競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    新潟記念予想

    新潟記念|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『新潟記念』レース展望
      6週間にわたる夏の新潟開催も最終週となり、日曜メインに第53回新潟記念(9月3日、GIII、芝2000メートル)が行われる。総合優勝した馬のオーナーに3200万円、厩舎関係者に800万円の褒賞金が贈られるサマー2000シリーズ(全5戦)の最終戦は、チャンピオンが決定する一戦だけに、熱戦が繰り広げられるのは間違いない。

     シリーズ4戦が終了した時点でのトップは札幌記念を勝ったサクラアンプルール(13点)だが、同馬は登録がないため、最終戦の他馬の成績待ちとなる。ここで好走すればチャンピオンになる可能性があるのが4頭(ポイントは1着10点、2着5点、3着4点、4着3点、5着2点、6着以下1点)。いずれも勝機をうかがう存在だ。

     11点で2位のタツゴウゲキ(栗東・鮫島一歩厩舎、牡5歳)は格上挑戦だった前走の小倉記念で重賞初制覇。今年に入ってから力をつけただけに、まだ伸びしろはありそうだ。全4勝が芝2000メートルというスペシャリストで、新潟芝2000メートルも条件戦ながら2着がある。最大の課題は3キロ増となる55キロのハンデだろう。

     10点で3位タイが函館記念で重賞初制覇を成し遂げたルミナスウォリアー(美浦・和田正一郎厩舎、牡6歳)。この馬も全6勝中5勝が芝2000メートルで、新潟コースでも2勝(うち1勝は芝2200メートル)を挙げている。晴雨兼用で馬場状態が不問なのは強みだ。ハンデは前走から2キロ増の57キロだが、想定範囲内。柴山雄一騎手が騎乗停止となったため、今回は石橋脩騎手が代打を務めるが、乗り難しいタイプではないので特に問題もないだろう。

     マイネルフロスト(美浦・高木登厩舎、牡6歳)は5点で8位タイだが、勝てばチャンピオンになる可能性がある。3年前のダービー3着後は1勝のみだが、ブリンカーを装着したここ3戦は新潟大賞典2着、鳴尾記念3着、七夕賞2着と抜群の安定感。毎日杯以来の重賞2勝目が十分期待できる状況になっている。課された57キロも、新潟大賞典や七夕賞と同じ。好勝負は必至だ。

     もう1頭チャンピオンになる可能性があるのが、4点で11位タイのソールインパクト(美浦・戸田博文厩舎、牡5歳)。準オープンからの格上挑戦になるが、2歳時から3歳時初期にかけて重賞路線で好走した実績がある。新潟コースは3戦未勝利だが、ディープインパクト産駒だけに芝が軽く直線が長いコースは向いているはず。3着だった前走の七夕賞よりも条件は良く、ハンデも据え置きの53キロなら十分狙える。

     シリーズの行方に関係ない馬にも、有力馬が多い。アストラエンブレム(美浦・小島茂之厩舎、牡4歳)は6月のエプソムC2着以来だが、7月27日に放牧から戻って約1カ月間じっくりと乗り込んできた。8月24日の1週前追いは美浦坂路で4ハロン50秒5の好タイムをマーク。ハンデは2走前に2着だったオープン特別のメイSと同じ56.5キロなら問題はない。1800メートルまでしか経験がない点が鍵になるが、新潟コースは2戦2勝と得意。上位争いを演じても不思議はない。

     唯一の牝馬ロッカフラベイビー(美浦・鹿戸雄一厩舎、5歳)は1600万下・佐渡Sで牡馬を破っての出走。ハンデは52キロと手頃におさまった。昨年の覇者アデイインザライフが、1600万下を卒業した勢いに乗ってのVだっただけに、この馬も侮れない。

     ロイカバード(栗東・松永幹夫厩舎、牡4歳)=55キロ=は、2歳時から3歳春にかけてクラシックの有力候補に挙げられていたほど。思うような成績を挙げられずにきたが、前走の佐渡Sは休み明けながら2着と力のあるところを見せた。ロッカフラベイビーとの斤量差も、前走は5.5キロだったが、今回は3キロに縮まる。GIIIのハンデ戦なら目が離せない。

     阪神大賞典3着、天皇賞・春8着と一線級にもまれてきたトーセンバジル(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)=56キロ=と、菊花賞は8着に終わったとはいえ3番人気と高く評価されていたカフジプリンス(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)=55キロ=は、2000メートルへの対応がポイント。

     トップハンデ57.5キロのラストインパクト(栗東・角居勝彦厩舎、牡7歳)、同厩で57キロのフルーキー(牡7歳)はかつての勢いを欠いているのが気掛かり。ラジオNIKKEI賞2着のウインガナドル(美浦・上原博之厩舎、牡3歳)==52キロ、ホープフルSでのちのダービー馬レイデオロの2着に入ったマイネルスフェーン(美浦・手塚貴久厩舎、牡3歳)=52キロ=は3歳馬が振るわないデータをどう覆すかだろう。
    【新潟記念|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5

    新潟記念予想|2016年|調教・追い切り|ネット評価


    競馬はここで儲けろ2ch。。。激アツ

     マイネルミラノの調教を祈るような表情で見守っていたのは、荒木助手の妻・比沙子さん(27)。函館から新潟まで、出張先の同助手を支えるべく同行している。「家でも(ミラノは)“おとなしくてカワイイ馬だ”って、よく話をしてくれるんですよ」とニッコリ。

