競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    ジャパンカップ

    JC(ジャパンカップ)予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【ジャパンカップ】登録馬(想定騎手)

    26日(日)に行われるジャパンカップ(東京、GI、芝2400メートル)の登録馬は以下のとおり。※騎手は想定

    アイダホ R.ムーア

    イキートス D.ポルク

    キタサンブラック 武豊

    ギニョール F.ミナリク

    サウンズオブアース 田辺裕信

    サトノクラウン -

    シャケトラ 福永祐一

    シュヴァルグラン -

    ソウルスターリング C.デムーロ

    タンタアレグリア -

    ディサイファ 柴山雄一

    トーセンバジル -

    ブームタイム C.パリッシュ

    マカヒキ 内田博幸

    ヤマカツエース 池添謙一

    ラストインパクト -

    レイデオロ C.ルメール

    レインボーライン 岩田康誠

    ワンアンドオンリー 横山典弘
    【JC(ジャパンカップ)予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    ジャパンカップ予想|2016年|調教・追い切りまとめ
     
    ジャパンカップはプロ予想で儲けませんか?もちろん調教データも豊富


    ルージュバック-激アツ。ルージュバック馬なり12秒8

     今年の東京競馬の掉尾(とうび)を飾るジャパンカップの追い切りが24日、美浦トレセンと東京競馬場で行われた。美浦ではルージュバックがWコースで4ハロンから追われて好気配。秋3戦目でも攻めの姿勢を貫き、GI初制覇への意欲を感じさせた。また、外国馬3頭も雪が降る中で強めの追い切りを消化。近年にない積極的な調整内容が目を引いた。同日午後に枠順も決まり、決戦ムードが高まっている。

     降りしきる雪も、ルージュバックの熱気を冷ますことはなかった。最終追い切りの併せ馬で軽快な走り。ジャパンCで強豪に立ち向かう猛烈なデモを披露した。

     降り出した雪が勢いを増していく午前8時すぎ。ルージュバックがダノンバウンド(500万下)に先導されてWコースへ。気温2度と冷え込んだが、気持ち良さそうに走り出す。4コーナーで内に入り、直線でも鞍上は手綱を持ったまま。スーッと併走馬を追い抜いて2馬身差をつけるフィニッシュだった。

     「攻めすぎず、それでいていつもより強くと思って調教した。使われているぶん、鋭さがあったね。これまでは強めに乗るとカイ食いに影響したけど、それが解消して調整しやすくなった。フィジカルの強さを下支えするメンタルが安定してきたね」

     大竹調教師が意図を説明した強気の調教は、時計に表れている。4ハロンからの調教は最近のパターンだが、ゴール前に仕掛けた天皇賞・秋当時の51秒3と遜色ない51秒7。ラストまで馬なりでの1ハロン12秒8は、重い馬場状態を考えれば優秀だ。

     午後の枠順抽選で引き当てたのは〔2〕枠(4)番。これまで好走は外枠が多いが、「内でも外でも気にしていない。ジョッキーを信頼するだけ」と、戸崎騎手に一任した。

     前走の天皇賞・秋は、直線で内に押し込められて力を出し切れず7着。思い描いた結果は得られなかったが、秋3戦目で渾身のリベンジを狙う。

     「距離は正直わからないけど、力を出し切れば届くと思う。当日は雨の予報で、馬場も距離もいい材料はないかもしれないけど、前走でできなかったスムーズな競馬さえできれば」

     デビュー時から天才と騒がれながら、いまだ届いていないGIのタイトル。今度こそ…という陣営の思いが、ルージュバックを世界の頂点へと後押しするはずだ。 (柴田章利)



    サンスポ-予想王動画

    追い切りCheck 2016 ジャパンカップ(美浦)  
    ディーマジェスティ追いきりが物議を…



    ディーマジェスティ・ゴールドアクター・ビッシュ・フェイムゲーム


    追い切りCheck 2016 ジャパンカップ(栗東)



