競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    チャレンジカップ

    5

    チャレンジカップ予想|予想・注目馬|ヒストリカルまとめ

     
    オススメ競馬予想サイト
    ターフビジョン…3連複予想が熱い!!


    【チャレンジカップ】ヒストリカル 2馬身突き抜ける「あとはルメールさんにお任せや」

    【チャレンジC(土曜=12日、阪神芝外1800メートル)注目馬9日最終追い切り:栗東】ヒストリカルは坂路でクランモンタナ(古馬オープン)と併せ馬。他厩舎の馬が邪魔になり、パートナーが追いづらくなっているところを2馬身突き抜け、4ハロン51・8―13・3秒をマークした。

     音無調教師「テンに飛ばしたけど、先週ちょっと太かったし、今朝はやりたかったのでこれでいい。ラストは12秒台で来てほしかったけど、テンから行っているからね。先週の金鯱賞も考えたけど、ワンターンのコースが合うからね。実際、金鯱賞は前残り。使わなくてよかった。俺はもう香港(香港スプリント=ミッキーアイル)に行っちゃうので、あとはルメールさんにお任せや」

     
    前走は強い勝ち方だった
    アイルランドT
    【チャレンジカップ予想|予想・注目馬|ヒストリカルまとめ】の続きを読む

    5
    チャレンジカップ予想|予想オッズ|1番人気フルーキーまとめ


    的中ダイヤモンド、無料予想で40万円
    無料予想・口コミ・評価・検証
    teki


    フルーキー重賞初制覇なるか/チャレンジカップの見どころ 

     名称変更後2度目となるチャレンジC。今年は重賞初制覇を狙うフルーキーや、ここがラストランとなるワールドエースなどがエントリーしてきた。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■12/12(土) チャレンジC(3歳上・GIII・阪神芝1800m)

     フルーキー(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)は昨年の本レースで2着(デウスウルトと同着)。その後も重賞で常に人気になりながら勝てないでいるが、ここでも実力上位の存在であることは確か。そろそろ重賞初制覇を決めたいところだ。

     ワールドエース(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)はこれがラストラン。故障で大成することはできなかったが、昨年のマイラーズCをコースレコードで勝ち、暮れの香港マイルでも4着に入るなど、その素質の高さは見せてくれた。ここで有終の美を飾ることができるか。

     レッドアリオン(牡5、栗東・橋口弘次郎厩舎)は京成杯オータムH、マイルCSと続けてシンガリ負けを喫しているが、重賞2勝の実績はここでは上位。巻き返しを期待したいところだ。

     その他、近走不振も地力上位のデウスウルト(セ7、栗東・平田修厩舎)、秋華賞3着の実績があるタガノエトワール(牝4、栗東・松田博資厩舎)、アイルランドTを勝ったヒストリカル(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)、夏の新潟記念で2着に入ったマイネルミラノ(牡5、美浦・相沢郁厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

     

    ポートアイランドステークスでは見事の勝利

     

     

    26:2015/12/06(日) 18:52:18.76 ID:
    フルーキーでよさそうだが
    こいつは決めてがないからな
    2着3着がいいとこだろう
    33:2015/12/06(日) 19:14:15.97 ID:
    ええ…フルーキーはまあ実力馬としてもヒストリカル本格化して抜けてね?単勝4倍くらいつくのか?
    【チャレンジカップ予想|予想オッズ|1番人気フルーキーまとめ】の続きを読む

    5
    チャレンジカップ予想・データ

    【トレセン発秘話】チャレンジカップ(13日=阪神芝外1800メートル)

    「なあ、ハンデはどっちが重くなると思う?」

     GIIIチャレンジカップ(13日=阪神芝外1800メートル)に管理馬ウインフルブルームを送り込む宮本調教師からこの中間、何度こう聞かれただろうか? 気にかけている相手が同じ3歳馬で、同脚質でもある無傷の5連勝馬エイシンヒカリなのは言うまでもない。

