競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    フェアリーS予想

    フェアリーS予想|調教・追い切りまとめ


    ここの予想の期待度大・・・まずは無料登録から

     1月8日は、中山競馬場で第33回フェアリーS・G3(芝1600メートル)が行われる。

     16頭中13頭が1勝馬という低調な組み合わせ。3戦2勝コーラルプリンセス(牝3歳、美浦・高橋裕厩舎)が一応の中心か。唯一の敗戦が2戦目のアルテミスS。勝ったリスグラシュー(阪神JF2着)、2着のフローレスマジックからは離されたが、3着とは0秒4差。上がり3ハロンは1、2着馬に次ぐ3位だった。勝負強さを見せた前走、赤松賞のレース内容も濃かった。

     新潟2歳S5着のあと、オープン、500万を3戦使われ、2、2、2着のキャスパリーグ(牝3歳、栗東・浅見秀一厩舎)の安定性はこのメンバーなら上位。正直もうひと押し欲しいが、立ち回りは巧みだ。

     前走のサフラン賞は鼻差2着のアエロリット(牝3歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)。早めに抜け出し、楽勝ムードだったが、勝ち馬の鬼脚に屈した。先行力が生きる中山マイルは絶好の舞台で、重賞Vは十分あり得る。

     札幌2歳S2着のブラックオニキス(牝3歳、美浦・加藤和宏厩舎)は、ファンタジーS(8着)、阪神JF(12着)と強いメンバーと戦い、敗れてはいるが、この相手なら実績上位。

     父スクリーンヒーロー、母の父エルコンドルパサーとパワーあふれる配合のメローブリーズ(牝3歳、美浦・石毛善彦厩舎)。馬場が渋れば台頭も。(大上 賢一郎)

    【フェアリーS予想|調教・追い切りまとめ】の続きを読む

    5
    フェアリーS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    <フェアリーS:追い切り>



     3歳牝馬によるフェアリーS(G3、芝1600メートル、11日=中山)の追い切りが7日、東西トレセンで行われた。唯一の2勝馬クードラパン(久保田)は美浦ウッドで上々の動きを披露。前走の阪神JFは13着に敗れたが、調子落ちは感じない。腰痛から復帰する田辺裕信騎手(31)とともに、16年初戦で反撃ののろしを上げる。

     リスタートだ。クードラパンが復帰する鞍上とともに、巻き返しの態勢を整えた。田辺騎手を背にして美浦ウッドに入ると、4ハロンから徐々にスピードアップ。ラスト1ハロンで軽く仕掛けられると瞬時に反応し、軽やかにゴール線を駆け抜けた。時計は54秒7-13秒3と平凡も、終始落ち着き払って気配は上々。見守った久保田師は「しまいだけ反応を見たかったが、いい反応だった」と状態の良さを強調した。

     前走の阪神JFは好位キープから強気の競馬で臨んだものの、前半から馬がハミをかんで、直線で失速した。師は「いかにリラックスして走れるかだけど、力みがあっていまひとつだった先週に比べて、今日は良かった」と課題克服に自信を見せる。引き揚げてきた田辺も「勝ちを意識し過ぎず、自分のペースを守った方がいい」と、前走を糧に反撃に転じる構えだ。

     その鞍上は、ダービーフィズで臨む予定だった昨年の有馬記念前日に腰痛を発症。16年開幕の5日も騎乗を取りやめた。検査の結果は軽度のヘルニアだったが、年末年始を安静にしていたことで、6日の調教後に復帰のゴーサインが出るまでに回復した。「神経を傷めるまではいっていない。それに、休んだからといってすぐに良くなるものでもないからね」。たとえ万全でなくても、プロとしてできる限りのパフォーマンスでファンの期待に応えたい。人馬そろって、16年の仕事始めを華々しい復活劇にしてみせる。【栗田文人】

     

    サンスポ予想王-調教・追い切り参考動画


     

     

    91:2016/01/07(木) 11:48:47.60 ID:
    リセエンヌとアルジャンテでいい
    ディープ買っとけば当たるだろ
    【フェアリーS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    フェアリーS|直前情報|いろいろなまとめ

     重賞初制覇を目指すカービングパスは、柴山騎手を背にWコースで5ハロン70秒4、3ハロン40秒4-13秒1をマーク。内のレッドレイヴン(OP)にクビ先着、外のバンスタンウォルツ(1000万下)と併入した。躍動感満点の走りで、追えばいくらでも伸びそうなイメージだった。

     「手応えは抜群。いい感じできていますよ。中山のマイルはトリッキーなコースですが、操縦性がいいので不安はありません。クラシックに向け結果を残したい」と、柴山騎手は意欲的だ。

     
    2014年のフェアリーS
    【フェアリーS|直前情報|いろいろなまとめ】の続きを読む

    5
    フェアリーS|調教・追い切り|ツイッター・2chの声

    ◆フェアリーS追い切り(8日)

     ゆったりと、自分のリズムを守るような走りだった。コートシャルマンは、栗東の坂路で単走。初めて手綱を執ったC・デムーロと折り合いがピタリつき、推進力の伝わるフォームで一気に駆け上がった。馬なりのまま56秒7。数字こそ地味だが、1ハロンごとにラップが速くなり、ラストを12秒8でまとめた内容は優秀だ。

     「馬場が悪くて時計は出なかったけど、終始いい手応え。ラストも伸びていた」とデムーロは満足そう。見届けた松永幹調教師も「いい動き。予定通り」とうなずいた。今回は関東への初遠征だけに、1週前の1月31日に坂路で54秒6―12秒6としっかり時計を出し、当週はやりすぎないようにソフトな調整。陣営の仕上げに狂いはない。

     前走の阪神JFは、3番人気に支持されながら10着と思わぬ大敗。巻き返しへの強い思いがあるからこそ、中3週での参戦を決めた。「前走は走り切っておらず、疲れなどは全くない。今回は賞金を加算したいね」とトレーナー。本来の走りができれば、結果は自然とついてくる。

     
    サンスポ予想王
    追い切り
    【フェアリーS|調教・追い切り|ツイッター・2chの声】の続きを読む

    このページのトップヘ