競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    天皇賞(春)

    天皇賞(春)予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【天皇賞・春】パドックのツボ

    シュヴァルグランは休み明けの前走時、歩様が若干硬く映った。滑らかな脚さばきでリズミカルに周回なら上積み大。折り合いに少し課題があるクリンチャーだが、パドックでは落ち着いている。この段階からテンションが高いようだと黄信号。レインボーラインは細身で完歩も小さく、あまり良く見せないタイプ。ただ落ち着きは欲しい。初距離&初G1のガンコは平常心で臨めるかがポイント。

    【天皇賞】出走馬の長所と短所

     「天皇賞(春)・G1」(29日、京都)

    (1)ミッキーロケット

    長所=重賞勝ちが京都。良馬場で大崩れなく
    短所=モタれる悪癖あり。G1〈0・0・0・5〉

    (2)チェスナットコート

    長所=充実ぶり示す近走内容。鞍上春盾3勝
    短所=G1初挑戦馬Vは00年以降で2頭のみ

    (3)シホウ

    長所=阪神2400メートルのレコードホルダーだ
    短所=オープンでは馬券にすら絡んでいない

    (4)カレンミロティック

    長所=15年0秒1差3着、16年鼻差2着実績
    短所=10歳馬。4年5カ月勝ちから遠ざかり

    (5)ヤマカツライデン

    長所=同型不在。マイペース逃げなら一発も
    短所=重賞未連対。G12戦は2桁着順大敗

    (6)ガンコ

    長所=芝へ転じて快進撃。重賞Vの勢い本物
    短所=G1初挑戦。高速馬場への対応も微妙

    (7)ピンポン

    長所=今回51戦目のベテラン。血統は長距離
    短所=芝では1勝のみ。実績不足は否めない

    (8)クリンチャー

    長所=菊花賞2着。京都巧者で長距離も歓迎
    短所=再度テン乗り。折り合いに不安が残る

    (9)ソールインパクト

    長所=持久力がある。厩舎も天皇賞(春)2勝
    短所=ジリ脚気味。外を回ると集中力を欠く

    (10)サトノクロニクル

    長所=前哨戦でスタミナを証明。血統も魅力
    短所=過去G1は9、10着。まだ成長途上か

    (11)シュヴァルグラン

    長所=唯一のG1馬。春盾は近2年3、2着
    短所=大阪杯が見せ場なく13着大敗。一変?

    (12)レインボーライン

    長所=阪神大賞典完勝の勢い。菊2着も光る
    短所=G1〈0・1・2・6〉。善戦マンの印象で

    (13)トウシンモンステラ

    長所=相手関係なく大崩れなし。持久力十分
    短所=オープン昇格後20戦未連対。家賃高い

    (14)アルバート

    長所=三千超の重賞4勝。スタミナ現役屈指
    短所=過去2年は6、5着。京都適性に疑問符

    (15)トーセンバジル

    長所=昨秋京都G1・3勝ハービンジャー産駒
    短所=重賞〈0・1・3・6〉。勝ち切るまでは?

    (16)スマートレイアー

    長所=京都で牡馬相手に重賞V。自在性十分
    短所=8歳牝馬で上がり目なし。三千も疑問

    (17)トミケンスラーヴァ

    長所=準OP、万葉S連勝が京都&秋山騎乗
    短所=重賞では見せ場なし。大外枠も厳しい

    【天皇賞】展開から浮上するのはこの馬だ

    「天皇賞(春)・G1」(29日、京都)

     開幕週のマイラーズCでレコードを記録と、京都芝は例年通りの高速馬場。土曜はやや時計を要していたとはいえ、過去10年で4角7番手以下から差し切った馬は皆無。先行力が必要だ。

     自在に立ち回れるクリンチャー、サトノクロニクル、シュヴァルグランは時計の速い決着にも実績があり、前々で積極的に運んで押し切りを狙う。

     人気薄で面白いのは絶好の最内枠を引き当てたミッキーロケットと、過去同レース3、2着の実績を誇るカレンミロティック。すんなり好位をキープできれば、早めのスパートで有力馬を出し抜く可能性は十分にある。

