競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    プロキオンS

    プロキオンS【2019年】スピード指数ランク付け


    keibaspeed




    うまとみらいと

    もう有名すぎて・・・某競馬場駅前に広告出すぐらいw
    まずは無料会員からかな。




    プロキオンS-スピード指数

    1位 キングスガード
    2位 ウインムート
    3位 ミッキーワイルド
    4位 サクセスエナジー
    5位 ダノングッド





    この辺りですかね。



    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    プロキオンS予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【覆面記者の耳よりトーク】プロキオンS

    今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、ダート重賞のプロキオンSが対象。ハイペースの厳しい流れが予想されるなか、情報からは展開、コース実績、末脚からキングズガードがイチ推し。同じくハマれば末脚強烈なダノングッドが穴候補に浮上した。逆に初の中央重賞でモマれるリスクがあるサクセスエナジー、ハナに立てないと持ち味が出ないドリームキラリには“危険信号”だ。


     記者A 好メンバーのダート重賞。雨で脚抜きのいいダートやろうし、ペースや展開もシビアになりそうやな。


     記者B Z助手は「これだけ速い馬がそろって雨馬場なら、ハイペースの前崩れになりそう」と差し、追い込み馬の出番は十分と見立てていました。


     記者C 中京で行われるようになった前6年でも差し、追い込み勢が幅を利かせています。そこでイチ推しはキングズガード。一昨年3着、昨年Vの“常連”です。


     記者D 管理する寺島調教師は「ベストは右回りの1400メートルダートですが、最近は左回りにも対応してくれています」と好感触やった。中京ダートではGI・チャンピオンズCで8着とはいえ上がり最速の末脚。それを除けば4戦【1120】とすべて馬券圏内の安定感やで。


     記者B 交流重賞を2連勝中のサクセスエナジーは「中央の激しい流れでモマれたときは結果を出せていませんね」とQ騎手が指摘。中央での重賞は初めてで、しかもメンバー最重量の斤量58キロ。戸惑いがあるかも。


     記者D もっと危ないのはドリームキラリや。今回はマテラスカイをはじめ、ダッシュ自慢がけっこう、いる。「ハナに立ってこそ粘りが増すタイプだから、立てないと苦しいのでは」とG調教師は見ていたわ。


     記者A 大穴ならダノングッドやな。鞍上は初コンビの川田騎手やけど、先週のCBC賞でテン乗りのアレスバローズを五分の発馬で中団から勝利に導いた。今回も強烈な末脚を引き出すかもしれんで。

    【プロキオンS】傾向と対策

    中京施行になった過去6年の結果から傾向を探る。


     ☆実績 1~3着馬の全18頭が中央で4勝以上。うち17頭が中央ダートで3勝以上をマークしていた。


     ☆年齢 4歳【2・1・0・11】、5歳【1・3・2・13】、6歳【3・1・0・15】、7歳以上【0・1・4・35】。7歳以上は割引か。


     ☆近走人気 2走前、前走が3番人気以内だった馬が5連勝中。


     ☆重賞実績 過去2走以内のダート重賞で連対していた馬が3勝。不出走馬も3勝だが、2戦とも3着以下に敗れていた馬のVはない。


     結論 ◎サクセスエナジー ○ドライヴナイト ▲キングズガード



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    プロキオンS予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【プロキオンS】オープン連勝中のウインムート勢い本物!

     オープンを連勝中のウインムートが主役を務める。目下の勢いは本物。立ち回りが上手になり、モマれなければ控えても結果を残せるようになってきた。好タイムで快勝した経験のある中京コースなら、タイトル奪取の可能性は十分。

     対抗のサクセスエナジーは、交流重賞を連勝。中央場所でも実績を残しており、展開ひとつで逆転へ。一発候補のインカンテーションは、距離短縮で最後まで集中して走れるようなら。左回りの舞台は合っている。

    【プロキオンS予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    プロキオンS予想|2017年|直前情報まとめ


    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【プロキオンS】傾向と対策
    中京施行での過去5年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・0・2・1】とほぼ馬券に絡んでいるが、12年は12番人気トシキャンディの激走があり伏兵にも注意。

     ☆前走 連対馬10頭は全て4月以降にレースを使っていた。3着以内の15頭中12頭は前走オープンで1~3着に好走(地方重賞含む)。

     ☆負担重量 15年は59キロのベストウォーリアが優勝したが、2勝、2着3回、3着5回と安定している56キロが怖い。

     結論 ◎キングズガード ○アキトクレッセント ▲カフジテイク
    展開を読む【七夕賞=平均ペース】
    快速マルターズアポジーの単騎逃げ。2番手以下を離し、ペースはそこまで落ち着かない。ヴォージュ、マイネルフロストが好位、中団~後方にゼーヴィント、スズカデヴィアス。直線は粘り強い前方組と瞬発力を備える後方勢の激戦に。

