競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    オールカマー

    オールカマー予想|調教・追い切り|ネット評価

     

    クリールカイザーが注目馬・・・田辺で1発あるか

    【オールカマー(日曜=25日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)得ダネ情報】天皇賞・秋へのステップレース。ゴールドアクター&マリアライトの両グランプリ馬が参戦も両馬とも久々のうえ、目標は先。使われてきた馬との比較はこの時期の永遠のテーマだが、得ダネ班は使われてきた馬を優先。クリールカイザーの激走に望みを託した。

     先週、東西で行われた3歳GIトライアルはともにGI馬が断然人気に応えて快勝した。だが、先々も条件馬で終わるであろう格下馬も多い3歳戦と、歴戦のキャリア組が揃う古馬重賞では様相は異なる? 先週までの流れにあえて逆らい、オールカマーは穴馬激走の可能性に懸けたい。

     当欄が候補指名するのはクリールカイザーだ。その根拠は「モチベーションの高さ」。トライアル戦でよく言われる“勝負度合い”というものだが、先を見据えたGI馬たちを逆転するには必須な材料であることは間違いない。

    「ここが目イチ勝負」――相沢調教師がそう意気込むのも無理はない。オールカマーが行われる中山2200メートルは重賞V(昨年のAJCC)の舞台。しかも、ゴールドシップを筆頭に、ミトラ、エアソミュール、ディサイファといったそうそうたる面々を破ってのものだ。「中山2200のコース形態はこの馬にピッタリ。ここを狙って調整してきたし、ここと来年のAJCCは大きな目標になる」と、ここは“勝ちにきた一戦”とみていい。

     前走・七夕賞の5着善戦に「展開は厳しかったけど、見せ場を作っていいところは見せた。だいぶ復調してきたね」と師。7歳馬とはいえ衰えはなく、むしろ1年近いブランクの影響から徐々に立ち直りつつある。

    「(脚元の関係で)坂でしか追えないけど、1週前に併せ馬をビッシリやっているし、太め感はない。今週でキッチリ仕上がるはず」

     夏休みを挟んだとはいえ、GI馬たちとは異なる“勝負仕上げ”。得意の舞台で再度の大金星が期待できそうだ。

     
    【オールカマー予想|調教・追い切り|ネット評価】の続きを読む

    オールカマー予想|2016年|予想・データ
     
     

    【オールカマー(日曜=25日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)美浦発トレセン秘話】「聞くところでは、2200メートル以上の距離の中山重賞はオレが一番勝っているらしいんだよ。今度も何とかならないかなぁ」

     GIIセントライト記念にプロディガルサン(3着)を送り出した国枝栄調教師が“プチ自慢”を披露したのは、先週水曜(14日)のコメント会でのこと。そこで調べてみると、GI有馬記念(2007年)を含む通算9勝は確かに現役最多(2位は7勝の藤沢和雄調教師)。一瞬、勝利の方程式を確立しているのかと思ったが、何のことはない。9勝のうち6勝はマツリダゴッホ、2勝はマイネルキッツで挙げたもの。トレーナーではなく馬が中山巧者だったというオチだ。

     とはいえGIIオールカマーを3連覇(07~09年)したマツリダゴッホが示す通り、中山の外回りコースがある種の特異性を秘めた舞台なのは確かだ。他にも、13年オールカマーを9番人気で制し、翌年のAJCCも勝利したヴェルデグリーンなど、同舞台重賞リピーターは確実に存在する。

     となれば、である。GI馬の始動が最大の注目を集める今週のオールカマーも、穴を出せば中山巧者かもしれない。ゴールドアクター、マリアライトのG�馬2頭もむろん中山を得意とするクチであるが、何といっても目標ははるか先のGI有馬記念。少なくともここで本気を出す必要性は皆無である。

    「ウチはここが目標だからね。うん、全力で狙っていくつもりだよ」

     面白いのは相沢郁調教師がこう告げるクリールカイザー。

     通算6勝中5勝は中山。何より印象深いのは、断然人気(単オッズ1・3倍)のゴールドシップ(7着)を翻弄した昨年のAJCCだろう。

    「あの時も勝ちに行く競馬をしてくれと田辺に言ったけど、自在な立ち回りが生きる中山2200メートルはこの馬にピッタリ。脚部不安で1年のブランクがあったが、ハイペースの七夕賞も一瞬抜けそうな場面があり、ようやく馬も実戦勘を取り戻してきた感じ。ゴールドシップを負かしたように、大物食いは得意だよ(笑い)」

     追い切りの気配次第で、重い印にも十分こたえられそうだ。

     

