競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    マイルCS予想

    マイルCS予想|2016年予想・オッズ|まとめ

    マイルCSももちろんお世話になります⇒ここの予想が一番『ギャロップジャパン』

     今週は第33回マイルチャンピオンシップ・G1(芝1600メートル)が20日、京都競馬場で行われる。前哨戦のスワンS・G2を勝ったサトノアラジン(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が中心。やや出遅れ気味にゲートを出たその前走は、4コーナー13番手だったが、メンバーNO1の上がり3ハロン33秒6の末脚を駆使して豪快に先行勢を差し切った。春の安田記念・G1でも2着のモーリスと鼻、首差の4着だったように、マイル戦で能力マイナスはない。休養明けをひと叩きして上昇を見込めれば、勝機はかなりある。

     今季のスプリントG1の高松宮記念、スプリンターズSでともに2着だったミッキーアイル(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、昨年の安田記念(15着)以来のマイル戦だが、有力馬は差し馬ぞろいで、すんなり主導権を奪えそう。直線が平坦の京都なら粘り込みがある。

     ヤングマンパワー(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)は、関野記念、富士Sと重賞のG3を連勝中。初めての京都コースとなるが、初騎乗のバルザローナ騎手が、うまく導けば力では見劣らない。

     一昨年、昨年の2着馬フィエロ(牡7歳、栗東・藤原英昭厩舎)は、いまだ重賞勝ちに手が届いていないが、安田記念でも15年が4着、今年も3着に入っており、G1級の能力を備えていることは確実。スタートでつまずいた前走のスワンS(9着)は参考外。1勝、2着3回と相性のいい京都マイルでの逆襲に注意したい。

     京成杯オータムハンデ・G3の勝ち馬ロードクエスト(牡3歳、美浦・小島茂之厩舎)、札幌記念・G2で僚馬モーリスを封じたネオリアリズム(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)、富士S2着のイスラボニータ(牡5歳、美浦・栗田博憲厩舎)、先行策で府中牝馬S2着のマジックタイム(牝5歳、美浦・中川公成厩舎)など、多彩なメンバー構成となっている。(大上 賢一郎)

    【マイルCS予想|2016年予想・オッズ|まとめ】の続きを読む

    5

    マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|調教・追い切り|1週前追い切りまとめ


    金馬券、20万円無料馬券公開中!!
    只今限定無料会員募集中!!!!
    指定サイト見逃すなw
    kinba


     

    『マイルCS』春秋統一王者へ!モーリスぶっつけOK

     GI7連戦の第2弾は下半期のベストマイラーを決める「第32回マイルCS」(22日、京都、芝1600メートル)。最大のトピックは安田記念以来となる春のマイル王モーリスのぶっつけVが成功するかどうかだろう。先週までの動向からその可能性を探った。

     新マイル王モーリスがステップレースに予定していた毎日王冠を使えてさえいれば話は簡単だったか。ところが背腰の張りで回避したため、今年のマイルCSは難解なものになってしまった。

     ただ、Wコースで行われた12日の1週前追いは度肝を抜くもの。見た目に体を持て余しているのが分かったが、ともに出走するリアルインパクトを子供扱いし、引っ張り切りの手応えのまま2馬身突き放してしまった。

     この動きを見せつけられれば、あとひと追いで何とか、という気持ちにさせられてしまう。早い段階で背腰の疲れが取れたとあって、橋本助手の振る舞いも前向きだ。

     「2週連続、追い切りで強い負荷をかけた。休み明けでGIに直行する形になってしまったが、いい状態に持っていけると思う」

     さらに“ぶっつけ”を一気にカバーしてしまいそうなのが、その伸びしろだ。父スクリーンヒーローは4歳秋にAR共和国杯を勝ち、ジャパンCも制覇。先日のAR共和国杯を同産駒ゴールドアクターが勝ったことにより、改めてその血が注目されている。モーリスこそ少々、爆発の時期が早かったが、さらなる上積みが残っていそうだ。

     88年にはサッカーボーイが8月21日の函館記念から、98年には仏遠征帰り直後のタイキシャトルがロングシュートを決めている。超一流馬にとって休み明けなど、むしろ朝飯前ともいえなくもない。血統的な伸びしろと陣営の仕上げへの自信。直行Vは大アリだろう。(夕刊フジ)

     
     
    【マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|調教・追い切り|1週前追い切りまとめ】の続きを読む

    5
    マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|予想・オッズ|1番人気濃厚イスラボニータまとめ
     【マイルCS】イスラボニータ、有馬でなくマイルで反撃!栗田博師「距離適性考え」

    ◆第32回マイルチャンピオンシップ・G1(22日、芝1600メートル、京都競馬場)

     イスラボニータがマイルに矛先を向けてきた。1600メートル戦は、デビュー2戦目の新潟2歳S(2着)以来。有馬記念(12月27日、中山・芝2500メートル)を使うプランもあったが、栗田博調教師は「距離適性を考えてここへ。2500メートルを無理して使う必要はないからね。マイルの方が走りやすいし、競馬が上手な馬なので、距離は心配ない」と説明した。

     昨年のセントライト記念以降、勝ち星はないが、この2戦は盛り返しを見せている。秋初戦の毎日王冠では好位で粘り、0秒2差の3着。天皇賞・秋では後方からメンバー3位タイの上がり(3ハロン33秒6)を繰り出し、3着に食い込んだ。「特に毎日王冠は想像以上の走りで、改めて走る馬だと感じた」と栗田博師。G1馬の能力を再確認したようだ。

