競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    マカヒキ

    5
    マカヒキ|日本ダービー2016年|徹底評価
     
    馬体診断でS評価←最近久しぶり見た 

     「日本ダービー・G1」(29日、東京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、競馬の祭典に出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…日本ダービー馬体診断

     【マカヒキ=評価S】

     四肢を真っ直ぐに出すきれいなフォームで、つなぎは長めで角度や柔軟性は適性。ハイレベルと言われているこの世代だが、その中でもトップクラスの素材の持ち主という評価は早い時期から変わらない。

     ただ弥生賞あたりは前後のバランスがイーブンの印象だったが、皐月賞ではトモがこぢんまり映るシルエット。ハードに攻めを積んだ影響を危惧してB評価にしてしまったが、結果的には前腕のたくましさが増したことが要因だったようだ。

     今回も少しだけ前が強いバランス比重だが、それでもトモのボリューム感は前走以上。1週前、2週前追い切りは栗東CWで意欲的な併せ馬を消化しているが、その効果かより皮膚の薄いシャープな質感になってきたのはプラスだ。

     1週前追い切り後の撮影だが、細く見せるところはなくしっかりと馬体を維持して至極順調な様子。相変わらず頭の位置は高いが、聡明(そうめい)な目つきとキリッとした立ち居振る舞い。今回は出走馬中、最高の評価を与えても良さそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前診断〉川田を背に栗東CWで6F82秒7-11秒6(仕掛け)。ジルダ(4歳1600万下)を0秒7追走して0秒6先着。4角ではパートナーと内外の間隔をあけて馬場の大外。フォームに全くブレがなく、ゴーサインが出たラスト1Fの伸びは圧巻だった。攻め気配は申し分ない。

     

    弥生賞では文句なしのパフォーマンス

    皐月賞でも直線凄い脚で追い込んできた

     

     

     




    競馬ファンならもう有名…!!
    まだ無料会員になっていない人はもったいない
    オークスもしっかり的中、
    競馬スピリッツ
    2016_0522_oaks




     

     

     

    520:2016/05/24(火) 15:03:34.32 ID:
    マカヒキはルメールや武なら圧倒的な一番人気だよ
    皐月賞も勝ってるだろうし
    【マカヒキ|日本ダービー2016年|徹底評価】の続きを読む

    マカヒキ凱旋門賞登録

     


    皐月賞2着馬マカヒキ(牡3、友道)が、10月2日に仏シャンティイ競馬場で行われる凱旋門賞(G1、芝2400メートル)に登録を行った。3日、友道師が明らかにした。同師は「2日に登録を済ませました。ダービーの内容次第で、ということになると思います」と話した。現在は5月29日東京のダービー(G1、芝2400メートル)に向け栗東で調整中。同レースの結果、内容で出否が検討される。

     参戦となれば、金子真人オーナーにとっては2度目の挑戦だ。初参戦だったディープインパクトは06年、3位入線後に失格。そのディープ産駒で、母ウィキウィキも所有馬だった“ゆかり”のマカヒキで再度、夢への挑戦となるか注目だ。

     
     
     
     
    【マカヒキ|2016年凱旋門賞登録へ】の続きを読む

    5
    マカヒキ|皐月賞2016年|ネット評価まとめました
     

     新馬→若駒S→弥生賞と、マカヒキは無傷3連勝で挑む。父ディープインパクトと同じ道程で無敗戴冠となるか。

     栗東坂路で単走で追われ、「先週ジョッキーが乗ってCWコースでしっかりやっているので、今週は坂路でサラッと」。友道調教師の言葉どおりに終始馬なりだったが、馬体の張りと毛ヅヤは抜群だし、フットワークの力強さもケタ違いだった。

     「もともとストライドは大きいが、雰囲気が非常にいい。普段はおとなしくて人なつっこい。走るまで無駄なエネルギーを使わないが、レースへ行くとスイッチが一気に入る」とトレーナー。そのあたりが最後の爆発力につながっている。

     初コンビとなる川田騎手は、「2週前に普通のところを乗って感触を確かめて、先週の追い切りに乗った。フットワークがすごくゆったりしているので、あれだけの時計が出ているとは思わなかった。特にトモの踏み込みがいい。これだけの体があるのに、トモが弾ける馬はなかなかいない」と絶賛。「枠順にもよるが、3強のなかでは一番後ろから行くイメージ。どちらにしろ楽しみ」と力を込めていた。(夕刊フジ)

     

    弥生賞ではすごい、パフォーマンスだった

     

     

