競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    チューリップ賞

    チューリップ賞予想|2017年|ソウルスターリングについて調べてみました

     チューリップ賞の追い切りが1日、東西のトレセンで行われた。美浦では昨年の2歳女王、ソウルスターリングが万全の態勢。Wコースで2歳王者サトノアレスとの併せ馬で、抜群の瞬発力を見せて先着した。栗東では紅梅Sを勝ったアロンザモナが、坂路でシャープな動き。サンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』となった。

     これが2歳女王の瞬発力だ。ソウルスターリングが軽快な走りで、始動戦に向けて万全の仕上がりをアピール。藤沢和調教師も白い歯をこぼす。

     「行きたがる馬で、どこで出ていくか分からないから、ゴール前で並べても、引っ張らないで出てもいいよ、と指示した。予定通りの調教ができたし、動きも満足」

     Wコースの縦列で、僚馬2頭、朝日杯FS勝ち馬サトノアレスを見ながらスムーズに加速。直線で外の2歳王者をかわすと、先行していた僚馬の併せ馬に追いついたところでゴールした。5ハロン69秒1、3ハロン39秒8-12秒6で、サトノアレスには1馬身先着。最後まで馬なりながら、抜群のスピード感だ。

     昨年は新馬-アイビーS-阪神JFと無傷の3連勝。いずれも異なる競馬場で経験を積み、精神的にたくましくなった。2歳時は気が乗りやすかったが「見てのとおり、落ち着いている。3歳の牝馬はカーッとなりがちだけど、持っているものが違うのかも」とトレーナーは底知れぬポテンシャルを感じている。

     2月1日に宮城・山元トレセンから帰厩。「ビックリしたよ。全体的なシルエットも、お尻の筋肉も大きくなっている」。馬体重は前走時から20キロほど増えており、1カ月半の放牧を経て、さらにビルドアップした。

     「ダンスインザムードも気の強い馬で、カイバをどんどん食べて20キロくらい増えた。あの馬の体の増加にはかなわないけど、この子も確実に大きくなっている」。藤沢和調教師は、かつて管理した2004年の桜花賞馬を例に、成長ぶりに満足そうな表情を浮かべた。

     主戦のルメール騎手にも「暖かくなってくるから頼むよ、と先週言ったよ」。デキは万全、あとは名手に託すのみ。4連勝で桜の舞台へ。準備は万端だ。 (千葉智春)

     

     

    【チューリップ賞予想|2017年|ソウルスターリングについて調べてみました】の続きを読む

    5
    チューリップ賞予想|調教・追い切り|最新情報(枠順)

    無料会員が激熱サイト-指定サイトからフリーメールで登録可能

    katiumad1

     「チューリップ賞・G3」(7日、阪神)

     いきなり3勝&重賞V。JRA所属として鮮烈な“デビュー”を決めたミルコ・デムーロ騎手(36)=栗東・フリー=が、2週連続の重賞奪取へ意欲を見せる。チューリップ賞で初コンビを組むのは、デイリー杯クイーンC3着の素質馬ロカ。最終リハにも騎乗して癖もつかんだ。今週も絶好調ミルコから目が離せない。

     JRAの所属選手としてデビューした初日に、いきなり重賞(阪急杯=ダイワマッジョーレ)を制覇。完全に時の人になったM・デムーロ。今週の栗東トレセンでは、関係者からの祝福攻めとテレビのインタビューを何社もこなしていた。「すごい絶好調よ。いいスタートが切れたし、この調子を続けていきたいね」と心底幸せそうな笑顔で、流ちょうに日本語を操る。

     念願がかなってJRAへ移籍。その初日に重賞を含む3勝と、最高の結果を出した。その夜は東京に向かい、フランスに戻る弟のC・デムーロと送別会を兼ねた祝勝会。帰り際にはハグをして、互いの健闘を誓い合った。

     先週同様、今週のモチベーションも高い。2週連続重賞Vがかかる土曜阪神のチューリップ賞では、素質馬ロカと初めてコンビを組む。水曜の最終リハにまたがり、「すごくいい馬だね。コンディションもいいと思うよ」と好感触を得た。ただ同時に、「ちょっと若いね。前走のビデオを見たけど、直線で右に行ったりしていたし、スタートも遅かったからね」と課題もつかんだ。レース前日の金曜は、自ら「ゲート練習にまたがる」とチェックには余念がない。

     「重賞連勝?もちろん狙っていますよ。頑張ります」と冗舌に語る。“ミルコならきっとやってくれる!”。そう期待させるだけの“神通力”が、今の彼にはある。

     
    チューリップ賞-追い切り動画
     
    【チューリップ賞予想|調教・追い切り|最新情報(枠順確定)】の続きを読む

    このページのトップヘ