競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    弥生賞予想

    弥生賞予想|2016年直前情報まとめ



    エアスピネル

     今週3月6日(日)は、中山競馬場でGII弥生賞(芝2000m)が行なわれる。このレースは4月20日(日)に行なわれる3歳牡馬クラシックレース第1弾・GI皐月賞(芝2000m)のトライアルで、3着以内に入ると本番への出走権が与えられる重要なレースだ。

    ■藤田菜七子騎手へ。「馬一頭一頭の個性や感情に触れる気持ちを大切に」

     GI皐月賞のトライアルレースはGIIスプリングステークス(3月20日/中山・芝1800m)、OP若葉ステークス(3月19日/阪神・芝2000m)と複数あるが、このGII弥生賞は本番とコース、距離が同じで、レース間隔も十分に取れることから、2010年のヴィクトワールピサ、2001年アグネスタキオンが皐月賞馬となっているし、2005年のディープインパクト、古くは1984年シンボリルドルフ、1983年ミスターシービーなど、三冠馬となった名馬たちもステップレースに選択している。

     今年も豪華メンバーが揃った。筆頭は昨年の最優秀2歳牡馬リオンディーズ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎、父キングカメハメハ)で、GI朝日杯フューチュリティステークス(2015年12月20日/阪神・芝1600m)を制して以来、約2カ月半ぶりの実戦となる。1戦1勝の身で臨んだ同レースは、4コーナー15番手(後ろから2頭目)という後方待機から直線一気の差し切りで完勝。大物感溢れる勝ちっぷりは、“歴史的名馬クラス”の声も多く聞かれるほどだった。その後、無傷の3連勝でGIIIきさらぎ賞を勝ったサトノダイヤモンドの台頭もあり、1強ムードはやや薄れたが、サトノダイヤモンド不在の今回のメンバーなら、断然の人気を集めそうだ。

     しかし、強いだけでは勝てないのが競馬。コーナーを2度回り、直線は473.6mと長い阪神芝外1600mに対し、今回の中山芝2000mはコーナーを4度回り、直線は310mと短い。前回と同じような後方待機だと、差し切れない可能性も十分だ。新馬戦では好位6番手あたりからの競馬で勝利しているが、同レースでは道中行きたがって折り合いを欠いており、距離自体の不安も捨てきれないところ。半兄エピファネイア(父シンボリクリスエス)もこのレース4着、GI皐月賞2着と、血統的にこのコースとの相性が良いとは言えない。

     対抗馬として有力なエアスピネル(牡3、栗東・笹田和秀厩舎、父キングカメハメハ)も、GI朝日杯フューチュリティステークスで1番人気に推されながらリオンディーズの3/4差2着に敗れて以来の実戦。前走の内容から「もうリオンディーズには勝てないのでは?」という声も聞こえるが、競馬はよほどの実力差がない限り、コース適性や道中の有利不利、展開次第で逆転は可能。エアスピネルも、リオンディーズに先着する可能性は十分あると見ている。

     
    マカヒキ
    【弥生賞予想|2016年直前情報まとめ】の続きを読む

    5
    リオンディーズ|弥生賞2016年|注目まとめ


    無料予想が激アツの競馬情報会社

    ターフビジョン 
    http://tr-vision.net
    3連複無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!! 

    ハイヴォルテージ 
    http://high-voltage.tokyo
    元グリーンch解説者在籍!!注目無料予想が期待度大!!

    馬生
    http://umanama.com/
    競馬予想の真髄を学べるサイト!!

