競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    中山記念

    中山記念予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走談話】日曜11R・中山記念

     ◇アエロリット「条件は一緒。馬場は敗因にしてはいけない。初めての経験だった。でも、大きくは負けていない」(横山典騎手)

     
     ◇ヴィブロス「リラックスできていなかった。4コーナーではミルコ(デムーロ騎手)と一緒のところにいたが…」(ルメール騎手)

     
     ◇ウインブライト「勝ったと思ったんだけどなあ…。具合は絶好調とまではいかないが、こんな正攻法の競馬がしたかったので、収穫はあった」(松岡正騎手)

     
     ◇サクラアンプルール「完璧に運べたけど、最後の一番大事なところで不利があり、競馬にならなかった」(蛯名正騎手)

     
     ◇ショウナンバッハ「(ゲートを)出ていかないと思っていたが、出てからグングン行ってしまった。この感じなら距離を詰めてみてもよさそう」(戸崎圭騎手)

     
     ◇ディサイファ「3コーナーで外から押し込められて、さらに外へ切り返したところがロスだった。あれがなければ3着はあったと思う」(蛯名正騎手)

     
     ◇ペルシアンナイト「ずっと手応えは楽だったし、最後は併せる形で頑張ってくれた。まだ3歳なので、これからが楽しみ」(Mデムーロ騎手)

     
     ◇マイネルサージュ「道中は我慢できたし、直線でも狭いところを割って伸びてくれた。いい競馬ができたと思う」(三浦皇騎手)

     
     ◇マイネルハニー「最後はかわされたと思ったが、よくしのいでくれた。道中は抑えすぎず、流しながらうまくハミを抜いて運べた。そのぶん最後のもうひと踏ん張りが利いた感じ。以前よりもメンタル面が成長して、イレ込む面が解消されてきたのが大きいし、自分のリズムで走って後続に脚を使わせる競馬ができた。今は馬が充実している」(柴田大騎手)

     
     ◇マルターズアポジー「4コーナーで(後続を)引き離すことができなかった。これがGIの壁なのかな」(武士沢友騎手)

    【データで勝負】日曜中山11R・中山記念

     【データからの注目馬・中山11R】

    ◎(3)ヴィブロス


    ☆近5回の同名レースを参考。連対馬の9頭は芝1800~2000メートルで重賞V歴。また、1着の4頭はGIで3着以内の実績があった。前走GI出走馬【5・2・2・15】→前走Vか、1着から1秒1差以内で、今回も同斤量の馬なら【5・0・0・4】


     ヴィブロスは昨年もこのレースで始動(5着)し、GIドバイターフを制覇した。確実に力をつけており、中山コースも問題ない。昨年以上を期待する。

    展開を読む【中山記念=平均ペース】
    マルターズアポジーが先手を主張。アエロリット、マイネルハニーが控えれば隊列がすんなり決まる。少頭数でペルシアンナイトなど中団組も早めの進出。直線はヴィブロス、サクラアンプルールなども加わって、先行勢との叩き合い。

    【中山記念】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆前走 優勝馬10頭中9頭がG1出走か重賞4着以内。それなりの実力がないと勝ち切れない。

     ☆年齢 4~6歳で8勝(4、5歳=3勝、6歳=2勝)2着9回と圧倒。高齢Vは7、8歳で連覇したカンパニーのみ。

     ☆人気 1番人気は3勝止まりで前年V馬と前走G1優勝馬2頭。それ以外は連対もなく信頼は薄い。

     ☆展開 優勝馬10頭中7頭が4角を4番手以内で通過。先行力か機動力は必須。

     結論 ◎ペルシアンナイト ○アエロリット ▲ウインブライト



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    中山記念予想|2018年|注目馬「ペルシアンナイト」まとめ

    chuumokuuma



    ペルシアンナイト
    父-ハービンジャー、母父-サンデーサイレンス

    2017年-マイルCS



    1着 ペルシアンナイト Mデムーロ
    2着 エアスピネル ムーア
    3着 サングレーザー 福永祐一


    新馬戦以外芝1800m以上で勝利ない!!

    2016年 OP アイピ-S 2着 東京競馬場芝1800m
    2017年 皐月賞  2着 中山競馬場芝2000m
    2017年 東京優駿 7着 東京競馬場芝2400m


    (ヤフーニュース引用)
    【中山記念】ペルシアン、2種目制覇へ追い抜き自信!

