競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    チャンピオンズカップ

    チャンピオンズカップ予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【チャンピオンズC】夕刊フジ・調教チェッカーズ

     No.1評価はサンライズソア。先週のCWコースで6F80秒8(一杯に追う)と負荷をかけられ、今週の総仕上げは坂路。僚馬を5馬身追走し、ラストはスッと半馬身先着した。ラスト1Fは計時エラーも、併走馬の時計から推定で12秒1程度。歯切れのいい動きでさらに上昇気配だ。  
     
     ケイティブレイブも先週のCWコースで6F80秒0をマークし、直前は坂路。余力十分にラスト1F12秒6としまいを伸ばした。前脚のかき込みも力強く、状態は高いレベルで安定。  

     サンライズノヴァは今週の坂路で4F53秒5。51秒台がザラの馬にしては控えめだが、その分しまいにお釣りを残し、ダンビュライトに半馬身先着した。重心の低い走りは迫力満点だ。

    【チャンピオンズカップ予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    チャンピオンズカップ予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【チャンピオンズC】ブレイブ95点 輝く栗毛は半端ないって

     ケイティブレイブを今年の流行語になぞらえると…。「半端ないって」。
    2018FIFAワールドカップ初戦のコロンビア戦で決勝ゴールを決め、日本を歴史的勝利に導いた大迫勇也選手。W杯の勇者(ブレイブ)に対する称賛のフレーズを2連勝中の栗毛馬に贈呈したい。半端ない点が馬体の随所に見て取れます。  

     (1)顔つきが半端ないって 昨年のチャンピオンズC(4着)、今年のフェブラリーS(11着)とも頭を低くして耳を左右に開き、目には警戒心を宿していました。ところが、今回は耳を正面に向けて、目も穏やか。引き手に促されることもなく、自ら頭の位置を正常に起こしている。「姿勢は心の代弁者」と言います。周りの目を気にして取り繕う必要がない馬は人間よりも端的に感情を姿勢に込める。ケイティブレイブの姿勢の変化は自信の表れでしょう。  

     (2)体つきが半端ないって 体重が500キロを超えているのに重さを感じさせない馬体。前肢と後肢、上半身と下半身のバランスが取れているので重く映らないのです。岩のように盛り上がった肩と厚手のヒ腹、太い尾がダートの一流馬だと伝えてくれる。大型馬の割に飛節が小さいのが唯一の欠点ですが、体の張りは過去のJRA・G1を上回っています。  

     (3)毛ヅヤが半端ないって 毛ヅヤが映える栗毛とはいえ、まぶしい光沢を放っています。冬毛が伸びてくる今の季節にはあり得ない栗色の輝き。よほど体調がいいのでしょう。  

     流行語大賞発表の前日にG1タイトルを手にするのは…。半端ないW杯の勇者ならぬ、砂の勇者かもしれません。

    【チャンピオンズC】ルヴァンスレーヴ95点 ひいきなしV判定 

     ルヴァンスレーヴの馬体を見ていると、目に入れても痛くない孫に再会したような気分になってきます。私が調教師時代に管理していたマエストラーレの息子。欲目と言われるかもしれませんが、砂の才能に満ちあふれた体つきです。  

     立派なキ甲(首と背中の間の膨らみ)が目立たないほど首にボリュームがある。首差しを受ける肩の筋肉も凄い。腹袋や尾の姿もたくましい。ネオユニヴァース(母の父)譲りのゴツさ。優秀な繁殖牝馬は自らの父の長所も産駒に伝えるといいます。マエストラーレがネオユニヴァースのパワーをルヴァンスレーヴに伝えてくれたのでしょう。  

     ダート馬の多くは前肢が硬いつくりですが、この馬は柔らかく映る。つなぎにとっても余裕があるからです。毛ヅヤも輝いている。顔に視線を移すと、澄んだ目、しっかり立てた耳。集中力もあります。何か気に入らないことでもあるのか、鼻をとがらせていますが、ハミはゆったりと取っているので問題ありません。  

     南部杯で歴戦の古馬を一蹴したとはいえ、まだ完成途上の3歳馬。伸びしろはあります。前肢に体重を乗せた立ち姿が示すようにトモが少し緩め。背中とトモが滑らかにリンクしているのでこの緩さは古馬になれば解消するでしょう。

    【チャンピオンズC】アポロケンタッキー75点 パワフル「なおみ節」

     米国産アポロケンタッキーは…。
     米国育ちの大坂なおみが口にする天然キャラ丸出しの「なおみ節」。570キロ前後のパワーむき出しの巨体です。全ての部位がビッグな輓馬(ばんば)みたいな馬力型だけにパサパサの砂向き。撮影中もくつろいで首を投げ出す天然キャラ丸出しの立ち姿です。


    チャンピオンズカップ
    はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    チャンピオンズカップ【2018年】ではこの種牡馬買え!


