競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    シルクロードS

    シルクロードS予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【シルクロードS】JRAでも屈指の内枠・先行馬の活躍が目立つ舞台/コース解説

     27日に京都競馬場で行われるシルクロードS(4歳上・GIII・芝1200m)の舞台となる京都芝1200m。このコースについて解説していく。

     京都芝1200mは内回りコースを使用して行われる。

     向正面直線なかほどからのスタート。スタートしてすぐに坂を上る形になるため、ペースは速くなりにくい。300mほど走って3コーナーに突入する。3コーナー入り口で頂上に到達すると、そこからは直線入り口までに約3mを一気に下っていく。最後の直線はほぼ平坦で、直線距離は323.4m(Bコース使用時)。

     京都芝1200mは、内回りコース使用のため、直線は平坦で短く、差し・追い込み馬には厳しい舞台設定。全場、全コースのなかでも屈指の内枠、先行馬の活躍が目立つ舞台設定だ。

     過去10年の勝ち時計の平均は1.08.1。ここ5年で4回、1分7秒台で決着しているが、今年の1回京都は重い状態で時計が掛かっているため、8秒台の決着となる可能性が高そうだ。

     1回京都はAコースを使用していたが、今週から行われる2回京都はBコースへと替わる。例年は、このBコース替わりを契機に、外差しが目立ってくるケースが少なくないのだが、今年は既に差し馬台頭の兆候が見られている。3メートルの柵移動により、内の状態が回復して前有利に働くのか、それとも差し馬台頭の流れが一層進むのか。土曜からしっかりレースを見て傾向を見極めたいところだ。

    【シルクロードS】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆負担重量 53キロ以下【0・0・3・23】、54~55キロ【2・3・4・55】、55・5~56・5キロ【2・3・2・26】、57キロ以上【6・4・1・26】。ハンデが重くても有力視。

     ☆脚質 G1を除く直近芝レースの4角の位置取り別で成績を分析すると、先頭【2・3・0・7】、2、3番手【4・3・2・31】、4~9番手【2・2・6・60】、10番手以下【2・2・2・32】。先頭組が圧倒的な好走率を誇る。

     ☆近走 09年を除いた全ての勝ち馬は近3走以内で芝の重賞で4着以内の好走歴があった。

     結論 ◎ラブカンプー ○セイウンコウセイ ▲サイタスリーレッド


    【覆面記者の耳よりトーク】シルクロードS

     今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、日曜京都のGIII・シルクロードSを徹底取材。今開催の京都の芝は例年よりタフな設定で、馬場適性が問われそう。

     関係者の話からは、道悪巧者のナインテイルズが好走候補に浮上した。逆に軽い馬場を望んでいるというアンヴァル、実績上位でも陣営が泣きっぱなしの森田厩舎2頭は、危険視した方がよさそうだ。  

    記者A 先週の東海Sは堅い決着。今週はどうやろなぁ。  

    記者B 混戦模様の方が、ワシらも取材のしがいがあるからな。そういう意味では、シルクロードSはオモロイかもしれんでぇ。  

    記者C そうそう、なんといっても人気を集めそうな実績上位馬を2頭出しする森田調教師が“泣き”っぱなし。昨秋のスプリンターズS2着ラブカンプーについては「トモの張りが…。背中に疲れがあって踏み込みも悪い」。同4着ダイメイプリンセスについても、同様に状態面の不安を口にしていました。もちろん地力が上だけに克服する可能性はありますが、トレーナーがここまでいうほど微妙なデキなのなら、他馬の激走に期待したいところです。  

    記者A 馬券のヒントになるような話はないか?  

