競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    大阪杯直前情報

    大阪杯予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】日曜阪神11R大阪杯

     ◇アルアイン「菊花賞以来の実戦だったが、内容ある競馬でよく頑張ってくれた。目標とするダービー馬をつかまえたが…。これが次につながるようなら」(川田将騎手)

     ◇ウインブライト「スタートが良かったので、いい位置を取れた。道中の折り合いも完璧だった。デキが良かったし、自信を持って乗った。2歳の頃から“この馬でGIを”と思っていたし、これからも期待している」(松岡正騎手)

     ◇ゴールドアクター「残念。初めて乗ったけど、返し馬からいい走りではなかった。レースでも、らしくない走りだった。前、後ろ脚のバランスが悪かったし、少し深刻かもしれない」(武豊騎手)

     ◇サトノダイヤモンド「ゴールを過ぎても伸びていた。次走でパワーアップできるだろうし、楽しみだ」(ルメール騎手)

     ◇サトノノブレス「マイペースで行けたし、最後までしっかりと走ってくれた」(幸英騎手)

     ◇シュヴァルグラン「折り合いとリラックスすることを重視して乗った。徐々に番手を上げていったが、スピードが乗った直線で接触する重大インシデント(事故にはつながらなかったが、重大な事故になっていた可能性のある事態)。それでも、そこからよく伸びてくれた」(ボウマン騎手)

     ◇スマートレイアー「状態は良かったので、前で競馬をしようと思っていた。理想のレース運びだったが、相手が強かった」(武豊騎手)

     ◇スワーヴリチャード「素晴らしい。とても強いと思う。有馬記念のように外々を回って最後に苦しくなるようなレースは嫌だったので、それなら前へ行って早めに動いた方がいいと判断した。いい脚を使ってくれた」(Mデムーロ騎手)

     ◇ダンビュライト「調教に乗って、すごくいい状態だと思っていた。スタートが良かったので、2番手くらいで。前に行くとちょっとフワッとするけど、同じペースだったので早めに行きたかった。直線もいい脚を使ってくれた」(Mデムーロ騎手)

     ◇トリオンフ「この馬が一番脚を使えるレースをしようと思っていた。前回で乗ってすごく成長を感じていたし、期待通りの走りをしてくれた」(川田将騎手)

     ◇ペルシアンナイト「展開が良くなかった。スタートがあまり良くなくて、その後も位置を取れなかった。速い流れは想定していたが、前が残ってしまい、この馬も伸びなかった。体は減っていたが、デキは良かったと思う」(Mデムーロ騎手)

     ◇マサハヤドリーム「横を向いたときにゲートが開いて、タイミングが悪かった。それでも4コーナーでは来そうな雰囲気だったし、やっぱり小倉は合っている」(和田竜騎手)

     ◇ミッキースワロー「縦長の競馬は難しかったけど、ポジションは予定通り。そこから上がっていき、距離を延ばしていくにあたって収穫のある内容だった」(菊沢徳師)

     ◇メートルダール「スローペースになるのは分かっていて、手応えがあれば早めにまくるのも考えていたけど、脚を使えなかった。最後も離されてしまって…。こんな馬ではないと思うが…」(福永祐騎手)

     ◇ヤマカツエース「返し馬の息遣いはいい感じがしなかった。直線もいいときはスッと動けるのに重くて…。使って良くなると思う」(池添謙騎手)

     ◇ヤマカツライデン「自分の競馬はできたが、展開的に厳しかった」(松山弘騎手)

    【データで勝負】日曜阪神11R・大阪杯

    【データからの注目馬・阪神11R】

    ◎(8)アルアイン

    ☆2013年以降、同名レース5戦(GII時代を含む)では、勝ち馬は、A.4歳または5歳の関西馬、B.前2走以内にGI、GIIで連対歴をともに満たす

     また、阪神の実績も不可欠。勝ち馬4頭は阪神で3着以内率100%。残る1頭も3戦2勝で同67%だった。

     前走の距離にも注目。今回と同じ2000メートルだった馬は【0・2・1・11】同21%、距離延長は【1・0・0・20】同5%と苦戦している。一方、前走から距離短縮が【4・3・4・15】同42%と好成績だ。