    キタサンブラック・ラストインパクト・リアルスティール
    トーセンバジル・レインボーライン・サウンドオブアース

    TM追い切り診断 2016 ジャパンカップ(美浦)




    内枠から順番に評価
    ルージュバック・・・動きそのものは悪くない。


    TM追い切り診断 2016 ジャパンカップ(栗東)


     

    栗東馬中心



    日刊スポーツ評価
    1位 リアルスティール
    2位 ゴールドアクター
    3位 キタサンブラック




    ここの無料コンテンツ読むだけで馬券の参考になるwwww
    元競馬TMとかいろいろと参考になる。
    ターフオンライン
    tafuon1





    5
    ラブリーデイ|ジャパンカップ予想2015年|2ch・ツイッターの声

    JC本命のラブリーデイ、急成長のわけは「馬が自分で猛練習する」
    世界が注目! ジャパンカップ有力馬プレビュー(2)

     国内最高の優勝賞金(3億円)を誇るGIジャパンカップ(東京・芝2400m)。11月29日に迫ったこの一戦において、主役を務めるのは、充実一途のラブリーデイ(牡5歳)だ。

    【競馬】ジャパンカップ的中へ、クセ馬ゴールドシップを徹底データ解析

     2012年夏にデビューしてから昨年までは、17戦して3勝。何度となく挑戦した重賞タイトルは、一度も手にすることはできなかった。しかし今年に入ってから、GIII中山金杯(1月4日/中山・芝2000m)で重賞初制覇を飾ると、ここまで8戦6勝という輝かしい成績を収めている。しかも6勝すべてが重賞で、そのうちふたつはGI勝利(宝塚記念、天皇賞・秋)である。ラブリーデイはこの1年で、まさに飛躍的な進化を遂げてきた。

     前走のGI天皇賞・秋(11月1日/東京・芝2000m)でも、早めの抜け出しから押し切り、磐石のレース運びで快勝した。ジャパンカップでも、間違いなく1番人気に推されることだろう。

     それにしても、なぜラブリーデイはこれほど急に強くなることができたのか。その真相を探るべく、ノーザンファームしがらき(滋賀県)の村上太郎氏に話を聞いた。

     ノーザンファームしがらきは、レースの合間の短期放牧などで使われる競走馬の調整施設。その地で同馬を担当してきた村上氏は、急成長の理由について、まず「肉体面の変化」を挙げる。

    「腰回りからお尻にかけての筋肉は、今年に入ってすごくよくなりましたね。もともと、右のトモ(後脚の腰から付け根までの部分)に弱いところがあったのですが、それがなくなりました。見た目も前とは全然違います。トモが立派だった父キングカメハメハのイメージに近づいてきました」

     昨年に比べると、ラブリーデイの馬体重は少し増えた程度。だが、そういった数字以上に、中身の筋肉が変わってきているようだ。そしてそれが、快進撃の“源”となっていると言える。

     もちろん、それだけの肉体強化を図るには、相当なトレーニングが必要になるが、この馬の場合、そういった“ハードトレーニング”を「馬自身が進んで行なっていたのかもしれない」と、村上氏は語る。

    「(ラブリーデイは)真面目な性格で、走ることが大好き。ですから、いつも一生懸命走るんです。そのうえで、珍しいほど体質が強い馬で、コンスタントに出走しながらも、レース後にガクッと疲れが出ることがほとんどありません。その結果、数多くの調教量をこなすことができて、しかも毎回(調教でも)きちんと全力を出し切る。それが自然とハードトレーニングとなり、馬体の成長につながったのかもしれません」

     昨年11月からレースに出続けてきたラブリーデイにとって、今夏は久々の休養期間だった。しかしその間も、「レースに出られるくらい元気だった」と村上氏は言う。また、「レースで全力を出そうとしない馬、真面目に走ろうとしない馬は、なかなか体も成長しにくい」とも語る。そんな村上氏の話からも、ラブリーデイの急伸の秘密が読み取れる。