    【データで勝負】日曜京都11R・天皇賞・春

     【データからの注目馬・京都11R】

    ◎(12)レインボーライン

    ☆2013年以降、同名レース5戦では、菊花賞で3着以内に好走した馬が5回すべてで連対

     3年連続で阪神大賞典組が2頭馬券に絡んでいる。また、前走上がり3ハロン最速でGIIを勝った馬が活躍している。0秒2差以上でのVなら【2・2・2・2】連対率50%と好成績だ。

     一方、前走6着以下【0・1・0・23】、前走から斤量が3キロ以上増えた馬は【0・0・1・13】と不振だ。

     以上から、GII阪神大賞典をメンバー最速の上がりをマークして勝ったレインボーラインが狙い目だ。

    【天皇賞・春】夕刊フジ・調教チェッカーズ 厳選3頭教えます

     1番手はアルバート。

     ひと叩きされてしっかり変わり身を見せている。2週連続の併せ馬で十分な負荷をかけ、今週は直線の手応えこそ外サトノソルタスに若干見劣ったが、これは大きく追走していた分。ゴール付近で再び伸びたあたりに豊富なスタミナも見て取れた。馬体重も水曜日でマイナス4キロの478キロ。すっきりシェイプアップして万全の態勢だ。

     クリンチャーはハードに攻め抜いた前走から一転。気持ちにゆとりを持たせるメニューを重ねているが、25日の坂路では後半、グイグイとハミを取って気力&推進力をアピール。以前はこういった反応はなかっただけに、ひと皮むけたか。

     スマートレイアーは相変わらず、上々の動き。19日のCWコース6F79秒1で下地を作り、25日は坂路4F52秒7で僚馬に歩調を合わせるように併入した。躍動感も十分で、8歳という年齢を感じさせない

    11

    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    天皇賞(春)予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【天皇賞(春)】調教ウオッチャー

     長田 関西馬が多いので栗東からおすすめをします。なんといってもクリンチャーですよ!

     柴田 唯一の調教S評価だからな。当たり前すぎるだろ。

     長田 まあ、そうですけど、三浦騎手を背にして坂路で力強いフットワーク。時計自体は4ハロン54秒9と目立ちませんが、態勢は万全ですね。

     漆山 長田はまだキャリアが浅いから、人気馬に目が行きがちなんだよな。俺から見るとヤマカツライデンがよかった。坂路一番時計の4ハロン50秒6は、俺の東大脳で計算すると、2位の馬より1秒も速かったですから。

     柴田 それは俺のくたびれた脳でも計算できるけどな。美浦ではアルバートが良かった。ゴール前の手応えは併走馬に劣勢だったけど、かなり後ろから追走したもの。並びかけるときの反応は抜群だし、状態はいいと思う。

     長田 それも関東で最有力の馬だから、当たり前じゃないですかね。僕からもう1頭挙げるならサトノクロニクル。CWコースでラスト1ハロン11秒4のシャープな走りが目を引きました。

     漆山 まだまだ甘い。俺なんかミッキーロケットを推奨しちゃう。今週は攻め駆けするブラックスピネルに先着。橋本美助手は「ひと絞りできていれば」と言っていたので、当日の馬体重に注目です。

    【天皇賞(春)予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    天皇賞(春)予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【天皇賞・春】シュヴァル95点!美しき栗毛“伝説級”の輝き

     伝説の米国最強馬セクレタリアトの輝き!?鈴木康弘元調教師がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。混戦ムードの第157回天皇賞・春(29日、京都)では昨年のジャパンC優勝馬シュヴァルグランを95点でトップ評価した。前走・大阪杯では13着に大敗したが、達眼が捉えたのは一変を告げる栗毛の張りと輝きだ。