     勤務先の牧場で同助手と知り合い、付き合い始めたのがミラノが2歳の頃。14年に結婚して、その年に同馬はオープン入り。今年12月には長女が誕生予定。ミラノとともに、歩んできた“荒木ファミリー”にとって、思い出深い年となりそうだ。

     
    サンスポ追い切りCheck 2016新潟記念 美浦

     


    TM追い切り診断 2016新潟記念 美浦

     

    主な馬の調教タイム


    ベルーフ

    8/31 栗東CWやや

    84.5-68.7ー53.8ー12.9


    ダコール

    8/31 栗東坂やや

    55.5-39.8ー25.4-13.0


    バーディーイーグル

    9/2 南坂良

    62.7ー46.2-30.2-14.8


    マイネルミラノ

    8/31 新潟芝やや

    68.5ー52.2-37.0ー12.0


    アルバートドック

    8/31 CWやや

    84.0ー68.2-53.8ー39.5-12.9



    競馬ファンならここの無料コンテンツ
    競馬予想コンシェルジュが熱い

    keibaconm



     

     

    【新潟記念予想|2016年|調教・追い切り|ネット評価】の続きを読む

    5

    新潟記念予想|調教・追いきり|ネット評価まとめ




    新潟記念は激アツ
    ここの予想はチェックする、馬券の帝王・評価・検証・口コミ


    bak


    【新潟記念】北村宏司、得意の逆転Vで新潟リーディングだ 

     夏の新潟リーディング2位につける北村宏司騎手(35)は福島開催に続く最終週の逆転首位へ。「第51回新潟記念」のアヴニールマルシェなど16頭の騎乗で猛チャージをかける。

     新潟リーディングは2位・北村宏が得意の逆転Vを狙う。首位のM・デムーロに4勝差をつけられているが、今夏の福島では最終日に5勝の固め打ちで大逆転リーディング。初の新潟リーディングに輝いた12年も3勝差の2位から最終週6勝でひっくり返した。本人は「報道を見て大体の数字は把握するけど、意識は普段と変わらない」と平常心を強調するが、福島最終日の5勝は10、8番人気など全て1番人気以外。馬券的にも絶好の狙い目だ。

     今週は土日計16鞍に騎乗する。日曜メーンの新潟記念はデビューから手綱を取るアヴニールマルシェで参戦。追い切りに騎乗し、「気持ちの面を含めて、いい方に向いて走っている。コンディションは良さそう」と好感触を得ている。末脚自慢の愛馬ともどもリーディング争いでも鮮やかな“差し切り”を演じるか。その手綱さばきに注目だ。

     
     
    新潟記念ー調教
    【新潟記念予想|調教・追いきり|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    新潟記念予想|予想オッズ|アヴニールマルシェ


    新潟記念は激アツ予想
    トライキャストの無料予想が熱い
    tai1



    新潟記念ー競馬ブック想定より

    1番人気 マジェスティハーツ
    2番人気 ダゴール
    3番人気 ミュゼスルタン
    4番人気 アヴニールマルシェ
    5番人気 アルフレード


    ネット競馬より
    1番人気 マジェスティハーツ
    2番人気 アヴニールマルシェ
    3番人気 ダコール
    4番人気 ミュゼスルタン
    5番人気 アルフレード


    【新潟記念予想|予想オッズ|アヴニールマルシェまとめ】の続きを読む

    5
    新潟記念を当てようよ!!!いろいろなまとめ
    ヤフーニュース 

     秋の路線を決定する意味や、サマー2000シリーズの最終戦としても盛り上がりそうな新潟記念。今年はGI級とは現時点で言い辛いが、先々はその路線に移していきたいメンバーが揃った感。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■9/7(日) 新潟記念(3歳上・GIII・新潟芝2000m)

     マーティンボロ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は中日新聞杯で重賞初制覇。前走稍重の小倉記念で強力メンバーの2着と好走と、ディープインパクト産駒の割に時計の掛かる馬場が合うタイプ。今の新潟は、本コースとしては時計が掛かる方だし、ある程度のパワーやスタミナといった要素も求められるだけに、長く脚を使えるこの馬にとってはピッタリの条件。今回も上位争い必至だろう。

     ユールシンギング(牡4、美浦・勢司和浩厩舎)は3歳秋から一気に良化して、500万下から連勝でセントライト記念を制覇。菊花賞はさすがに結果が出なかったが、適条件の前走では見事重賞2勝目を達成した。同条件のここは、重賞3勝目が期待される場面。

     アドマイヤタイシ(牡7、栗東・橋田満厩舎)はこれまで重賞2着が6回。前走の函館記念は惨敗したが、これは先行勢が残れない展開となったのが原因だろう。昨年の新潟大賞典で2着に入っているようにコース相性は悪くないし、そろそろタイトルに手が届いても。

     その他、スピード上位のメイショウナルト(セ6、栗東・武田博厩舎)、堅実に走れるようになってきたニューダイナスティ(牡5、栗東・石坂正厩舎)、着実に力を付け条件が合いそうなクランモンタナ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)、海外遠征後調子を崩し掛けていたがここにきて復調ムードのステラウインド(牡5、美浦・尾関知人厩舎)辺りも上位争いの圏内。発走は15時45分。

     

    中日新聞杯で勝利したマーティンボロに注目ですね

    実際に儲けさせてもらいました

     

    中日新聞杯動画

     
    マーティンボロ
     
    新潟記念動画
     
     
     
    【新潟記念を当てようよ!!!いろいろなまとめ|マーティンボロ】の続きを読む

    このページのトップヘ