競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    ダービー卿CT

    ダービー卿CT予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】土曜中山11R・ダービー卿CT

      ◇アデイインザライフ「気持ちが入りすぎていると感じたので、返し馬でも落ち着かせるように工夫はしたんだけど。スタートしてからも少しハミを譲りながら、あの位置で競馬をした。力(りき)みがあったぶん最後は甘くなったが、長い休み明けだっただけに仕方ない面も。でもフットワークはいいし、高い能力を感じる馬」(石橋脩騎手)

     ◇キャンベルジュニア「前へつけられず、いいポジションを取れなかったのが痛かった」(ムーア騎手)

     ◇グレーターロンドン「ペースが速いわけじゃなかったし、位置取りは絶好だった。レースを見ると、後ろから運ぶ方がいいのかもしれない」(大竹正師)

     ◇ゴールドサーベラス「人気馬を見ながらいい形で運べたし、持ち味の長くいい脚を使ってくれた。下が掘れてきた今の馬場もこの馬には合っていたが、きっちりと前をかわしてくれた」(大野拓騎手)

     ◇サンライズメジャー「ためて運んでほしいという指示だった。この馬も伸びているけど、前が止まらなかった」(池添謙騎手)

     ◇ストーミーシー「いい感じで進めたけど。重賞でも慣れてくればやれそう」(大野拓騎手)

     ◇ソルヴェイグ「今日は頑張れなかった。ちょっと敗因が分からない」(Mデムーロ騎手)

     ◇テオドール「2番手からでもリラックスして走れていた。今日は体が絞れていたし、距離も守備範囲だと思っていたんだけど」(ルメール騎手)

     ◇ヒーズインラブ「聞いていたよりも硬さは気にならなかった。3コーナーで狭くなり、少しハミをかむ場面はあったが、それ以外は気にならなかった。いい決め手を持っているし、力のある馬」(浜中俊騎手)

     ◇マイネルアウラート「いつもは最後にもうひと踏ん張りが利くのだけど…。今日はいつもの粘りが見られなかった」(柴田大騎手)

     ◇マルターズアポジー「惜しかった。自分のリズムで運べたし、最後までしぶとかった」(柴田善騎手)

     ◇ミュゼエイリアン「いいスタートが切れて、道中はプレッシャーをかけられることなく、自分のペースで逃げられた。うまくレースをコントロールできて、最後までしっかり走ってくれた」(ミナリク騎手)

     ◇レッドアンシェル「流れに乗って進めることができたけど、勝ち馬の勢いが違った。まだこれからの馬」(幸英騎手)

     ◇ロジチャリス「うまく流れに乗って競馬ができたが、最後はジリジリという感じになってしまった」(大野拓騎手)

    【データで勝負】土曜中山11R・ダービー卿CT

    【データからの注目馬・中山11R】

    ◎(9)ヒーズインラブ

    ☆近5回の同名レースを参考。連対馬の8頭は前走が4着以内。例外の2頭はマイルGI馬だった。昇級馬も【2・1・1・3】と活躍→前走が3番人気以内で、今回のハンデが55キロの馬なら【2・1・1・0】

     好走傾向に合致する昇級馬のヒーズインラブに注目。当該舞台では2、3、1、1、4着と高い適性を示している。ハンデ55キロなら連勝も十分あり得る。

    【ダービー卿CT】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・2・0・6】。2番人気は【0・1・3・6】、3番人気は【1・0・0・9】で不振。4番人気以下の優勝馬7頭で波乱含み。

     ☆世代 5歳が【6・3・5・25】で圧倒的に優勢。4歳が【3・4・2・33】で続く。6歳以上の優勝は1頭だけで、ベテラン不利。

     ☆ハンデ 56キロが【3・3・3・35】でややリード。55キロが【2・2・2・28】、57・5キロが【2・1・1・6】で続く。重&軽ハンデ馬よりも“中間ハンデ”が優位。

     結論 ◎ヒーズインラブ ○テオドール ▲レッドアンシェル

    展開を読む【ダービー卿CT=平均ペース】

      マルターズアポジーの単騎逃げ。ミュゼエイリアン、ソルヴェイグが続き、平均的な流れ。レッドアンシェル、グレーターロンドンは中団から差し勝負。4角手前から各馬が動くと、キャンベルジュニアなど後方組も台頭。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    ダービー卿CT予想|予想・追い切り|ネット評価まとめ

     

    【ダービー卿CT(日曜=4月3日、中山芝外1600メートル)得ダネ情報】競走馬には旬…確変的な買い時がある。波乱要素満載のハンデGIIIダービー卿チャレンジトロフィーで、美浦得ダネ班が激奨してきたのは5歳牝馬。いよいよマジックタイムがやって来る――。

