競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    共同通信杯

    共同通信杯予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【データで勝負】日曜東京11R・共同通信杯

    ◎(9)ステイフーリッシュ

    ☆近5回の同名レースを参考。連対馬の8頭は芝1800メートル以上でV歴&連対率100%。残る2頭はオープンで3着以内歴があった。また、連対馬の9頭は上がり3ハロン32~33秒台でVか、重賞で連対歴があった

     ステイフーリッシュは新馬戦では上がり3ハロン最速の33秒8で楽勝。続くGIホープフルSでも小差の3着と見せ場をつくった。決め手を生かせるこの舞台は最適。キャリアを積んでさらなる上積みも期待できる。
    【前走後の談話】日曜東京11R・共同通信杯
    ◇アメリカンワールド「今日は馬混みに入ってレースを進めたけど、その方が集中していたし、行きっぷりも良かった。直線でも手応え通りに伸びてくれた。素質は高い」(浜中俊騎手)

     ◇エイムアンドエンド「まだ気持ちに体がついていかない走りだった。これから良くなってくると思うし、現状では広いコースの方がいいと思う」(三浦皇騎手)

     ◇オウケンムーン「流れが遅くて道中は力み気味だったけど、馬群をさばいて徐々に上がっていけた。頭の高いフォームだけど、よく伸びてくれた」(北村宏騎手)

     ◇カフジバンガード「態勢の悪いときにスタートを切られたのが…。馬場を考えて前で競馬をするつもりだったが、できなかった」(藤岡康騎手)

     ◇グレイル「強かった。直線で手前が替わらなかったり、全体的にまだ走りがしっかりしていないけど、そのなかでもこれだけ走れるのだから楽しみ」(武豊騎手)

     ◇ゴーフォザサミット「まだ2歳馬でフォームや馬体は未完成だけど、調教にまたがって反応のいい馬だと思っていた。今回はそのあたりを生かす競馬をした。直線でもよくファイトしてくれたし、根性のある馬。本当に良くなるのはまだ先だが、完成してくれば楽しみ」(シュミノー騎手)

     ◇コスモイグナーツ「前走ぐらいから徐々に気持ちが先行してきた印象はあったが、今日は緩急のない走りになってしまった。能力のある馬だけに、今後は何か工夫していかないといけない」(柴田大騎手)

     ◇サトノソルタス「まだ子供だ。4コーナーで外の馬にプレッシャーを受けて内にモタれたけど、この馬場でもよく頑張ってくれた。絶対に良馬場の方がいい」(Mデムーロ騎手)

     ◇ステイフーリッシュ「4コーナーを回ったときは勝ったと思ったくらいの手応えだった。悔しい。2戦目でこれだけのパフォーマンスができたので、来年に向けては良かったかと思う。負けたのはキャリアのぶんだけだと思う」(中谷雄騎手)

     ◇ブラゾンダムール「道中はずっと左へ張っており、スムーズな走りができなかった」(Mデムーロ騎手)

     ◇リュウノユキナ「道中は感じ良く走っていたけど。外に持ち出した方がいいタイプなのかも…」(内田博騎手)
    【共同通信杯】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・2・2・4】とやや物足りないが、連対16頭が5番人気以内と波乱の可能性は低い。

     ☆キャリア 3戦馬が8連対で最多。次点は4戦馬の5連対。2戦馬は24頭が出走し2連対と苦戦。

     ☆前走 4着以下の馬は未勝利。3着内も5頭のみ。馬券圏内が望ましい。

     ☆実績 3着内23頭が芝8F以上でオープン連対か重賞3着以内、または同距離以上で500万勝利直後だった。

     結論 ◎ゴーフォザサミット ○グレイル ▲オウケンムーン

    展開を読む【共同通信杯=スローペース】

    コスモイグナーツの単騎逃げ。サトノソルタス、グレイルは中団。オウケンムーン、ステイフーリッシュ、ゴーフォザサミットは前を見ながらじっくり構えて直線へ。各馬十分に脚がたまる流れで、紛れのない地力勝負。


    東京新聞杯の予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
    keibaj




    競馬ジャパンへ行く



    共同通信杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより

    【京都記念&共同通信杯】東西調教ウオッチャー

    今週の調教ウオッチャーは、京都記念と共同通信杯が対象レース。美浦トレセンから東京サンスポの花田、千葉記者、栗東トレセンからは大阪サンスポの正木記者が、それぞれの目で選んだ好調教馬を推奨した。

     正木 京都記念からいこか。ドバイ遠征を見据えるレイデオロはどうやった?