    オールカマーの予想オッズ(ネット競馬)


    1番人気 ゴールドアクター 2.2
    2番人気 マリアライト 2.3
    3番人気 サトノノブレス 6.8
    4番人気 カレンミロティック 13.8
    5番人気 ツクバアズマオー 13.9
    6番人気 クリールカイザー 17.5


    オールカマーの予想オッズ(競馬ブック)


    1番人気 ゴールドアクター
    2番人気 マリアライト
    3番人気 サトノノブレス

     



    2015年オールカマー




    1着 ショウナンパンドラ 池添謙一
    2着 ヌーヴォレコルト 岩田康誠
    3着 ミトラ 柴山雄一



    競馬ファンならここの無料予想が激アツ
    なので無料会員にならないと損損損
    guriguri


    5

    オールカマー予想|調教・追い切り|追い切りタイムまとめ



    オールカマーの予想はここに注目
    競馬予想コンシェルジュ評価・検証・口コミ
    指定サイトから無料会員になることをおすすめします
    oruka1


     [オールカマー]岩田志願の最終追い!ヌーヴォ12秒4

     好発進を決めたい秋の女王候補ヌーヴォレコルトは、岩田騎手が先週に続き志願して美浦Wコースの最終追いに騎乗。“A”評価のつく貫禄の動きを見せた。

     単走で前半からムダに力を使うことなく、人馬息の合った走りを披露した。見せ場は直線。鞍上に軽く促されると、スッとハミを取りギアチェンジ。ラスト1F12秒4というタイム以上の切れ味でフィニッシュした。

     「良かったよ。ラスト1Fも乗っている感じでは、11秒台は出ていると思った。先週は併せ馬の形とか、正直ひどい追い切りになってへこんで帰ったけど、今週もこっちに来て本当に良かった。これなら気分良く週末を迎えられる」と、好手応えに納得の表情だ。

     春は中山記念を勝ったが、GI2戦で悔しさが残った。「宝塚記念も、もし2番手で競馬していたらどうだったか。(6番手から)しょうもないレースをしてしまったし、あれがあるから、秋は復活させなきゃって思いも強い。ここは主役になりそうだけど、格好はつけられると思う」と、勝つ気満々だ。(夕刊フジ)

     
    サンスポ予想王ー追い切り動画
     

     

    オールカマー主な馬の調教タイム

    サトノノブレス

    9/24 栗東CW良

    86.9-70.4-55.6-41.0-12.7

    ショウナンパンドラ

    9/23 栗東坂良

    55.8-40.4ー26.1-12.7

    ヌーヴォレコルト

    9/24 南W良

    83.5-67.5ー53.0ー38.6-12.6

    マジェスティハーツ

    9/16 栗東CW良

    83.6ー67.8ー53.1-39.3-13.8

     

     

    2chSCの声

    【オールカマー予想|調教・追い切り|追い切りタイムまとめ】の続きを読む

    オールカマー予想|予想・予想オッズ|ヌーヴォレコルト

     27日の中山メーンは、産経賞オールカマー(GII、芝・外2200メートル)。1着馬には天皇賞(11月1日、東京、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられる伝統の一戦だ。3頭のGI馬に加え、8頭の重賞ウイナーが顔をそろえ、GIの前哨戦らしい豪華な顔ぶれとなった。

     昨年のオークス馬ヌーヴォレコルト(美浦・斎藤誠厩舎、牝4歳)は、宝塚記念5着以来の参戦となる。17日の1週前追い切りは岩田康誠騎手がまたがって、美浦Wコース5ハロン65秒2-12秒7をマークした。道悪で走りづらい馬場状態だったので時計は目立たないが、最後までしっかりした脚取りを披露。秋初戦に向けて順調な仕上がりを見せている。久々は、昨年の秋初戦のローズS(約4カ月ぶり)、今年初戦の中山記念(約3カ月ぶり)を快勝しており、気性的にもフレッシュな状態のほうが力は出せるタイプだ。今週も岩田騎手が美浦へ駆け付けて最終調教に騎乗予定。好勝負は間違いないだろう。

     ロゴタイプ(美浦・田中剛厩舎、牡5歳)は産経大阪杯5着以来、5カ月ぶり。前走は苦手の道悪でまったく力を出せずに完敗し、レース後の疲労も激しかった。そのため夏場はしっかりとオーバーホール。秋初戦をここに定めて乗り込んできた。16日の1週前追い切りは、美浦Wコースで田中剛調教師がまたがって5ハロン66秒5-13秒1をマーク。ビシッと追って上々の動きだった。中山コースは一昨年の皐月賞をはじめ【3・2・1・0】とすべて馬券にからんでいる。距離の2200メートルも乗り方ひとつでこなせるだろう。騎乗実績3戦3勝のミルコ・デムーロ騎手とのコンビ復活は何よりのプラス材料だ。