    競馬劇場 
    http://keiba-gekijo.com
    マコちゃんの予想が面白い、登録料0円に期待

    by競馬予想会社ファン

    【弥生賞(日曜=6日、中山芝内2000メートル=3着までに皐月賞優先出走権)注目馬2日最終追い切り:栗東】リオンディーズ(写真左)はM・デムーロを背に同厩の3歳500万下・メイショウメイコウを先導役にしてウッド5ハロンから併せ馬。向正面から追いかける形でスタートして、道中は折り合いをつけてじっくり追走。直線でも前との差は詰まらないままに遅れてフィニッシュ…常識的には併走遅れは見栄えは悪いが、朝日杯の最終追いで行きっぷりがよすぎて併せ馬にならなかったことを考えれば、この馬にとって前に馬を置いて折り合って走れたことが収穫。

     つまり、遅れは成長のサインとも言えるのだ。ラスト1ハロン11秒台と時計もしっかり出ており、仕上げは上々といえる(67・9―38・1―11・8秒)。

     M・デムーロ騎手「ハミを替えたことも良かったのか、折り合ってリラックスして走れていた。この馬にとってこれが何より。いい状態だと思う」

     

    リオンディーズ

    父-キングカメハメハ、母-シーザリオ、母父-スペシャルウィーク

    新馬戦

    朝日杯FS 

     

     

    1:2016/03/02(水) 20:32:36.17 ID:
    ┏━━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  3/6 中山11R 芝・右 2000m (皐月賞トライアル)
    ┃第53回報知杯弥生賞(GII).┃(´∀` )<3歳(国際)(指定)オープン 馬齢 発走15:45
    ┣━┯━┯━━━━━━━┻○━○━━┯━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
    ┃  │  │アドマイヤエイカン     .[牡3]│56│岩  田│(西)須貝尚│すみれs9┃
    ┃  │  │イマジンザット         ..[牡3]│56│戸  崎│(東)斎藤誠│つばき. 4┃
    ┃  │  │ヴィガーエッジ        .[牡3]│56│横山典│(東)池上昌│未ダ18..1┃
    ┃  │  │エアスピネル         [牡3]│56│武  豊│(西)笹田和│朝日杯 2┃
    ┃  │  │エディクト           .[牡3]│56│大  野│(東)二ノ宮 │3歳5百10┃
    ┃  │  │ケンホファヴァルト     .[牡3]│56│○  ○│(西)森秀行│未芝18 1┃
    ┃  │  │シャララ           [牝3]│54│江田照│(東)田村康│3歳5百12┃
    ┃  │  │タイセイサミット         .[牡3]│56│内田博│(西)矢作芳│寒竹賞 1┃
    ┃  │  │プレイヤーサムソン     [牡3]│56│松  岡│(東)大和田│3歳5百 6┃
    ┃  │  │マカヒキ            [牡3]│56│cルメール│(西)友道康│若駒S 1┃
    ┃  │  │モウカッテル         .[牡3]│56│○  ○│(西)森秀行│きさらぎ6┃
    ┃  │  │モーゼス           [牡3]│56│蛯  名│(東)大江原│3歳5百 3┃
    ┃  │  │リオンディーズ     .    [牡3]│56..|M.デム-ロ|..(西)角居勝│朝日杯 1┃
    ┗━┷━┷━━━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛

    前スレ
    3/6(日) 第53回報知杯弥生賞(皐月賞トライアル)(GⅡ) part2 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1456750574/
    【リオンディーズ|弥生賞2016年|注目まとめ】の続きを読む

    5

    弥生賞予想|調教・追い切り|最新情報(枠順確定)



    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki

     弥生賞(1~3着に皐月賞の優先出走権)に出走するサトノクラウンの追い切りが5日、美浦トレセンで行われた。感触を確かめる程度だったが、3カ月半ぶりの実戦を感じさせない動きを披露。デビューから無敗の3連勝で皐月賞(4月19日、中山、GI、芝2000メートル)に向かう。

     単走で派手さこそないが、全身を使った無駄のないフォームが目を引いた。サトノクラウンがWコースで軽く仕掛けられただけでラスト1ハロン12秒2(4ハロン54秒4)をマーク。デビュー戦から連勝で東スポ杯2歳Sを制して以来3カ月半ぶりの実戦へ、きっちり態勢を整えてきた。

