【悲報】マンハッタンカフェ死亡|マンハッタンカフェカフェ産駒のまとめ(8月16日)


今週はここの予想に期待してみる
口コミ評価は凄い良い感じ
馬券の帝王、評価・検証・口コミ
bakente

 

 

 02年天皇賞・春などG1・3勝を挙げたマンハッタンカフェ(牡17)が13日に死んでいたことが14日、JRAから発表された。死因は腹腔内腫瘍。社台スタリオンステーション(北海道安平町)で種牡馬生活を送っていたが、夏前から食欲はあるが、日に日にやせ細る状況だった。同SSの徳武英介氏は「13日の午前11時に息を引き取りました。最後はカイバを食べても栄養が吸収出来ていない状況でしたね。病状が思わしくないのは蛯名騎手にも小島太調教師にも伝えていたので、先日は牧場にも見に来てくれました」と話した。

 同馬は01年デビュー。3歳夏に本格化し菊花賞でG1初制覇を果たすと、次戦の有馬記念では3歳ながらに勝利。4歳時は天皇賞・春を制し、凱旋門賞にも挑戦(13着)した。通算12戦6勝。03年に種牡馬入りし、09年にはリーディングサイアーを獲得。産駒は11年の天皇賞・春を制したヒルノダムールなどG1を4勝している。徳武氏は「若い産駒もまだまだ頑張っているし、残っている産駒にはもっと活躍してほしいですね」とエールを送った。

 
やっぱり印象的なのは
有馬記念ですね。
【【悲報】マンハッタンカフェ死亡|マンハッタンカフェカフェ産駒のまとめ(8月16日)】の続きを読む