競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    中山記念調教

    5

    中山記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン

     2冠馬ドゥラメンテ(牡4、堀)は25日、午前7時13分に美浦トレセン北馬場に現れた。馬のそばには騎乗者と会話をしながら歩く堀師の姿がある。追い切り翌日のため、角馬場で入念に体をほぐし、歩様を確認。ときおり頭を上げるしぐさも見せたが、前日に併せたゴールデンバローズなどの同厩馬とメニューをこなした。

     前日24日、堀師は昨年G1を勝った馬の関係者のプレート贈呈式に出席。その席上「能力を出せる態勢は整ったと思います」とコメント。昨年はモーリス、ドゥラメンテ、リアルインパクトでG1を勝つだけでなく、最多勝利調教師、最高勝率調教師の栄誉も獲得。1月に行われたJRA賞授賞式の壇上では「なるべく良い状態で出走させること、馬を育てていくことの両立が大切だと思います。少しでもファンの皆様の競馬の信用を上げていけるようにしていきたい」と語っていた。ダービー馬の次走は海外をのぞけば、例外なく1番人気。約9カ月ぶりの復帰戦は声援とともにさまざまな重圧が押し寄せるだけに、走りに注目だ。【木南友輔】

     
    中山記念-サンスポ予想王
    サンスポ追い切りCheck 2016中山記念ほか 美浦

     

    TM追い切り診断 2016中山記念 美浦

     

    主な馬の調教タイム

    リアルスティール

    2/24 栗東坂良

    54.1-38.8ー24.7ー11.9

    ロゴタイプ

    2/24 南Wやや

    84.3ー68.3-52.9ー39.6-13.0

    フルーキー

    2/24 栗東CW

    87.7-69.9ー53.6-38.4-12.0

    イスラボニータ

    2/24 南W重

    82.3-66.1-52.1-38.8-12.8

    ドゥラメンテ

    2/24 南Wやや

    68.5-53.1-39.4-12.1

    アンビシャス

    2/24 栗東坂良

    52.2-38.2-25.1-12.7

     

     

     

    【中山記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    中山記念予想|調教・追い切り|2015年まとめ


    ヤフーニュースより


    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki


     中山記念の追い切りが25日、東西のトレセンで行われた。美浦ではジャパンC9着以来となる昨年の最優秀3歳牡馬イスラボニータが、Wコースで貫禄の先着。パワーアップした姿を見せた。ロゴタイプ、ヌーヴォレコルトのGIホースも好仕上がり。栗東ではステファノスが好調教を披露した。

     力強い走りからはGI馬の風格が漂う。4歳初戦を迎える皐月賞馬イスラボニータが鋭い動きを見せた。

     坂路を軽く駆け上がってからWコースへ。しなやかなフットワークでシャイニープリンス(OP)の3馬身ほど後方を進み、鞍上のゴーサインに応えてスパート。残り1ハロンで馬体を内に併せると、ゴール前できっちりとクビ差先着。6ハロン83秒8、3ハロン38秒8-12秒5で、ラストはさすがの切れ味を披露した。

     「先週はいくらか息遣いが悪く、動きがモコモコしている感じだったけど、だいぶ良くなっていた」と、追い切りに騎乗した蛯名騎手は納得の表情を浮かべる。

     昨年はジャパンC9着で3歳シーズンを終え、放牧でリフレッシュ。1月の半ばに帰厩し、ここを目標にしっかりと態勢を整えてきた。

     「リフレッシュしていい感じ。体はひと回り大きくなった気がする」と、同馬の全10戦中9戦で手綱を取る主戦がパートナーの成長に太鼓判を押せば、担当する佐藤助手も「たくましくなったし、全体的に馬体に幅が出た感じがする」と口をそろえる。

     今回はGIIながら、1歳先輩の皐月賞馬ロゴタイプや、同世代のオークス馬ヌーヴォレコルトなど好メンバーが集う。パワーアップした姿を見せるにはうってつけの舞台だ。

     3カ月以上間隔があいたときの成績は重賞で2戦2勝。久々を苦にしないタイプで、3カ月ぶりでも懸念する必要はない。「イライラした感じはないし、順調なのが何より。休み明けや中山に関しては何の心配もしていません」。佐藤助手の表情からも不安の色は全く感じられない。

     この後は産経大阪杯(4月5日、阪神、GII、芝2000メートル)から安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう予定。昨年の最優秀3歳牡馬が貫禄を示し、2015年のスタートを勝利で飾る。 (藤沢三毅)

    ■皐月賞馬対決

     2011年の中山記念では2頭の皐月賞馬が激突。前年の皐月賞馬ヴィクトワールピサが、2歳上の皐月賞馬キャプテントゥーレに2馬身半差をつけて勝利した。他に皐月賞馬がワンツーを決めた例は、1985年の有馬記念で1着シンボリルドルフ(84年)、2着ミホシンザン(85年)がある。13年の有馬記念では11年の皐月賞馬オルフェーヴルが、12年の皐月賞馬ゴールドシップ(3着)に1秒5の大差をつけて圧勝した。

     
    中山記念-2015年追い切り関連動画
    サンスポ予想王
    【中山記念予想|調教・追い切り|2015年まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