     「先週(Wコース6ハロン84秒2)に長めからやっているのでサラッと。久々でも力を出せる」と橋本助手がデキに胸を張る。

     サトノクラウンを形容するなら“天才肌”だ。新馬を快勝して臨んだ東スポ杯。出負けして後方からの競馬になり、直線でも馬群に包まれる形になったが、残り100メートルでできた一瞬のスペースを突いて豪快に差し切った。Vへ導いたムーア騎手もさすがだが、競馬の中身もデビュー2戦目とは思えなかった。

     「競馬が上手で一瞬の脚も持っている。折り合いも不自由しないし、中山へのコース替わりが問題になるとは思わない。体重は(水曜計量で)480キロ台(前走時474キロ)とそれほど変わっていないけど、完成度が高い馬」と橋本助手。前走時に枠内駐立不良で再審査となったゲートにも「突発的にやったもので練習、再審査ともに問題ない」。2戦2勝の素質馬に対する陣営の信頼は大きい。

     手綱を取る福永騎手もデビュー戦を勝ったときすでに「世代で上位の馬」と素質を認めていた。2月26日に美浦へ駆けつけ、1週前追い切りに騎乗したときも「言うことなし。とにかく操作性が高いし、課題という課題はない」と絶賛。初陣から一貫して高い評価に変わりはない。

     「強いメンバーがそろったと思うし、この春を戦っていく上で力試しになると思う」と橋本助手。重賞勝ち馬7頭がそろうハイレベルな一戦で連勝を3に伸ばせば、クラシックという王冠へグッと近づく。 (板津雄志)

     
    弥生賞-調教動画・調教タイム
     
    【弥生賞予想|調教・追い切り|最新情報(枠順確定)】の続きを読む

    5

    弥生賞予想|サトノクラウン、大丈夫か?|ネット評価(2ch・ツイッター)まとめ



    サトノクラウンは無敗で皐月賞へ行けるか
     


    無料会員が激熱サイト-指定サイトからフリーメールで登録可能

    katiumad1

     重賞ウィナー7頭が出走予定の皐月賞トライアル、報知杯弥生賞(1~3着馬に本番の優先出走権)。注目は2連勝で重賞をものにした無敗2頭の対決だ。東京スポーツ杯2歳Sを完勝した関東馬サトノクラウンと昨年暮れのホープフルSを制した関西馬シャイニングレイが、どんなレースを見せるのか。

     底知れぬ能力を持つサトノクラウン。前走の東京スポーツ杯2歳Sは、出走馬13頭でただ1頭の1戦1勝馬。浅いキャリアを物ともせず、無傷の2連勝で出世レースを制した。

     レースぶりも驚くべきものだった。ゲート内で3度立ち上がり、直線では窮屈な位置に入る厳しい展開。ラスト50メートルで馬群を割って一気に突き抜けた。当時、3着のソールインパクトに騎乗していた福永は「普通だったら勝てるレースじゃない。完璧な勝ち方ではなかったからこそ、強いと思った」と能力を絶賛した。

     美浦のWコースで行われた1週前追い切りは、栗東から駆け付けた福永が騎乗。古馬2頭を楽々とかわし、6ハロン84秒9―39秒4―13秒1で先着した。2戦ぶりにコンビを組む鞍上は「新馬戦の時から、乗りやすいと思っていた。操作性と完成度が高い馬」。ゲート再審査になった発馬は、練習では問題なく出ている。

     本番の皐月賞と同じ、中山・芝2000メートルの舞台。全姉ライトニングパールは芝1200メートルの英G1チェヴァリーパークSの勝ち馬で、母系は短距離色が強いが、父マルジュは仏オークス馬シルシラを輩出。ジャパンC2着のインディジェナスの父として2400メートルにも実績がある。福永は「短距離の血統だけど、影響せずに成長すればこなせると思う。能力は高い」と信頼を置く。素質でクリアし、クラシックへと駒を進めるつもりだ。(石野 静香)

     
    皐月賞、無敗で皐月賞を勝利した馬と言えば
     
    【弥生賞予想|サトノクラウン、大丈夫か?|ネット評価(2ch・ツイッター)まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