     千葉 抜群でしたよ。僚馬2頭を瞬時にパス。調教では今まで見たことのない瞬発力でした。序盤こそ初コンビのバルジュー騎手とけんかするような印象も受けましたが、気持ちが入ってきた表れ。態勢万全です。関東馬は1頭ですが、レース的には1強かも。

     正木 そんなことはないで。S評価のクリンチャーが大きく変わっとる。以前は攻め駆けせんかったのに、今週の坂路では4ハロン52秒7-12秒2と驚きの時計。放牧でトモ(後肢)がパンとして、前向きさも推進力も増しとるわ。ダービー馬も皐月賞馬もおるけど、菊花賞2着馬も怖いで。

     千葉 他では?

     正木 休み明けは走らんけど、モズカッチャンも雰囲気は上々。攻め駆けせんから坂路時計(4ハロン54秒9)は平凡やけど、同じ休み明けのローズS(7着)時より気配は数段上や。アルアインは動きはええけど、少し重め残りが心配やな。

     花田 共同通信杯の美浦組ではゴーフォザサミット。Wコース4ハロン52秒1-13秒3を馬なりでマークし、初コンビの田辺騎手も好感触でした。あとはオウケンムーン。3頭併せで真ん中の馬に半馬身遅れましたが、相手は調教駆けする馬なので心配いりません。

     正木 栗東組ではグレイル。相変わらず覆いかぶさるような豪快なフットワークでCWで鋭く追走先着。馬なりでラスト1ハロン11秒8も文句なしや。右手前のまま京都2歳Sを勝った好素材。左回りの東京ならさらに切れそうや。

    【共同通信杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    共同通信杯予想|2018年|注目馬「グレイル」まとめ

    chuumokuuma



    グレイル
    父-ハーツクライ、母父-ロックオブジブラルタル

    2017年-京都2歳S




    1着 グレイル 武豊
    2着 タイムフライヤー Cデムーロ
    3着 ケイティクレバー 小林徹弥

    新馬戦・


    2着のタイムフライヤー次走G1勝利。


    (ヤフーニュース引用)
    【共同通信杯】グレイル年長馬に悠々先着!武が太鼓判「いい動き。東京合う」

      共同通信杯の追い切りが7日、東西トレセンで行われた。栗東では、デビューから連勝で京都2歳Sを制したグレイルが、CWコースでの併せ馬で悠々と先着。重賞連勝に向けて態勢を整えた。ステイフーリッシュは坂路で好気配。調教評価『S』はCWコースで鋭い伸びを見せたアメリカンワールドだ。

     氷点下2度と冷え込んだ栗東で躍動した。新馬-京都2歳Sと連勝中のグレイルが、今年初戦に向けて好仕上がりをアピール。2週続けて手綱を取った武豊騎手は、笑顔で白い息を弾ませた。

     「先週もよかったけど、今週もいい動きだったね。まだ体は緩いけど、走りはよくなってきている。態勢は整っていると思うよ」

     先行するノースウッド(1000万下)を追いかけてスタート。序盤はゆったりしたペースで運び、3コーナー過ぎから内へ進路を取る。馬体を併せながら直線に向くと、ダイナミックにストライドを伸ばしてグンと加速。5ハロン65秒6、3ハロン37秒9-11秒8をマークし、一杯に追われた僚馬を馬なりで1馬身半突き放した。東京までの長距離輸送を考慮して余力残しの仕上げながら、年長馬相手に貫禄さえ感じさせる先着だ。