    1:2016/04/12(火) 23:21:00.90 ID:
    ┏━━━━━━━━┓ ∧_∧  4/17 中山11R 芝・右 2000m
    ┃第76回皐月賞(GI)..┃(´∀` )<3歳(国際)牡・牝(指定)オープン 定量 発走15:40
    ┣━━━┯━━━━┻○━○━━━┯━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
    ┃4100優│マカヒキ        [牡3]│57│川  田│(西)友道康│弥生賞 1┃
    ┃5000優│リオンディーズ     .[牡3]│57..|M.デム-ロ|..(西)角居勝│弥生賞 2┃
    ┃3600優│エアスピネル     [牡3]│57│武  豊│(西)笹田和│弥生賞 3┃
    ┃3600優│マウントロブソン  ....[牡3]│57│T・ベリー│(東)堀宣行│スプリング1┃
    ┃3200優│ロードクエスト      .[牡3]│57│池  添│(東)小島茂│スプリング3┃
    ┃1900優│アドマイヤダイオウ  [牡3]│57│福  永│(西)友道康│若葉S 1┃
    ┃ .900優│ナムラシングン    .[牡3]│57│田  辺│(西)高野友│若葉S 2┃
    ┃2900万│プロフェット        .[牡3]│57│北村宏│(西)池江寿│京成杯 1┃
    ┃2800万│サトノダイヤモンド  [牡3]│57│cルメール│(西)池江寿│きさらぎ1┃
    ┃2300万│ディーマジェスティ   .[牡3]│57│蛯  名│(東)二ノ宮 │共同通 1┃
    ┃2000万│ドレッドノータス   ...[牡3]│57│藤岡佑│(西)矢作芳│スプリング7┃
    ┃1400万│ジョルジュサンク    [牡3]│57│吉田隼│(西)鮫島一│すみれs1┃
    ┃1100万│アドマイヤモラール  [牡3]│57│内田博│(東)上原博..| スプリンs11┃
    ┃1050万│リスペクトアース    .[牡3]│57│石  川│(東)小笠倫│若葉S 7┃
    ┃1000万│サイモンゼーレ     .[牡3]│57│三  浦│(西)梅田智│マ-ガレッ 4┃
    ┃ .900万│ミライヘノツバサ   [牡3]│57│柴田大│(東)伊藤大│山吹賞 1┃
    ┗━━━┷━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛
             ノ
            ('A`) ミライヘ !!
            (マリオ) 7
            < ヽ
            マリオ
    18:2016/04/12(火) 23:44:12.26 ID:
    マカヒキ下げはわかったからさ
    他に言う事はないの?

    >>1-1000
    までマカヒキ下げしてるだけならもう一個のスレに行くわ
    皐月賞本スレにな
    【マカヒキ|皐月賞2016年|ネット評価まとめました】の続きを読む

    マカヒキに乗れないルメール次は誰が乗る?|弥生賞2016年回顧

     第53回弥生賞(6日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝・内2000メートル、1着本賞金5400万円、1~3着馬に皐月賞の優先出走権 =出走12頭)クリストフ・ルメール騎乗の2番人気、マカヒキが直線で豪快に差し切りデビュー3連勝で重賞初制覇。タイム1分59秒9(良)はレースレコード。父ディープインパクトと同じ道を歩み、無敗のクラシック制覇を目指す。2着は1番人気のリオンディーズ。3着のエアスピネルまでが皐月賞(4月17日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を手にした。

     中山の短い直線を猛然と追い込む姿は、まさに父とダブるものだった。ディープインパクト産駒のマカヒキが2歳王者リオンディーズを撃破。父と同じ新馬戦~若駒S~弥生賞を無傷で制してクラシック戦線の主役へ名乗りを上げた。

     「強かった! エアスピネル、リオンディーズはGIの強い馬です。でもマカヒキは素晴らしかった!!」

     ルメール騎手がやや興奮した口ぶりでパートナーをたたえた。それもそのはずだ。これまでは好位から差し切っていたのが、この日はスタートが速くなく後方から。4コーナーでもまだ8番手の位置取りだった。直線の短い中山で届くのか? しかも、ライバルのリオンディーズは早め先頭で押し切り態勢だ。

     誰もが間に合わないと思ったが、そこから一気に差を詰めると、まずはエアスピネルをかわして、ゴール直前でリオンディーズを差し切った。「4コーナーで大外に行って、最後の300メートルはすごかった」と、ルメールも驚異的な末脚に舌を巻く。リオンとエアの上がり3ハロンも34秒4と速かったが、マカヒキはそれより0秒8も速い33秒6の脚。Vタイムも弥生賞が芝2000メートルになった1984年以降で、初めて2分を切る1分59秒9のレースレコードだ。

     「前半の位置取りはエッ?と思った。(エアとリオンとの)3頭の中では一番前で競馬をすると思っていたから。最後は久しぶりに声が出ましたよ」。友道調教師も驚くほどの強さ。父ディープと同じ歩みで弥生賞を制したことで無敗で1冠制覇の期待も高まる。調教師も「そうなってくれるといいですね」と笑みを浮かべた。

     問題はジョッキー。土、日で9勝を挙げたルメールには、無敗できさらぎ賞を圧勝したサトノダイヤモンドがいる。「どちらに乗るかはわかりません。でも皐月賞、とても楽しみです」と、超有力馬のチョイスにうれしい悲鳴。まずは皐月賞切符を手にしたマカヒキ。父のように無敗の3冠ロードをこのまま突っ走っていく。 (柴田章利)

    ■マカヒキ

     父ディープインパクト、母ウィキウィキ、母の父フレンチデピュティ。鹿毛の牡3歳。栗東・友道康夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は金子真人ホールディングス(株)。戦績3戦3勝。獲得賞金8105万円。重賞初勝利。弥生賞は友道康夫調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初勝利。馬名の意味は「ハワイの収穫祭」

     
    弥生賞2016年

     

     

    1着 マカヒキ ルメール
    2着 リオンディーズ デムーロ
    3着 エアスピネル 武豊


    makahiki

    パドック写真・・・・マカヒキ

    rion1

    パドック写真・・・・リオンディーズ



    ルメールは皐月賞では
    サトノダイヤモンドに乗るので

    マカヒキに乗れない

     

     

    管理人的には

    マカヒキは内田か外人(短期免許)になるのでは




     

     

     

    【マカヒキに乗れないルメール次は誰が乗る?|弥生賞2016年回顧】の続きを読む

    このページのトップヘ