競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    函館スプリントステークス

    函館スプリントS予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより
    【函館スプリントS】レース展望
     ◆第24回函館スプリントS・G3(18日・芝1200メートル、函館競馬場)

     第24回函館スプリントステークス・G3が6月18日、函館競馬場の芝1200メートルの舞台で行われる。

     前走、やや重の高松宮記念でG1制覇を飾ったセイウンコウセイ(牡4歳、美浦・上原博之厩舎)は、パワーを要する馬場が得意で、初めての洋芝もフィットしそうなイメージ。早くからここを照準に定めており、G1馬として取りこぼせない一戦だ。

     武豊が騎乗予定の昨年2着馬シュウジ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)は高松宮記念で思わぬ惨敗(15着)を喫したが、やや重の馬場を気にしていたのが敗因。昨年、キーンランドC(札幌)でも2着にきたように北海道の洋芝はぴったりの条件。いきなり巻き返して不思議はない。

     キングハート(牡4歳、美浦・星野忍厩舎)は前走の鞍馬Sでオープン初勝利。地力アップは顕著で、勢いを武器に重賞に立ち向かう。

     前走のシルクロードSは、しんがり13着に敗れたブランボヌール(牝4歳、栗東・中竹和也厩舎)。道中ハミを取らず走る気が全く感じられなかった。昨年のキーンランドC覇者で、函館も2戦2勝と好相性だ。

     昨年5着のエポワス(セン9歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は前走の大阪―ハンブルクCを勝ち、老いてなお盛ん。函館は【1301】と得意とするコースだけに注意が必要だ。

     高松宮記念14着のクリスマス(牝6歳、美浦・伊藤大士厩舎)は、札幌、函館で【4011】と好相性を誇る。最も力を発揮できる条件だけに軽視は禁物。

     昨年のオーシャンS以来勝ち星がないエイシンブルズアイ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)。ここ2戦はダートに投入されているが、能力自体は落ちているとは思えない。0秒1差5着だった14年キーンランドC(札幌)以来の洋芝で変身があれば。(大上 賢一郎)
    【函館スプリントS予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5
    函館スプリントステークス予想|注目馬ティソーナ|ネット評価まとめ

    【函館スプリントS(日曜=19日、函館芝1200メートル)注目馬16日最終追い切り:函館競馬場】ティソーナは開門(午前5時30分)と同時にエポワスとともに本馬場(芝)入り。道中は3馬身ほど先導する形で進み、直線で僚馬が内から馬体を併せにきても、前に出すことを許さなかった(5ハロン68・6―38・3―11・8秒)。

     追い切り直前に自らの足で芝の状態を確かめた藤沢和調教師「(エポワスを含め)2頭とも広いコースで追いたかったので芝で。馬場が湿っていた分、時計は遅いけど、いい動きだったね。前走(NHKマイルC=17着)は隣の馬がゲートで暴れ、頭を下げた時にスタートを切られてタイミングが合わなかった。洋芝は合いそうだし、斤量(52キロ)も軽い。仕切り直しのここで(古馬相手に)どこまでやれるか楽しみ」

     
    【函館スプリントステークス予想|注目馬ティソーナ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    函館スプリントS予想|調教・追い切り|ネット評価

     


    競馬ファンならチェック必至
    無料会員が熱い!!
    指定サイトから無料会員へ-ターフビジョン無料会員
    3f1


     

     夏は実績馬より上がり馬! サトノデプロマットが3連勝で重賞初Vだ。

     ダートから芝6Fに転じて連勝。前走・船橋Sの勝ち時計1分7秒4は優にGIIIレベルだ。「体質面に弱いところがあったのでダートを使っていたが、だいぶしっかりしたので芝へ。馬体も大きくなったし、デキはいい」と唐津助手。園田からの転入初戦で490キロだった馬体は前走で506キロまで成長。5歳夏にして充実一途と言っていい。

     北海道は初参戦も、「黒い馬で暑さは得意じゃなさそうだから、涼しい函館はいい。時計のかかる洋芝も合う」と高橋亮調教師。今の勢いなら並みいる実績馬も恐るるに足らずだ。(夕刊フジ)

     
    函館スプリントS-調教・追い切り
    函館 
    【函館スプリントS予想|調教・追い切り|ネット評価】の続きを読む

    5

    函館スプリントステークス予想|1番人気濃厚コパノリチャード|いろいろなまとめ

     



    激アツのメルマガ見つけました・・・
    keibam1


    『実際の予想結果』
    阪神11レース
    コリンブレッセ

    馬体は良いので一発期待します。


    結果10番人気3着

    前行ってしっかり残れた…ここでも通用するのは良かった。

    1記事120円しかも初月無料




    【函館スプリントステークス】コパノリチャード併せ馬で貫禄の2馬身先着

     「第22回函館スプリントS」の木曜追いが18日に行われ、函館競馬場ではG1馬コパノリチャードが貫禄の走りを見せた。

     さすがはG1馬。霧雨の舞う函館競馬場で、コパノリチャードが圧倒的な存在感を示した。最終追いはWコースでの併せ馬。コパノチャールズ(3歳未勝利)を、大きく先行させてスタートした。道中の手応えも抜群。向正面で前と1秒以上あった差を、3~4角で一気に縮めて直線へ。内に馬体を併せ、鞍上の藤岡康(レースは武豊)が手綱を押し込むとスピード全開。あっさりと2馬身突き放す貫禄の動きだった。

     動きを見届けた宮師は「ゴールを過ぎてからも追ってもらった。少し息遣いが荒かったが、動きは良かった。先週もある程度やっているのでスイッチが入った印象。追っての反応も良かった」と頼もしそうな笑みを浮かべて愛馬を出迎えた。12日に函館入り。到着当初は環境の変化に戸惑った面も見せたが、今はすっかり函館の水になじんだ。「何より落ち着いているのがいい」と師。堂々と歩く姿にも、G1馬の風格が漂っている。

     タイトルを手にした昨年の高松宮記念以降、白星からは見放されている。それでも近3走は2、6、5着。「そんなに崩れているわけではない」と指揮官は内容を評価する一方で、「G1を勝っている馬だから、常に1着を要求される立場。それは仕方ない」と現状に満足しているわけではない。別定58キロの酷量は重賞4勝の実績の証で覚悟の上。「この重量でも勝っていかないといけない馬」と気を引き締める。

     函館SSにスプリントG1馬が参戦するのは04年サニングデール(6着)以来、11年ぶり。一線級の参戦が少ない競馬場に、武豊騎乗のG1馬が参戦するのは珍しい。地元ファンも心待ちにしている一戦だ。宮師も「枠とか流れとかもあるけど、そこは豊君がうまく乗ってくれるでしょう」と名手に全てを託す。開幕週の大声援も、復権を目指すリチャードにとって、後押しとなるに違いない。

     
    コパノリチャードは芝1200mのG1を勝っています 

     

    函館スプリントステークスー予想オッズ

    1番人気 コパノリチャード 2.3
    2番人気 アンバルブライベン 4.7
    3番人気 ローブティサージュ 5.7
    4番人気 ティーハーフ 6.7
    5番人気 サトノデプロマット 12.0
    6番人気 セイコーライコウ 16.6
    7番人気 スギノエンデバー 21.4
    8番人気 エーシントップ 23.4
    9番人気 アースソニック 57.9
    10番人気 マジンプロスパー 62.4

     

    ツイッターの声

    【函館スプリントステークス予想|1番人気濃厚コパノリチャード|いろいろなまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