競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    モーリス

    札幌記念予想|2016年|モーリスは芝2000m大丈夫?

     「第52回札幌記念」の主役はもちろん昨年の年度代表馬モーリス(牡5=堀)だ。香港遠征帰りの前走・安田記念は約2年ぶりの敗戦となる2着に終わったが放牧で英気を養い、短期免許で来日している名手モレイラとの再コンビで始動戦へ。今回の結果次第で秋は中距離路線を歩むプランもあるだけに、レース運びが注目される。

     新たな戦いの場を求め、“最強マイラー”が札幌記念への参戦を決めた。2000メートル以上への出走は古馬になってから初めてだが、池田助手は「大丈夫じゃないかなと思っています。血統的にはむしろ延びて良さそうですからね」とレースを心待ちにしている。

     1週前追いが圧巻だった。函館ダートコースでウムブルフ(3歳1000万)を左前に置いて向正面からスタート。抑え切れない手応えのまま3~4角で内からあっさりかわすと、追われることなく2馬身先着。池田助手も「凄い勢いでしたね。乗り手が行く気になれば行くけど、我慢と言えば我慢できる感じです。行きっぷりは良かったけど脚はたまっていましたよ」と賛辞の言葉を並べた。

     最終追いにはモレイラが騎乗予定。3カ月半ぶりにパートナーの感触を確かめる。「まだ体には少し余裕があるけど、最終追いでいい感じに仕上がると思います。いい状態で出してこそ(適性が)分かりますからね」と池田助手。よもや連敗は許されない。ただ勝つだけでも物足りない。強く勝って、マイル王は中距離でも王者になれることを証明する。

     

    モーリスは初の芝2000m


    最大の芝1800mは


    1-0-1-1、負けた2回は前の厩舎


    堀厩舎になってからは1戦1勝

     




    競馬ファンならここをうまく活用しないとダメだよねwwww
    ターフビジョンの無料予想はここが一番熱い
    だって当たりやすいんだもん


    guriguri

    ↑↑
    ここの予想が熱い。まずは無料会員でチェックせよ
    button3-4-u



    ネットでモーリスについて話題になっている発言

     


    【札幌記念予想|2016年|モーリスは芝2000m大丈夫?】の続きを読む

    モーリス|2016年安田記念|過去のレースをまとめてみました

     名馬に絶好調はいらない、普通の体調があればいい…と言ったのは、シンボリルドルフを育てた故・和田共弘オーナーです。すでに名馬の域に達したモーリス。重箱の隅をつつくようにその馬体に目を光らせると…。トモの張りが威圧感すら漂わせた昨年のマイルCS時ほどではありません。他馬とは比べようもない凄いトモには違いないのですが昨年より少しだけ薄くなったように映ります。当時が絶好調なら、今回は普通の体調…。名馬ならそれでいいと私も思います。

     ひと目でマイルのスペシャリストだと分かる四角張った体形。相変わらず圧倒的な骨量と筋肉量がむき出しになっています。イスラボニータとは対照的なよろいを全身にまとったようないかつさ。飛節は尾に隠れて見えないので、前回の写真をチェックしました。筋骨隆々の上体に釣り合った立派な形状。発達したトモの筋力を余さず推進力に変えることができます。

     顔立ちも精かん。耳を鋭く立てて鼻の穴をしっかり開いている。イスラボニータと正反対の顎っ張り。食欲も旺盛なのでしょう。ただ1点注意したいのは、きつくなりすぎた目つき。張り詰めた精神状態を示すような目です。着地検疫先の東京競馬場で撮った写真と聞きました。香港遠征から千葉・白井の検疫所経由で落ち着く間もなく東京入りした影響でしょうか。

     ともあれ、大きな減点材料が見つかる馬体ではありません。世界レベルの名馬が普通のコンディションを維持しています。

     
     
    【モーリス|2016年安田記念|過去のレースをまとめてみました】の続きを読む

    5
    モーリス強すぎ|チャンピオンマイル2016年
     

    モーリス香港G1連勝/チャンピオンマイル

    <チャンピオンズマイル>◇1日=香港シャティン◇G1◇芝1600メートル◇3歳上◇出走12頭◇1着賞金798万香港ドル(約1億1600万円)

    【写真】Cウッドを単走で追い切るモーリス

     昨年の年度代表馬モーリス(牡5、堀)が香港での今年初戦で圧勝し、G1・4連勝を達成した。J・モレイラ騎手騎乗で勝ちタイムは1分34秒08。2馬身差2着は香港馬のコンテントメント。昨年12月以来の実戦だったが、断然の1番人気に応えてみせた。

     種も仕掛けもいらない独壇場だった。好位4番手を進んだモーリスは直線を向き、鞍上モレイラも驚く加速を見せた。逃げるビューティーフレーム、抜け出しを狙うコンテントメント、リワーディングヒーローの3頭を並ぶまもなく外から抜き去った。激しい2着争いを尻目にゴール前はモレイラが右手を上げ、2度もガッツポーズするほどの余裕だった。「とてもうれしいし、素晴らしい馬。いいポジションを取れたし、反応も素晴らしかった。信じられない」と、「マジックマン」と称される鞍上は絶賛した。

     敵地シャティンを自分の庭に変えた。昨年12月に地元の英雄エイブルフレンドを破った香港マイル以来の実戦で、再び香港の国際G1を連勝。最終的な単勝オッズは2・1倍と断然だった。G1・4連勝を含め、昨年1月の若潮賞からの連勝は7まで伸びた。海外G1複数勝利はアグネスワールド、エイシンプレストン、ロードカナロアに続く史上4頭目の快挙になる。

     堀師は「今回はファンの皆様から大きな支持を受けていたので結果を残せてホッとしています。一生懸命走った馬と香港ジョッキークラブのサポートに大変感謝しています」とコメントした。注目されるのは今後の動向。安田記念(G1、芝1600メートル、6月5日=東京)参戦なら連覇が期待される。16年初戦を制し、今年もモーリスの快進撃が始まった。

     

     チャンピオンズマイル-2016年

     
     

    競馬ファンならここの無料予想
    無料コンテンツがこれだけあるのかwwww

    bestre



     1:2016/05/02(月) 18:58:39.71 ID:
    【モーリス強すぎ|チャンピオンマイル2016年】の続きを読む

    このページのトップヘ