     

    ラブリーデイ

    父-キングカメハメハ、母父-ダンスインザダーク

     

    皐月賞-17番人気15着

    東京優駿-17番人気7着

     

    それが4連勝

    鳴尾記念 → 宝塚記念 → 京都大賞典 → 天皇賞(秋)

     

    2015年-天皇賞(秋)

     

    1着 ラブリーデイ 浜中俊

    2着  ステファノス 戸崎圭太

    3着 イスラボニータ 蛯名正義

     

     

    1:2015/11/24(火) 21:44:40.93 ID:
    ┏━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  11/29 東京11R 芝・左 2400m (国際招待)
    ┃第35回ジャパンC(GI) ┃(´∀` )<3歳上(国際)(指定) 定量 発走15:40
    ┣━┯━┯━━━━━━┻○━○━━┯━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
    ┃  │  │[外]イラプト        [牡3]│55│s・パスキ│(仏)Fグラファ│凱旋門 5┃
    ┃  │  │[外]イトウ           .[牡4]│57│F ミナリク│(独)カルヴァ..│バイエルン1┃
    ┃  │  │[外]トリップトゥパリス ...[せ4]│57│T・ベリー│(英)Eダンロッ│メルボルン4┃
    ┃  │  │[外]ナイトフラワー    [牝3]│53│Aシュタル│(愛)P・シール│オイロ 1┃
    ┃  │  │アドマイヤデウス     .[牡4]│57│岩  田│(西)橋田満│天皇秋11┃
    ┃  │  │カレンミロティック     [せ7]│57│蛯  名│(西)平田修│天皇秋13┃
    ┃  │  │ゴールドシップ       .[牡6]│57│横山典│(西)須貝尚│宝塚記15┃
    ┃  │  │サウンズオブアース .....[牡4]│57│Mデム-│(西)藤岡健│京大賞 2┃
    ┃  │  │ジャングルクルーズ   [せ6]│57│北村宏│(東)藤沢和│WASJ 1┃
    ┃  │  │ショウナンバッハ     .[牡4]│57│戸  崎│(東)上原博│ノベンバ-1┃
    ┃  │  │ショウナンパンドラ   .[牝4]│55│池  添│(西)高野友│天皇秋 4┃
    ┃  │  │ダービーフィズ     ..[牡7]│57│田  辺│(東)小島太│天皇秋15┃
    ┃  │  │ヒットザターゲット    [牡7]│57│小  牧│(西)加藤敬│札幌記 2┃
    ┃  │  │ペルーサ            [牡8]│57│cルメール│(東)藤沢和│天皇秋 7┃
    ┃  │  │ミッキークイーン    ..[牝3]│53│浜  中│(西)池江泰│秋華賞 1┃
    ┃  │  │ラストインパクト     [牡5]│57│R・ムーア│(西)松田博│天皇秋12┃
    ┃  │  │ラブリーデイ        [牡5]│57│川  田│(西)池江泰│天皇秋 1┃
    ┃  │  │ワンアンドオンリー  ....[牡4]│57│内田博│(西)橋口弘│天皇秋16┃
    ┗━┷━┷━━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛
    ┃  │  │スーパームーン    ...[牡6]│57│○  ○│(東)藤沢和│アル共  5┃

    前 http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1448322057/
    【ラブリーデイ|ジャパンカップ予想2015年|2ch・ツイッターの声】の続きを読む

    5
    ジャパンカップ予想|予想オッズ|1番人気ラブリーデイまとめ
    【ジャパンカップ】レース展望

     今年の東京開催は最終週を迎え、29日にジャパンC(GI、芝2400メートル)が行われる。

     今年の中心を務めるのは宝塚記念、天皇賞・秋を含む重賞6勝のラブリーデイ(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)だ。スローペースでも、ハイペースでも柔軟に対応できるレースセンスの良さが長所。さすがに今年8戦を消化しているだけに、大きな上積みを望みにくいが、陣営は早くから秋4戦(この後は有馬記念)を見据えて調整してきた。中間も好気配をキープしており、GI3勝目のチャンスは十分だ。ここを勝てば、年度代表馬にも大きく前進するだろう。

