競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    中山記念

    中山記念予想【2020年】スピード指数他ランク付け


    keibaspeed




    うまとみらいと

    もう有名すぎて・・・某競馬場駅前に広告出すぐらいw
    まずは無料会員からかな。




    中山記念-スピード指数他能力指数順

    1位 ダノンキングリー
    2位 インディチャンプ
    3位 ラッキーライラック
    4位 ウインブライト
    5位 ペルシアンナイト
    6位 ソウルスターリング


    この辺りですかね。



    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    中山記念予想|2020年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds




    中山記念1番人気結果

    2019年 ディアドラ 6着
    2018年 ペルシアンナイト 5着
    2017年 アンビシャス 4着
    2016年 ドゥラメンテ 1着
    2015年 イスラボニータ 6着
    2014年 トウケイヘイロー 6着
    2013年 タッチミーノット 4着
    2012年 トゥザグローリー 10着
    2011年 ヴィクトワールピサ 1着
    2010年 キングストリート 7着


    1番人気は酷い負けっぷり

    「結果」
    2-0-0-2-2-4/10(20%-20%)





    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

     コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【中山記念】インディチャンプは福永祐一騎手、ラッキーライラックはM.デムーロ騎手/JRA重賞想定騎手


     
     3月1日に中山競馬場で行われる中山記念(4歳上・GII・芝1800m)の登録馬・想定騎手は以下の通り。


     昨年の春秋マイルGIを制したインディチャンプ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は福永祐一騎手、昨秋はエリザベス女王杯1着・香港ヴァーズ2着のラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)はM.デムーロ騎手。


    インディチャンプ 福永祐一

    ウインブライト F.ミナリク

    エンジニア 大野拓弥

    ゴールドサーベラス ○○

    ソウルスターリング 北村宏司

    ダノンキングリー 横山典弘

    ペルシアンナイト 池添謙一

    マルターズアポジー 武士沢友治

    ラッキーライラック M.デムーロ


    ※○○は騎手未定もしくは回避予定

    ※敬称略。情報は主に先週までの取材によるもので、変更になる場合があります


    中山記念動画【2019年】



    中山記念-2019年結果 

    1着 ウインブライト 松岡正海
    2着 ラッキーライラック 石橋脩
    3着 ステルヴィオ 丸山元気

    中山記念ー予想オッズ

    1番人気 ラッキーライラック
    2番人気 ダノンキングリー
    3番人気 ウインブライト
    4番人気 インディチャンプ
    5番人気 ペルシアンナイト

    ギャロップジャパン(GallopJapan)

    無料コンテンツでこれだけ楽しめます。
    管理人に日々チェックしています。もちろん無料でw
    特に鉄板の複勝圏内率が半端ないw
    とりあえず誰でも無料で試せる無料コンテンツを大事にしようw
    gjs

    中山記念予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【中山記念】先行争いは激しくなりにくい中山芝1800m/コース解説

     16日に東京競馬場で行われるダイヤモンドS(4歳上・GIII・芝3400m)の舞台となる東京芝3400m。このコースについて解説していく。

     向正面直線の真ん中からのスタート。そこからコースを約1周半走る(Dコース使用時の一周距離は2139.6m)。初角となる3コーナーまでは約260m。道中に何度もアップダウンを繰り返し、最後に525.9mの直線が待ち構える非常にタフなコース設定だ。なお、この東京芝3400mが使用されるのは、ダイヤモンドSだけである。 

     最初のコーナーまでの距離は短いが、データ上、内枠有利という傾向は見られない。 1回東京はDコースで行われる。春競馬に向けて芝の内側を温存するための施策で、内ラチから9mも外側に柵が設けられることになり、その分、幅員も狭くなる。 

     ダイヤモンドSは開催7日目に開催されるので、内目の馬場状態が荒れてくることもあり、そうなると、一層、スタミナを問われる形になる。 

     1回東京は、速い上がりを問われる良好な馬場レベルで推移してきている。実際に先週の競馬でもその傾向は継続していた。とはいえ、野芝の生育が見込めないこの時期に、雪による延期など過酷な条件で競馬が行われたのは事実。しっかりと芝の状態は確認しておきたい。