    記者D 馬場状態が、大きな影響を与えそうですよ。今開催の京都芝は、例年に比べて力のいる馬場設定になっているようです。X調教師によると「今年は洋芝の育成がよすぎて、そういう(タフな)馬場になっているみたいやな」とのこと。Q騎手も「(馬場は)重たいですね。得意でない馬とそうでない馬の差がでるんじゃないでしょうか」とポイントに挙げていました。  

    記者B それやったら、ナインテイルズの連勝もあるんとちゃうか。実際、前走は今のタフな京都芝で挙げた勝利。不良や重馬場でのV経験があるし、中村調教師も「今の京都の馬場は合っていると思うよ」と楽しみにしていたで。  

    記者C なるほど。じゃあ、アンヴァルにとっては厳しい競馬になるかもしれませんね。Z助手は「あの馬は軽い馬場で結果を出してきた馬。前走の差され方をみても、重たい馬場は歓迎できんやろなあ」と話していました。週末は雪予報も出ており、さらに馬場が重くなる可能性もありますからね。しっかり見極めたいところです。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    シルクロードS【2019年】絶対にこの枠買えw

    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    シルクロードS過去5年枠順別成績

    shirukuz


    ★-1枠は文句ない。





    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    シルクロードS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    ロードクエストなど、シルクロードS厩舎情報/美浦トレセンニュース

    シルクロードS(GIII・ハンデ・京都芝1200m)に美浦から出走する注目馬について、各調教師の追い切り後のコメント。

    ■ナックビーナス(牝5・美浦・杉浦宏昭)について、杉浦調教師。
    「今週(1/24)の追い切りはいつもと変わらない動きでした。タフなのか真面目に走らないのかわかりませんが、とにかく丈夫ですね。牝馬ですが夏バテをするので、冬場の方が調子は良いです。体はもう少し絞れても良いように思いますが、体重はさほど気にしていません。

     スピードがあるので行こうと思えば前に行けますし、抜け出すと止めてしまうところがあるので、前走(カーバンクルS・OP・1着)のように行き切ってしまう形も合っているかもしれません。前走で装着したチークピーシーズはあまり効果を感じませんでしたので、今回は何も付けずに臨みます。京都は枠順に左右されるので、内めの枠でポンと行ければいいですね」

    ■ロードクエスト(牡5・美浦・小島茂之)について、小島調教師。
    「今週(1/24)は坂路で追い切りました。併せ馬で遅れて時計も目立ちませんでしたが、元々坂路は動かないですし、併せた馬に遅れても構わないと思っていました。ただ最後まで踏ん張って走っていましたし、追い切った後にバランスよく歩けていたのは良かったです。前走(カーバンクルS・3着)はマイルから距離を短縮して1200mを使いましたが、使った後にうるさくならないのも良かったです。

     これまではマイルで走れるように馬を作っていましたが、昨年の秋頃は馬がしっかりしてきたのに結果が出なかったこともあり、1200mの方が合っているかなと考えました。5歳になるまで経験をいろいろとしてきましたし、タイミング良く路線変更できたと思います。前走は騎手がハミをかけて馬を怒らせて走らせていましたが、これまで後ろからの競馬ばかりでしたので、前走のように前についていけるとは思っていませんでした。夏場が調子の良い馬なので、年明け1、2回使って休ませることも考えていたのですが、前走の内容も良かったので、今回の結果次第では大きいところに向かうことも検討するかもしれません」

    ■キングハート(牡5・美浦・星野忍)について、星野調教師。
    「今週(1/24)は雪が降ってウッドチップコースの状態が悪かったですが、その割には動きはまずまずでした。自分で体を作る馬ですし、全国いろいろな競馬場に輸送している割に体重に大きな変動もありません。今回も見た目は太くはないですね。京都コースは相性が良いですし、好レースをしてほしいです」

    ■ラインミーティア(牡8・美浦・水野貴広)について、水野調教師。
    「今週(1/24)の追い切りはまずまずの動きでしたが、叩いて良くなっていくタイプですからね。前走(スプリンターズS・GI・13着)はスタートで滑ってしまって後方からの競馬になりました。GIでそうなってしまうと厳しかったですね。前走後は放牧に出てこのレースを目標に調整をしてきましたが、明け8歳でも元気で衰えは感じないです。今回はハンデ(57キロ)を見込まれた感もありますが、次に繋がる競馬をしてほしいと思います」