    日曜福島の危険な人気馬

    【中京11R・カフジテイク】フェブラリーS3着が示すように実績はナンバー1。ただ、中京はチャンピオンC4着があるとはいえ、4戦して(0112)と勝ち鞍のないのが不満だ。なかでも7着と掲示板を外したのが昨年のこのプロキオンS。その前後を勝っており、出来が悪いわけではなかった。コースが合わないと判断したい。



    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    プロキオンS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    プロキオンS注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【プロキオンS】ミノル激変!抜群の動き11秒6
    兵庫No・1馬トウケイタイガーが「第22回プロキオンS」でJRA勢へ襲いかかる。中央在籍時は1000万クラスの条件馬だったが、昨秋に園田の住吉朝厩舎へと移籍。センスの良さと、陣営の懸命な調整によりぐんぐん力を付けた。今年5月には交流重賞の名古屋・かきつばた記念で快速を発揮し、4馬身差をつけての逃げ切りV。前走後はここを目標に調整された。今週の火曜日に最終追い切りを消化し、その後もすこぶる順調。好気配を漂わせ、管理する住吉朝師も満足顔を浮かべる。

     「追い切りは時計的にも満足していますし、動きも悪くなかったですね。いい仕上がりになっています。追い切った後も順調です」

     今回は重量の57キロに加えて、強力なメンバーがそろった。「この馬らしいレースをして、どこまでやれるかですね。楽しみ」と同師。やれることは全てやってきた。JRAの強豪馬相手に逃走劇でアッと言わせる。
    ウォータールルド乗り込んで楽しみ/プロキオンS
    9歳馬ウォータールルド(牡、岡田)が元気だ。出走馬で唯一、木曜に追い切られ、坂路4ハロン54秒6-12秒4でリリックドラマ(3歳未勝利)に首差先着。

     岡田師は「乗り込めているので、これで十分。年のせいか、使った後の戻りが遅くなっているので、間隔が空いた方がいいのかも。まだ気も若い」とひそかな期待を寄せる。
    【プロキオンS】カフジテイク、2つ目重賞へテイクOFF!
    プロキオンSの追い切りが5日、東西トレセンで行われた。栗東では、ドバイ遠征帰りのカフジテイクが坂路でパワフルな走り。3カ月半ぶりでも態勢が整っていることをアピールした。アキトクレッセントはCWコースで、6ハロン78秒6の一番時計を出し、サンケイスポーツ調教評価の『S』となった。

     ドバイ遠征帰りでも不安はない。3カ月半ぶりの実戦を迎えるカフジテイクが、ハードな併せ馬で好気配をアピール。1月の根岸Sに次ぐ、重賞制覇が見えてきた。

     「予定よりも時計が速くなったけど、無理したわけじゃないから。息遣いはいいし、元気もいいからね」

     背中の感触は休養前と変わらない。福永騎手が気配のよさに自信の表情を見せた。

     サカジロテンオー(500万下)を6、7馬身ぐらい追走。序盤は差が大きかったが、直線に入った時点では2馬身ほど。その後、ゴーサインにきっちりと反応して馬体を併せてゴール。ラスト1ハロンは13秒1と時計を要したが、全体のタイムが4ハロン51秒5なら合格点といえる。

     海外遠征帰りは調整が難しいとされるが、しっかりと放牧で休養。「余裕のあるなかでの動きだったからね。疲れている感じはないよ」とジョッキーに不安はない。

     デビュー以来、最高となる490キロ台での出走になるかもしれないが、湯窪調教師は「体がちょっと大きくなって成長している感じがしますね」と説明。疲れどころか、たくましさを増している感じだ。

     “芝並み”の切れが自慢で、2月のフェブラリーSでは、メンバー最速の上がり(3ハロン34秒9)を駆使して3着。5着に敗れたドバイのゴドルフィンマイルでも、前残りの流れのなかでゴールまで脚を使っていた。

     「体調はいいですよ。あとは展開だけ」とトレーナーがいえば、ジョッキーも「ペースが流れてほしいけど、決め手が違うからスローペースになったとしても間に合うんじゃないかな」と、末脚に絶対の自信を抱く。次の目標はマイルCS南部杯(10月9日、盛岡、交流GI、ダ1600メートル)。好結果を残して夏を越したいところだ。
    【プロキオンS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