    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    過去3年の中京競馬場ダート1800m

    cho

    やっぱり気になるのはアグネスデジタル
    ・・・・・アスカノロマン



    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    チャンピオンズカップ予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【チャンピオンズC】過去10年3歳馬の優勝はなし、最多は5歳馬の4勝/データ分析(年齢編)


     12月2日に中京競馬場で行われるチャンピオンズカップ(3歳上・GI・ダ1800m)。ダート界の強豪が集結し、大注目のメンバー構成となった一戦を過去10年のデータで見ていく。なお、集計期間のうち2008~13年の期間は「ジャパンカップダート」として阪神競馬場のダート1800mで行われていた。  

     最上位人気が予想されるのはマイルCS南部杯でゴールドドリームを撃破した3歳のルヴァンスレーヴ。JBCクラシックで2着のオメガパフュームも3歳馬。2006年アロンダイト以来3歳馬の勝利はなく、過去10年では2着と3着が2回ずつ。上位人気の着外も目立つが、18頭とやや少ないサンプルながら複勝回収率は104%と悪くはない。  

     最多勝利年齢は4勝の5歳馬。今年はルヴァンスレーヴに次ぐ人気となるであろうゴールドドリーム・ケイティブレイブの世代。トランセンドのように1番人気でしっかり勝ち切るケースも、アスカノロマン・ナムラビクターのように人気薄での馬券絡みもあり、全体的にこのレースにおいては優秀な成績を残している印象だ。  残りはそれぞれ3勝ずつの4歳と6歳。6歳は6番人気サウンドトゥルー、12番人気サンビスタ、4番人気カネヒキリが勝利しており、こちらも馬券的には高配当の使者となったケースが多い。一方の4歳馬は3勝しているが、8番人気1着のゴールドドリームや8番人気2着のグロリアスノアがいるにもかかわらず複勝回収率が46%と7歳以下では最低の数字、同様に複勝率も14.7%と低い数字になっている。

    【チャンピオンズカップ予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    チャンピオンズカップ予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【チャンピオンズC】1枠馬番が圧倒的有利
    JCダートを引き継ぐ形で14年に中京で新設された「チャンピオンズC」は1桁馬番が有利。14年の1~3着は8番枠、4番枠、12番枠。15年が4、1、2番。昨年が8、2、4番。2桁馬番で3着以内は14年3着ローマンレジェンドだけ。昨年優勝サウンドトゥルー(8番枠)は早めに内に潜り、直線だけ外に出して差し切った。東京や京都に比べコーナーがきつく外を回っての差しが厳しいのも原因。

     15年以降の中京ダート1800メートルの枠番別成績=別表(2)=も白帽の1枠が連対率15.6%とトップ。ブレイブには幸運の白帽(2番枠)となるか?
    展開を読む【チャンピオンズC=平均ペース】
     スタート五分ならコパノリッキーが先手の構えだが、テイエムジンソク、ロンドンタウン、アウォーディーと先行脚質がそろった。出方次第では激流の可能性も。前がやり合えばサウンドトゥルー、ノンコノユメなど差し馬にチャンス到来。
    【データで勝負】日曜中京11R・チャンピオンズC
    【データからの注目馬・中京11R】

    ◎(3)ミツバ

    ☆2012年以降、同名レース5戦(前身のジャパンカップダートを含む)では、前走JBCクラシック組が【2・3・2・

    16】。継続騎乗の5、6歳に限れば【2・2・1・4】

     前記条件を満たすのはミツバとアポロケンタッキー。前走5着以下が【0・0・1・25】と不振だけに、アポロケンタッキーは微妙。本命はJBCクラシックで小差の3着に健闘したミツバ。めきめきと力をつけている5歳馬がアッといわせる。

    【前走後の談話】日曜中京11R・チャンピオンズC


     ◇アウォーディー「状態は良かったけど…。大井が合わないのか、原因は分からない。本来は左回りがいい」(武豊騎手)

     ◇アポロケンタッキー「具合は良かったし、敗因が分からない。砂をかぶったせいもあるかもしれないけど負けすぎ」(内田博騎手)

     ◇カフジテイク「(最後は)脚を使っているが、ペースが遅くて届かなかった」(福永祐騎手)

     ◇キングズガード「距離にも対応してくれた。力をつけていることもあり、最後もよく伸びてくれた」(藤岡佑騎手)

     ◇グレンツェント「休み明けで少し息苦しそうだった。1度使ったら良くなると思うし、このメンバーでもやれる」(森泰斗騎手)

     ◇ケイティブレイブ「1、2コーナーで“行けるな”という手応えがあった。どんな流れでも対応できるようになってきた」(福永祐騎手)

     ◇ゴールドドリーム「スタートがどうにもならない」(川田将騎手)

     ◇コパノリッキー「流れが違うから戸惑ったかもしれない。じっと構えた方がよかったかも」(森泰斗騎手)

     ◇サウンドトゥルー「状態がすごく良かった。今日は腹をくくって、あわてずマイペース。最後の直線は気持ちよかった」(大野拓騎手)

     ◇テイエムジンソク「スタートが速いので、何も心配することがなかった。直線でも自分からハミを取ってくれた」(古川吉騎手)

     ◇ノンコノユメ「久々で、最後の1ハロンで止まったが、本番(チャンピオンズC)に向けていいレースはできた」(Cデムーロ騎手)

     ◇ミツバ「気難しい面はあるが、真面目に走ってくれた。最後も差し返そうとしていた」(松山弘騎手)

     ◇メイショウスミトモ「道中は本当に手応えが良く、いい位置で運べた。馬が若いときはもう少し(ハミを)かむようなところがあったけど、だいぶ落ち着いてきた。道中は極力、内めを通って走らせたので、直線で弾(はじ)けてくれた。2000メートルでも何とか我慢をしてくれた」(古川吉騎手)

     ◇モルトベーネ「気持ちの強くないところがあり、スタート後にひるむ面を見せていた。展開は向いたかなと思ったけど…」(秋山真騎手)

     ◇ローズプリンスダム「スタートを失敗した。しまいはいい脚を使ってくれたけど…。中団ぐらいにつけられれば、いい競馬ができたと思う」(木幡巧騎手)

     ◇ロンドンタウン「スタートが良かったので、そのまま行かせた。思ったより楽に勝てた」(岩田康騎手)





    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre



    このページのトップヘ