競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    マイルCS


    マイルCS予想|2018年|直前情報まとめ


    chokuzen

    ヤフーニュースより

    マイルCSパドックツボ

     モズアスコットは気合を表に出すタイプも、あまり極端にうるさいと黄信号。久々で10キロ増の前走も太くは見えなかったが、微減で締まって見えれば理想的。アエロリットは過去2回の関西輸送で体を減らしたこともあり、木曜計量で前走比16キロ増の524キロと余裕を持たせたつくり。前走程度の体重で集中できていれば期待大。ペルシアンナイトは優勝した昨年の気合乗りが戻ってほしいところ。

    【マイルCS】出走馬の長所短所

     「マイルCS・G1」(18日、京都)


    (1)ステルヴィオ


    長所=千六~千八は〈3・3・0・0〉。末脚確実

    短所=最内枠で包まれる恐れ。展開任せのタイプで


    (2)ペルシアンナイト


    長所=昨年の覇者。近2走はスムーズさ欠いての敗戦で

    短所=1年間も勝利なし。連覇は07年ダイワメジャーを最後になし


    (3)アルアイン


    長所=皐月賞馬。久々のマイル戦も3戦2勝

    短所=詰めの甘い現状。中2週の反動も心配


    (4)ブラックムーン


    長所=京都3勝はメンバー最多。重賞V舞台

    短所=3戦続けて2桁着順の大敗。勢いなし


    (5)ヒーズインラブ


    長所=最多勝馬番。京都マイル〈1・0・2・0〉

    短所=初挑戦の安田記念で13着。G1では荷が重い


    (6)ジュールポレール


    長所=半兄は12年の覇者サダムパテック。兄妹制覇を目指す

    短所=久々の牡馬相手。急な乗り代わりも微妙


    (7)ロジクライ


    長所=富士Sレコード完勝。京都でも重賞Vあり

    短所=G1初挑戦。切れ味勝負では分が悪く


    (8)モズアスコット


    長所=安田記念覇者。マイルは〈3・1・0・0〉

    短所=今年〈1・4・0・0〉。実は勝ちみに遅い


    (9)ウインブライト


    長所=中山記念ではアエロリット、ペルシアンナイト撃破

    短所=G1は8、15、12着。京都の決め手比べも疑問


    (10)ミッキーグローリー


    長所=強敵相手に重賞初挑戦でV。勢いはナンバー1

    短所=初G1で関西圏も初。経験値は見劣る


    (11)ジャンダルム


    長所=ひと叩きで気配一変。G2勝ち舞台で

    短所=近3走が見せ場なし。成長力に疑問も


    (12)レーヌミノル


    長所=昨年は0秒2差4着。スピードは通用

    短所=今年の内容が物足りぬ。早熟の印象も


    (13)レッドアヴァンセ


    長所=京都マイルは〈2・2・0・1〉。末脚は非凡

    短所=きょうだいはG1で〈0・0・4・27〉。善戦まで


    (14)エアスピネル


    長所=昨年は鼻差2着。舞台実績は文句なし

    短所=今年未勝利。中間に熱発した影響微妙


    (15)アエロリット


    長所=過去最高体重で前走完勝。鞍上も魅力

    短所=秋華賞7着。唯一の掲示板外が京都だけに


    (16)カツジ


    長所=同舞台のG2で2着。条件は悪くない

    短所=休み明けとはいえ前走大敗。一変はまでは疑問


    (17)ロードクエスト


    長所=前哨戦で復活V。末脚の破壊力は強烈

    短所=4歳以降は1400メートル以下に好走が偏っている


    (18)ケイアイノーテック


    長所=3歳マイル王。叩き2戦目&ベスト距離に短縮

    短所=試練の大外枠。スタート不安定だけに

    【マイルCS】夕刊フジ・調教チェッカーズ

    1番手はモズアスコット。


     もともと坂路で目立つタイプだが、今回も絶品だ。重心にブレがまるでなく、後半になるにつれてフットワークの回転数が増していく、実戦同様の鋭いフィニッシュを決めてみせた。内めを回っただけに、時計(4F51秒5)が速いのは当然ながら、視覚的なインパクトもこの馬が一番だ。


     アエロリットはサウスポーとあって、左回りで進入する美浦の坂路が大好き。今週も鞍上の手綱はまるで動かなかったが、天性のバネの強さを発揮してあっさり4F50秒9を叩き出した。前走時もそうだったが、この秋は躍動感が抜群。完成の域に達した印象だ。


