競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    ヴィクトリアマイル予想

    ヴィクトリアマイル予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【枠順の明暗】ヴィクトリアマイル

    <栗東トレセン>

     リスグラシューは〔8〕枠(16)番。同舞台で重賞初Vを飾ったアルテミスSと同じラッキーナンバーだ。岡助手は「偶数でゲート後入れなのでよかった。跳びが大きいので、外めでのびのび走れるのもいい」と歓迎した。

     3年連続参戦のレッツゴードンキは〔1〕枠(1)番の最内枠。梅田調教師は「着順も1番がいいね。あとは勝利の女神がほほ笑んでくれれば」と願った。

     ミスパンテールは〔1〕枠(2)番。昆調教師は「枠順に注文はなかった。どんな競馬もできてゲートもおとなしいから。不安を探してもない」と言い切った。

     連覇を狙うアドマイヤリードは〔6〕枠(11)番。2010年にブエナビスタ、13年にヴィルシーナが勝っている枠だ。小島助手は「レースはしやすい枠。力を出し切ってくれれば」と力を込めた。

     ジュールポレールは〔2〕枠(4)番。西園調教師は「いいやん。内枠の偶数は願ったとおり」と歓迎した。

     ラビットランは内めの〔2〕枠(3)番。昨年はジュールポレールが3着に入った枠に、角居調教師は「どこでもよかった。じっくり運ぶ形でスムーズな競馬をしたい」と淡々。

     先行馬のカワキタエンカは〔4〕枠(7)番。「どこに入っても“お前が行くやろ”って感じでしょうし、枠はどこでも」と浜田調教師は冷静だった。

     ワントゥワンは〔7〕枠(13)番。助田助手は「外からの方がレースをしやすい。体も減っていないし体調はいい」。一昨年にストレイトガールが差し切りを決めた枠からVを狙う。

     クインズミラーグロは〔4〕枠(8)番。野中調教師は「内外に関係なく、偶数番が欲しかった。あとはゲートだけ」と笑顔を見せた。 エテルナミノルは希望通りにゲート後入れになる偶数枠の〔6〕枠(12)番。古川助手は「ゲートをまともに出ればいい位置を取れる。力はあるので五分に出てくれれば」と祈るように話した。

     デンコウアンジュは外めの〔8〕枠(17)番。「昨年(2着)の〔5〕枠(10)番より外が欲しかった。内だったら“ついていない”とあきらめるつもりでした」と佐藤助手。発表直後の午前10時に、東京競馬場に向けて出発した。

     大外の〔8〕枠(18)番にはメイズオブオナーが入った。「仕方ないな。決められた枠で頑張るしかない」と藤原英調教師は言葉少な。3年前、18番人気のミナレットがハナを切っての3着で波乱を演出したように大外からの“奇策”はあるか。

     <美浦トレセン>

     京都牝馬S2着のデアレガーロは〔7〕枠(15)番。大竹調教師は「どこでもいいと思っていたけど、ここなら他馬の出方を見られる」と納得の表情。

     リエノテソーロは〔7〕枠(14)番。昨年のNHKマイルC2着時と同じ枠で、武井調教師は「縁起のいい枠。あとは馬がベストを尽くしてくれたら」と期待。

    【ヴィクトリアM】展開から浮上するのはこの馬だ

    「ヴィクトリアマイル・G1」(13日、東京)

     単騎で逃げるカワキタエンカは、多少ハイペースになっても簡単には止まらないタイプ。下手に緩急をつけることなく、スタート直後から11秒台のラップを刻んで、スタミナ勝負へと持ち込む。

     そんな流れで本領を発揮するのが、スピードとスタミナを兼備しているアエロリット。昨年のNHKマイルCを制した時と同様に、先行策から早めの抜け出しを図り、後続の追撃を封じ込む。

     逆に苦しいのは後方で脚をためるリスグラシューやアドマイヤリード。時計的に見劣る昨年の2着馬デンコウアンジュも、今年は割引が必要となる。

    【ヴィクトリアM】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

    「ヴィクトリアマイル・G1」(13日、東京)

     東京競馬場のある東京都府中市の13日の天気予報は曇りのち雨。ヴィクトリアマイルの発走時刻前後から降りだす予報だけに、場合によっては稍重まで悪化する可能性もありそうだ。今週から芝は最内のAから直線部分で内3メートルに仮柵が設けられるBコースに。セオリー通りなら先行有利に拍車が掛かりそうだが、土曜は意外と差しも決まっていた。良馬場で行われた土曜5Rの芝1600メートル戦(3歳未勝利)の勝ち時計は1分34秒5。Vタイムは1分33秒台が想定される。

