競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    大阪杯

    【能力値ランキング】4月4日阪神競馬場11レース大阪杯

    nouryokuchi


    管理人馬券

    中山牝馬S
    2021-03-19_14h43_32
    阪急杯
    2021-03-05_19h43_53


    小倉大賞典
    2021-02-26_22h10_54

    京都牝馬S

    2021-02-26_22h12_06


    フェブラリーS
    2021-02-26_22h13_33



    大阪杯

    1位 コントレイル
    2位 グランアレグリア
    3位 サリオス
    4位 グレッシェンドラヴ
    5位 レイパパレ


    先週のTENKEIの無料予想が高松宮記念的中させていました

    「管理人確認済み」

    ※ 無料公開された予想

    2021-03-30_22h31_20

    ※ 的中実績
    2021-03-31_11h04_16

    ある意味完璧すぎた。

    指定サイトにフリーメールを入れれば無料予想ゲットできます。
    TENKEIの無料予想をゲットしに行く!!





    大阪杯予想|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais





    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」馬体はここで学べ
    必勝!万馬券ちゃんねる

    2021-03-24_14h08_37





    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc6d4261e2ae3c5c838587e028af0acb54f4de8e

     グランアレグリア A

     マイルCSから大きな変化はなし。強いてあげれば、腹回りがシャープに映るくらいか。前肢と後肢のバランスが良く、四肢でしっかりと踏みしめて胸を張る姿は、王者の風格すら漂わす。柔らかい筋肉をまとい、しっとりとした質感。精神的にもゆとりが出ており、高いレベルで状態キープ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  
    〈1週前追い切り診断〉
     
     杉原(レースはルメール)を背に美浦Wで5F68秒0-40秒6-12秒9(馬なり)。以前は前に馬を置くとガツンと行くこともあったが、今は折り合い、フォームともに乱れなし。直線も意識的に後ろに構えたが、スムーズな加速から切れのある伸び脚を披露。体の張り、ツヤも良く、状態は文句なし。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/32d01b8731665279fe7f4e99c536e838d6aeaf0f
     グランアレグリア 100
     
     競馬は最高の推理小説である――と言ったのは競馬評論家の故・大川慶次郎氏だったか。集めた状況証拠(予想の手がかり)を組み立てて事件の真相(レースの結末)に迫るのが競馬の推理。果たして短距離界のチャンピオンは中距離にも対応できるのか。グランアレグリアの写真にルーペを向けながら事件の謎を解明できない探偵の気分を味わってます。  

     マイルから未経験の2000メートルに延びる春初戦。距離克服の可否を馬体から解き明かしてほしい…との依頼が持ち込まれました。馬体写真から読み取れる解明の手がかりは2つ。「体形」と「表情」です。  

     まず「体形」。馬の目利き10人がグランアレグリアの体つきを見れば、おそらく10人ともスプリンターと思うでしょう。太い首、肩とトモには岩のような大きな筋肉。ダウンジャケットでも着込んだような厚みを増しています。一昨年の桜花賞時に476キロだった体重は昨年の安田記念で492キロ、スプリンターズS、マイルCSでは500キロを超えました。体重増は筋肉の増量分。加齢とともに筋肉マッチョなスプリンター体形が完成したのです。  

     スプリンターがマイルの古馬G1を強い競馬で連勝できたのはなぜか。コントロールが利く気性だからです。2つ目の手がかり「顔つき」が示すのは穏やかな気性。桜花賞時には耳を前方へ強く立てて前向きさをのぞかせていましたが、年を経るごとにおとなしくなってきた。馬の目利き10人が今回の顔つきだけを見れば、おそらく10人とも中距離型だと思うでしょう。ハミも着けず引き手を遊ばせながら涼しい顔で立っている。どこにも力みがない。藤沢和雄厩舎の教育の成果です。  

     スプリンター色が強まった体形と、中距離馬をイメージさせる顔つき。満点の仕上がりとはいえ、相反する手がかりから2000メートル克服の可否を見抜くのは難しい。浮沈の鍵はレース序盤。少しでもファイトすれば距離の壁にぶつかります。リラックスして走れれば壁は越えられる。力みひとつない穏やかな顔つきから後者の可能性が高いかもしれない。金田一耕助や明智小五郎にも解き明かせない結末。だから、競馬は最高の推理小説なのです。(NHK解説者)
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/32d01b8731665279fe7f4e99c536e838d6aeaf0f
     コントレイル A評価