      
     ひと目見ただけでまぶたの裏に鮮烈な印象を残す名画のような色彩。シュヴァルグランの明るい栗毛は息をのむほど美しい。朝露のようなみずみずしさをたたえた体が春の柔らかな日差しを浴びて金色に輝いています。これほど色彩美にあふれた栗毛馬がいただろうか。写真から目を離して、思案を巡らせてみると…。米ニュース誌「タイム」などの表紙を飾った米国のスーパーホースが思い浮かびました。

      
     セクレタリアト。燃えるような赤みがかった栗毛から、2代目ビッグ・レッド(初代はマンノウォー)と呼ばれた73年の米3冠馬です。米国人は大のチェスナット(栗色)好き。シュヴァルグランも米国で走っていればアイドルホースになったかもしれません。ともあれ、ライバルがくすんで見えるほどの輝き。毛ヅヤも目立たなかった前走・大阪杯時から格段の変化です。

      
     俗に「ひと叩き」と言いますが、休養明けを一度叩いてここまで変わった馬も珍しい。大阪杯時の馬体診断では「休み明けで昨秋に比べて体のメリハリがもうひとつ。昨秋の方が筋肉が浮き立っていた」と指摘し、80点にとどめました。ところが、今回は全身に十分な張りがある。腹下がスラリと長いステイヤー体形。短距離馬のような分厚い筋肉は付かないタイプですが、上質な筋肉が浮き立っている。昨秋の体つきに戻っています。

      
     前走からの変化はもうひとつ。力の入っていなかった首差しに力感が増しています。元々、前肢をだらしなく前に置いて立つ見栄えしない姿勢ですが、首差しの力強さから充実ぶりが読み取れます。ハミを気にして少し口を開けている点も大目に見ておきましょう。何しろ、優勝した昨年のジャパンC時には事もあろうに馬っけを出した(私は激辛採点した)ほどです。左前の爪が立っていますが、球節にその反動なし。腱もしっかり浮いているので問題ありません。

      
     ひと目見ただけでまぶたの裏に鮮烈な印象を残すセクレタリアトのように美しい栗毛。長距離界の頂点に立つのに最もふさわしい輝きを放っています。(NHK解説者)

      
     ◆セクレタリアト 73年の米3冠を全てレコード勝ちした戦後の米国最強馬。3冠最終戦のベルモントSでは後続に31馬身差をつけダート2400メートルの世界レコード(2分24秒0)で逃げ切った。通算21戦16勝で同年に引退。父ボールドルーラーの後継種牡馬として米2冠馬リズンスターなどを出したが、89年に蹄葉炎で急死した。19~20年に21戦20勝を挙げた同じ栗毛のマンノウォーとともに米国を代表する名馬として「ビッグ・レッド」と呼ばれる。

    【天皇賞・春】クロニクル90点!“最強級”名ステイヤー体形

     名は体を表すといいます。そんな格言が馬名にも当てはまるなら、サトノクロニクルが体現しているのは長距離馬のクロニクル(年代記)。歴代の名ステイヤーは長い腹下と抜けた首差し、寝た肩に共通点があります。クロニクルに列挙されたステイヤー資質を伝える部位。このハーツクライ産駒もクロニクルに忠実に従ったような体形です。

      
     背中の長さは普通でも、腹下に余裕がある。ハーツクライ譲りのすっきり良く抜けた首差し。「寝肩」といって肩甲骨が寝ているように傾斜しているためストライドが伸びる。長距離をこなすための大きな完歩を可能にする肩の角度です。首が太くてずんぐりしているクリンチャーやガンコとは対照的なステイヤーの見本のような馬体。各部位のゆとりあるリンクの仕方もクロニクルに載っている長距離馬の特長といえるでしょう。

      
     立ち方も昨年の菊花賞時より断然良くなってきました。当時はトモを落としながら不自然に尾を上げていましたが、今回はトモ、尾ともに正常な位置。平常心を伝えています。ハミのくわえ方にも余裕がある。長距離戦を乗り切るための体形と気性を備えています。

