競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    中山記念予想

    アンビシャスの武器は現役最強の瞬発力

    【中山記念(日曜=26日、中山芝内1800メートル=1着馬に4・2大阪杯優先出走権)新バージョンアップ作戦】東の主場は東京から中山へ――GI馬4頭を中心に“仕上がり度”の判断が難解な伝統のGII戦だが、新VU作戦の明石尚典記者はシンプルに大器アンビシャス◎。今年のJRA・GI初戦のフェブラリーSを◎△▲で仕留めた明快な予想をとくとお読みいただこう。

     2011年1着ヴィクトワールピサ=ドバイWC1着、14年1着ジャスタウェイ=ドバイデューティフリー1着。そして昨年1着のドゥラメンテ=ドバイシーマクラシック2着に3着リアルスティール=ドバイターフ1着。

     海外遠征のステップレースとして年々存在感を増しつつある当レースには、今年もドバイ遠征をにらむリアルスティール、ヴィブロスがスタンバイ。一線級の始動戦という立ち位置が定着するに伴って高くなってきたのがVゴールへのハードルだ。過去10年で1~3番人気が8勝。これでは大振りは禁物。強い馬が実力通りの走りを見せるレースと割り切って、シビアに軸馬を見定めたい。

     当欄の本命はアンビシャス。いまだGIに手が届かぬ“未完の大器”とはいえ、能力に関しては当代一流の確信がある。別表に示したのは昨春の中山記念→大阪杯のレースラップを2ハロンごとに分割したもの。中山記念は2ハロン通過後が23秒5→22秒9→23秒1と全く息の入らないラップ構成。ゴールまで11秒1~12秒0のハロンラップが続く激流の中で、自身上がり33秒6は同世代のダービー馬ドゥラメンテ、次走で海外GI制覇の偉業を成し遂げるリアルスティール(ともに34秒1)を凌駕した。ハイレベルなスピード持続力勝負でも衰えない瞬発力。この事実こそが何よりアンビシャスの能力の高さを雄弁に物語っている。

     一方の大阪杯は前半6ハロンがオール24秒台のスローペース。その分、上がりに比重がかかるのは必然で、直線坂の阪神ながらもラスト2ハロンは22秒3(10秒9→11秒4)の高速ラップを刻んでいる。究極に近い瞬発力比べでねじ伏せた相手は、のちの年度代表馬キタサンブラックだ。瞬発力性能はやはり現役最強クラス。能力全開ならいつGIタイトルに手が届いても不思議ではない。

     秋シーズンは2年続けて毎日王冠→天皇賞・秋のローテーションを選択。瞬発力を生かすために大箱の左回りを狙い撃ちという意図が伝わってくるものの、3、1、6、5、2、4着の左回りに対して右回りは1、1、3、1、2、1、16着。唯一の11ハロン(宝塚記念)を除けば馬券圏内パーフェクトの右回りのほうが信頼度は高いのが現実だ。充実一途の5歳シーズンへ――大いなる志を抱いて進む先には、GI大阪杯の“初代チャンピオン”という栄誉も見えてくる。

     

    【中山記念】傾向と対策


     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【3・0・1・6】。2番人気も3勝と互角。

     ☆前走 勝ち馬6頭までがG1を走っていた。9着以下からの逆襲Vはない。

     ☆年齢 4、5歳が各3勝で、目下4歳が連勝中。

     結論 ◎ヴィブロス ○アンビシャス ▲リアルスティール


    【中山記念】展開を読む


     逃げ脚質のマイネルミラノ、クリールカイザーは同厩舎。競り合いはないはずで流れは落ち着く。リアルスティールは好位から早めの進出。中団からアンビシャス、ヴィブロスなども末脚を伸ばし、最後の直線は瞬発力勝負の激戦。




    「PR」 競馬でまず利益をあげたい人はここを参照せよ
    予想指数が無料で提供。だから熱いんです

    うまコラボバナー
    ↑↑
    ここの指数激アツwwww
    まずは無料会員から
    うまコラボはこちらから無料登録






    中山記念予想|2017年|予想オッズまとめ

     天皇賞・秋のあと休養して、中山記念で復帰するのは昨年と同じパターン。アンビシャスが新装された大阪杯GIロードへ向け、力強い一歩を踏み出す。

     栗東坂路でグレナディアーズを相手に、テンから14秒0-13秒5とスムーズな行きっぷり。3F目から一気にペースを速め、ラスト1Fあたりでは1馬身前へ。最後の追い比べで少し詰め寄られはしたが、クビ先着の12秒7でまとめた。先週16日も51秒8、12秒7と好気配をうかがわせ、仕上がりは申し分ない。

