ゴールドシップ|宝塚記念2015年回顧|敗因を徹底的に分析してみる


 

無料予想で40万円・・・!!
只今無料会員募集中
指定サイトから無料会員-的中ダイヤモンド
teki



ゴールドシップは何故負けた?

 「宝塚記念・G1」(28日、阪神)

 スタートでまさかの事態が発生した。JRA史上初となる同一G1の3連覇を目指し、単勝1・9倍の圧倒的な1番人気に支持されたゴールドシップがゲート内で大きく立ち上がり、まさかの大出遅れ。離れた最後方からの追走を余儀なくされ、勝負どころでも進出できず15着に敗れた。

【写真】ゲート内で立ち上がり出遅れるゴールドシップ

 勝ったのは、ゆったりとした流れのなか、2番手で運んだラブリーデイ。今年重賞4勝目を初のG1制覇で飾った。首差の2着は後方から追い込んだデニムアンドルビーで、金子真人オーナーの所有馬がワンツーを決めた。3着はショウナンパンドラで、3連単は52万8510円の大波乱となった。

 ラブリーデイ・川田将雅騎手「力をつけて、G1の舞台まで勝ち切ってくれて良かったです。最後は同じ勝負服のデニムアンドルビーが伸びているのが見えたので“何とかしのいでくれ”と思っていました」

 
2015年-宝塚記念
 
【ゴールドシップ|宝塚記念2015年回顧|敗因を徹底的に分析してみる】の続きを読む