競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    フェブラリーS

    フェブラリーS予想|2019年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    ユラノト福永を背に51秒4好時計/フェブラリーS

     <フェブラリーS:追い切り>

    根岸S2着のユラノト(牡5、松田)は坂路で単走追い。福永騎手を背に4ハロン51秒4-12秒1の好時計をマークした。 「前走から中2週だがきっちりとやった。前走をたたいた効果はあると思う」と松田師は状態に自信ありげ。マイル戦は2度目だが「(何度か騎乗した)ルメール騎手は常々、マイルがいいと言っていた」だけにプラスに作用する可能性は高い。

    【フェブラリーS予想|2019年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    フェブラリーS【2019年】東京競馬場ダート1600mはこの枠不利

    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    東京ダート1600m、過去3年

    tokyo16



    東京ダート1,600m、過去10年重賞

    tokyo161


    まあ・・・1枠不利は覚えておいて損はない


    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    フェブラリーS予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【データで勝負】日曜東京11R・フェブラリーS

    過去10年の結果から傾向を探る。

      ☆人気 1番人気は【4・1・3・2】とまずまずだが、6番人気以下も3勝(14年は16番人気コパノリッキーがV)。

      ☆馬番 1〜4番枠【4・2・2・32】、13〜16番枠【5・4・1・30】と極端に内か外の馬が活躍している。真ん中付近に入った馬は不振。

      ☆距離実績 近4走でダート1600メートル以上のレースで3着以内に入った回数別で見ると4、3回組が連対率30%超。2回以下になると数字は大きく下がる。

      ☆近走 3着以内30頭中26頭が近3走でG1を除く重賞で1〜3着を確保、または全てがG1だった。

      結論 ◎ゴールドドリーム ○ニシケンモノノフ ▲サンライズノヴァ

    展開を読む【フェブラリーS=ハイペース】

     ハナはケイティブレイブかノボバカラ。速めの流れが有力だ。テイエムジンソクは好位から直線で早め先頭を狙うが、差し馬も届く展開。外からゴールドドリーム、ノンコノユメなどが鋭く伸びてゴール前で大勢一変も十分



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    フェブラリーS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより

    【フェブラリーS】ゴールドドリーム 栗東・坂路で49秒8!! 自己ベスト1秒更新


     今年最初のJRA・G1の第35回フェブラリーステークス(2月18日、東京競馬場・ダート1600メートル)に出走する昨年の覇者、ゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)が14日、栗東の坂路で最終追い切りを行った。


     藤懸貴志騎手(レースはライアン・ムーア騎手)が騎乗し、49秒8―12秒1をマーク。2016年11月30日の50秒8を1秒も更新する自己ベストを叩き出した。「藤懸が乗ると時計が出るのは分かっていたけど、それにしても速いタイム。それだけ具合はいいということでしょう」と平田調教師は手応えを感じていた。


     同馬は昨年のフェブラリーステークス、チャンピオンズカップを制覇し、2017年の最優秀ダートホースに輝いた。前走に続いてムーア騎手とのコンビ。JRA・G1の3連覇、フェブラリーステークスの2連覇がかかっている。


    【フェブラリーS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    フェブラリーS予想|2018年|注目馬「ゴールドドリーム」まとめ

    chuumokuuma



    ゴールドドリーム
    父-ゴールドアリュール、母父-フレンチデピュティ

    2017年-フェブラリーS




    1着 ゴールドドリーム Mデムーロ
    2着 ベストウォーリア 戸崎圭太
    3着 カフジテイク 津村明秀


    昨年の勝ち馬だけで充分適正ある




    (ヤフーニュース引用)
    【フェブラリーS】ゴールドドリーム プールで鍛えた筋肉でV2へ

     【フェブラリーS】(日曜=18日、東京ダート1600メートル)栗東トレセン発秘話】泳ぎのうまい人と、そうでない人がいるように、馬にも泳ぎの上手下手はある。昨年暮れのチャンピオンズCを制する前から、ゲート難解消の一環で、プール調教を取り入れているゴールドドリームも、通い始めた時は、いわゆる“カナヅチ”だった。

    「左脚をちゃんと使わずに、右脚だけで泳ごうとするから、どうしても沈んでいってしまって…。ほっといたら“このままおぼれてしまうんちゃうか”って思うぐらい、下手でしたね」(担当の木下厩務員)

     泳ぎだけで見れば、木下厩務員のもう1頭の担当馬カレンオプシス(古馬500万下)の方がよっぽど上手だというのだから、“陸上競技”と“水泳”はまた別物なのだろう。ちなみに「オグリキャップも泳ぎが下手で有名でしたよ。どんな泳ぎをしているのか見に行ったことがあって。鼻まで水に漬かって、アップアップしてましたもん」(同厩務員)。

    “習うより慣れろ”ということなのか。カナヅチだったゴールドドリームも、週4ペースのトレーニングを続けるうちに、泳ぎがうまくなってきたそうだ。

    「今は両方の脚をバランス良く使って、泳げるようになりました。かなりの上達ぶりですね。プールで使う筋肉は、走る時とは違うところもあって、体つきもよりムキムキになってきた感じがしますね」

     確かに3歳暮れあたりまでは、まだトモが貧弱に映り、トップクラスに入ると見劣りしたが、今では他のどんな超一流ダート馬にも負けない体つきになっている。プール調教によって新たにつけた筋肉も多少は影響しているのかも…。

    「正直、チャンピオンズCの時はなかなか体が絞れず、気持ちも乗ってこなかったので、自信はありませんでした。今回は体が締まって、気持ちも乗って…いつものゴールドドリームになってますよ」と自信を隠さない木下厩務員。おそらく今回も「スタートは出遅れるだろう」とのことだが、過去〈3・1・0・0〉と相性抜群の舞台なら、多少のビハインドも問題あるまい。

     ゴールドドリームがコパノリッキー(2014、15年)以来となる史上2頭目のフェブラリーS連覇を達成する可能性は極めて高いとみている。



    【フェブラリーS】競馬界の女神・稲富菜穂がゴールドドリーム・平田修調教師を直撃!



    東京競馬場ダート1600m

    種牡馬データ
    ()は勝率-複勝率

    ゴールドアリュール産駒
    9-3-4-57/73(12.3%-21.9%)

    重賞
    7-3-1-25/36(19.4%-30.6%)

    重賞勝利
    2017年 ユニコーンS(2番人気) サンライズノヴァ
    2017年 フェブラリーS(2番人気) ゴールドドリーム
    2016年 ユニコーンS(2番人気) ゴールドドリーム
    2015年 フェブラリーS(1番人気) コパノリッキー
    2014年 ユニコーンS(3番人気) レッドアルヴィス
    2014年 フェブラリーS(16番人気) コパノリッキー
    2010年 フェブラリーS(1番人気) エスポワールシチー

    ↑↑
    文句ない


    騎手データ

    ムーア騎手
    2008年以降
    15-6-4-30/55(27%-45%)

    重賞
    1-0-0-5/6(16%-16%)

    勝利
    2012年 武蔵野S(1番人気) イジゲン

    出遅れてあれ・・・どうやってきたのか?って感じ。





    いろいろと好条件が揃っている!!





    「広告」競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