競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    チャンピオンズカップ

    チャンピオンズカップ予想|2016年|追い切りニュースまとめ

    チャンピオンズカップはここを参考にしますwwww-競馬劇場の予想が熱い

    ノンコノユメ

     師走の砂の王者決定戦「第17回チャンピオンズカップ」の枠順が1日、確定した。木曜追いでは昨年の2着馬ノンコノユメが新コンビのムーアを背に粘り強く併入。6月帝王賞(2着)後の去勢手術で性格も従順になり、鞍上も「楽しそうに走っていた」と絶好の感触をつかんだ。昨年7月のジャパンダートダービー(大井)に続くG1・2勝目、JRA・G1初制覇の期待が膨らむ。同レースは3日から前売りされる。

     ノンコノユメらしい静に徹した最終追いだった。新コンビのムーアを背に雨をたっぷり含んだWコースへ。道中はしっかり制御を利かせ、エクストレミティー(5歳1000万)を2馬身追走。直線は内に入り、5F69秒7~1F13秒4(強め)。手応えはパートナーの方が余力十分だったが、手綱をしごく鞍上に応えて併入まで持ち込んだ。

     ムーアは「今日は(時計的に)誰が乗ってもできる調教しかしていないけどね。馬が楽しそうに走っていたので満足だ」とクールな第一声。見守った加藤征師は「離れ過ぎない程度について行き、馬がその気持ちになった時に併せてほしい…と指示。調教では手応えを感じさせるような馬ではないけど、馬が隣にいてもいつになくいい感じで走っていた」と目を細めた。

     3歳の交流G1ジャパンダートダービーで早々とG1制覇。一見するとダート界の王道を歩んできた優等生だが、裏では人間が手を焼くほど“やんちゃ”だった。鞍を置く時や周囲に馬がいると、イレ込んで立ち上がったり、人に突然飛びかかってくる。今年6月帝王賞(2着)ではついにエスカレート。指揮官は「隣りの枠に馬が入ったら、今までにないぐらいに立ち上がって」と2週間後に去勢手術に踏み切った。効果はテキ面。今では「あまりにおとなし過ぎて、別の馬になっています」と指揮官が驚くほど、素直になった。

     去勢後、初のレースとなったJBCクラシック(4着)は当日輸送が響いて15キロ減。それでも底力は示した。加藤征師は「レース分析に優れたジョッキーで十分把握してもらっているはず。(1)他馬に近づき過ぎない(2)外めをのびのび走らせてほしい…の2点は言うつもり」と、16年ワールドベストジョッキーに選ばれた巧腕に託した。短期免許によるラストウイークとなる鞍上はVTRで特徴は掌握済み。「昨年のチャンピオンズCや今年のフェブラリーS(共に2着)でもよく走っている。JRAの広いコースなら楽しみ」と期待を込めた上に「僕の最終週?馬が満足できる結果を獲れればいいさ」と仕事人の顔で静かに結んだ。メンバー屈指の鬼脚の持ち主。世界の巧腕で意のままに従順に導かれれば、JRA・G1初制覇は当確かもしれない。


    ラニ 

    【チャンピオンズカップ(日曜=4日、中京ダート1800メートル)注目馬1日最終追い切り:栗東】ラニは今春ドバイでUAEダービーを制すると、その足で渡米しクラシック3冠にオールチャレンジ。アウォーディーの半弟という血統背景だけでなく、そのタフネスがファンを魅了してやまない個性派だ。

     前走のみやこSでは13着と大敗を喫したが「ああいう競馬も、ある意味ではラニらしいんですよね」とは松永幹調教師。「日程はキツくなったものの、帰国後に2走できたことは良かったように思います。この中間は坂路にも入れて、目標としていたGIへ向けて体調は上向いていますね」

     トレーナーの言葉を裏付けるように、この日はダート(Eコース)で6ハロン72・5―12・2秒の猛爆時計を叩き出してみせた。

    「とにかく実戦でも真面目に走ってくれさえすれば」――。反撃の態勢は整っている。

     
    【チャンピオンズカップ予想|2016年|追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    チャンピオンズカップ予想|2016年|予想・予想オッズまとめ

     冬のダート頂上決戦、第17回チャンピオンズカップ(12月4日、中京ダート1800メートル)の登録馬が20日、JRAから発表された。外国馬の参戦はないが、新興勢力の台頭も目覚ましく今年も興味の尽きない一戦となりそうだ。

     最注目は武豊騎乗のアウォーディー。昨年9月にダートに転じてから土つかずの6連勝の快進撃。先のJBCクラシックでは強豪を退けて念願のGIタイトルを手にした。母は名牝ヘヴンリーロマンスという超一流の血脈で、中央GIまで一気に制圧するか。

     アウォーディーの半弟ラニも参戦。今春はUAEダービーを制した後、渡米してクラシック3冠に挑戦。日本馬を代表して奮闘した。前走のみやこSでは若さを見せて13着大敗も、大舞台で覚醒しても不思議はない。