     パンパンの良馬場は期待できず、時計勝負にならないという条件下で浮上するのが、昨年2着のデンコウアンジュだ。末脚の確かなタイプで、11番人気とノーマークだった1年前は上がり最速タイ(3F33秒2)を記録して波乱を演出している。タフな持久戦での決め手比べなら折り紙付きだ。

     過去10年で2回以上馬券に絡んだ馬が5頭もいる“リピーターレース”。福島牝馬S3着からの臨戦は4着↓2着の昨年以上といっていいだろう。大外強襲で1年前の再現を期待したい。

    【データで勝負】日曜東京11R・ヴィクトリアマイル
    【データからの注目馬・東京11R】

    ◎(11)アドマイヤリード

    ☆2013年以降、同名レース5戦では、サンスポ杯阪神牝馬S組【3・2・1・25】と好ローテ。そのうち、今回斤量減なら【2・2・0・2】連対率67%

     また、2頭が連覇しているように、リピーターが多く出る。年齢は不問で、4歳が2勝、5歳以上が3勝を挙げている。関西馬が【5・3・3・44】に対して、関東馬が【0・2・2・30】と西高東低が続く。前記条件を全て満たすアドマイヤリードの連覇に期待する。




    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    ヴィクトリアマイル2018年回顧|ローテーションから注目するレースと注目する馬





    rote





    「PR」見逃し厳禁

    無料予想あり競馬情報会社
    BLOOD HORSE
    無料コンテンツはもちろん完全無料で閲覧・・・お得な情報は無料でゲットwww




    ヴィクトリアマイル-前走データ(過去10年)

    roteha


    ※-こうやって見ると文句ない阪神牝馬S
    (阪神牝馬→ヴィクトリアマイル複勝圏内馬)

    hanshinro


    2017年 アドマイヤリード
    2017年 ジュールブレール

    2016年 ストレイトガール
    2016年 ミッキークイーン

    過去2年1着・2着馬が阪神牝馬S組から来ている。


    2017年-阪神牝馬S



    1着 ミッキークイーン →ヴィクトリアマイル7着
    2着 アドマイヤリード →ヴィクトリアマイル1着
    3着 ジュールブレール →ヴィクトリアマイル3着


    2016年-阪神牝馬S




    1着 スマートレイアー→ヴィクトリアマイル4着
    2着 ミッキークイーン→ヴィクトリアマイル2着
    3着 ウインプリメーラ→ヴィクトリアマイル11着

    7着 ストレイトガール→ヴィクトリアマイル1着


    2018年-阪神牝馬S


     
    1着 ミスパンテール
    2着 レッドアヴァンセ
    3着 リスクラジュー


    過去2年間阪神牝馬S2着馬が活躍している。
    そして・・・2018年2着馬レッドアヴァンセ。
    先週、弟レッドヴェイロンがNHKマイルC(ヴィクトリアマイルと同距離同コース)3着。

    弟は父キンカメ
    姉は父ディープだけど・・・


    ここまで条件が揃っているw


    もう利用しました。。。
    ここの無料サイト「競馬情報」は無料でゲットするものだもんね
    アプリ・・・
    ココ最近注目なんだよね。だって無料予想当てまくりなので見逃し厳禁なんだよねwww



    ヴィクトリアマイル予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【ヴィクトリアM展望】重賞連勝を含む4連勝中のミスパンテールが中心


      牝馬のマイル女王決定戦、第13回ヴィクトリアマイル・G1が5月13日、東京競馬場の芝1600メートルを舞台に行われる。

     京都牝馬S、阪神牝馬Sの重賞連勝を含む4連勝中のミスパンテール(牝4歳、栗東・昆貢厩舎)を中心視する。3歳時は、桜花賞、オークスと牝馬クラシック路線を進むも16着、10着と全くいいところがなかったが、秋になって完全に本格化。アエロリットの主戦でもある横山典は、今回こちらの手綱を執る。

     そのアエロリット(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)は戸崎との初コンビ。前走は強豪牡馬相手の中山記念で2着。2番手からしっかり脚を使えた点は評価できる。左回りの走りがよりスムーズな馬。昨年、NHKマイルCを制した東京マイルは、父クロフネ譲りの持続力が最も生きる舞台だ。

     阪神牝馬Sで3着したリスグラシュー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、東京・芝1600メートルのアルテミスS、東京新聞杯で2戦2勝。今週から復帰の武豊の手綱さばきにも注目。

