競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    新潟2歳S

    新潟2歳S予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【新潟2歳S】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気4勝。2番人気は3着2回のみで苦戦も、3、4番人気で5勝と1着は堅め。ただし2桁人気が2着6回とヒモ荒れに注意が必要だ。

     ☆実績 3着内24頭が新馬V。中でも東京で新馬Vの馬が3着内率57.1%と高い確率を誇る。距離も同22頭が1400メートル以上で勝利実績があった。

     ☆デビュー月 6月の新馬で3着内だった馬が09、11年を除いて8連対。

     結論 ◎ムスコローソ ○マイネルサイルーン ▲プレトリア


    展開を読む【新潟2歳S=スローペース】

    大外から出脚速くコーディエライトがハナへ。後続は脚をためながら淡々とした流れで続く。直線粘るコーディエ、ダンツセイケイ、抜け出しを図るフロンティアを追ってテンクウ、ムスコローソなどが一斉に伸びて大混戦の力勝負。



    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    新潟2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    新潟2歳S注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【新潟2歳S】手塚師自慢のムスコローソに不安なし!
      新潟2歳ステークスの追い切りが23日、東西のトレセンで行われた。美浦では、6月の東京の新馬戦を5馬身差で圧勝したムスコローソが力強い動きで好仕上がりをアピール。2カ月半ぶりとなるが、万全の態勢を整えた。同じく東京で勝ち上がったプレトリアは軽快なフットワークを披露。この2頭がサンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』となった。

     夏らしい暑さが戻った美浦で熱のこもった3頭併せ。6月の東京新馬戦(芝1400メートル)で5馬身差の圧勝を飾ったムスコローソが、馬なりでWコース5ハロン66秒8、3ハロン38秒1-13秒0の好時計をマークして内、外の僚馬と併入。重賞取りへ万全の状態をアピールだ。

     「調教の感じは初戦を使う前より楽に動けるようになっている。はじめから大人びている馬だし、何も不安はないよ」

     手塚調教師の歯切れのいい言葉に、確かな手応えと自信が感じられる。

     3頭縦列の2頭目を折り合いよく進み、4コーナーで真ん中に進路を取って直線へ。内スターフィールド(2歳未勝利)、外アルタイル(古馬OP)とラスト1ハロンあたりで横並びになり、余力を十分に残したままフィニッシュした。2カ月半ぶりでも仕上げに抜かりはない。

     デビュー戦は戸崎騎手と臨み、5番手から力強い末脚で後続を突き放すワンサイドゲーム。「距離が1ハロン延びるけど、1600メートルももつだろうし、現時点でマイナスになると思わない。楽しみが多いですよ」とトレーナーは愛馬に信頼を寄せる。

     今回コンビを組む大野騎手も好感触を伝える。1週前追い切りで初コンタクト、今週も併せ馬の相手を務め、「素直で操縦性がいいし、スピードもパワーも脚力もある。総合点が高いですね。ストライドに窮屈さもないのでマイルでも大丈夫だと思います。いい馬が回ってきました」。自身のJRA400勝にあと1勝で、「早めに決めて気持ち良く重賞を迎えたい」と今週はメモリアルと重賞勝ちを決めるつもりだ。

     ムスコローソとはイタリア語で「マッチョな」の意味だ。490キロ台の馬体は馬名通りのたくましさ。さらに、父は同じ手塚厩舎の2歳王者アジアエクスプレスを出したヘニーヒューズで、母系はドゥラメンテやエアグルーヴと同じ一族。血統にも素質にも恵まれた逸材が、まずは新潟2歳王者のタイトルをいただく。
    【新潟2歳S】軽快プレトリア!余裕の半馬身先着12秒9

     東京の新馬戦(芝1400メートル)で大外一気の差し切りを決めたプレトリアが、Wコースで軽快な動きを披露。5ハロン67秒2、3ハロン37秒8-12秒9で、併せたランボシ(3歳未勝利)に馬なりで余裕の半馬身先着を果たした。

     「動きはまずまず良かったですね。テンションが高くなるところがあるので、落ち着いてレースに臨めれば」と騎乗した吉田隼騎手は課題を挙げつつも好感触を口にする。中川調教師は「新潟の外回りは条件が向きそうだし、距離も大丈夫」と胸を張った。

    【新潟2歳S】オーデットエール伸びて12秒5

     今回と同じ舞台で初陣を飾ったオーデットエールは、坂路でアドマイヤランディ(1600万下)と併せ馬。ゴール前で強めに追われて、4ハロン54秒5-12秒5で併入した。野見山助手は「しまいは伸びているし、思い通りの動き。体も前走と同じくらいで出られそう。乗りやすい馬で、エンジンがかかってからの脚がしっかりしていますね」と前向きに話した。
    【新潟2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    新潟2歳S|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『新潟2歳S』レース展望
      夏競馬もいよいよ残り2週となり、新潟では日曜メインに新潟2歳S(27日、GIII、芝1600メートル)が行われる。過去10年では2007年の優勝馬エフティマイアが桜花賞、オークスでともに2着と好走。08年優勝馬セイウンワンダーは朝日杯フューチュリティSを制覇。11年2着のジャスタウェイは古馬になって世界ランキング1位になるまでに出世し、13年の覇者ハープスターは桜花賞馬に輝いた。また、同2着のイスラボニータは皐月賞を勝ち、ダービー、マイルチャンピオンシップで2着。15年の勝ち馬ロードクエストはNHKマイルCで2着、同2着のウインファビラスは阪神ジュベナイルフィリーズで2着と、先々を占う意味でも目が離せないレースだ。