     動きを見届けた野中調教師は「折り合いがついて手前もきれいに替えていた。目いっぱいの感じではないけど、いい調教ができた」と納得の表情でうなずいた。CWコースでの1週前追いで6ハロン80秒2-12秒0と負荷をかけていて、2カ月半ぶりの始動戦ながら仕上がりは上々だ。

     前走の京都2歳Sは、最後の直線で手前を替えず、右手前のままだったが、メンバー最速の上がりをマークして差し切り勝ち。2着に負かしたタイムフライヤーが、次戦のホープフルSでGI勝利を飾っただけに、大物感がよりクローズアップされた。トレーナーは「古馬になってから楽しみなタイプ」と言うものの、「左右のバランスが改善してよくなっている」と成長を感じている。また中間にはゲート内の駐立確認も行った。

     武豊騎手は「まだ緩いなかでも2戦とも結果を出してきている。東京も合いそうだから楽しみだね」と期待を込める。名手もほれ込むグレイルが、無傷の3連勝でクラシック戦線の主役に躍り出る


    東京競馬場芝1800mデータ

    種牡馬データ
    ()は勝率-複勝率

    ハーツクライ産駒
    27-32-20-196/275(9.8%-28.7%)

    重賞
    1-3-0-8/12(5.5%-35.0%)

    重賞連対
    2017年 共同通信杯(1着) スワーヴリチャード
    2016年 東京スポーツ2歳S(2着) スワーヴリチャード 
    2016年 毎日王冠(2着) ジャスタウェイ
    2013年 エプソムC(2着) ジャスタウェイ
    2012年 毎日王冠(2着) ジャスタウェイ
    2010年 東京スポーツ2歳S(2着) リフトザウイングス

    騎手データ

    武豊騎手
    2000年以降
    39-40-23-116/221(17%-46%)

    重賞
    7-6-1-17/31(22%-45%)

    勝利
    2015年 東京スポーツ2歳S スマートオーディン
    2015年 毎日王冠 エイシンヒカリ
    2015年 エプソムC エイシンヒカリ
    2014年 毎日王冠 エアソミュール
    2009年 共同通信杯 ブレイクランアウト 
    2006年 共同通信杯 アドマイヤムーン
    2003年 東京スポーツ2歳S アドマイヤビック


    ハーツクライ産駒✕武豊✕東京競馬場芝1800m
    1-1-1-2/5(11%-44%)





    初左回り・初遠征などいろいろと課題はありそう





    「広告」競馬ジャパンの無料予想が激アツなの知っているw

    keibajapan



    愛知杯の無料予想が凄かった。
    無料馬連予想で万馬券


    競馬ジャパンへ行く



    共同通信杯予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です


    ヤフーニュースより

    【共同通信杯】無傷V3へ!グレイル主役は譲れない

    新馬-京都2歳Sを無傷で連勝したグレイルがV3を狙う。京都2歳Sで破ったタイムフライヤーが年末のGIホープフルSを快勝。57キロでも主役は譲れない。ゴーフォザサミットは百日草特別で上がり3ハロン33秒6の決め手を披露。左回りで実績を残している点は心強い。ステイフーリッシュはホープフルSで3着に好走。広いコースの方がいいタイプだけに、前進が見込める。2000メートル戦を連勝中のオウケンムーン、初勝利の内容がいいアメリカンワールドやブレステイキングにも注意したい。
    【共同通信杯予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    共同通信杯予想|2017年|直前情報まとめ

     冬の東京開催も3週目。そのメインとして行なわれるのが、3歳クラシックの登竜門とされるGIII共同通信杯(2月12日/東京・芝1800m)である。

    【写真】この馬も共同通信杯をステップにして、皐月賞を制した

     過去5年の勝ち馬のうち、ゴールドシップ、イスラボニータ、ディーマジェスティの3頭が牡馬クラシック第1弾の皐月賞(中山・芝2000m)を勝利。それぞれ、第2弾となる日本ダービー(東京・芝2400m)でも奮闘した(ゴールドシップ=5着、イスラボニータ=2着、ディーマジェスティ=3着)。ゴールドシップは秋の菊花賞(京都・芝3000m)も制している。