     「先週より良化しているね。次があるし、輸送もあるので、少しゆとりをもたせて作っている。昨年と同じくらいの状態じゃないかな。天皇賞は坂下でハミを噛んで、内を突く形になった。スローにならずに流れてほしい。ただ、ルメール騎手だと引っ掛からないからね」と音無調教師。

     昨年の中山記念ではドゥラメンテをクビ差まで追い詰め2着となり、まだGIIだった産経大阪杯では、この馬としては“奇策”ともいえる2番手追走から、キタサンブラックをクビ差封じ込め優勝した。悲願のGI制覇へ、まずはステップ戦を制しておきたい。(夕刊フジ)

    【中山記念予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5

    中山記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン

     2冠馬ドゥラメンテ(牡4、堀)は25日、午前7時13分に美浦トレセン北馬場に現れた。馬のそばには騎乗者と会話をしながら歩く堀師の姿がある。追い切り翌日のため、角馬場で入念に体をほぐし、歩様を確認。ときおり頭を上げるしぐさも見せたが、前日に併せたゴールデンバローズなどの同厩馬とメニューをこなした。

     前日24日、堀師は昨年G1を勝った馬の関係者のプレート贈呈式に出席。その席上「能力を出せる態勢は整ったと思います」とコメント。昨年はモーリス、ドゥラメンテ、リアルインパクトでG1を勝つだけでなく、最多勝利調教師、最高勝率調教師の栄誉も獲得。1月に行われたJRA賞授賞式の壇上では「なるべく良い状態で出走させること、馬を育てていくことの両立が大切だと思います。少しでもファンの皆様の競馬の信用を上げていけるようにしていきたい」と語っていた。ダービー馬の次走は海外をのぞけば、例外なく1番人気。約9カ月ぶりの復帰戦は声援とともにさまざまな重圧が押し寄せるだけに、走りに注目だ。【木南友輔】

     
    中山記念-サンスポ予想王
    サンスポ追い切りCheck 2016中山記念ほか 美浦

     

    TM追い切り診断 2016中山記念 美浦

     

    主な馬の調教タイム

    リアルスティール

    2/24 栗東坂良

    54.1-38.8ー24.7ー11.9

    ロゴタイプ

    2/24 南Wやや

    84.3ー68.3-52.9ー39.6-13.0

    フルーキー

    2/24 栗東CW

    87.7-69.9ー53.6-38.4-12.0

    イスラボニータ

    2/24 南W重

    82.3-66.1-52.1-38.8-12.8

    ドゥラメンテ

    2/24 南Wやや

    68.5-53.1-39.4-12.1

    アンビシャス

    2/24 栗東坂良

    52.2-38.2-25.1-12.7

     

     

     

    【中山記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    中山記念回顧|岩田はここまで乗れるとは?|ネット評価まとめ
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki

     第89回中山記念(1日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金6000万円=出走11頭)昨年のオークス馬で、岩田康誠騎乗の3番人気ヌーヴォレコルトが、直線でインから力強く伸び、2着ロゴタイプにクビ差でV。今年の始動戦を白星で飾った。タイム1分50秒3(稍重)。この後はひと息入れて、ヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)、宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)と歩む。1番人気のイスラボニータは伸びを欠いて5着に終わった。

     内ラチから1頭分あるか、ないか。昨年のオークス馬ヌーヴォレコルトが、わずかなスペースを突いて勝負に出た。先頭に立ったロゴタイプの内側へ馬体をねじ込むように入れて伸び、1991年のユキノサンライズ以来24年ぶりの牝馬による中山記念制覇を達成。雨の中山で、新たな女傑伝説の幕開けを予感させる完勝劇を見せた。

     「外に進路がなかったので一か八か内を狙った。4コーナーと最後の直線で他の馬に迷惑をかけてしまったけど、昨年よりパワーアップしているし、本当にすごい馬」

     岩田騎手がパートナーを絶賛した。進路の取り方で自身は計15万円の過怠金の制裁を受けたが、勝負服が泥だらけになるほどの激戦を制したパートナーに「こんな根性のある牝馬はなかなかいない」と興奮を隠さない。

     ロケットダッシュを決め、道中は雨で湿った馬場でも抜群の行きっぷりで3番手のインを追走。4コーナーからはタイトで激しい肉弾戦になったが、1歳上のロゴタイプ(2着)、同期のイスラボニータ(5着)の2頭の皐月賞馬を力でねじ伏せた。

     昨年はオークスを勝ったが、秋華賞、エリザベス女王杯でともに2着と涙をのみ、最優秀3歳牝馬のタイトルを逃した。それだけに今年にかける思いは強い。休み明けでも結果にこだわっていた斎藤調教師は「中身がしっかりしてきたし、これで男馬に通用しなければ…という気持ちだった。力を証明できてよかった」と満足げだ。

