競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    北九州記念予想

    北九州記念予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【北九州記念傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 
    1番人気は【1・2・2・5】。8番人気が5勝、11番人気が1勝と波乱の傾向。

     ☆ハンデ 
    52キロが3勝、2着4回とトップで、55キロが3勝、2着1回で続く。トップハンデ馬は【1・1・1・14】と狙いにくい。

     ☆年齢 
    4歳【3・6・5・19】、5歳【3・2・2・43】、6歳【3・0・1・32】、7歳以上【1・0・1・24】。年齢で狙うなら4歳馬。次点で5歳馬。

     ☆性別 
    牡・セン馬の【5・4・4・76】に対して牝馬が【5・6・6・59】と優勢。

     結論 
    ◎アルティマブラッド ○ダイアナヘイロー ▲トウカイセンス




    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    北九州記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    北九州記念注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【北九州記念】アクティブ、ポジティブに復活12秒3
     サマースプリントシリーズ第4戦、北九州記念の追い切りが16日、栗東トレセン、小倉競馬場で行われた。栗東ではアイビスSD4着のアクティブミノルがCWコースを力強く駆け抜け、重賞3勝目への手応えをつかんだ。坂路ではエイシンブルズアイが好タイムをマークし、サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』。小倉では昨年の覇者バクシンテイオーが芝コースで上々の動きを披露した。

     この夏の“3度目の正直”だ。CBC賞3着、アイビスSD4着のアクティブミノルが、重賞3勝目へ向け、重厚感あふれる動きを披露した。

     「(鞍上が)アクションをせずに最後はいい時計が出たから、いいんじゃないですか。元気いっぱいだし、いい状態で出走できると思います」

     北出調教師が納得の表情を見せた。酒井騎手が騎乗して前半をスムーズに進み、直線は大外を通ってダイナミックに脚を伸ばした。軽く手綱を動かした程度で6ハロン82秒6、3ハロン39秒4-12秒3をマーク。前日の雨で悪化した馬場を力強く駆け抜け、鞍上も笑顔だ。

     「思った以上に時計も出ているし、よかったです。直線の反応を見たかったけれど、前向きな面を見せてくれたので、無理はしませんでした」

     2歳夏に函館2歳S、3歳秋にセントウルSを勝ったが、その後は11戦して3着以内はなし。今年5月の鞍馬S(OP、9着)で初めて騎乗した酒井騎手は「掛かる面もないし、馬自身に走る気がないのかな」と感じたという。そこで陣営は協議し、前向きさを取り戻すためにブリンカーを着用。効果は抜群で、その後のCBC賞、アイビスSDでは先手を奪って、復調気配を顕著にアピールした。

     当初はセントウルSの予定も、体調のよさと相手関係を考慮し、参戦を決断。北出調教師が今回にかける思いは強い。

     「ブリンカー着用と酒井騎手、どちらもいい方に働いていますね。ハンデの56キロは仕方がない。何とか復活させたい」

     3年前、夏の北海道で重賞初Vを飾ったアクティブミノルが5歳の夏、今度は南の地で輝きを取り戻す。 (下村静史)
    【北九州記念】バクシンテイオー連覇へ好状態
     バクシンテイオーは勝った昨年と同様に、早めに小倉に入っての調整。最終追い切りは芝コースで5ハロン64秒0、3ハロン36秒0-11秒3を馬なりでマークした。森助手は「テンから行きっぷりが良く、最後は馬なりでしたが、気持ち良く伸ばして反応も良かったですよ」と納得の様子。続けて「昨年の状態にまで持ってくることができた感じです」と連覇への手応えを伝えた。
    【北九州記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    北九州記念|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『北九州記念』レース展望
      今週の小倉日曜メインは、サマースプリントシリーズ(全6戦)の第4戦、北九州記念(20日、GIII、ハンデ、芝1200メートル)。一線級の参戦こそないが、ここを勝って、秋の重賞、そしてスプリンターズSへと駒を進めたいスピード自慢が顔をそろえた。南の小倉でも、北の札幌記念に負けない熱い戦いが繰り広げられそうだ。

     キングハート(美浦・星野忍厩舎、牡4歳)はレコード決着だった函館スプリントSで2着。斤量が6キロ軽い3歳牝馬ジューヌエコールに0秒4離されたが、中団からしぶとく伸びて連対を確保した。今年は5戦し、【2・2・1・0】とすべて馬券に絡むなど4歳になって充実一途。9日の美浦での1週前追い切りも、Wコースの3頭併せで5ハロン66秒5-12秒8の好タイムをマークし、パートナーを務めた2歳馬2頭に楽々と先着している。小倉でも昨年3走し、【1・2・0・0】の好成績。トップハンデタイの56キロだが、主戦・中谷雄太騎手ともども重賞初制覇のチャンスだ。