     昨年の覇者アドマイヤリード(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎)は、阪神牝馬Sで小差の4着。決め手を欠くレースぶりが続くが、V請負人、Mデムーロとのタッグで連覇の期待。

     高松宮記念2着のレッツゴードンキ(牝6歳、栗東・梅田智之厩舎)は近走、短距離にシフトしており、マイルへの対応がカギになる。

     他に、昨年2着デンコウアンジュ(牝5歳、栗東・荒川義之厩舎)、同3着ジュールポレール(牝5歳、栗東・西園厩正都舎)、ソウルスターリング(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、レッドアヴァンセ(牝5歳、栗東・音無秀孝厩舎)、ラビットラン(牝4歳、栗東・角居勝彦厩舎)、レーヌミノル(牝4歳、栗東・本田優厩舎)、メイズオブオナー(牝4歳、栗東・藤原英昭厩舎)などがエントリーしている

    【ヴィクトリアマイル予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    ヴィクトリアマイル予想|2017年|直前情報まとめ


    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【ヴィクトリアM】馬場状態から浮上するのはこの馬だ
    「ヴィクトリアマイル・G1」(14日・東京)

     土曜の東京競馬場は朝から雨が降り続け、11R・京王杯SC(芝1400メートル)は重馬場で行われた。V時計の1分23秒2は、過去10年で断然のワーストタイム。芝は掘れ始め、馬場はかなり悪化したと推測される。日曜に雨の心配はないが、パンパンの良馬場は望めないだろう。

     ここ2年は1分31秒台の好時計で決着したヴィクトリアマイル。スプリント志向の強いストレイトガールの連覇は、少なからず軽い芝が味方したと思われる。ただ今年も同様の攻め方をするのは危険だ。当日の回復具合にもよるが、それなりに持久力を要する状態となっている可能性が高い。むしろ東京芝マイル戦のセオリーでもある「中距離馬を狙え」が効力を発揮するのではないか。

     配当を気にしない堅実なファンは素直にミッキークイーンから買うべき。ただ夢を追いたい欲張りなファンには、アスカビレンをお勧めしたい。1800メートルで2勝、2000メートルで1勝の実績は注目に値する。走法からパワー勝負も歓迎のクチだろう。父は今や現役最強馬に登り詰めたキタサンブラックを輩出したブラックタイド。トレンドに乗って投資してみてはいかがだろうか。
    【ヴィクトリアM】展開から浮上するのはこの馬だ

    「ヴィクトリアマイル・G1」(14日・東京)

     土曜にまとまった雨があり、野芝は先週より2センチ長い設定。逃げ馬も不在だけに、1分32秒前後の高速決着になる例年とは質の違うレースになりそうだ。

     (4)ソルヴェイグの逃げが本線だが、(2)スマートレイアーが主張して展開利を引き寄せる可能性も十分。いずれにしてもスローで一団の競馬になりそうだ。

     決め手の有無が勝敗を分ける流れだが、末脚を発揮できるか否は馬場適性も重要となる。前走内容から(11)ミッキークイーンに大きな不安はないが、毎日王冠(稍重)の内容が光る(7)ルージュバック、馬場を問わず切れる(5)アドマイヤリードにより魅力を感じる。
    【ヴィクトリアM】出走馬の長所と短所
    (1)アットザシーサイド

    長所=16年桜花賞3着。脚質的に府中は歓迎
    短所=千四で2勝。マイル戦では勝ち鞍なし

    (2)スマートレイアー

    長所=前走高評価。位置取り不問で鋭い発揮
    短所=過去3年は8、10、4着。G1は7戦0勝

    (3)ジュールポレール

    長所=素質開花。異父兄はマイルCSの覇者
    短所=G1初挑戦。関東圏の遠征も初めてで

    (4)ソルヴェイグ

    長所=芝6F重賞Vの実績。スピードは随一
    短所=全3勝は芝7F戦以下。府中マイル?

    (5)アドマイヤリード

    長所=決め手はメンバー屈指。重馬場も得意
    短所=久々の東京。小柄で長距離輸送に不安

    (6)アスカビレン

    長所=近4走全てで上がり33秒台。末脚非凡
    短所=重賞は4着が最高。相手強化で壁あり

    (7)ルージュバック

    長所=牡馬との混合重賞を3勝。東京も得意
    短所=昨年は5着完敗。マイルの流れ忙しく

    (8)クイーンズリング

    長所=エ女王杯を含めて重賞4勝。実績上位
    短所=復帰戦で15着と惨敗。一変までは疑問

    (9)オートクレール

    長所=前走時計の1分32秒5は引けを取らず
    短所=まだ条件馬。いきなりG1は荷が重い

    (10)デンコウアンジュ

    長所=当舞台で重賞V。はまれば決め手通用
    短所=2歳秋以降は未勝利。成長力に疑問符

    (11)ミッキークイーン

    長所=唯一のG1で2勝馬。叩いて上積み十分
    短所=やや距離不足。極端な瞬発力勝負は?