      
     ただし、筋肉量は少なめで、パワーに欠ける。菊花賞のような道悪では苦しいが、予報では今週末の京都は好天。盾のクロニクルに新たな一ページを加えるかもしれません。

    【天皇賞・春】クリンチャー85点、キ甲発達し完成度高まった

      昨年の菊花賞時に比べてキ甲(首と背中の間の膨らみ)が発達し、さらに完成度が高まりました。首の太い体形は3200メートル向きではありませんが、目つきが昨秋よりもはるかに穏やかになった。ゆとりのある精神状態なら距離克服は可能でしょう。毛ヅヤも良好。蹄油を塗るなどよく手入れされています。左前肢外側の管に昨秋には見られなかったしこりがありますが、問題ないでしょう。


    【天皇賞・春】ガンコ85点、重さ感じさせない抜群のバランス
     とても500キロ超の馬体には見えません。前後、左右の均整が完璧に取れているため重さを感じさせないのです。筋肉量は十分で弾力性に富んでいる。毛ヅヤも良好。目、耳、鼻の穴をカメラマンに向けながらハミを適度に受けています。気負いもなければ、散漫でもない。初めて馬体診断しますが、素晴らしい馬です。物足りないのは飛節だけ。容積はあっても、締まりがありません。

    天皇賞はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    天皇賞(春)予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    3200mという舞台ながら、スピードが求められる/天皇賞・春展望


     このレースを2連覇したキタサンブラックが引退。また、キセキ、サトノダイヤモンドという菊花賞勝ち馬も不在で、GI馬は昨年のジャパンC勝ち馬シュヴァルグラン一頭のみ。GI馬が5頭出走していた大阪杯に比べ、華やかさに欠ける顔ぶれで行われることになって、人気も割れそうだ。

    1.スピードが求められる舞台

     冬の京都開催が不順な天候に祟られた影響が心配されたが、レコードで決着したマイラーズCを見てわかるように、今春の京都もまた高速馬場になった。春の淀の3200mはスタミナ以上にスピードが求められる条件であり、一連の長距離路線とは一線を画する。

    2.先行する準備はできているか

     過去10年で阪神大賞典から臨んだ馬の成績は[3-2-4-48]だが、阪神大賞典での4コーナー通過順位が3番手以内だった馬の成績は[3-2-1-20]。つまり、天皇賞で連対した阪神大賞典組は、すべて前走で先行する脚を見せていた、ということになる。阪神大賞典に限らず、前走の脚質が「逃げ・先行」だった馬が過去10年の天皇賞で7勝して2着4回。

    3.順調に使われている馬が中心

     過去10年の勝ち馬で、前走馬券圏外から巻き返した馬は2頭のみ。1頭は2014年のフェノーメノで、前走の日経賞は5着と言っても0.5秒差だった。もう一頭の2012年のビートブラックは、二頭で離して逃げる形から粘り込んだもの。長丁場のGIということで、勝ち負けするためには心身ともにピークに近い状態が求められる。不振馬の巻き返しは、展開を味方につけた場合にほぼ限定される。


     クリンチャーは昨年の菊花賞2着を含めて、これまで京都コースでは[2-1-0-0]のパーフェクト連対。3コーナー過ぎの下り坂を利用してスピードに乗っていけるコース形態が合っているようだ。前走の阪神大賞典は「一周目の3コーナーを勝負所だと馬が勘違いしてしまった」らしいが、いかにも前哨戦と割り切った敗戦でもあった。折り合いを欠く場面がありながら3着に粘り込んだのだから、むしろスタミナの確かさに自信を深めた部分もあるのではないか。武豊騎手の騎乗停止による乗り替わりは誤算だが、あえて仕掛けを遅らせた前走の布石が、今走に活きてくるものと見る。

    【天皇賞(春)予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    天皇賞春予想|2017年|調教ニュースまとめ