     年内で引退するホッコータルマエは地方と中央を合わせてGI最多10勝の古豪。前走のJBCクラシックでは2着に踏ん張って健在を印象づけた。

     他にも今年のフェブラリーSの覇者モーニン、昨年2着のノンコノユメやコパノリッキーなどGIホースがズラリと顔を揃える。みやこSを勝ったアポロケンタッキー、武蔵野S優勝のタガノトネールなど多士済々で激戦は必至だ。



    ネット競馬より

    1番人気 アウォーディー 1.9
    2番人気 ノンコノユメ 5.7
    3番人気 ゴールドドリーム 7.0
    4番人気 コパノリッキー 9.9
    5番人気 モーニン 10.4



    週刊競馬ブックより想定より

    1番人気 アウォーディ
    2番人気 ノンコノユメ
    3番人気 ゴールドドリーム


    ↑↑
    こんな感じでしょうかね




    チャンピオンズカップ予想はここを信頼します
    美味しい無料予想を見逃すなw
    勝馬の栞
    chanpisho



    5

    チャンピオンズカップ予想|直前情報まとめ|大穴をゲットしよう



    無料予想・無料馬連予想が期待度大
    注目サイトから無料会員で予想をゲットできます
    チェンジー評価・口コミ・検証


    チャンピオンズカップノンコ史上4頭目3歳Vへきっちり仕上げ

     中央競馬の下半期ダート王決定戦、GIチャンピオンズカップ(6日、中京、ダート1800メートル)の枠順が3日、確定した。交流GIを含めて4連勝と絶好調の3歳牡馬ノンコノユメ(美浦・加藤征弘厩舎)は〔1〕枠(1)番に決定。この日、茨城県・美浦トレーニングセンターで行った最終追い切りでは順調な仕上がりぶりをアピールした。史上4頭目となる3歳馬の優勝へ一直線だ。レースの馬券は5日、前日発売が実施される。

     世代交代への準備は整った。交流GIジャパンダートダービーなど4連勝中の3歳馬ノンコノユメは、美浦Wコースの3頭併せで総仕上げ。1000メートル69秒5のタイムは目立たないが、最後まで手応えに余裕をもたせて内ピグマリオン(1000万下)、中タケルアロー(2歳未勝利)と併入し、エネルギーを本番までとっておいた。

     「中2週なので強い調教はいらない。あまり調教で良く見せるタイプではないけど、気合付けなしでこの動きならいいんじゃないかな」

     動きを見届けた加藤征調教師は予定通りの内容に満足げ。午後に決まった〔1〕枠(1)番の枠順にも「ロスが大きい大外枠以外ならどこでも良かった」とうなずいた。

     豪快な追い込みスタイルの競馬とは違い、追い切りでは隊列の先頭で僚馬2頭を引っ張る形をとった。その意図は? トレーナーは「後ろからだと時計が出過ぎる可能性があるからね」と説明する。日本馬で唯一の木曜追いをした理由も武蔵野Sと同じく、追い切りから中2日でレースに臨むため。前日輸送で1泊2日の競馬も本番のために前走で経験させていた。対策は万全だ。

     その武蔵野Sでは古馬と初対戦で、斤量も一番重い58キロ。さらに湿って脚抜きがよく前残りの馬場という厳しい条件だった。しかし、後方から桁違いの末脚を発揮してV。「いつも想像を超える走りを見せてくれる」とトレーナーをうならせた。4カ月ぶりを使われて「気持ちの入り方が穏やかだった前走と比べ、見た目以上に気が入っている」と気配はさらに上向きだ。

     舞台の中京ダ1800メートルは先行馬に有利な傾向だが、トレーナーは「スタートが芝部分の東京マイルより、オールダートの中京千八の方がポジションを取りやすい。前回は前と離れすぎだったが、ハイペースを経験したから、今度はもう少しいい位置で競馬できると思う」と攻略可能とみている。

     「成長期の3歳馬。筋肉の張りが良くなり、以前より重厚感が出てきた。相手はさらに強くなるが、この馬を信じていくだけ」

     馬体重は追い切り後の計量で460キロ。出走メンバーで一番の小兵だが、レースで豪快に追い込む姿はどの馬よりも大きく映る。自慢の末脚をもってすれば、歴戦の古馬の壁も打ち破れるはずだ。 (板津雄志)

    ★馬名の由来

     意味は「ノンコの夢」。牝馬と間違えられそうな馬名だが、母ノンコからの連想で付けられた。もともと「ノンコ」は山田和正オーナーのまな娘の愛称だという。

     
    不気味な外国馬ガンビット、重心ぐっと決めてラスト11・8
     
    【チャンピオンズカップ予想|直前情報まとめ|大穴をゲットしよう】の続きを読む

    チャンピオンズカップ予想|調教・追い切り|ネットまとめ


    競馬予想・競馬無料予想が激アツの注目サイト
    競馬トップ・そこの口コミをしっかりしているサイト

    【チャンピオンズカップ】ノンコノユメ余力残して併入『見た目以上に気持ちが入っている』

    【チャンピオンズカップ(日曜=6日、中京ダート1800メートル)注目馬3日最終追い切り:美浦】目下4連勝中の3歳馬ノンコノユメは同厩ピグマリオン(古馬1000万下)、タケルアロー(2歳未勝利)とともに南ウッド入り。2頭を先導する形で進み、最後まで余力を残したまま馬体を並べてゴール板を通過した。5ハロン69・5―13・2秒と数字こそ目立つものではないが、叩き2戦目の上積みに加え、充実期に入った3歳馬らしい迫力がアクションの随所に感じられる。