     しかし、最大のライバルは同じ厩舎にいる。オークス、秋華賞の牝馬2冠を制したミッキークイーン(牝3歳)だ。ジャパンC史上、3歳牝馬の勝利は2012年のジェンティルドンナのみだが、13年にもGI未勝利のデニムアンドルビーがハナ差2着、09年にはレッドディザイアが3着に入るなど、53キロの斤量を生かしての好走が目を引く。史上初の同一厩舎によるワンツー・フィッシュが見られるかもしれない。

     評価が難しいのがゴールドシップ(栗東・須貝尚介厩舎、牡6歳)だ。今年は天皇賞・春を常識破りのロングスパートで勝ったが、断然の1番人気だった宝塚記念は大きく出遅れて15着と惨敗。ゲート再審査明けでの出走で、JC後は有馬記念を目指し、今シズーン限りでの引退が発表されている。GI6勝は外国馬も含めて最多だが、東京コースは共同通信杯勝ちがあるだけで、ダービー5着、一昨年のJCで15着と振るわない。走る方に気が向けばあっさりのシーンがあっても驚けない実力の持ち主だが、過信は禁物か。

     昨年の菊花賞2着馬サウンズオブアース(栗東・藤岡健一厩舎、牡4歳)は順調さを欠いていたが、5カ月ぶりの出走だった前走の京都大賞典でラブリーデイの2着に入り、ようやく復調の兆しが見えてきた。今回の調整過程は順調で、叩いた上積みも見込める。伸びしろを感じさせるキャリアだけに、上位争いをしても不思議はない。

     産経賞オールカマーで牡馬を破った昨年の秋華賞馬ショウナンパンドラ(栗東・高野友和厩舎、牝4歳)も、宝塚記念3着、天皇賞・秋4着とGIでも差のない競馬を続けている。デビュー以来初の2400メートル戦がどう出るかだが、本格化ムードが漂う今なら、まとめて差し切るシーンもあるだろう。

     今年前半に日経新春杯と日経賞の両GIIを勝っているアドマイヤデウス(栗東・橋田満厩舎、牡4歳)は、骨折明けの天皇賞・秋で最後方から目を引く脚を使った。距離延長は大きなプラスで、上積みも見込めるだけに一変のシーンも考えておきたい。

     目黒記念を勝ち、札幌記念でも2着と好走したヒットザターゲット(栗東・加藤敬二厩舎、牡7歳)、キタサンブラックの兄で今年メキメキと力を付けてきたショウナンバッハ(美浦・上原博之厩舎、牡4歳)といった馬たちも侮れない。

     外国馬は、今年は4頭が出走する。数は少ないが、昨年までと違って近走の成績がいい馬ばかり。いずれも今年、自国でGIを制しており、侮れない。そのなかでトップに評価できるのはフランスのイラプト(フランセス・グラファール厩舎、牡3歳)だろう。デビュー3連勝で挑んだパリ大賞典でGI初制覇。その後、ニエル賞で4着に敗れたが、続く凱旋門賞はトレヴ(4着)に次ぐ5着と健闘した。世界的に活躍しているドバウィ産駒でもあり、日本馬にとっては大きな脅威となる。

     ドイツの3歳牝馬ナイトフラワー(ペーター・シールゲン厩舎)はオイロパ賞でGI初制覇。2勝馬ながら、8戦7連対と安定している。日本の馬場を知るアンドレアシュ・シュタルケ騎手の騎乗も心強い。父はジャパンC出走のため来日しながら、馬ウイルス性動脈炎の陰性が確認できず、検疫をパスできなかったディラントーマス。父の因縁を断ち切り、外国の3歳牝馬としては初のJC勝利を狙う。