     「第92回中山記念」の追い切りが21日、東西両トレセンで行われた。昨年のマイルCS覇者ペルシアンナイトはM・デムーロを背に栗東CWコースで力強い脚取り。今年初コンタクトの鞍上は好感触で“2階級制覇”へ手応えをにじませた。

     ペルシアンナイトはG1大阪杯(4月1日、阪神)を見据え中山記念から始動。今年は“2階級制覇”が目標だ。「能力の高い馬ならマイルも中距離もこなせる。過去の名馬もそうだったからね」と池江師。厩舎の先輩オルフェーヴルもデビュー戦はマイル。荒ぶる気性を走るパワーに変えて3冠馬へと導いた。陣営があえて“いばらの道”を歩ませるのも、高い将来性を見込んでのものだ。

     暮れの香港は見送り、ここ目標の仕上げ。最終追いはM・デムーロを背にCWコースで併せ馬。序盤は僚馬のトゥザクラウン(4歳1000万)を2馬身前に置き6F84秒4。全体時計こそセーブされたが、道中は躍動感あるフットワークでグングン加速。直線内から並びかけると、ラスト1F12秒0と抜群の切れ味。馬なりのまま軽々と同入。今年初コンタクトを取った鞍上は、一段と成長した姿に手応えをにじませた。

     「いつもと変わりなく動きは良かった。以前はヤンチャなところがあったけど、今朝は落ち着いていた。中山は走っているコースだし距離は問題ない。負けん気の強さがこの馬の持ち味。いろいろな競馬ができるので、今回も楽しみだね」

     昨年の皐月賞。好位で流れに乗ると勝負どころでスムーズさを欠きながら、ロングスパートを決めアルアインにしぶとく食らいつき首差2着。対して前走のマイルCSは後方待機。「まだ若くて馬の間に入ると気にしていたけど、手応えが良かった。届く自信はあったよ」の言葉通り、上がり3F33秒9の末脚で一気に突き抜けた。鞍上の好プレーもあり、エアスピネルをゴール前で鼻差かわした。

     鋼の肉体でレーススタイルは、まさに“二刀流”。池江師は「牧場からしっかりと乗り込んできた。以前に比べ体高が伸びて、首差し(首の形)も立派になってきた。マイルの切れ味をこの条件で生かせれば」と期待を込める。

     稽古から人馬のコンタクトを密に取り、成長を促しながら幾多の名馬を輩出してきた池江厩舎の看板馬。新たな夢の始まりは、ここからだ。



    【中山記念】ペルシアンナイト・池江泰寿調教師 マイル王者が中距離制圧へ





    中山競馬場芝1800m


    種牡馬データ
    ()は勝率-複勝率

    ハービンジャー産駒
    6-0-7-45/58(10.3%-21.9%)

    母父-サンデーサイレンス
    1-0-2-15/18(5%-16.7%)

    ※ ハービンジャー産駒は勝ちか負けかって感じ。
    母父-サンデーサイレンスはあまり良くない。


    ちなみに父ハービンジャー、母父サンデーサイレンスの重賞勝ち馬
    ・ベルーフ
    ・ドレッドノータス
    ・ペルシアンナイト


    重賞
    0-0-1-6/7(0.0%-14.3%)
    ↑↑
    あまり良くない


    騎手データ
    2015年以降

    Mデムーロ騎手
    8-2-1-7/18(44%-61%)

    重賞
    2-0-1-1/4(50%-75%)

    勝利
    2017年 中山記念 ネオリアリズム
    2016年 中山記念 ドゥラメンテ


    連覇しているのかw
    デムーロは文句ないけど・・・馬の問題だけw


    「広告」競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    中山記念予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    【中山記念展望】マイル王ペルシアンナイト、アエロリット、ヴィブロス…G1馬3頭が激突

    ◆第92回中山記念・G2(2月25日、中山競馬場・芝1800メートル)

     第92回中山記念・G2が2月25日、中山競馬場の芝1800メートルを舞台に行われる。

     マイルCS1着以来となるペルシアンナイト(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、2週連続で栗東ウッドチップコースで追われて仕上がり上々。中山コースも皐月賞(2着)で結果を出しており、小回りで機動力が利くタイプ。Mデムーロ騎乗で飛躍の2018年始動戦を飾るか。

     1番人気に推された秋華賞で7着に敗れたアエロリット(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)。渋った馬場と距離2000メートルにリズムに乗れないままの敗戦だった。札幌のクイーンSでこなした1800メートル戦での再出発。ここに入っても格下感は皆無だ。

     1番人気のエリザベス女王杯で5着以来のヴィブロス(牝5歳、栗東・友道康夫厩舎)。やや折り合いを欠き失速した敗戦のショックはなく、順調に乗り込んでいる。大目標はドバイターフ連覇。ベストの1800メートル戦なら好戦必至だ。

     けれん味のない逃げが常に脅威のマルターズアポジー(牡6歳、美浦・堀井雅広厩舎)、福島記念制覇、中山金杯2着と軌道に乗ってきたウインブライト(牡4歳、美浦・畠山吉宏厩舎)、オープン特別連勝のマイネルハニー(牡5歳、美浦・栗田博憲厩舎)も圏内

    【中山記念予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    アンビシャスの武器は現役最強の瞬発力

    【中山記念(日曜=26日、中山芝内1800メートル=1着馬に4・2大阪杯優先出走権)新バージョンアップ作戦】東の主場は東京から中山へ――GI馬4頭を中心に“仕上がり度”の判断が難解な伝統のGII戦だが、新VU作戦の明石尚典記者はシンプルに大器アンビシャス◎。今年のJRA・GI初戦のフェブラリーSを◎△▲で仕留めた明快な予想をとくとお読みいただこう。

