競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    ヴィクトリアマイル回顧

    ヴィクトリアマイル2018年回顧|馬券は当たったけど・・・



    keibakaiko






    「PR」見逃し厳禁

    無料予想あり競馬情報会社
    BLOOD HORSE
    無料コンテンツはもちろん完全無料で閲覧・・・お得な情報は無料でゲットwww





    「ヴィクトリアマイル-動画」




    「ヴィクトリアマイル結果」
    viku


    red


    アヴァンセ勝って欲しかったな
    まあでも1,000m、58秒3いくら高速馬場でもここまで早くなるとは思えなかった。
    (展開的に)

    NHKマイルCも1,000m、58秒0で
    1着 ケイアイノーテック 17番手-15番手
    2着 ギベオン 5番手-4番手
    3着 レッドヴェイロン 11番手-12番手

    ヴィクトリアマイル
    1着 ジュールポレール 8番手-8番手
    2着 リスグラシュー 13番手-13番手
    3着 レッドアヴァンセ 4番手-4番手


    これ見るとレッドアヴァンセがいかに強いかwww
    調教の記事でかなり推していたレッドアヴァンセいい感じですね。
    http://keibamatome.livedoor.biz/archives/75588746.html





    もう利用しました。。。
    ここの無料サイト「競馬情報」は無料でゲットするものだもんね
    アプリ・・・
    ココ最近注目なんだよね。だって無料予想当てまくりなので見逃し厳禁なんだよねwww



    5

    ヴィクトリアマイル【2015年】回顧|なんで2000万円になったのか?



    着実に馬券をゲットしています!!…
    ここはチェック必至!!
    3revs

     

     


     

     第10回ヴィクトリアマイル(17日、東京11R、GI、4歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金9000万円 =出走18頭)5番人気で戸崎圭太騎乗のストレイトガールが、直線で力強く伸びて1分31秒9(良)のレースレコードタイでV。GI6度目の挑戦で、初制覇を飾った。6歳牝馬のJRA・GI勝利は1989年ジャパンC(ホーリックス=ニュージーランド)以来で、日本馬としては史上初の快挙だ。12番人気のケイアイエレガントが2着、最低18番人気のミナレットが3着に粘り、3連単(5)(7)(18)の払戻金はGI史上1位、全競走でもJRA史上2位の配当となる2070万5810円の大波乱となった。単勝1番人気のヌーヴォレコルトは、6着に敗れた。

     歓声がどよめきに変わったラスト200メートル。逃げ馬と2番手、ともに2桁人気の馬で決着してしまうのか。誰もがそう思った瞬間、ストレイトガールが一気に伸びてきた。粘り込みを図るケイアイエレガントをゴール寸前でかわし、悲願のGI初Vを成し遂げた。

     「『情けない競馬ばかりしているな』というのが自分でもあった。結果が出せず、反省ばかり。特に変わったことはしていないけど、目の前のレースをしっかり乗ることだけ考えていた。本当によかったです」

     戸崎騎手は、吹っ切れたような笑顔をみせた。今春のGIでは桜花賞でルージュバック、NHKマイルCでグランシルクと1番人気に騎乗して敗退。悔しい思いをしていただけに、検量室前に戻ってくると思わず両手でガッツポーズが出た。

     最低18番人気のミナレットが速いペースで後続を7、8馬身離して逃げる展開。2番手のケイアイエレガントを視野に入れて好位を進んだ。馬場状態を考慮して、作戦は藤原英調教師と「枠なりの進路で」で一致。直線も内や外へ進路を切り替えることなく、馬場の真ん中でスパートした。「手応えは十分。人気馬が後ろにいたけど『どんなタイミングで追い出そうか』と考える余裕もあった。本当にいい切れ味でした。最後は馬に助けられました」と初コンビだった相棒をたたえた。

     これまでGIは国内外で(3)(3)(2)(3)(13)着。ついにつかんだビッグタイトルに藤原英調教師も「恐らく今年が最後の年になるからね。本当に待ち焦がれたGI。長かったね」と満面の笑み。前走の高松宮記念は馬場や枠順の影響があったにせよ、13着と大敗。最終追い切りを坂路からCWコースに戻すなど、巻き返しに向けて手を打った。「最後の坂で普通なら脚いろが鈍るけど、もうひと伸び。こちらの想像を超えた走りで恐れ入りました」と6歳牝馬の奮闘に脱帽の口ぶりだった。

     今後は未定も「香港に行きたいとオーナーと相談している」と指揮官。昨年3着に敗れた香港スプリントに再挑戦する可能性を示唆した。勲章を手にしたストレイトガールが、ラストシーズンをさらに充実したものにする。 (渡部陽之助)

    ★入場&売り上げアップ

     17日の東京競馬場入場人員は4万9058人で前年比105・1%、ヴィクトリアマイルの売り上げは136億9812万8100円で同103・9%と、ともにアップした。今年のGIは7戦が終了し、皐月賞、NHKマイルC以外の5レースの売り上げが前年を上回っている。

    ■アラカルト

     ◆戸崎圭太騎手 JRA・GI制覇は2011年安田記念(リアルインパクト)、13年阪神JF(レッドリヴェール)、14年有馬記念(ジェンティルドンナ)に次ぐ4度目。重賞は京王杯SC(サクラゴスペル)に次ぐ2日連続の勝利で22勝目。今年は6勝目で単独1位。

     ◆藤原英昭調教師 JRA・GIは08年ヴィクトリアマイル(エイジアンウインズ)が初勝利で、今回で6勝目。重賞は38勝目。

     ◆6歳馬の勝利 10回目で初めて。他の世代は4歳6勝、5歳3勝。

    ■ストレイトガール

     父フジキセキ、母ネヴァーピリオド、母の父タイキシャトル。鹿毛の牝6歳。栗東・藤原英昭厩舎所属。北海道浦河町・岡本牧場の生産馬。馬主は廣崎利洋氏。戦績26戦9勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金3億6654万5900円(うち海外2494万5900円)。重賞は2014年GIIIシルクロードSに続き2勝目。ヴィクトリアマイルは、藤原英昭調教師は2008年エイジアンウインズに続き2勝目、戸崎圭太騎手は初勝利。馬名の意味は「まっすぐな少女」。

     
    ヴィクトリアマイル-2015年結果
     

    【ヴィクトリアマイル-2015年】

    1着 ストレイトガール 戸崎圭太

    2着 ケイアイエレガント 吉田豊

    3着 ミナレット 江田照男

     

     

     

     【ヴィクトリアマイルM】『穴馬ミナレット』G1最高3連単2070万

    【ヴィクトリアマイル【2015年】回顧|なんで2000万円になったのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