬なので、これから期待している走りを見せてくれると思います」  

    ―期待している走りが今回になれば最高ですね。  
    「ディープインパクトはダービーで圧倒的なパフォーマンスを発揮し、強さの違いを見せました。だから、どこかで『この馬、本当に強いな』と感じるパフォーマンスを見せてくれることで、今後のレースを使っていく上で選択肢が広がると思います」  

    ―選択肢という点では、凱旋門賞への1次登録を済ませています。  
    「国内で勝ち負けできても、やはり抜けた存在じゃないと海外のG1は勝てないですからね。そういう意味では、ダービーで選択肢の広がるような勝ち方、競馬をしてくれるかどうかが、今後どう使っていくかにかかってくるだろうと思います」  

    ―母シーザリオの産駒としては、エピファネイア(菊花賞、ジャパンC)、リオンディーズ(朝日杯FS)に続く3頭目のG1馬となりました。  
    「それぞれ父が違うこともあって体形は違いますが、ロードカナロアに変わって、兄弟の中でも体幹がしっかりしていて、さらに精神的な強さがありますね。ただ、母も兄弟も靱帯(じんたい)を傷めて引退しているので、今後はその部分に気をつけていかなければいけないなと思っています」  

    ―皐月賞で騎乗したルメールが騎乗停止になり、新たな鞍上に短期免許で来日中のレーンを迎えました。  
    「すごくソツのない競馬をしますよね。好位を取り、そこからしっかり脚をためられる。そういうコントロールする技術にたけている騎手だと思っていますから、心配はしていません」  

    ―秋田代表は、ノーザンファームの牧場長として数多くの名馬に携わってきました。平成の競馬にどのような印象を持たれていますか。  
    「ダービーの時計を振り返ってみますと、キングカメハメハ(04年)とディープインパクトが2分23秒3のダービーレコードをマークし、それをドゥラメンテ(15年)が0秒1上回った。日本の馬場が良くなっているのもあるのかもしれないけど、スピードの絶対値が上がってきているのは間違いなく、海外の関係者からも注目されているところじゃないかと思います。とにかく、昭和とはスピードが変わりましたね」  

    ―令和に向けての展望はいかがですか。  
    「日本はトレセンの施設だけでなく、牧場、育成牧場の技術が平成に入って急速に進歩したと思います。実際にスピードを持った馬は増えてきていますが、日本人の競馬関係者は前向きに、考えながら仕事をしており、馬を若い時から鍛えていくノウハウを蓄積しています。令和になって、そういうところがさらに追求されていくと思いますね。他国の競馬の進歩と比較すると、日本はさらにその上を行っていると私は思っています」  

    ―最後に意気込みをお願いします。  
    「これまでの4戦では、まだまだ隠されている強さというのを見せていない。ぜひ、ダービーでその強さを見せてほしいものですね」(取材・構成 西山 智昭)  

    ◆秋田 博章(あきた・ひろあき)1948年2月25日、北海道生まれ。71歳。80年代に旧社台ファームに入り、93年にノーザンファームの場長に就任。ディープインパクト、キングカメハメハ、ジェンティルドンナなど数多くの名馬の生産、育成に携ってきた。13年に同ファーム顧問。15年3月からキャロットクラブの取締役となり、18年12月にはキャロットファームの代表取締役に就任した。

    日本ダービー動画【2018年】



    日本ダービー-2018年結果 

    1着 アーモンドアイ ルメール
    2着 リリーノーブル 川田将雅
    3着 ラッキーライラック 石橋脩


    2018年オークス関連

    予想オッズ-ネット競馬

    1番人気 サートゥルナーリア 
    2番人気 ヴェロックス
    3番人気 ダノンキングリー
    4番人気 アドマイヤジャスタ 
    5番人気 ランフォザローゼズ



    管理人予想
    1番人気 サートゥルナーリア




    ギャロップジャパン(GallopJapan)

    無料コンテンツでこれだけ楽しめます。
    管理人に日々チェックしています。もちろん無料でw
    特に鉄板の複勝圏内率が半端ないw
    とりあえず誰でも無料で試せる無料コンテンツを大事にしようw
    gjs

    日本ダービー予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【ダービー】3冠に挑戦できる資格を持つエポカドーロ



     今週の日曜東京メインは競馬の祭典・日本ダービー(27日、GI、芝2400メートル)。今年は過去10年で2位タイとなる重賞勝ち馬13頭がメンバーに名を連ねるが、例年にない混戦ムードを断ち切るのは、果たしてどの馬か。

     唯一、3冠に挑戦できる資格を持つのがエポカドーロ(栗東・藤原英昭厩舎、牡)。皐月賞では、3頭が後続を引き離して先行する中、4番手で実質的には逃げるような形でリズム良く追走すると、実績のある道悪(稍重)も味方に力強く抜け出した。短距離指向の母系から2400メートルの距離が鍵となるが、安定した先行力と粘りは魅力だ。

    【日本ダービー予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