     2011年1着ヴィクトワールピサ=ドバイWC1着、14年1着ジャスタウェイ=ドバイデューティフリー1着。そして昨年1着のドゥラメンテ=ドバイシーマクラシック2着に3着リアルスティール=ドバイターフ1着。

     海外遠征のステップレースとして年々存在感を増しつつある当レースには、今年もドバイ遠征をにらむリアルスティール、ヴィブロスがスタンバイ。一線級の始動戦という立ち位置が定着するに伴って高くなってきたのがVゴールへのハードルだ。過去10年で1~3番人気が8勝。これでは大振りは禁物。強い馬が実力通りの走りを見せるレースと割り切って、シビアに軸馬を見定めたい。

     当欄の本命はアンビシャス。いまだGIに手が届かぬ“未完の大器”とはいえ、能力に関しては当代一流の確信がある。別表に示したのは昨春の中山記念→大阪杯のレースラップを2ハロンごとに分割したもの。中山記念は2ハロン通過後が23秒5→22秒9→23秒1と全く息の入らないラップ構成。ゴールまで11秒1~12秒0のハロンラップが続く激流の中で、自身上がり33秒6は同世代のダービー馬ドゥラメンテ、次走で海外GI制覇の偉業を成し遂げるリアルスティール(ともに34秒1)を凌駕した。ハイレベルなスピード持続力勝負でも衰えない瞬発力。この事実こそが何よりアンビシャスの能力の高さを雄弁に物語っている。

     一方の大阪杯は前半6ハロンがオール24秒台のスローペース。その分、上がりに比重がかかるのは必然で、直線坂の阪神ながらもラスト2ハロンは22秒3(10秒9→11秒4)の高速ラップを刻んでいる。究極に近い瞬発力比べでねじ伏せた相手は、のちの年度代表馬キタサンブラックだ。瞬発力性能はやはり現役最強クラス。能力全開ならいつGIタイトルに手が届いても不思議ではない。

     秋シーズンは2年続けて毎日王冠→天皇賞・秋のローテーションを選択。瞬発力を生かすために大箱の左回りを狙い撃ちという意図が伝わってくるものの、3、1、6、5、2、4着の左回りに対して右回りは1、1、3、1、2、1、16着。唯一の11ハロン(宝塚記念)を除けば馬券圏内パーフェクトの右回りのほうが信頼度は高いのが現実だ。充実一途の5歳シーズンへ――大いなる志を抱いて進む先には、GI大阪杯の“初代チャンピオン”という栄誉も見えてくる。

     

    【中山記念】傾向と対策


     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【3・0・1・6】。2番人気も3勝と互角。

     ☆前走 勝ち馬6頭までがG1を走っていた。9着以下からの逆襲Vはない。

     ☆年齢 4、5歳が各3勝で、目下4歳が連勝中。

     結論 ◎ヴィブロス ○アンビシャス ▲リアルスティール


    【中山記念】展開を読む


     逃げ脚質のマイネルミラノ、クリールカイザーは同厩舎。競り合いはないはずで流れは落ち着く。リアルスティールは好位から早めの進出。中団からアンビシャス、ヴィブロスなども末脚を伸ばし、最後の直線は瞬発力勝負の激戦。




    「PR」 競馬でまず利益をあげたい人はここを参照せよ
    予想指数が無料で提供。だから熱いんです

    うまコラボバナー
    ↑↑
    ここの指数激アツwwww
    まずは無料会員から
    うまコラボはこちらから無料登録






    中山記念予想|2017年|予想オッズまとめ

     天皇賞・秋のあと休養して、中山記念で復帰するのは昨年と同じパターン。アンビシャスが新装された大阪杯GIロードへ向け、力強い一歩を踏み出す。

     栗東坂路でグレナディアーズを相手に、テンから14秒0-13秒5とスムーズな行きっぷり。3F目から一気にペースを速め、ラスト1Fあたりでは1馬身前へ。最後の追い比べで少し詰め寄られはしたが、クビ先着の12秒7でまとめた。先週16日も51秒8、12秒7と好気配をうかがわせ、仕上がりは申し分ない。

     「先週より良化しているね。次があるし、輸送もあるので、少しゆとりをもたせて作っている。昨年と同じくらいの状態じゃないかな。天皇賞は坂下でハミを噛んで、内を突く形になった。スローにならずに流れてほしい。ただ、ルメール騎手だと引っ掛からないからね」と音無調教師。

     昨年の中山記念ではドゥラメンテをクビ差まで追い詰め2着となり、まだGIIだった産経大阪杯では、この馬としては“奇策”ともいえる2番手追走から、キタサンブラックをクビ差封じ込め優勝した。悲願のGI制覇へ、まずはステップ戦を制しておきたい。(夕刊フジ)

    【中山記念予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