     マイネルミラノ(美浦・相沢郁厩舎、牡5歳)は夏場も休まずに戦ってきた。巴賞1着→函館記念8着→新潟記念2着と連戦してきただけに大きな上積みは期待できないが、タフなタイプで疲れは見られない。前走の新潟記念は逃げずに、2番手から直線抜け出す形で好結果を出した。コーナー2つの新潟外回りコースに対応できたのは大きな収穫で、状態の良さがうかがえる。今回はコーナー4つで【4・1・0・5】と得意の中山コース。開催が進んで芝は踏み固められ、前残りが目立ってきた今の馬場も合うはずだ。

     昨年の秋華賞馬ショウナンパンドラ(栗東・高野友和厩舎、牝4歳)は宝塚記念で内を強襲して3着と牡馬相手にも通用する地力を見せた。中山は昨年のフラワーCで5着だったが、輸送競馬を苦にするタイプではない。少し器用さに欠ける面があるので、差しが決まる展開が理想だろう。

     サトノノブレス(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)は、1月の日経新春杯11着以来。8月下旬に栗東へ帰厩して1カ月間、びっしりと乗り込んで、徐々に仕上がってきた。地力は通用するが、休養期間が長かったので、追い切りの動きに注目したいところだ。今回は新馬戦1着、いちょうS2着とデビュー2戦に騎乗して以来となる内田博幸騎手とコンビを組む。

     5月のシンガポール航空国際C4着以来で帰国初戦となるマイネルフロスト(美浦・高木登厩舎、牡4歳)は、まだ動きに重さが残る印象。最終追い切りの動きがポイントとなる。父ブラックタイドは先週のセントライト記念を制したキタサンブラックを出しており、2週連続Vなるか…という点でも注目したい。

     マーメイドS2着のマリアライト(美浦・久保田貴士厩舎、牝4歳)は、現在3きょうだいそろってオープン馬という活気ある一族。兄クリソライトはジャパンダートダービーの勝ち馬で、弟のリアファルはオールカマーと同日の神戸新聞杯に出走予定。今の充実ぶりと血の勢いを加味すれば、姉弟の同日重賞Vという可能性もある。

     手の合う横山典弘騎手とコンビを組むセキショウ(美浦・杉浦宏昭厩舎、牝5歳)はうまく前々で流れに乗れれば面白い存在。逆に差しが決まる展開になれば、決め手あるレッドレイヴン(美浦・藤沢和雄厩舎、牡5歳)が浮上するシーンもありそうだ。

     

    2014年-オールカマー

    1着 マイネルラクリマ 戸崎圭太

    2着 ラキシス 川田将雅

    3着 クリールカイザー 吉田豊

     

     

    競馬ブック想定

    1番人気 ヌーヴォレコルト

    2番人気 ロゴタイプ

    3番人気 ショウナンパンドラ

    4番人気 レッドレイヴン

    5番人気 マイネルフロスト

     

    ネット競馬

    1番人気 ヌーヴォレコルト 3.1
    2番人気 ロゴタイプ 4.8
    3番人気 ゴールドアクター 7.0
    4番人気 ショウナンパンドラ 9.1
    5番人気 サトノノブレス 9.4

     

     

    2chSCの声

    23:2015/09/21(月) 17:04:27.44 ID:
    ブックがくるまでのサンスポ想定

    オーシャンブルー 56.0 三浦
    ゴールドアクター 56.0 吉田隼
    サトノノブレス 56.0 内田
    ショウナンパンドラ 55.0 池添
    スターバリオン 56.0 
    セキショウ 54.0 横山典
    タマモベストプレイ 56.0 津村
    ヌーヴォレコルト 55.0 岩田
    ハギノハイブリッド 56.0
    マイネルフロスト 56.0 松岡
    マイネルミラノ 56.0 柴田大
    マウントシャスタ 56.0 
    マコトブリジャール 54.0
    マジェスティハーツ 56.0 森
    マリアライト 54.0 蛯名
    ミトラ 56.0 柴山
    メイショウカドマツ 56.0 田辺
    メイショウカンパク 56.0 大野
    メイショウナルト 56.0 --
    レッドレイヴン 56.0
    ロゴタイプ 57.0 デムーロ
    【オールカマー予想|予想・予想オッズ|ヌーヴォレコルト】の続きを読む

    このページのトップヘ