     このあとはヴィクトリアマイル、宝塚記念のGIロードを進む。「今年は負けないことがテーマ。たとえ男馬が相手でも。この馬は牝馬だとは思っていません」とトレーナー。4歳を迎え、驚くべきパワーアップをとげたヌーヴォレコルトから目が離せない。 (板津雄志)

    ★岩田に過怠金

     ヌーヴォレコルトに騎乗した岩田騎手は、4コーナーと直線の2箇所の強引な進路取りで制裁を受け、合計15万円の過怠金を科せられた。ともに十分な間隔がないのに先行馬を追い抜いたためで、4コーナーではマイネルフロスト、タイキパーシヴァル、イスラボニータ、ステファノスに影響を与えて過怠金10万円、直線ではロゴタイプに影響を与えて同5万円となった。

    ■ヌーヴォレコルト

     父ハーツクライ、母オメガスピリット、母の父スピニングワールド。栗毛の牝4歳。美浦・斎藤誠厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は原禮子氏。戦績10戦5勝。獲得賞金3億6730万円。重賞は2014年GIオークス、GIIローズSに次いで3勝目。中山記念は斎藤誠調教師、岩田康誠騎手ともに初勝利。馬名の意味は「新記録(イタリア語)」。

     
    中山記念-2015年動画
    【中山記念回顧|岩田はここまで乗れるとは?|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    中山記念予想|調教・追い切り|2015年まとめ


    ヤフーニュースより


    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki


     中山記念の追い切りが25日、東西のトレセンで行われた。美浦ではジャパンC9着以来となる昨年の最優秀3歳牡馬イスラボニータが、Wコースで貫禄の先着。パワーアップした姿を見せた。ロゴタイプ、ヌーヴォレコルトのGIホースも好仕上がり。栗東ではステファノスが好調教を披露した。

     力強い走りからはGI馬の風格が漂う。4歳初戦を迎える皐月賞馬イスラボニータが鋭い動きを見せた。

     坂路を軽く駆け上がってからWコースへ。しなやかなフットワークでシャイニープリンス(OP)の3馬身ほど後方を進み、鞍上のゴーサインに応えてスパート。残り1ハロンで馬体を内に併せると、ゴール前できっちりとクビ差先着。6ハロン83秒8、3ハロン38秒8-12秒5で、ラストはさすがの切れ味を披露した。

     「先週はいくらか息遣いが悪く、動きがモコモコしている感じだったけど、だいぶ良くなっていた」と、追い切りに騎乗した蛯名騎手は納得の表情を浮かべる。

     昨年はジャパンC9着で3歳シーズンを終え、放牧でリフレッシュ。1月の半ばに帰厩し、ここを目標にしっかりと態勢を整えてきた。

     「リフレッシュしていい感じ。体はひと回り大きくなった気がする」と、同馬の全10戦中9戦で手綱を取る主戦がパートナーの成長に太鼓判を押せば、担当する佐藤助手も「たくましくなったし、全体的に馬体に幅が出た感じがする」と口をそろえる。

     今回はGIIながら、1歳先輩の皐月賞馬ロゴタイプや、同世代のオークス馬ヌーヴォレコルトなど好メンバーが集う。パワーアップした姿を見せるにはうってつけの舞台だ。

     3カ月以上間隔があいたときの成績は重賞で2戦2勝。久々を苦にしないタイプで、3カ月ぶりでも懸念する必要はない。「イライラした感じはないし、順調なのが何より。休み明けや中山に関しては何の心配もしていません」。佐藤助手の表情からも不安の色は全く感じられない。

     この後は産経大阪杯(4月5日、阪神、GII、芝2000メートル)から安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう予定。昨年の最優秀3歳牡馬が貫禄を示し、2015年のスタートを勝利で飾る。 (藤沢三毅)

    ■皐月賞馬対決

     2011年の中山記念では2頭の皐月賞馬が激突。前年の皐月賞馬ヴィクトワールピサが、2歳上の皐月賞馬キャプテントゥーレに2馬身半差をつけて勝利した。他に皐月賞馬がワンツーを決めた例は、1985年の有馬記念で1着シンボリルドルフ(84年)、2着ミホシンザン(85年)がある。13年の有馬記念では11年の皐月賞馬オルフェーヴルが、12年の皐月賞馬ゴールドシップ(3着)に1秒5の大差をつけて圧勝した。

     
    中山記念-2015年追い切り関連動画
    サンスポ予想王
    【中山記念予想|調教・追い切り|2015年まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