    (12)ウキヨノカゼ

    長所=豪快な末脚健在。距離&馬場も問わず
    短所=追い込み一手の脚質。不器用さ否めず

    (13)ヒルノマテーラ

    長所=切れ上々。この時季調子上げるタイプ
    短所=重賞は未勝利。実績で見劣るだけに…

    (14)レッツゴードンキ

    長所=マイルG1Vはこの馬だけ。馬場不問
    短所=スプリント戦後だけに折り合い面不安

    (15)フロンテアクイーン

    長所=東京芝マイル重賞2着。成長力もある
    短所=速い持ち時計がなく、高速決着は不安

    (16)クリノラホール

    長所=3連勝でOP入り。良馬場なら崩れず
    短所=重賞は7着が最高。G1では家賃高い

    (17)リーサルウェポン

    長所=持久力のあるタイプ。馬場悪化は歓迎
    短所=近走成績さえず。G1初挑戦となると



    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    ヴィクトリアマイル予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ

    choukyou


    ヴィクトリアマイル・調教ニュース
    ヤフーニュースより

    【ヴィクトリアM】ルージュバックが好仕上がり 昨年と同じ7番枠から無念晴らす
    「ヴィクトリアマイル・G1」(14日、東京)

     五十音順に回される抽選器の中に、馬番の書かれた玉はもう二つしか残っていなかった。7番と14番。ルージュバックの番を迎えて玉はカラカラと音を立てるだけで、なかなか出てこない。抽選器の回される速度を落としてようやくコトリという音が響いた。「ルージュバックは7番」。事実上、ゲートの並びが全て決まった。

     5着に敗れた昨年と全く同じ4枠7番。4枠は、過去11回のヴィクトリアマイルでまだ勝ち馬の出ていない枠だが、2着した2頭はいずれも12番人気の人気薄からの連対例だ。決して悲観するデータではない。

     もっとも大竹師は素っ気ない。「枠はどこでもと思っていた。気にしていません。作戦はジョッキーに任せるだけ」。入厩から出走までの短い間で、自らの役割を果たしきった自負があるのだろう。

     12日朝は午前8時半ごろに、軽く美浦坂路で4F66秒6-15秒4。体の張りは依然として良く、毛ヅヤも目立つ。「追い切りをやって気持ちがさらに1段上がっているね。負荷をかけてもはね返している」とトレーナー。動きも依然として柔らかく、好仕上がりでレースに臨めるのは間違いない。
    【ヴィクトリアM】昨年引退の話も出たミッキークイーン だからこそ「一緒にタイトルを取りたい気持ちはより強くなった」と浜中

    【ヴィクトリアマイル(日曜=14日、東京芝1600メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。今週は大好きな女の子たちの戦い。今からワクワクが止まりません。若い女の子もかわいくていいんだけれども、年を重ねて経験を積んだ、お姉さまたちにも魅力を感じるんだよなぁ(稲富の中のオヤジ臭がチラリ)。

     ということで5歳組に注目っ! 昨年2着だったミッキークイーンは1歳大人になって、どんなお姉さまになったのかな? 浜中騎手、教えてください。

    「年齢を重ねて、精神的にドッシリとしたなぁ~と感じます。若いころはゲートの中でソワソワしていたけど、そういうのがなくなり、ゲートの出も安定してきました。正直、去年はコンディションがあまり良くない時があって、一時期は引退の話も出ていたくらい。そういうところから立ち直ってくれたのだから、この馬と一緒にタイトルを取りたい気持ちは、より強くなりました。ミッキークイーンにとっていい走りができるよう、いいサポートをして、いい結果を出せるように頑張ります」

     グスッ…。あれ、前が見えにくいのは気のせいでしょうか。浜中騎手の頼もしいコメントに、なぜか稲富が安心しちゃって。これは応援せずにはいられませんっ!!

     でも、同世代にもう1頭、気になるお姉さまが…。そう、昨年エリザベス女王杯を制したクイーンズリング嬢です。阪神牝馬Sはまさかの惨敗でしたが、パートナーのミルコ・デムーロ騎手はどのように感じているのでしょうか?