    「師匠(坂路に陣取る某ベテラン調教師)はエイシンヒカリの方が重くなるだろうって言うてたんやけどな。一方で、ウチのGI・3着(朝日杯FS&皐月賞)がより評価されるんちゃうかという人もいるんよ。もしかしたら同斤かもしれへんね」(宮本調教師)

     発表された注目のハンデはエイシンヒカリ=56キロに対して、ウインフルブルーム=55キロ。チャレンジCにはこの2頭だけでなく、牝馬のスマートレイアーや、条件戦を連勝してきたフルーキーなど、それぞれがほとんど交わることなく別ルートから出走してきており、さぞかしハンデキャッパーも頭を悩ませたのではないか。

    「3歳馬のうえ初重賞。そう重くはならんやろ」と楽観的に捉えていたエイシンヒカリの坂口調教師にとって56キロは予想外の斤量だったかもしれない一方で、ハンデでは1キロ優位に立ったウインフルブルームにも、いい材料ばかりが揃ったわけではない。

     本来、ここにはルメール鞍上で臨むはずだったのだが、落馬で骨折してしまったため、ブドーに変更。ところが、そのブドーも先日、体重調整がままならずに帰国というアクシデントが続いた。その後は前走のカシオペアSで手綱を取った池添に依頼しようとしたのだが、タッチの差でスマートレイアー陣営に取られてしまった。予定していた鞍上がこうまで替わっては、さすがにいいリズムとは言えない。

    「鞍上のことはまあ仕方ないけど。ウチのとエイシンヒカリとバッドボーイ。前に行く馬が多いし、それらがやり合ったら、フルーキーあたりに一番いいところを持っていかれるかもしれへん」と後続の漁夫の利に警戒を強める宮本調教師。注目の主導権争いがどうなるのか、各馬の出方も実に興味深いところ。

     いずれにしろ、チャレンジCが土曜のGIIIとして行うにはもったいないぐらいの好メンバー、そして好レースになることは間違いなかろう。

     (栗東の坂路野郎・高岡功)

     
    チャレンジカップ予想
    種牡馬データ
    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    ディープインパクト49- 34- 20-157/26018.80%31.90%39.60%10384
    キングカメハメハ14- 9- 11-109/1439.80%16.10%23.80%7973
    ダイワメジャー12- 9- 12- 40/ 7316.40%28.80%45.20%141103
    マンハッタンカフェ8- 6- 10- 73/ 978.20%14.40%24.70%474147
    ゼンノロブロイ3- 7- 4- 48/ 624.80%16.10%22.60%2580
    ストーミングホーム2- 1- 1- 5/ 922.20%33.30%44.40%251163
    スペシャルウィーク1- 5- 6- 48/ 601.70%10.00%20.00%662
    Redoute's Choice1- 2- 1- 1/ 520.00%60.00%80.00%26120
    Singspiel1- 1- 1- 3/ 616.70%33.30%50.00%36113
    ブラックタキシード0- 1- 0- 4/ 50.00%20.00%20.00%0130

     

    騎手データ


    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    川田将雅11- 13- 22- 54/10011.00%24.00%46.00%6595
    岩田康誠15- 16- 8- 66/10514.30%29.50%37.10%4471
    浜中俊13- 15- 11- 76/11511.30%24.30%33.90%7081
    池添謙一12- 9- 2- 50/ 7316.40%28.80%31.50%5481
    武豊7- 8- 11- 58/ 848.30%17.90%31.00%6489
    小牧太6- 6- 8- 60/ 807.50%15.00%25.00%62112
    和田竜二7- 13- 8- 85/1136.20%17.70%24.80%4187
    幸英明1- 8- 10-100/1190.80%7.60%16.00%1570
    国分恭介3- 4- 5- 66/ 783.80%9.00%15.40%3960
    秋山真一3- 4- 2- 62/ 714.20%9.90%12.70%5035
    菱田裕二2- 0- 2- 28/ 326.30%6.30%12.50%21266
    ビュイッ0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00

     

     

     

    【チャレンジカップ予想・データ】の続きを読む

    このページのトップヘ