     ジャンダルムはペルシアンナイトを含めた3頭併せで、馬なりのまま最先着した。近走は不振だが、脚力はここに入ってもむしろ上位。きっかけひとつで上位に食い込める資質を秘めている。

    【マイルCS】展開を読む

    控える競馬も可能なアエロリットだが、主張する馬がいなければ自然とハナへ。アルアイン、ロジクライが好位で追って、モズアスコットは中団から。直線は先行勢VS差し馬の攻防。粘るアエロにモズ、ペルシアンナイトが迫って叩き合い。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    マイルCS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【東西現場記者走る】アエロリット、やわらか馬場で独壇場

      
     マイルCSの出走馬が15日に確定した。GI企画『東西現場記者走る』を担当する大阪サンスポの渡部陽之助記者(39)は、この日も美浦トレセンで取材。毎日王冠を逃げ切ったアエロリットに注目した。デキの良さは明らかで、馬場への不安も陣営への取材で払拭。名手ムーアが鞍上ならば、戴冠の可能性は十分あるとジャッジした。


     日曜日は京都競馬場でマイルCSの予想検討会に出演する。なので、何としても的中させたい。その思いで美浦トレセンにもう1日残った。前日のミッキーグローリーに続いて、きっちり取材したい馬がいる。毎日王冠で牡馬相手に快勝したアエロリットだ。


     自ら管理馬の調教をつける菊沢調教師を南調教スタンド前で直撃。「はじめまして」とあいさつすると、「わざわざ来たんだね。関西馬の方が強いでしょ」と言いながら笑顔で応じてくれた。


     まずは追い切り後の様子を確認。14日は坂路で4ハロン50秒9をたたき出した。「強い稽古をしたわけじゃないんだけどね。きのうの午後も、今朝も馬は普段と変わりないですよ。状態は自信を持って出せます」とトレーナーは胸を張る。


     土曜に雨の可能性もあり、稍重、重の3戦で馬券圏外に沈んだ点は気になるところ。しかし、その点もクイーンSの勝利を例に挙げ、「洋芝で走っているし、(少し降って)軟らかい馬場の方がちょうどいいと思う」とこちらの懸念を一笑に付した。たとえ雨の影響が残っても不安はない。もともと高速決着には強く、晴雨兼用タイプとみていいだろう。


     鞍上も心強い。今週から短期免許で騎乗するムーア騎手は、マイルCSに8度騎乗し、2015年モーリスで優勝。京都芝・外1600メートルは、13戦【3・2・1・7】で勝率23・1%と上々の数字だ。「緻密に計算して乗るジョッキー。作戦はこれからですが、型にはめずに考えたい」。騎手出身のトレーナーは、鞍上と考えをすり合わせて柔軟に対応する構えを示した。


     「根本的に力が強い馬。フットワークは最初から良かったね」。改めて愛馬の長所を教えてくれた菊沢調教師の自信ありげな表情を見ていると、2008年ブルーメンブラット以来となる牝馬の戴冠も大いにありそうだ。実りのある美浦トレセンでの2日間だった。枠順が決まる金曜は、栗東トレセンに戻って取材を続ける。

    【マイルCS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    マイルCS予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【マイルCS】馬場状態の見極めが重要! Cコースへの変更にも注意/コース解説11


     18日に行われるマイルCS(3歳上・GI)の舞台となる京都芝1600m外回りコース。好メンバーが集結した秋のマイル王決定戦のコースについて解説していく。  

     向正面の直線を延長したポケットからのスタート。そのまま3コーナーまで700m以上もまっすぐ進む。初角までの距離が長いことに加え、平坦スタートでもあるため、前半のペースは速くなりやすい。  

     京都コースの特徴は、3コーナーから4コーナーにかけての坂で、残り1200m地点から400mかけて上り、そこから一気に下る。約400mの直線はほぼ平坦。坂の下りからスピードに乗せて加速できるので、瞬発力に優れたタイプが台頭する。  

     過去10年の勝ち時計の平均は1:32.8。14年ダノンシャークによる1:31.5がレースレコードで、10年エーシンフォワードの1:31.8と過去10年で2度、31秒台の決着となっているが、いずれもテン3ハロン33秒台のハイペースだった。