    もう知らない人がいないぐらい有名になりつつある
    無料でここまでしっかりしているサイトもない。もちろん有料予想もしっかりしていますが
    天皇賞(春)の無料予想をゲットしてその信頼度を図ろう
    ギャロップジャパンの予想が大注目

    tenharus

    ヤフーニュースより-引用

    【天皇賞】サトノダイヤモンド華麗な舞 「青写真通り」馬なり4F53秒3

    「天皇賞(春)・G1」(30日、京都)

     昨年秋以降は4戦4勝と負けなしのサトノダイヤモンドは26日、ここ数戦と同じく栗東CWでの半マイル追い。馬なりのまま僚馬と併入した。池江師こそ「適性距離を超えている」と3200メートルへの不安を口にするが、主戦のルメールは距離克服に自信を見せる。有馬記念に続きキタサンブラックを撃破し、現役最強を誇示してみせる。出走メンバーと枠順は27日に確定、28日に一部ウインズで前々日発売が行われる。

     軽やかな動きは、実にエレガント。グランプリホース・サトノダイヤモンドは、栗東CWで半マイル追い。先行させたプロフェット(4歳オープン)をラスト1Fでとらえると、仕掛けることもなく、内から馬体を重ねたまま、ゴールへと飛び込む。長丁場の一戦を控え、力を蓄えるかのごとく、ソフトな最終デモだったが、それでいながら十分過ぎる気品を漂わせた。

     「先々週、先週と一杯にやっているので、きょうは軽い追い切り。馬がリラックスして、反応もとても良かった。息もすぐに入っていたし、すごくいい状態です」。またがったルメールは称賛の言葉を並べる。全体時計は馬なりで4F53秒3-39秒0-12秒3。池江師は「ちょうどいい時計で、速くならずに良かったと思います。今のところ青写真通り」と仕上げに胸を張った。

     菊花賞から、さらに1Fの距離延長。トレーナーは「ベストは2000メートルから2400メートルでしょう。適性距離を超えていると思う」と不安を口にした。初距離であり、さらに最大のライバルであるキタサンブラックは昨年の覇者。有馬記念では2キロあった斤量差も今回は消える。条件的には苦しくなるため、「まだこの馬は大関。胸を借りる立場で、横綱に挑んでいきたい」と謙虚な姿勢を崩さない。

     ただ、菊花賞の前から、一貫してスタミナ強化を図ってきた。秋には大目標の凱旋門賞・仏G1(10月1日・仏シャンティイ)が待ち受ける。日本の芝3200メートルを克服できないようでは、タフな欧州の馬場はこなせまい。「ハードルを越えてこそ、ダイヤモンドも成長してくれる」と指揮官は期待を込めた。

     一方のルメールは距離克服に自信を見せる。「菊花賞は楽に勝てたし、ゴールの後もまだパワーが残っていた。200メートル延びるのは関係ない」ときっぱり。「天皇賞はたぶんレースオブザイヤー。すごい楽しみ」。有馬記念に続き、再び難敵を退けることで、現役最強の座を確固たるものにしてみせる。
    【天皇賞】シュヴァルグラン2馬身先着 確かな成長!福永「自信持てる」

    「天皇賞(春)・G1」(30日、京都)

     2強に割って入りたい。強い思いを胸にシュヴァルグランは26日、栗東坂路を力強く駆け上がった。時計のかかる馬場状態で4F53秒5-39秒0-13秒1。併走相手のムスカテール(9歳オープン)を2馬身引き離した。

     「2週前と先週で強い負荷はかけてあるので、ある程度のところで気合を入れました。いい状態です」と友道師はきっぱりと言い切った。

     以前は追い切りの動きが地味だった。だが、馬体が成長、上昇気配で迎える今はケイコでもしっかりと脚を使えるようになった。「前走の阪神大賞典前からハミに向かって走るようになってきた。昨年とは走り方が違う」とコンビを組む福永がほほ笑めば、トレーナーも「トモがしっかりと成長してきたことが大きい」と胸を張った。

     昨年はキタサンブラックに0秒2差の3着。内で動くに動けず、消化不良に終わった。「スタートが甘く、思っているよりも後ろの位置になるから、動きたいところで動けなかった。でも、発馬が良くなった今年は中身という点で自信が持てる」と福永。ひと回り成長した姿で強敵にぶつかる。
    【天皇賞・春】キタサンブラック、連覇へ万全仕上げ!