     ジャパンC(2着)以来4カ月ぶりだが、馬体から昨秋3戦の激闘の疲れは感じられず、しっかりとリフレッシュされたようだ。当時に比べると背丈が高くなり、前駆にもボリューム感が増した。  

     以前は若干きゃしゃな印象があったが、全体的にパワーアップしている。それでも上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の輪郭がくっきりとしており、下腿(かたい)の血管も浮き出て皮膚の薄さが感じられる。太め感のない仕上がりだ。  

     相変わらず毛ヅヤの光沢は十分で、トモに丸みがあるのも好感が持てる。100%に近い状態だろう。馬体が大きくなったとはいえ、体高と体長のバランスは変わっておらず、芝2000~2400メートルがベストの条件という印象もそのまま。今回は適鞍と言える。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  
    〈1週前追い切り診断〉
     福永を背に栗東CWで6F78秒6-37秒0-12秒4(馬なり)。トゥオトゥオ(3歳未出走)を1秒4追走して1秒先着、テンカハル(3歳1勝クラス)を1秒追走して0秒9先着した。前半のラップが速かったが、直線では馬なりのままグイグイと伸びた。ひと追いごとに気合乗りも良化。九分以上の仕上がりで出走できそうだ。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9dce60959f3254051bad4768013270323a7fcdb4
     コントレイル 100点評価

     コントレイルは青春小説の主人公のように試練や挫折を乗り越えて成長しています。昨年のJCで初黒星を喫してから4カ月。休養がプラスになったのでしょう。馬体はJC以上にフックラと丸みを帯びています。特にトモと首差しのボリュームが増してきた。それでいながら、筋肉の柔らかさは3歳春と変わらない。きついレースを重ねても柔軟性を失っていません。  

    「空を飛ぶような走り」。

     父ディープインパクトも主戦・武豊騎手がこう表現したほど弾力のある柔らかな筋肉の持ち主でした。450キロそこそこの体に全ての部位が無駄なく滑らかにリンクされた機能性の高さも父譲り。レースで少し行きたがる面まで一緒です。菊花賞では緩いペースに掛かり気味になっての辛勝。初めての試練でした。JCでは行きたがるのを抑えた分だけ後手に回って2着。初めての挫折でした。  

     巻き返しを期す舞台は最も距離適性の高い2000メートル。筋肉の張りが目立つ古馬となって偉大な父にまた一歩近づくでしょう。馬体写真に写っているのは、試練や挫折を糧に成長する青春小説の主人公の姿です。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b192bd1a5bf69e5816aa2b27164c85a9955e2fdf
     レイパパレ B評価
     
     前走のチャレンジCで初の2000メートルを克服し、デビュー5連勝で重賞を制覇した逸材。3歳時には細身で脚長の体形をしていたが、4カ月の休養で馬体がボリュームアップ。浅胸筋(せんきょうきん)の発達は以前から牡馬顔負けだったが、全体的には牝馬らしい、しなやかな体つきをしており、馬体をふっくらと見せている点も強調できる。  

     馬体のバランスから見るとマイラー寄りの体形をしているが、純粋なマイラーと比較すると首が細くて長い。そのため芝1600~2000メートルが適距離と思える。肩の上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の部分にうっすらと血管が浮き出ており、仕上がりは九分以上だ。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     栗東坂路で4F55秒5-40秒2-12秒6(G強め)。タイセイポジション(3歳1勝クラス)との併せ馬で半馬身先着。相変わらずキビキビとした素軽さ満点のフットワークは目につく。仕上がりは上々だ。


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/30e321782b3c0d7f1df40bf4acd2b1cfbc4890d1
     レイパパレ 95点評価
     
     サンショウは小粒でも…のことわざを地で行くような馬体。レイパパレは420キロそこそこの体重しかありませんが、ボリューム満点の筋肉をつけています。

     発達したキ甲(首と背の間のふくらみ)と肩に合わせて首差しもきれいに抜けている。大人の体つきです。力みのない立ち方も心強い。5戦5勝の成績にふさわしい姿です。


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b192bd1a5bf69e5816aa2b27164c85a9955e2fdf
     サリオス A評価
     