    【中山記念】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。  

    ☆人気 
    1番人気は【3・0・0・7】と不振だが、6番人気以下も3着内30頭で7頭のみ。上位人気が強い。  

    ☆近走成績 
    近4走で芝G1に勝利していた馬が【4・1・3・5】で勝率30・8%、連対率38・5%、3着内61・5%とほかの着順や未出走馬より好成績。  

    ☆年齢 
    4歳が4勝、2着2回、3着4回で最も好成績。

    5歳が3勝、2着3回、3着1回。6歳が2勝、2着4回、3着2回。  
    結論 ◎ステルヴィオ ○エポカドーロ ▲スワーヴリチャード

    展開を読む【中山記念=平均ペース】

     マルターズアポジーが後続を引き離して大逃げを打つ構え。エポカドーロが2番手につけ、ラッキーライラック、ステルヴィオが続く。スワーヴリチャード、ウインブライトは中団、ディアドラは後方から直線勝負へ。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    中山記念【2019年】無視できないこの騎手の成績

    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo

    中山記念…過去10年の騎手成績

    kishunaka


    18年 ペルシアンナイト 1番人気5着
    17年 ネオリアリズム 3番人気1着
    16年 ドゥラメンテ 1番人気1着
    11年 ヴィクトワールピサ 1番人気1着




    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    中山記念予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走談話】日曜11R・中山記念

     ◇アエロリット「条件は一緒。馬場は敗因にしてはいけない。初めての経験だった。でも、大きくは負けていない」(横山典騎手)

     
     ◇ヴィブロス「リラックスできていなかった。4コーナーではミルコ(デムーロ騎手)と一緒のところにいたが…」(ルメール騎手)

     
     ◇ウインブライト「勝ったと思ったんだけどなあ…。具合は絶好調とまではいかないが、こんな正攻法の競馬がしたかったので、収穫はあった」(松岡正騎手)

     
     ◇サクラアンプルール「完璧に運べたけど、最後の一番大事なところで不利があり、競馬にならなかった」(蛯名正騎手)

     
     ◇ショウナンバッハ「(ゲートを)出ていかないと思っていたが、出てからグングン行ってしまった。この感じなら距離を詰めてみてもよさそう」(戸崎圭騎手)

     
     ◇ディサイファ「3コーナーで外から押し込められて、さらに外へ切り返したところがロスだった。あれがなければ3着はあったと思う」(蛯名正騎手)

     
     ◇ペルシアンナイト「ずっと手応えは楽だったし、最後は併せる形で頑張ってくれた。まだ3歳なので、これからが楽しみ」(Mデムーロ騎手)

     
     ◇マイネルサージュ「道中は我慢できたし、直線でも狭いところを割って伸びてくれた。いい競馬ができたと思う」(三浦皇騎手)

     
     ◇マイネルハニー「最後はかわされたと思ったが、よくしのいでくれた。道中は抑えすぎず、流しながらうまくハミを抜いて運べた。そのぶん最後のもうひと踏ん張りが利いた感じ。以前よりもメンタル面が成長して、イレ込む面が解消されてきたのが大きいし、自分のリズムで走って後続に脚を使わせる競馬ができた。今は馬が充実している」(柴田大騎手)

     
     ◇マルターズアポジー「4コーナーで(後続を)引き離すことができなかった。これがGIの壁なのかな」(武士沢友騎手)

    【データで勝負】日曜中山11R・中山記念

     【データからの注目馬・中山11R】

    ◎(3)ヴィブロス


    ☆近5回の同名レースを参考。連対馬の9頭は芝1800~2000メートルで重賞V歴。また、1着の4頭はGIで3着以内の実績があった。前走GI出走馬【5・2・2・15】→前走Vか、1着から1秒1差以内で、今回も同斤量の馬なら【5・0・0・4】


     ヴィブロスは昨年もこのレースで始動(5着)し、GIドバイターフを制覇した。確実に力をつけており、中山コースも問題ない。昨年以上を期待する。

    展開を読む【中山記念=平均ペース】
    マルターズアポジーが先手を主張。アエロリット、マイネルハニーが控えれば隊列がすんなり決まる。少頭数でペルシアンナイトなど中団組も早めの進出。直線はヴィブロス、サクラアンプルールなども加わって、先行勢との叩き合い。

    【中山記念】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆前走 優勝馬10頭中9頭がG1出走か重賞4着以内。それなりの実力がないと勝ち切れない。

     ☆年齢 4~6歳で8勝(4、5歳=3勝、6歳=2勝)2着9回と圧倒。高齢Vは7、8歳で連覇したカンパニーのみ。

     ☆人気 1番人気は3勝止まりで前年V馬と前走G1優勝馬2頭。それ以外は連対もなく信頼は薄い。

     ☆展開 優勝馬10頭中7頭が4角を4番手以内で通過。先行力か機動力は必須。

     結論 ◎ペルシアンナイト ○アエロリット ▲ウインブライト



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