     関西圏への輸送を控えた関東馬の木曜追いは異例だが、「レース3日前に追い切って前日に輸送するのは前回と同じ」と加藤征調教師。水曜追い→土曜競馬で臨んだ武蔵野Sの“勝ちパターン”を踏襲することで、馬のリズムを大切にした。

     加藤征調教師「調教で良く見せる馬ではないし、いつも通りの動き。前走は休み明けで気持ちの入り方とかが穏やか過ぎるくらいだったが、今回の方が見た目以上に気持ちが入っている。一線級の古馬に胸を借りるつもりで臨みたい」



    【チャンピオンズカップ】ホッコータルマエ、連覇へ万全の仕上げ『あとは幸英明に任せるだけ』

    【チャンピオンズカップ(日曜=6日、中京ダート1800メートル)注目馬3日朝の表情:栗東】GI・10勝目を狙うホッコータルマエは厩舎周辺で約1時間の引き運動を行った。陣営は連覇への自信を隠さなかった。

     西浦調教師「先週、併せ馬でビシッとやって気合が入ったね。直前はもうやる必要がなかったので、今週(2日)は相手に合わせてしまいだけ伸ばした。動ける体つきになって、叩いて本当に良くなった。競馬にいって注文の付かない馬。あとは幸に任せるだけ」


    主な馬の調教タイム

    ノンコノユメ
    12/3 南Wやや
    69.7-54.3-39.7-12.7

    コパノリッキー
    12/2 栗東CW良
    82.7-66.8-52.2-38.8-12.7

    ホッコータルマエ
    12/2 栗東坂良
    54.2-39.5-25.4-12.3

    【チャンピオンズカップ予想|調教・追い切り|ネットまとめ】の続きを読む

    5
    チャンピオンズカップ予想|予想・予想オッズ1番人気|ホッコータルマエまとめ

    「チャンピオンズC」ホッコータルマエ叩いて一変!王者に連敗はない

     勢いある3歳馬や、衰え知らずの古豪の参戦で盛り上がる“秋のダート王決定戦”「第16回チャンピオンズC」。主役はやはり昨年の覇者ホッコータルマエだ。休み明けの前走JBCクラシックは3着に終わったが、一度使えばガラッと変わるタイプ。今度こそ真の力を見せつけて、ダート王の座を守り抜く!

     絶対王者として連敗は許されない。圧倒的1番人気に推された前走JBCクラシックは、本来の伸びを欠いて3着。国内戦では昨年の同レース以来、5戦ぶりの敗戦となったホッコータルマエだが、担当の相良助手に悲観の色はない。「今さら馬場がどうこうと言う馬じゃない。休み明けが響いたんでしょう」。短いセリフに、最強馬の矜持(きょうじ)がにじんだ。

     久々は割引が必要なタイプ。3カ月以上の休み明けは過去2戦。2年前の南部杯はエスポワールシチーに逃げ切られ、昨年のJBCクラシックは好位失速の4着だったが、いずれも次走のG1を制している。「使って良くなるタイプってことは、成績にも出ています。今回もひと叩きして良くなっています」。

     中間は昨年以上に負荷をかけて乗り込まれた。坂路での1週前追いは“調教横綱”のブルドッグボス(3歳1600万)を追いかけて同入。手応えでは見劣ったが、しまいまで脚取りは力強く、4F51秒6は何と自己ベストタイ。トモのボリュームも着実に戻ってきている。「一回使って息は整っています。確かに筋肉はトレーニングを繰り返して付いていくものだし、まだパンパンではない。ただ、去年もそういう状態で勝っていますから」と同助手も安どの笑み。

     これまで統一ダートG1はヴァーミリアン、エスポワールシチーと並ぶ9勝。勝てば10勝目となり、歴代トップとなる。今度こそタルマエらしい走りを見せる――。陣営の思いはその一点に集中している。地力は一番。力を出し切れば結果はついてくるはずだ。

     


    チャンピオンズカップ-予想オッズ
    (ネット競馬)
    1番人気 ノンコノユメ 2.7
    2番人気 ホッコータルマエ 3.0
    3番人気 コパノリッキー 3.4
    4番人気 サウンドトゥルー 16.4
    5番人気 ナムラビクター 20.7


    競馬ブック想定より
    1番人気 ホッコータルマエ
    2番人気 ノンコノユメ
    3番人気 コパノリッキー
    4番人気 ローマンレジェンド
    5番人気 ナムラビクター




    2014年-チャンピオンズカップ


    2014年-チャンピオンズカップ

    1着 ホッコータルマエ 幸英明

    2着 ナムラビクター 小牧太

    3着 ローマンレジェンド 岩田康誠

     

     

     ツイッターの声

    【チャンピオンズカップ予想|予想・予想オッズ1番人気|ホッコータルマエまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