     太い首差しに、盛り上がった肩回りの筋肉は、これ以上ないほどの強靱(きょうじん)さ。それに合わせてトモのボリュームも増しており、きれいな長方形のバランスを保てている。あばらがうっすらと浮き出ているように、以前のような体から受ける重たさはなくなった。前走時もかなり締めた感じだったが、中間のハードトレで、一段と締めた印象だ。肌もピカピカで、体調はかなりいい。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  
    〈1週前追い切り診断〉
    松山を背に美浦Wで5F65秒6-37秒8-11秒9(仕掛け)。カフェクラウン(5歳3勝クラス)を0秒8追走から、楽々と抜き去り2馬身先着。入念な乗り込みを消化して、馬体、動きともに迫力を増している。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0780c9868814afbf598d4add420646afdca02e1c
     サリオス 90点評価
     
     サリオスは3歳春の時点で完成度の高い馬体でした。古馬になっての成長こそ感じられませんが、素晴らしい張りを保っています。毛ヅヤも満点。少し余裕がある腹周りも今週の追い切りと輸送で絞れるでしょう。穏やかにハミを受けた立ち方も頼もしい。マイラー体形ですが、安定した気性から中距離もこなせるでしょう。



    管理人的にはレイパパレ



    「広告」先週のTENKEIの無料予想が高松宮記念的中させていました

    「管理人確認済み」

    ※ 無料公開された予想

    2021-03-30_22h31_20

    ※ 的中実績
    2021-03-31_11h04_16

    ある意味完璧すぎた。

    指定サイトにフリーメールを入れれば無料予想ゲットできます。
    TENKEIの無料予想をゲットしに行く!!





    大阪杯予想|2021年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds



    過去10年大阪杯の1番人気

    以下G1

    20年 ダノンキングリー(3着)
    19年 ブラストワンピース(6着)
    18年 スワーヴリチャード(1着)
    17年 キタサンブラック(1着)

    以下G2

    16年 ラブリーデイ(4着)
    15年 キズナ(2着)
    14年 エピファネイア(3着)
    13年 オルフェーヴル(1着)
    12年 フェデラリスト(2着)
    11年 ヒルノダムール(1着)



    1番人気は4勝


    「結果」
    4-2-2-1-0-1/10

    勝率 40%
    複勝率 80%

    まあまあ良いですね。


    ヤフーニュースより
    【大阪杯】5戦5勝のレイパパレ、G1初挑戦V目指す 高野調教師「競馬のロマンからのアプローチ」

    引用元
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fe92b6e9875ee800c73e6fbc78b5d4fe727df99d

     ◆第65回大阪杯・G1(4月4日、阪神競馬場・芝2000メートル)  

     第65回大阪杯(4月4日、阪神・芝2000メートル)で、デビュー5連勝中のレイパパレが初のG1挑戦を迎える。6戦目で古馬G1を勝てば、グレード制を導入した1984年以降5頭目で、無敗での達成なら3頭目。さらにG1初出走でのVなら史上初の快挙となる。ともに21年の始動戦となるコントレイル、グランアレグリアの2強も30日、東西トレセンで順調な動きを見せた。

     5戦5勝のレイパパレが偉業に挑戦する。デビュー6戦目でJRAの古馬G1を勝てば、グレード制を導入した84年以降の最少タイ記録。かつ無敗ならファインモーション、クリソベリルに続き3頭目となるが、この2頭は3歳G1(交流G1を含む)を制しており、G1初出走でのVなら史上初の快挙となる。  

     前走のチャレンジCは初のコーナー4つ、2000メートルを克服して重賞初制覇となったが、粗削りな内容だった。出たなりで力み、1コーナーで前に馬を置けたものの頭を上げ、3角で外に出しても逆手前。冷静さを欠いたが、4角で先頭に立ちブラヴァス以下を封じ込んだ。高野調教師は「褒められる走りではなかったんですが、川田騎手が『我慢』と言い聞かせながら一生懸命に御して、本当にプロとしての仕事をしてくれました」と感謝しきりだ。  

     大原Sから中6週での臨戦で精神的に高ぶっていたためで、今回は4か月の間隔を取った。指揮官は「前回は調教からこれまでになくハミ取りがきつかったんですが、今回は落ち着いて走れています。絶対に乗りやすいです」と胸を張る。先週で436キロあり、当日はプラス体重で臨めそう。カイバ食いがいい方ではなく、完成はまだ先だが、筋肉に厚みが出て着実に成長している。  