     美浦のWコースで行った1週前追い切りは、軽快に伸びて5ハロン71秒3―13秒2。「体全体を使って走れていた。(休み明けを)使って良くなっているかは分からないけれど、前走の疲れは取れてきた」と好調を維持している。充実の4歳秋を迎え、1年7か月ぶりのビッグタイトルが見えてきた。

     「だいぶ気持ちがどっしりして、古馬の風格が出てきた」。大人になった昨年の皐月賞馬が、マイルの舞台で反撃するか。

     

    前走、天皇賞で3着・毎日王冠で3着

     

    競馬ブック印より想定

    1番人気 イスラボニータ

    2番人気 フィエロ

    3番人気 モーリス

    4番人気 サトノアラジン

    5番人気 ダノンシャーク

     

    ネット競馬より

    1番人気 イスラボニータ 3.3
    2番人気 フィエロ 4.3
    3番人気  モーリス 4.3
    4番人気  サトノアラジン 6.0
    5番人気  アルビアーノ 11.1

     

     

    イスラボニータ-ツイッターの声

    【マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|予想・オッズ|1番人気濃厚イスラボニータまとめ】の続きを読む

    5
    マイルCS予想|マイルチャンピオンシップ予想|2014年|佐藤哲三氏の予想を予想してみる

     23日に京都競馬場で行われる、第31回マイルチャンピオンシップ(3歳上・GI・芝1600m・1着賞金1億円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、前哨戦のスワンSを制した3歳マイル王ミッキーアイル(牡3、栗東・音無秀孝厩舎・4.8倍)が支持された。

     続いての2番人気は、この条件のレコード保持者ワールドエース(牡5、栗東・池江泰寿厩舎・5.9倍)と、昨年の覇者トーセンラー(牡6、栗東・藤原英昭厩舎・5.9倍)が並んだ。

     以下、重賞初勝利&GI初制覇を狙うフィエロ(牡5、栗東・藤原英昭厩舎・6.0倍)、昨年の皐月賞馬ロゴタイプ(牡4、美浦・田中剛厩舎・12.3倍)、春の安田記念2着のグランプリボス(牡6、栗東・矢作芳人厩舎・13.9倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    15 ミッキーアイル 4.8
    09 ワールドエース 5.9
    13 トーセンラー 5.9
    08 フィエロ 6.0
    10 ロゴタイプ 12.3
    14 グランプリボス 13.9
    05 レッドアリオン 15.7
    11 クラレント 16.1
    03 グランデッツァ 16.5
    12 ダノンシャーク 20.2
    16 タガノグランパ 31.8
    17 サンレイレーザー 32.9
    01 ホウライアキコ 34.4
    07 エキストラエンド 42.1
    06 ダイワマッジョーレ 57.1
    02 エクセラントカーヴ 79.1
    04 サダムパテック 81.3

     その他、馬連は08-13が11.6倍、馬単は08-13が22.8倍、3連複は08-13-15が16.2倍、3連単は15-13-08が70.4倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     
    前日予想を見てみると
    7・8・13・14・15
    【マイルCS予想|マイルチャンピオンシップ予想|2014年|佐藤哲三氏の予想を予想してみる】の続きを読む

    5
    マイルCSの不気味な馬|ロゴタイプのいろいろなまとめ
     

     サラリーマンの生活を捨て、この道を選んだ。ロゴタイプの佐々木悟調教厩務員(40)の父・義男さん(68)は、95年秋の天皇賞馬サクラチトセオーを担当した腕利きの厩務員。父の背中を見て育ったが、「外の世界から競馬を見たかった」と、同じ道を選ばなかった。

     大学生の時、JRA職員の試験を受けたが、結果は不採用。今度は馬主の側から携わろうと、競走馬を保有している食品メーカーに就職したが、仕事は営業職だった。焼き肉のたれを納品し、スーパーで商談する毎日。希望する事業部に配属されることはなかった。「目標や夢がなくなって、やっぱり馬の仕事をやりたい」。1年で退社し、牧場で働き始めた。

     「頑固で、でも温和で。職人肌でしたね」。4年前に引退した義男さんは一番の相談相手だ。ロゴタイプがデビューした12年。G1(朝日杯FS=1着)に出すのが初めてで、脚元を冷却する粘土を外すタイミングにも気を使った。「冷やし過ぎるのもどうかとか。身近にいた見本。信頼できる人です」。今でも会えば必ず酒を交わしながら馬の話をするという。

     目標は昨年の皐月賞以来の勝利だ。「必ずロゴを復活させること。終わった馬じゃない。何とか結果を出そうと頑張っています」。父から学んだノウハウを生かし、愛馬をVロードへ導く。(石野 静香)

     ◆佐々木 悟(ささき・さとる)1974年5月16日、千葉県生まれ。40歳。日大卒業後、食品会社に就職。1年で退社し、茨城・井ノ岡トレーニングセンターで3年半勤務。JRA競馬学校厩務員課程を卒業後、00年4月に美浦・笹倉厩舎で調教厩務員に。中野渡厩舎を経て、10年から田中剛厩舎に所属。弟・力(ちから)さんは尾形充厩舎の厩務員でグラスワンダーを担当していた。趣味はゴルフ。家族は妻と1女。

     

     朝日杯以来のマイル勝利になるか?

     
     
     
    皐月賞以来の勝利になるか?
     
     
     ツイッターの声
    【マイルCSの不気味な馬|ロゴタイプのいろいろなまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