     アクティブミノル(栗東・北出成人厩舎、牡5歳)は一昨年のセントウルS後、勝ち星がないが、2走前のCBC賞3着、前走のアイビスサマーダッシュ4着と復調気配を示している。サマースプリントシリーズのポイントランキングでは7点(4位)と、今回の登録馬の中ではトップの点を獲得済み。引き続き56キロなら、ここも好勝負は間違いなしだ。

     ダイアナヘイロー(栗東・福島信晴厩舎、牝4歳)は、3連勝中の上がり馬。今回と同舞台の前走1600万下・佐世保Sは3番手から伸び、ハナ差の接戦をものにしている。ここ2走、控える競馬で勝利を収めたことは大きな収穫。重賞で一気に相手は強化するが、ハンデ53キロなら好勝負に持ち込むことは可能だろう。

     エイシンブルズアイ(栗東・野中賢二厩舎、牡6歳)は、昨年の夕刊フジ賞オーシャンSの勝ち馬。1分7秒5のVタイムに加え、ハクサンムーンやスノードラゴンといった強豪を破っている点は高く評価できる。続く高松宮記念でも5着と善戦したが、その後の6戦がいずれも着外と案外。それでも徐々に復調の兆しを見せている。6着に敗れた前走の函館スプリントSも、直線で前をカットされたもので、悲観する内容ではなかった。ハンデ56キロは地力の証し。前がやり合う展開なら、まとめて差し切っても不思議はない。

     昨年の覇者バクシンテイオー(美浦・堀宣行厩舎、牡8歳)はその後4戦して、いずれも着外と振るわなかった。しかし、今回は5カ月の休養を取り、しっかりと立て直されている。また、小倉開幕と同時に現地入りして順調な調整ぶり。昨年は前残りの流れの中、後方10番手から鮮やかな差し切り勝ちを収めた。今年は昨年より2キロ増の56キロだが、夏場に強いタイプでもあり、軽くは扱えない。

     アルティマブラッド(栗東・音無秀孝厩舎、牝5歳)は、重賞初挑戦だった前走のCBC賞で13着に大敗したが、コンビを組んで【1・1・2・3】と、乗り慣れた松若風馬騎手に手綱が戻るのは好材料だ。母アルティマトゥーレは、セントウルS、シルクロードSを勝ち、2009年のスプリンターズSでは5着ながら1番人気に支持されたトップクラスのスプリンター。ハンデ53キロ、2度目の重賞挑戦で、一変する可能性は十分にある。

     ファインニードル(栗東・高橋義忠厩舎、牡4歳)は、トップハンデ57.5キロを背負った前走の1600万下・水無月Sを快勝し、勢いに乗っている。3番手からの押し切りで、2着馬には1馬身1/4差をつける強さだった。昨年のシンザン記念(10着)以来2度目の重賞挑戦で、ハンデ55キロは少々、背負わされた感じだが、ミルコ・デムーロ騎手が継続騎乗。初の小倉も脚質的にはプラスに出そうで、ここでも注目の一頭だ。

     他にも、昨年のこのレースで2馬身差の3着に好走しているオウノミチ(栗東・佐々木晶三厩舎、牡6歳)=54キロ、昨年の京都金杯3着と重賞でも好走歴があるミッキーラブソング(栗東・橋口慎介厩舎、牡6歳)=56キロ、この舞台は【0・2・1・0】と好相性で、サマージョッキーズシリーズで断然のトップに立つ北村友一騎手とコンビを組むプレイズエターナル(栗東・安田隆行厩舎、牡7歳)=55キロ、休み明けを2度使われて、状態が上向いてきたラインスピリット(栗東・松永昌博厩舎、牡6歳)=ハンデ56キロ=などにも上位進出のチャンスがありそうだ。
    【北九州記念予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5
    北九州記念予想|2016年|調教・追い切り・ネット評価まとめ

     サマースプリントシリーズ第4戦、北九州記念の追い切りが17日、栗東トレセンと小倉競馬場で行われた。栗東では史上初の連覇を目指すベルカントが、坂路の併せ馬で2馬身半先着。馬なりでラスト1ハロン11秒8のフィニッシュを見せてサンケイスポーツ調教評価の『S』を獲得した。同じく坂路では、オウノミチも好調をアピールした。

     楽な手応えで急坂をグイグイと駆け上がる。手綱をおさえたままベルカントが坂路で4ハロン52秒9をマークし、併走馬に2馬身半の先着。史上初の北九州記念の連覇へ、力強い走りを披露した。