     栄冠は手にできなかったものの、一昨年の勝ち馬リアルスティールも皐月賞で2着、ダービーで4着、菊花賞で2着と、クラシックを沸かせた。その翌年、ドバイターフ(UAE・芝1800m)でGI勝利を果たしている。

     さらに2着馬を見ても、ディープブリランテとドゥラメンテがクラシックを制覇。ディープブリランテは皐月賞3着後、ダービーで戴冠を果たした。ドゥラメンテにいたっては、皐月賞とダービーの二冠を達成している。

     まさしく近年、共同通信杯で好走した馬から、クラシックで活躍する馬が相次いで登場しているのだ。

     そもそも、冬場の、それもGIIIでありながら、いいメンバーがそろうことが多い。過去には、アドマイヤムーン、ジャングルポケット、エルコンドルパサー、メジロブライトといった名馬も勝ち馬に名を連ねている。ものの数週間もすれば、GII弥生賞(中山・芝2000m)やGIIスプリングS(中山・芝1800m)といった、レースの格も上で、皐月賞本番と同じか、近い条件のレースがあるにもかかわらず、だ。

     その理由としては、ひとつに東京競馬場という舞台設定がある。

     3歳馬の最大目標と言えば、やはり日本ダービーである。皐月賞のみに全力投球するならいざ知らず、ダービーを狙える器であるなら、やはりその舞台となる東京競馬場のレースは前もって経験しておきたいところ。それが、本番でプラスになることは明らかだからだ。

     そういう意味では、「特に関西馬にとってはメリットが大きいレース」と、デイリー馬三郎の木村拓人記者は語る。

    「新馬や未勝利、条件戦でも容易に使える関東馬はともかく、長距離輸送をともなう関西馬にとって、東京競馬場が舞台で、しかもこのクラスのレースを経験できる数少ないチャンスとなるのが、共同通信杯。もし、ここで一発回答を出せれば、いよいよダービーも現実味を帯びてくるわけですし、素質馬の多い関西馬にとっては、試金石として最適なレースであると思います」

    共同通信杯傾向と対策
     

     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【3・2・1・4】でまずまず。2、3番人気が4連対ずつと波乱の可能性は低い。

     ☆前走 勝ち馬10頭中、昨年ディーマジェスティ(取り消し)を除く9頭が前走3着以内。ステップはさまざまだが、芝2000メートル以上の重賞、オープンで5着以内だった馬が9連対(4勝、2着5回)と活躍。

     ☆間隔 連対馬20頭中17頭が2カ月半以内での出走があった。休養明けは割り引きたい。

     結論 ◎エアウィンザー ○ムーヴザワールド ▲アサギリジョー

     

    展開を読む


      エトルディーニュが押し出されてハナへ。今後も考えて控えたい馬が多く、ペースは上がらない。スワーヴリチャード、ムーヴザワールドは互いにけん制しながら中団待機から進出。直線はエアウィンザーも加わって瞬発力勝負。




    もう有名になりつつある
    栗東会議
    クイーンCは注目馬見事勝利

    デイリー杯クイーンカップ(GIII)
    アドマイヤミヤビ 前走:百日草特別1着

    百日草特別を勝った牝馬は過去10年でルージュバックのみ。さらに2着のカデナが京都2歳Sを制し、3着のアウトライアーズが500万特別のひいらぎ賞を勝ち上がっている事からもアドマイヤミヤビの素質は相当なもの。一部では早くも「オークスの有力候補」と評価されている逸材で、前走にしても既に本番を意識して経験を積ませるための東京遠征だったとの話。今年の3歳世代牝馬のお手馬が多数被っているルメールも、近藤オーナー地元開催の阪神JFをソウルスターリングとの使い分けのために引っ込ませた以上は、最低でもこの馬の重賞勝利をプレゼントしオーナーを納得させる事が至上命題である。


    無料会員で予想をゲットしましょうw

     

    このページのトップヘ