     新馬戦の勝ちっぷりが特に光ったのがムスコローソ(美浦・手塚貴久厩舎、牡)。6月18日の東京芝1400メートル戦で5番手から内に進路を取って後続を突き放した末脚は、658.7メートルと日本一直線が長い新潟の外回りでも強力な武器になる。5馬身以上離した2、3着馬がその後に勝ち上がっているように、レベルも高かった。約2カ月半、レース間隔があいたが、一昨年はロードクエストが3カ月近い休み明けで勝っているだけに、問題ないだろう。

     速い上がりが要求されるレースでもあり、その点でクローズアップされるのが登録17頭中、唯一3ハロン33秒台の末脚を発揮しているテンクウ(美浦・奥村武厩舎、牡)。ムスコローソと同日の東京芝1600メートル戦で2番手から上がり3ハロン33秒7をマークして快勝。2着だったニシノベースマン(今回は登録なし)がすぐに未勝利戦を勝ち、続くダリア賞で3着に入っているように、レースレベルも上々だった。また、半兄イブキは昨年のこのレース3着馬。舞台適性もありそうだ。

     過去10年で牝馬が半数の5勝。今回、最も注目される牝馬は中京の芝1400メートル戦で2着に5馬身差をつけて圧勝したシンデレラメイク(栗東・鮫島一歩厩舎)だ。好位につけ、4コーナーでは他馬が避けた馬場の悪い内を突いて一気に差を詰め、直線は外めに進路を変えて伸びる内容。おっつけながらの追走だったことから、距離延長は歓迎材料だろう。

     他の牝馬ではコーディエライト(栗東・佐々木晶三厩舎)も争覇圏内。阪神芝1200メートルの新馬戦は3着に敗れたが、続く中京芝1400メートルの未勝利戦を2着に6馬身差をつけて勝ち上がった。シンデレラメイクを0秒2上回る1分22秒2(良)の勝ちタイムも強調できる。。

     今回と同じ新潟芝1600メートルの新馬戦を勝ったオーデットエール(栗東・須貝尚介厩舎、牡)、同未勝利戦を勝ったエングローサー(栗東・清水久詞厩舎、牡)、ダンツセイケイ(栗東・山内研二厩舎、牡)は舞台適性を示しているだけに、上位を十分狙えるだろう。

     出遅れながらも後方一気の内容で東京芝1400メートルの新馬戦を勝ったプレトリア(美浦・中川公成厩舎、牡)、同じく出遅れて、しかも4コーナーで大きく外に振られる不利がありながら福島芝1800メートルの新馬戦を勝ったグランデウィーク(美浦・畠山吉宏厩舎、牡)などもマークが必要だ。

     タイムや着差こそ平凡だったが、レース後の良化が著しいフロンティア(栗東・中内田充正厩舎、牡)にも注意を払っておきたい。
    【新潟2歳S|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5
    新潟2歳S予想|2016年|調教・追い切り

    競馬ファンならここを見逃すな・・・・・

    ◆新潟2歳S・追い切り(25日・美浦)

     日曜メインの新潟2歳S(28日、新潟)に出走するニシノオウカンが25日、美浦トレセンで最終追い切りを行った。ウッドチップコースでの3頭併せで、中ロジカロン(3歳未勝利)を4馬身、外アオイサンシャイン(3歳500万)を2馬身追走。直線で馬体を並べると、馬なりのまま5ハロン69秒2―13秒1で併入した。

     初めて騎乗した大野は、「余力がある感じで良かった。先週よりテンションも落ち着いているみたいだし、今日の雰囲気で使えれば力を出してくれそう」と好感触。新種牡馬リーチザクラウン産駒で重賞に駒を進めた古賀慎調教師は「いいものはありそう。父はダービー2着馬。距離は問題ないでしょう」と期待した。(西山 智昭)



    競馬スピリッツの予想が熱すぎwwwwww
    keibasp2






    【新潟2歳S予想|2016年|調教・追い切り】の続きを読む

    5

    新潟2歳S予想|予想オッズ|1番人気イブキ


    競馬ファンならここをチェック→だから無料で儲けようwwwww


    「新潟2歳S」イブキが3頭併せで最先着

     新種牡馬ルーラーシップの初年度産駒、イブキ(牡2歳、美浦・奥村武厩舎)が24日、新潟2歳S・G3(28日、新潟・芝1600メートル)に向け、美浦トレセンのウッドチップコースで最終追い切りを行った。

     4ハロン標識から徐々にペースを上げて、迎えた直線。内のライジングリーズン(2歳新馬)、外のショウナンアイ(4歳500万)の間に入ると、勝負根性を見せるようにグイッと2頭の半馬身前に出た。

     奥村武調教師は「順調。痛いところはないし、カイバも食べている。一度競馬を使ったことで、芯がしっかりした」と成長を感じ取った様子だった。

     

    競馬ファンなら無料予想をゲットしましょうwwww
    競馬予想コンシェルジュ

    keibaconm

    ↑↑
    これらの無料コンテンツを見るだけで馬券に繋がるwwww






    【新潟2歳S予想|予想オッズ|1番人気イブキ】の続きを読む

    このページのトップヘ