     「52、53秒のイメージだったから、ちょうどいい。2回使って、もうやらなくていい状態ですからね」

     角田調教師が笑顔で切り出した。僚馬ケイティープライド(OP)を追いかける形で、ラスト1ハロンは馬なりで11秒8。並ぶ間もなく抜き去った。

     「単走だと行きたがり、併走の方が落ち着いて走る。デキについても上昇ムード。アイビスSDは勝ったけど、状態は去年の方がよかった。ただ、今回は確実にアップしてきた感じです」

     7月から9月1週目までの夏競馬では、6勝中4勝を挙げるなど、今が旬の“夏女”だ。牝馬でトップハンデ56キロを背負うものの、「予想の範囲内だし、心配はしていない」と角田調教師がいえば、M・デムーロ騎手も「前回は強かったね。去年勝っているから、右回りも心配いらない」とVを意識する。

     今回勝てば、昨年に続くアイビスSD-北九州記念連勝で、サマースプリントシリーズでも2年連続優勝に限りなく近づく。そして、この後は引退レースとなるスプリンターズS(10月2日、中山、GI、芝1200メートル)が控える。「無事に(繁殖に)送り出してあげたいですね。そのためにも…」と角田調教師が力を込めた。真夏の短距離女王ベルカントが、今年も小倉で圧倒的なスピードを見せつける。 (佐藤将美)

     

    調教動画

     

    主な馬の調教タイム

    ベルカント

    8/17 栗東坂良

    52.9-37.7ー23.9ー11.8

     



    調教好きならここの調教コンテンツはチェック必至
    ベストレコードの予想…
     

    8月20日(土曜日)新潟10R 苗場特別 登録


    シャラク評価

    8月20日(土曜日)新潟10R 苗場特別に登録しているシャラク。
    ここ2戦は15着、14着と精彩を欠いているが前走(6月)以降も緩めず馬なりながらみっちりと乗り込んできた。今朝は美浦坂路で追い切られ53.1-38.4-24.5-11.8秒の時計。久々にしっかりと追われた事も理由にあるがラストは12.7-11.8秒と終いにキレが戻った。じっくりと調整してきただけあって状態は予定通りに上向き、緩めていないので息の入りも早くレースでの巻き返しに向けて一通りの調整は成功したと言える。前走からは輸送距離も短縮され、平坦の新潟にコースが変わるのもプラスと言える。前2走の結果からも人気を落とすようなら是非狙ってみたい1頭である。

    8月20日(土曜日)小倉10R 小郡特別 登録


    タイキパラドックス評価

    8月20日(土曜日)小倉10R 小郡特別に登録しているタイキパラドックス。
    前走は果敢に先行するも失速し12着と大敗。馬場の違いもあるが当時の最終追いは栗東坂路で56秒と余裕を持たせ過ぎたのもレースに出て良くなかった。今朝は前走同様に栗東坂路で追い切られ51.9-38.1-25.1-12.2秒とラストまでスピード感ある走りを披露。前走以上の状態である事は間違いなく一発も十分に期待できる仕上がり。タイキパラドックスは名古屋で2勝を挙げているものの中央ではまだ馬券になった事がなく今回も出走となれば人気薄になる事は濃厚。馬自身、馬券圏内に食い込む力はあるので今朝の状態であれば穴馬として買い目に入れても良いだろう。
    button3-4-u




    5
    北九州記念予想|2016年|ベルカントの56キロはどうなんだろうか?

    競馬で儲けてみたいですか・・・・はい・・・・

     ベルカントがアイビスサマーダッシュに続き連覇を狙う。年内引退の前に更なる勲章を手にすることができるか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

    ■8/21(日) 北九州記念(3歳上・GIII・小倉芝1200m)

     ベルカント(牝5、栗東・角田晃一厩舎)は前走のアイビスサマーダッシュで連覇を達成。昨年ビッグアーサーを破ったここでも連覇がかかる。当然ハンデは背負わされるだろうが、昨年ほどの強敵はいないことを考えるとチャンスは十分。ここを勝てばサマースプリントシリーズ連覇も大きく近づく。

     ラヴァーズポイント(牝6、栗東・高橋康之厩舎)は前走のCBC賞でクビ差の2着と好走。斤量差が5.5キロもあったとはいえ、ベルカントに先着している。小倉コースは3勝して掲示板を外したのも一度だけと相性が良く、今回も好走が期待できそう。

     その他、アイビスサマーダッシュ3着のプリンセスムーン(牝6、栗東・安田隆行厩舎)、バーデンバーデンCを勝ったオウノミチ(牡5、栗東・佐々木晶三厩舎)、休み明けから1・2着と好走しているジャストドゥイング(牡4、栗東・中竹和也厩舎)、昨年の3着馬ベルルミエール(牝5、栗東・高橋亮厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。

     
     
    ベルカントは年内引退して、キズナとの配合が決まっています


    【北九州記念予想|2016年|ベルカントの56キロはどうなんだろうか?】の続きを読む

    このページのトップヘ