    【シルクロードS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    シルクロードS予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です


    ヤフーニュースより

    【シルクロードS展望】ダイアナヘイローが始動戦Vを狙う

     「シルクロードS・G3」(28日・京都)

     主役は昨年4連勝で北九州記念を制したダイアナヘイロー。前走のスプリンターズSは直線で失速して15着に沈んだが、5月から使い込んでいて、目に見えない疲れがたまっていた感もある。1週前には栗東坂路で軽快な動きを披露して、リフレッシュ効果は十分。〈2・4・1・0〉と好相性の京都で始動戦Vを決めて、再進撃へ。

     スプリンターズSは12着に終わったファインニードル。道中掛かり気味の追走となり、外々を回るに苦しい展開。それでは大敗もうなずける。1週前には栗東坂路で好時計をマークしたが、陣営のコメントから、若干まだ馬体に余裕がある印象。ただ、セントウルSを正攻法の競馬で快勝。G2勝ちの底力は侮れない。

     昨年の高松宮記念制覇後は精彩を欠いているセイウンコウセイ。前走も得意の京都で斤量56キロと条件はそろっていたが、好位から踏ん張り切れず7着。内容に不満は残るが、昨年は当レースで2着したように、1月~2月の厳冬期は4戦4連対。この時季が得意なタイプの可能性も。トップハンデは確実だが、克服して王者の走りを。

     カーバンクルSを逃げ切ってオープン特別3勝目を手にしたナックビーナス。これまで重賞では〈0・1・1・5〉とあと一歩が足りないが、今回は初のハンデ重賞。斤量差を生かせればもうひと押しが利きそうだ。上位食い込みへ。

     3年連続の参戦となるセカンドテーブル。一昨年4着、昨年3着と着順を上げており、ここを目標に好仕上がり。今年は連対圏突入も十分だ。
    【シルクロードS予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    シルクロードS予想|2017年|過去の動画と有力馬まとめ

    競馬劇場・・・ここを信頼すべき無料予想

     ネロが京阪杯に続く重賞連勝を狙う。これを昨年の覇者ダンスディレクターや、スプリンターズSで好走したソルヴェイグなどが阻むことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■1/29(日) シルクロードS(4歳上・GIII・京都芝1200m)

     ネロ(牡6、栗東・森秀行厩舎)は昨年のアイビスサマーDとセントウルSで2着に入り、GI・スプリンターズSでも0.1秒差の6着と健闘。続く京阪杯で待望の重賞初制覇を果たした。ヨハネスブルグ産駒は早くから活躍する馬が多いが、本馬は今がまさに充実期。4馬身差で圧勝した京阪杯のように、ここでもスピードの違いを見せてほしいところだ。

     ダンスディレクター(牡7、栗東・笹田和秀厩舎)は昨年の本レース覇者。その後は脚部不安のために休養を余儀なくされたが、秋に復帰して3戦目のスワンSで4着、前走の阪神Cでも0.1秒差の4着と復調気配を見せている。ここで完全復活なるか。

     その他、スプリンターズSでタイム差なしの3着に入ったソルヴェイグ(牝4、栗東・鮫島一歩厩舎)、重賞2勝の実績があるブランボヌール(牝4、栗東・中竹和也厩舎)、京都で連勝中のセイウンコウセイ(牡4、美浦・上原博之厩舎)、コース相性良いセカンドテーブル(牡5、栗東・崎山博樹厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

     
     
    2016年-シルクロードS動画




    シルクロードS-結果
    1着 ダンスディレクター 浜中俊
    2着 ローレルベローチェ 中井裕二
    3着 ワキノブレイブ 小牧太


    【シルクロードS予想|2017年|過去の動画と有力馬まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