     前記条件にぴたりと当てはまるアルアインが狙い目。前走は芝2200メートルのGII京都記念で2着。阪神では無敗で、距離短縮のステップで挑む4歳馬だ。

    【大阪杯】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

     昨年は大逃げしたマルターズアポジーこそ沈んだものの、結果的に前を行った2頭のワンツー。Bコース変わり初週という要素も加わり、外からの追い込みは相当な激流にならない限り届かない。メンバー上位の先行力があり、なおかつ持ち時計の裏付けがほしいところだ。

     そこで現在のレコード保持者サトノノブレスが急浮上する。最近は重い芝を走る機会が多かっただけで、本来は軽い芝巧者と呼べる存在。今の高速馬場なら粘り込みでの一発も夢ではない。

    【大阪杯】展開から浮上するのはこの馬だ

     ヤマカツライデンの逃げは5F通過59秒台前半。やや速めの平均ペースで、アルアインにとっては1分57秒8の好時計で制した皐月賞(前半5F59秒0)とほぼ同じ流れ。好位から上がりを34秒前後でまとめて、栄冠をたぐり寄せる。

     スピードの持続力にたけた先行勢や、馬群をさばいて来られる差し馬が上位へ。外枠のスワーヴリチャードは外々を回らされて届かなかった中山での2戦が頭をよぎる。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    【2017年】大阪杯予想|2017年|直前情報まとめ


    【梅ちゃん先生 特別編】2日阪神11R マルターズアポジーの大逃げ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00000081-spnannex-horse

    土曜の夜、平井の酒場で大阪杯の能書きを垂れていると、常連の金城が鼻で笑った。「マルターズアポジーの逃げ切りだって?エイプリルフールらしいウソ予想だぜ」。

    デビュー19戦逃げ一筋の穴馬。金城どころか、ライバル勢も眼中に入れてないだろう。そこに活路が生じる。小倉大賞典では前半1000メートル57秒6の超ハイラップで飛ばしながら、後続を2馬身完封。直線359メートルの阪神内回りなら、その逃げ脚は簡単には止まらない。

    「同型がいても、アポジーは初速が違いますよ。後続を引きつけ過ぎないようにうまくやりたい」とは主戦・武士沢。初速(テンのスピード)を生かして大逃げを打つだろう。「ポイントは番手の騎手がどこで鈴を付けに来るかだ」と堀井師は言う。

    ダービー卿CTにも登録しながら、数%の可能性に懸けてG1を選択した。後続がなめてかかれば、鈴を付けるポイントが遅れ、数%の可能性は数10%にアップする。追い切りのたびに汗取りをかけて、究極の仕上がり。「エイプリルフールのウソ予想だ」と、笑う門に逃げ馬の福来る。  

    中山8R ジョンブドールがどん尻強襲  休み明けとは思えない引き締まった馬体。前走は5着とはいえ、超スローペース(前半1000メートル64秒2)を最後方からタイム差なし(鼻、鼻、頭、頭差)の大接戦に持ち込んだ。今度の作戦もどんじり強襲。少しでもペースが上がれば、ジョンブドール(フランス語で黄金の脚)がさく裂する。

    【大阪杯】馬場状態から浮上するのはこの馬だ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000158-dal-horse

    「大阪杯・G1」(2日、阪神)  大阪杯が行われる2日、阪神競馬場がある兵庫県南部の天気予報は晴れ。土曜の芝は稍重だったが、回復が見込め、良馬場での決戦となりそうだ。  