     近3年は、1:32.8、1:33.1、1:33.8と時計面は落ち着いている(2017年は稍重)。連続開催の終盤(15日目)にあたるので、馬場状態の見極めは重要だ。  

     注意したいのは、当週からCコースに変更となる点。Aコースで9日間、Bコースで4日間開催された後、この週から仮柵が3メートル外側に移動される。内側の荒れた部分がカバーされるため、時計や脚質傾向の変化は頭に入れておきたい。

     実際、今年もBコース変更時には、時計が速くなっていた。

    【マイルCS予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    マイルCS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    クルーガー好時計に気合、幸運を生かす/マイルCS

     <マイルCS:追い切り>
    クルーガーは、坂路でしまい重点で追い切られた。

     4ハロン53秒0-11秒9をマークしS評価。高野師は「しっかりと追って、動きは良かった」と、言った。前走3着でG1出走が危ぶまれたが、他馬の回避で参戦。「もっと早くG1に出さないといけない馬だったし、幸いにも出られるから感謝したい。出るからには力を証明したい」と気合十分だった

    【マイルCS】レーヌ反応機敏!時計上々12秒4

     桜花賞馬レーヌミノルはCWコースで6ハロン81秒4、3ハロン36秒9-12秒4をマーク。少し鈍さがあった1週前から一転、機敏な反応を披露した。

     初コンビとなる和田騎手も「2週続けて追い切りに乗りましたが、調教の感じは先週よりも良かったですね。最終追い切りは反応が良かったです」と満足そう。近走は不振だが「キャリア豊富な古馬が相手だから気後れしなければいいけど乗りやすい馬」。鞍上は桜花賞と同じマイルで反撃を誓う。

    【マイルCS】アラジン最高キープ!天皇賞のダメージなし

     マイルチャンピオンシップの追い切りが15日、東西トレセンで行われた。栗東では、春の安田記念を制したサトノアラジンがCWコースの3頭併せで、切れ味鋭く最先着。美浦ではスプリンターズSを連覇したレッドファルクスが新コンビのC・デムーロ騎手を背に抜群の動き。2頭ともサンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』となった。

     マイル王の座は譲らない。今春の安田記念を制したサトノアラジンが、史上7頭目の同一年春秋マイルGI制覇に向けて確かな伸びを披露。手綱を取った川田騎手は納得の表情で切り出した。

     「順調にここまでこられています。天皇賞(秋)のときは素晴らしい状態で、あの(不良)馬場の中で走った後もいい状態を維持できていますね。天皇賞の疲れを感じることはなかったです」

     午前7時の開門と同時に朝日が差し込むCWコースに登場した。僚馬2頭を追いかける流れでスタート。スムーズにスピードに乗り、4コーナーで最内に入ると大きなストライドで加速する。最後は追いすがるスプマンテ(500万下)にクビ差先着。ラスト重点だったため、全体時計は6ハロン84秒8と目立たなかったが、ラスト1ハロンは11秒8とさすがの切れ味を披露した。

     見守った池江調教師は「生涯最高のデキだった前走の状態をキープできていると思う」とうなずいた。前走の天皇賞・秋は極悪馬場に泣いて不完全燃焼の18着。川田騎手は「全く走ることができずにかわいそうでした」と振り返る。本来の走りができなかったぶん、ダメージは少なかった。

     担当の山元助手は「ジョッキーが感触を確かめた上で強めに追ったことで、ここからもう一段よくなりそう。レースではいつものアラジンをみせられますよ」と期待する。

     「土曜が雨予報なのが一番気になりますね。レースでは精いっぱい頑張ってくれるので、安田記念のような天気(晴れ)と馬場(良)でやれればと思います」

     川田騎手は好天での決戦を願う。天さえ味方をしてくれれば…。サトノアラジンが自慢の末脚でマイル界を統一する。

    【マイルCS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    マイルCS予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    またミルコ?ペルシアンナイト M.デムーロ騎手

     皐月賞2着のペルシアンナイト(栗東・池江泰寿厩舎、牡)が出走予定。前走の富士Sは休み明け、不良馬場とマイナス要因が重なって5着と敗れたが、マイルではその一戦を除けば【2・0・1・0】と安定している。

     ハービンジャー産駒は今秋、秋華賞(ディアドラ)、エリザベス女王杯(モズカッチャン)とGIを2勝しており、血の勢いも十分。さらにGIで9戦連続3着以内のM.デムーロ騎手の手綱さばきにも注目だ。
    【マイルCS予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