    「前走の15着は悲しかったですね。以前は馬場が悪くても頑張ってくれていましたけど今はダメ。落鉄をしていたこともあったのでしょうが、悪い馬場は合わないみたいです」

     合う、合わないをハッキリ主張できるのも、大人の女性の条件なのでしょう。

    「1週前に乗った時はすごく一生懸命走ってくれて、とても良い状態に感じました。昔は追い切りをすると痩せてしまって、体のキープが難しかったけど、今は大人になって、全然変わらない。エリザベス女王杯の時もどんどん力がついて、すごいなって感じた。今もそんな感じです」

     理想のスタイルを維持できるのはまさにデキるお姉さまの条件です。ちなみに昨年は8着に敗れてますが、「枠順がちょっと悪かった。外めの枠だったので…。できれば内枠がいいな」とのこと。枠順も要チェックですよ!

     ということで「5歳お姉さま対決」楽しみです!!って締めたいところですが、この世代には東スポWebでも大変お世話になっているレッツゴードンキお姉さまもいるではないですか。最近の安定感に「公務員馬券」(買って安心安全という意味合いです)でも毎度お世話になってます!

    「馬が落ち着いて、今が充実期なんだと思います。道中で我慢できるようになった分、直線で伸びるようになりました。マイル戦だった中山(ターコイズS=2着)でも最後まで伸びてくれましたし、チャンスと思って、ベストを尽くしたい」と話してくれた岩田騎手に、大きくうなずく稲富…。東スポWebを見ていただくと、より伝わるのではないでしょうか(毎度、宣伝失礼してます)。

     レースが目前に迫っても、こんなに落ち着いているなんて本当にすごい! 対する稲富ときたら1週間、栗東トレセンの取材をお休みしたくらいでとても緊張してしまって…見習わなくちゃね。

     やっぱりお姉さま世代を甘く見ちゃあダメですな。これは上位独占もある? でも若い下の世代もちょっと気になるし…。レース当日、ウインズ横浜で、東スポの本紙予想を担当されている舘林さんと予想トークショーをするので(またまた、宣伝失礼)、それまでには頭の中をよく整理しておきます!

    【東西現場記者走る】ドンキ、テンション改善!

    東西サンスポの精鋭記者が、1週間の密着取材で勝ち馬を探るGI企画。ヴィクトリアマイルは大阪サンスポの山口大輝記者(25)が担当する。4日目は、4走連続で連対中のレッツゴードンキがターゲット。復調を遂げた2年前の桜花賞馬は、“テンション”が鍵になる。追い切り後の様子を探るべく、陣営を直撃した。

     GI出走馬は全頭が水曜日に最終追い切りを終えたため、11日の栗東トレセンはつかの間の静けさがあった。そのなかで、一昨年の桜花賞馬レッツゴードンキがどうしても気になった。週中の取材で、陣営が“テンションを上げないように”という調整のポイントを挙げていたからだ。

     前走の高松宮記念は、◎を打って2着。400メートルの距離延長になるだけに、折り合いを含め、気性面が鍵になる。そこがクリアできそうなら、今回も本命級の印を用意するつもりだ。

     梅田調教師を直撃すると、「昨日も今朝もテンションが上がった感じはなかったし、特に変わりはないよ」と聞いて、まずはひと安心。続けて、「競馬学校でも“人馬親和”とよく言うんだけど、まずは人間が穏やかじゃないとね。担当もできるだけ落ち着かせるように接しているよ」と平常心で挑む構えだ。

     次は、実際に見て確認すべく厩舎へ。馬房にいるドンキと対面すると、顔をすり寄せてくるなどリラックスムード。くりっとした目が印象的な“美人”だ。寺田助手も「厩舎にきて3年ですからね。落ち着いていますよ」と泰然自若。人懐っこい様子について質問すると、「2歳のときから何度も取材を受けていますからね。慣れたものです」。報道陣が多く訪れる厩舎の環境も、タフな大人の女性へのステップだったのかもしれない。

     2走前の京都牝馬Sは桜花賞以来、1年10カ月ぶりのV。近4走連続連対中と、一時期の低迷からは完全に脱した。寺田助手は「夏のスプリント戦を走ったり、ダートを走ったり、試行錯誤してきましたからね。普通の馬ならどこかがおかしくなったりするけど、その中で力をつけてきました。すごい精神力です」と愛馬を頼もしそうに見つめる。2つ目のGIタイトルを手にしても、全く不思議はなさそうだ。

     東京への輸送も「北海道、地方(川崎)と行ってますからね。問題ないですよ」と世話役。ギリギリまでじっくり見られるのが、密着取材のいいところ。東京競馬場での到着取材を含め、重い印を用意しながら見極めていきたい。 
    【ヴィクトリアマイル予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