    土曜阪神10R仲春特別(1000万下)の勝ち時計が芝1400メートル=1分22秒1。良馬場の昨年より1秒4差も遅いが、馬場が渋った影響も大きいだろう。  

    今週から芝はBコース(Aから直線部3メートル、曲線部4メートル外側に内柵を設置)に。傷んだ部分がカバーされ、内も外も伸びる有利不利のない状況だ。G1昇格初年度でメンバーも上々。1分58秒台の決着とみる。  速い時計が求められるハイレベルのG1。さらに、阪神コースは、他馬が伸びあぐねた坂でひと伸びできるかどうかが問われる。  

    スピードとタフさを兼ね備えた馬を狙いたい。(13)ヤマカツエースは持ち時計がメンバー中3位。滑る馬場は苦手だが、パワーを要する良馬場を得意とするのは金鯱賞連覇で証明済み。最後の急坂で、他馬と伸びが違った前走内容に好感が持てる。

    【大阪杯】展開から浮上するのはこの馬だ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000156-dal-horse

    「大阪杯・G1」(2日、阪神)  快速型のマルターズアポジーが後続を離してきっぷ良く逃げる展開。前半5Fが59秒0前後と平均よりやや速いペースになるか。内回りと流れを総合すると、瞬発力よりも持続力が重要とみる。  王道の競馬で力を示し続けてきた年度代表馬キタサンブラックは底力が存分に生きる流れ。Bコース変わりもプラス材料で死角は少ない。香港G1制覇、雨馬場での京都記念連覇の内容からサトノクラウンも末脚の持続力を問う競馬は合う。好枠&しぶとさが売りのミッキーロケットも課題のスタートさえ決まれば大きく浮上。  逆に瞬発力系のマカヒキ、アンビシャスは減点か。
    【大阪杯】出走馬の長所と短所
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000157-dal-horse


    (1)ミッキーロケット長所=神戸新聞杯で現役最強馬と互角の走り短所=スタートに難が。最内枠は不安材料も

    (2)アングライフェン長所=叩きつつさらに良化。雨残れば浮上も短所=オープンで5着が最高と実績に乏しい

    (3)スズカデヴィアス長所=脚質転換に成功。実力馬が復調ムード短所=過去のG1では14、9、17着。家賃が高い

    (4)ステファノス長所=G1で好走歴。叩き良化型で上積み◎短所=14年10月の富士S以来、勝ち星はなし

    (5)キタサンブラック長所=G1では〈3131〉。実績は最上位 短所=昨年以来の二千。現状では距離不足か

    (6)サクラアンプルール長所=競馬センス抜群。上がり勝負も対応可 短所=実績は一枚落ちる。関西圏の競馬も初

    (7)サトノクラウン長所=力強い末脚。鞍上とのコンビは1、1着 短所=気ムラで好走時と凡走時の差が激しい

    (8)ロードヴァンドール長所=地力アップ。マイペースならしぶとい短所=重賞未勝利でG1初挑戦。相手強化で

    (9)ディサイファ長所=重賞4勝馬。パワーのいる馬場も得意 短所=最年長8歳馬。G1での好走歴もなく

    (10)モンドインテロ長所=末脚に安定感。右回りは4着以下なし短所=中距離戦は久々。流れに戸惑う危険性

    (11)マルターズアポジー長所=ハイペースでも簡単に止まらない逃げ短所=マークが厳しくなると?輸送も未知数

    (12)アンビシャス長所=昨年はG1馬5頭を撃破。力見劣らぬ短所=G1では壁。脚質的に展開待ちの面も

    (13)ヤマカツエース長所=芝二千の重賞4勝。ベスト舞台で飛躍 短所=阪神コースは〈0004〉と未勝利で

    (14)マカヒキ長所=最強世代のダービー馬。距離もベスト短所=復帰戦が案外の内容。仁川も初めてで


    大阪杯もプロ予想で美味しい馬券をゲットせよ
    ギャロップジャパンが超有名・・・無料予想で当たりをGET

    oosakahai1

    このページのトップヘ