     昇級戦の京都牝馬Sでクビ差2着と周囲の低評価(6番人気)に反発する激走を見せたマジックタイム。その要因を分析すると著しい心身の充実ぶりが浮き彫りとなる。

    「去年の秋ぐらいからかな。いい意味でのズブさが出てきた。以前と違って、攻め馬をしっかりやってもドッシリしていて、落ち着いて競馬に臨めるようになったんです」(中川調教師)

     2歳秋に未勝利→きんもくせい特別(500万下)を連勝し、明け3歳初戦のクイーンCでクビ差2着するなど、もともと早い段階から資質の高さは見せていた。だが、結果的に不向きだった中距離戦線参入(フローラS=6着→オークス=13着)がリズムを狂わせたのか、クラシック後は条件戦でも思うような結果を出せず、放牧を繰り返していたが…。昨秋の復帰以降、前走に至るまで1→2→1→2着と一転、完全復調モード。この裏には前述通り、メンタル面の回復、成長があったというわけだ。

     京都牝馬Sの2着好走の意味は復調だけにはとどまらない。これまでは左回りでの戦績が目立っていた典型的なサウスポー。使われた回数が少なかったにせよ、実績を残していなかった右回り、しかも重賞で結果を出せた価値は大きい。

    「以前は左手前の走りがもうひとつだったけど、トモがしっかりしたことで、その不安も解消されたんだろうね。前走で右回りをこなせるようになったのは、このため」と、指揮官は手応え十分に解説する。精神の復調だけでなく、肉体の成長に付随する走りの変化。これも“新生”マジックタイム誕生の要因になっているのだ。

    「牝馬はあまり活躍してない? 俺は(ハンデ)53キロは少し恵まれた感じもなくはないと思ってるくらいなんだけど(笑い)。それに前回は1400メートルで好走したとはいえ、条件的には、やはり1600メートルがベストだと思うからね」(中川調教師)

     改めて振り返れば、強豪牡馬を蹴散らしたハープスターに、今も一線で活躍を続けるヌーヴォレコルト(大阪杯)らを擁する強力世代の一角を占めた馬。「次のヴィクトリアマイルに向けても好勝負を」と力が入っているこのハンデ戦で、遅ればせながら5歳牝馬マジックタイムが本格化を告げる走りを見せてくれそうだ。

     
    【ダービー卿CT予想|予想・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    キャンベルジュニア|2016年ダービー卿|ラブリーディ降ろされた川田の意地

     昨年はモーリスが3連勝で制したダービー卿チャレンジT。今年は重賞初制覇を狙うキャンベルジュニアやサトノアラジンといった素質馬に、皐月賞馬ロゴタイプや重賞6勝のクラレントなど実績馬も顔を揃えた。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■4/3(日) ダービー卿チャレンジT(4歳上・GIII・中山芝1600m)

     キャンベルジュニア(牡4、美浦・堀宣行厩舎)は前走の関門橋Sを圧勝してオープンに昇格。南半球産の大物がいよいよ本格化を迎えたという印象で、重賞のここでも期待がかかる。同厩・同馬主のモーリスのように、ここを勝ってGI戦線に名乗りを上げることができるか。

     サトノアラジン(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)はまだ重賞未勝利ではあるが、エイシンヒカリやダノンプラチナ、モーリスといった一線級相手に差のない競馬をしている。今回は海外遠征帰りだけに状態がカギとなるが、問題なければ当然上位争いは必至。

     ダッシングブレイズ(牡4、栗東・吉村圭司厩舎)は前走の東京新聞杯は落馬のため競走中止となったが、それがなければ突き抜けるくらいの手応えはあった。中山コースは初めてだが、ここで改めて力のあるところを見せてほしい。

     その他、皐月賞馬ロゴタイプ(牡6、美浦・田中剛厩舎)、前走で3年ぶりの勝ち星を挙げたインパルスヒーロー(牡6、美浦・国枝栄厩舎)、東京新聞杯2着のエキストラエンド(牡7、栗東・角居勝彦厩舎)、重賞6勝の実績があるクラレント(牡7、栗東・橋口慎介厩舎)、距離短縮で前進できたミュゼゴースト(牡4、美浦・大江原哲厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

     
     
    ラブリーディがデムーロになってこっちに乗ってきた感じの川田
    【キャンベルジュニア|2016年ダービー卿|ラブリーディ降ろされた川田の意地】の続きを読む

    このページのトップヘ