     もっと簡単なレース選択もあったはずだが、オーナーと議論を重ね、G1・4勝のコントレイル、グランアレグリアなど強敵ぞろいの大阪杯にチャレンジする。「重賞を勝って、G1にチャレンジする立場を得ました。競馬のロマンからのアプローチでもあります」と高野師。ワクワクする表情を見せながらも、競馬の盛り上がりに一役買う覚悟。歴史を塗り替えるか。(玉木 宏征)

    大阪杯動画【2020年】




    大阪杯 2020年結果 

    1着 ラッキーライラック Mデムーロ
    2着 クロノジェネシス 北村友一
    3着 ダノンキングリー 横山典弘
     
    大阪杯 人気予想

    1番人気 コントレイル
    2番人気 グランアレグリア
    3番人気 サリオス
    4番人気 レイパパレ
    5番人気 ワグネリアン


    「広告」先週のTENKEIの無料予想が高松宮記念的中させていました

    「管理人確認済み」

    ※ 無料公開された予想

    2021-03-30_22h31_20

    ※ 的中実績
    2021-03-31_11h04_16

    ある意味完璧すぎた。

    指定サイトにフリーメールを入れれば無料予想ゲットできます。
    TENKEIの無料予想をゲットしに行く!!





    大阪杯予想|【2020年】|スピード指数他ランク付け


    keibaspeed




    うまとみらいと

    もう有名すぎて・・・某競馬場駅前に広告出すぐらいw
    まずは無料会員からかな。




    大阪杯=スピード指数他能力指数順

    1位 クロノジェネシス
    2位 ワグネリアン
    3位 ブラストワンピース
    4位 マカヒキ
    5位 ステイフーリッシュ

    この辺りですかね。



    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    大阪杯予想|2020年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds


    最近の中央成績
    baken1



    baken2


    フェブラリーステークス

    baken3


    大阪杯(G1)1番人気結果


    2019年 ブラストワンピース 6着
    2018年 スワーヴリチャード 1着
    2017年 キタサンブラック 1着


    1番人気はまあまあ

    「結果」
    2-0-0-1/3(66%-66%)




    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

     コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【大阪杯】ダノンキングリーのGI初制覇なるか/JRAレースの見どころ


     
     初GIタイトルを狙うダノンキングリーやグランプリホース・ブラストワンピースなど、今年も楽しみなメンバーが集まった。制するのは果たしてどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

     ■4/5(日) 大阪杯(4歳上・GI・阪神芝2000m)  ダノンキングリー(牡4、美浦・萩原清厩舎)は今年の始動戦となった中山記念を好位から抜け出す競馬で完勝。重賞3勝目を飾った。GIは未だ無冠だが、これまでのレースぶりからして手の届く位置にいるのは間違いない。ここで念願のGI初制覇なるか。  

     ブラストワンピース(牡5、美浦・大竹正博厩舎)は前走のAJCCを貫録勝ち。11着に敗れた凱旋門賞以来の休養明けだったが、地力上位を示す盤石の内容だった。その後の調整も順調で、1番人気で6着に敗れた昨年の雪辱を果たす準備は着々と進んでいる。  

     ラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)は昨年のエリザベス女王杯で復活の勝利を飾り、続く香港ヴァーズでも2着と活躍。前走の中山記念は2着に敗れたが、勝負所でもたついたのは休み明けの分もあったか。一叩きしたここで改めて期待したい。  

     その他、始動戦の京都記念を快勝したクロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)、昨年のジャパンCで3着のワグネリアン(牡5、栗東・友道康夫厩舎)、昨年5連勝でチャレンジCを制したロードマイウェイ(牡4、栗東・杉山晴紀厩舎)、京都記念で3着のステイフーリッシュ(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。


    大阪杯動画【2019年】





    大阪杯-2019年結果 

    1着 アルアイン 北村友一
    2着 キセキ 川田将雅
    3着 ワグネリアン 福永祐一

    大阪杯ー予想オッズ(人気)

    1番人気 ダノンキングリー
    2番人気 クロノジェネシス
    3番人気 ラッキーライラック
    4番人気 ブラストワンピース
    5番人気 ワグネリアン

    ギャロップジャパン(GallopJapan)

    無料コンテンツでこれだけ楽しめます。
    管理人に日々チェックしています。もちろん無料でw
    特に鉄板の複勝圏内率が半端ないw
    とりあえず誰でも無料で試せる無料コンテンツを大事にしようw
    gjs

    このページのトップヘ