共同通信杯予想|アヴニールマルシェがアツイかどうか?

アヴニールマルシェ

teki
 

◆共同通信杯追い切り(11日)

 共同通信杯・G3(15日、東京・芝1800メートル)で、念願の重賞初制覇を狙うアヴニールマルシェは、美浦・ウッドチップコースで3頭併せ。約6馬身前にバンスタンウォルツ(7歳1000万)、その2馬身後ろにマンインザムーン(5歳500万)を置き、最後方からスタートした。

 直線は最内へ。前方で僚馬2頭がビッシリ馬体を併せていたが、残り150メートルでようやく出された合図にスムーズに加速して5ハロン68秒7―13秒6。フットワークは軽快で、状態の良さをうかがわせた。

 騎乗した北村宏は「先生(藤沢和調教師)が『促して出してみようか』と言っていたので、最後少しやったけど、そんなに強くしたわけじゃないのに、いい動き。もともと良かったが、いい意味でコンパクトないい走りができていた」と好感触。トレーナーも「順調。反応が良かったし、いいんじゃないか」と満足げだ。

 前走の東京スポーツ2歳Sは、好位で進めながら、直線で前が詰まる形になり、首差で2着惜敗。「結果的に差されたのは残念だったが、スタートを出てくれて、道中馬込みで我慢できていた。いいところはあった」と鞍上に気落ちはない。

 重賞連続2着から臨む3歳初戦。「前2戦はスムーズじゃなかったからね」と藤沢師。3度目の正直で、初タイトルを手土産に、春の主役へ躍り出る。(上倉 健)

 
アヴニールマルシェ
父-ディープインパクト
【共同通信杯予想|アヴニールマルシェがアツイかどうか?】の続きを読む