    ◆天皇賞・春追い切り(26日・栗東トレセン)

      伝統の淀の長距離G1、第155回天皇賞・春(30日、京都)の追い切りが26日、東西トレセンで行われた。2強はともに栗東・CWコースで、連覇を目指すキタサンブラックは長め7ハロンから併せ馬を行った。ここまで万全の調整過程で、態勢を整えた。きょう27日に枠順が確定する。

      サッと仕上げるだけの内容に、キタサンブラックの万全さが何より示された。栗東のCWコースで、7ハロンからペイバック(3歳未勝利)の外を3馬身追走。リズム重視でゆったり進めて、直線で楽にかわす。気を抜かさぬよう最後だけ強めに伸ばして、半馬身先着した。

      7ハロン98秒9、ラスト1ハロンを12秒3。ただ数字自体に意味はない。「カリカリするところが全くなく、フワッと走れてました。長丁場なので、これくらいの雰囲気がいい。前走後は落ち着いていて、その状態をずっと維持できてます。何かがガラッと変わったわけではないけど、全体的に上積みを感じます」。デビュー時から調教を担当する黒岩が、文句なしのジャッジ。清水久調教師も「本当に指示通り。2走目ですし、これで十分だと思います」と納得の笑みだ。

      当週の追い切りを楽な形で終えられたのは、ここまでに手を尽くしたから。大阪杯前は、坂路を1日に3本上がるハードトレーニングを導入。昨年の年度代表馬を、守りに入らず攻めの調教で鍛えて、G14勝目につなげた。今回はCWコース(1800メートル)で通常1周か1周半のところを、2周半乗り。それも中3週の間に4、5回行った。

      「息をつくる調教を意識的に取り入れています。これまでもやってましたが、回数が増えてます。それだけ、やれるようになったということ」とトレーナーはパワーアップに自信。前走が過去最高の540キロで、前日25日時点でも542キロ。増え続けている数字が証しだ。

      雪辱だ。昨年の有馬記念で首差負けたダイヤモンドと激突する。「あまり考えず、自分の馬のことだけを考えてやりたい」とした清水久師だが、最後に付け加えた言葉が本音だろう。「もちろん逆転したいです」。最大のライバルをねじ伏せて、現役最強を堂々うたう。(宮崎 尚行)

     <武豊に聞く>

      ―今年初戦の大阪杯を完勝。G1・4勝目でした。

      「状態が非常に良かったし、いい形でレースを進められました。結果も内容も良かったです。1年前の大阪杯から乗せてもらい、乗っていて非常に頼もしい。すごい馬と改めて感じてます」

      ―昨年のこのレースを逃げ切りで制しました。

      「直線で一度かわされたけど、差し返してくれました。(この舞台で逃げ切りは)簡単にできることではない。底力があるなと思いました」

      ―1年たっての成長、変化はどうでしょう。

      「全体的に強くなっていると思います。体が少し大きくなり、本当にたくましくなりました」

      ―昨年の有馬記念で敗れたサトノダイヤモンドと、再び激突します。

      「皆さんが思うように『2強対決』の図式になるんだと思います。気になるというか、普通にすごく強い馬。有馬記念では本当に悔しい思いをしました。負けたとはいえわずかの差(首差)。何とかならなかったかなと、思いました」

      ―天皇賞は春7勝、秋5勝で歴代最多12勝。13勝目がかかります。

      「そうなれば、いいですね。とにかくキタサンブラックらしい走りをさせたいですし、勝って北島三郎オーナーと表彰台に上がりたいです」

    【天皇賞春予想|2017年|調教ニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