     ドイツからはもう1頭、イトウ(ジャン・ピエール・カルヴァロ厩舎、牡4歳)が出走する。こちらは昨年6着のアイヴァンホウと同じ厩舎、同じフィリップ・ミナリク騎手のコンビだけに、経験を生かす構えだ。脚質は逃げ。今年は同型が見当たらないだけに、この馬がレースを引っ張ることになりそうだ。前走のバイエルン大賞典は4馬身差の圧勝。日本の初代総理大臣・伊藤博文にちなんだという馬名からも注目される。

     残る1頭、イギリスのトリップトゥパリス(エドワード・ダンロップ厩舎、セン4歳)は、6月に4000メートルの英GIアスコットゴールドCを制した。この秋は豪州に遠征し、コーフィールドC2着、メルボルンC4着と好走したが、典型的なステイヤータイプ。軽い馬場の2400メートルでは厳しそうだ。豪州の2戦で手綱を取ったトミー・ベリー騎手が引き続き騎乗する。

     

    ジャパンカップ-2014年動画


    2014年-JC結果
    1着 エピファネイア スミヨン

    2着 ジャスタウェイ 福永祐一

    3着 スピルバーグ 北村宏司

     

     

    こんなのもあったので

     

    競馬ブック-想定から


    1番人気 ラブリーデイ

    2番人気 ミッキークイーン

    3番人気 サウンドオブアース

    4番人気 ショウナンパンドラ

    5番人気 ゴールドシップ

     

    ネット競馬より

    1番人気 ラブリーデイ

    2番人気 ミッキークイーン

    3番人気 ショウナンパンドラ

    4番人気 ゴールドシップ

    5番人気 サウンズオブアース

     

     

    2chSCの声

    【ジャパンカップ予想|予想オッズ|1番人気ラブリーデイまとめ】の続きを読む

    5

    ジャパンカップ予想(JC予想)佐藤哲三氏の予想を予想してみる


    ヤフーニュース

     30日に東京競馬場で行われる、第34回ジャパンC(3歳上・GI・芝2400m・1着賞金2億5000万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     金曜日発売に続き、単勝オッズ1番人気には、史上初の3連覇を狙うジェンティルドンナ(牝5、栗東・石坂正厩舎・4.3倍)が支持された。

     続いての2番人気は、凱旋門賞以来のレースとなるハープスター(牝3、栗東・松田博資厩舎・4.4倍)、3番人気は同じく凱旋門賞帰りのジャスタウェイ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎・7.0倍)となった。

     以下、今年の皐月賞馬イスラボニータ(牡3、美浦・栗田博憲厩舎・8.2倍)、昨年の菊花賞馬エピファネイア(牡4、栗東・角居勝彦厩舎・9.0倍)、天皇賞・秋を制したスピルバーグ(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎・9.0倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    03 ジェンティルドンナ 4.3
    06 ハープスター 4.4
    01 ジャスタウェイ 7.0
    09 イスラボニータ 8.2
    04 エピファネイア 9.0
    15 スピルバーグ 9.0
    10 ワンアンドオンリー 13.4
    08 デニムアンドルビー 15.8
    16 フェノーメノ 16.7
    05 ヒットザターゲット 35.3
    02 アイヴァンホウ 49.6
    18 トレーディングレザー 63.7
    13 ディサイファ 88.6
    12 タマモベストプレイ 92.2
    07 アップウィズザバーズ 97.8
    11 トーセンジョーダン 138.3
    17 アンコイルド 180.1
    14 サトノシュレン 197.5

     その他、馬連は03-06が7.9倍、馬単は06-03が14.6倍、3連複は03-06-09が13.0倍、3連単は03-06-09が46.8倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     
    佐藤哲三氏-予想
    ジェンティルドンナ…かな
    【ジャパンカップ予想(JC予想)佐藤哲三氏の予想を予想してみる】の続きを読む

    このページのトップヘ