競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    オークス

    5
    チェッキーノ|2016年オークス予想|徹底評価まとめ
     
    【オークス】藤沢調教師地震あり!チェッキーノが桜花賞組蹴散らす

    【オークス(日曜=22日、東京芝2400メートル)得ダネ情報】桜花賞ハナ差2着のシンハライトの絶対的優位は動かないのか。逆転候補を探った美浦得ダネ班の最終回答は「フローラSを圧勝したチェッキーノには、大いなる可能性を感じる」。この血統を知り尽くす名伯楽&勢いに乗る名手の強力タッグが、レース後には3歳牝馬の勢力図を、また新たなものに塗り替える――。

     昨秋のデビュー戦(東京芝1400メートル)こそ2着に敗れたが、その後は未勝利戦→アネモネS(ともに中山芝外1600メートル)→フローラS(東京芝2000メートル)と3連勝。チェッキーノは段階を踏みながら、距離の守備範囲を広げてきた。

     血統背景に注目すると、活躍馬目白押しの一族であると同時に、距離の壁に突き当たる。同じ藤沢和厩舎所属だった母ハッピーパスは桜花賞=4着→オークス=7着(2001年)、3歳上の全兄コディーノも皐月賞=3着→ダービー=9着(13年)。距離が延びるにつれて着順を落とした。

     コディーノに代表される気性の激しさこそが、この血統の最大の特徴。長兄ラヴェルソナタは芝2400メートルで勝ち星があるが、現4歳のカービングパス(1600万下)は芝1200メートルで2勝と、気性の程度が距離適性にも大きな影響を与えている印象が強い。

    「母がとにかく一生懸命走る馬だった。チェッキーノも、そういったタイプだったが、最近は気負わずに鞍上の指示を待てる馬になってきた。長いところを得意にしている血統とは言えないけど、折り合って走ってくれさえすれば、距離は大丈夫だと思っている」(藤沢和調教師)

     距離1400メートルで始まった競走生活は、恐らく血統を考慮したものだろう。

     しかし前向きさが前面に出て、距離を詰めていかざるを得なかった多くの兄姉たちとは、その後の軌跡が対照的。これこそがチェッキーノの資質、そして距離克服の可能性の高さを証明するものだ。

     藤沢和師は過去にシンボリクリスエス、ゼンノロブロイで、トライアルの青葉賞勝ちから日本ダービーに挑んで2着と苦汁をなめた。クラシック頂上決戦は牡馬なら皐月賞組、牝馬なら桜花賞組が他のトライアル組に比べて圧倒的に優位なのは骨身に染みている。

     それでも「桜花賞組よりレース間隔こそ短くなるけど、地元での競馬になる分、そこは大丈夫だと思っている。2000メートルを使った後の2400メートルなら、あまり強い調教も必要としないメリットもあるからね。幸い、前走の疲れはないし、この時期のか弱い3歳牝馬としては、いい状態で出走できるのが何よりだな」と自信をのぞかせる。

     前走フローラSでは大外枠をあっさり克服。レースレコードの1分59秒7で走破して、2着に3馬身差Vを飾る圧倒的な内容だった。絶妙な成長を後押しした調整術、桜花賞TRのアネモネSを制しながらオークスに絞った戦術は、まさしく、この血統を知り尽くしているからこそできた芸当だ。

     さらに初騎乗となる戸崎圭は昨年、テン乗りのストレイトガールでヴィクトリアマイルを制し、先週、見事に連覇を達成。スプリンターをマイラーへと変えた立役者なのも心強い。

     シンハライトを中心とした“本流”桜花賞組を蹴散らすとすれば…。このチェッキーノこそが最右翼なのは間違いあるまい。

     

    チェッキーノ|馬体診断 100点満点

     “東西2強”はボディーで東のエースに軍配が上がった。鈴木康弘元調教師(72)がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。「第77回オークス」(22日、東京)ではフローラS勝ちのチェッキーノを満点採点した。一方、桜花賞2着のシンハライトには95点。達眼が指摘する2強のボディーポイントとは…。

     この体形と立ち姿のどこに距離不安があるのでしょうか。チェッキーノはマイルに活躍馬が多い母系の血統から距離延長を不安視する声もささやかれているようです。でも、馬体が示しているのは2400メートルの適性。腹下がゆったりとしていて、胴が長い。胴の詰まったマイラー体形とは対照的な体つき。しかも、立ち姿に落ち着きがある。穏やかな大きな目をした美人顔で、四肢はしっかり大地を踏みしめています。温厚な気性なのでしょう。この体形と立ち姿で2400メートルが持たないとすれば、他に対応できる馬はいない。今年のメンバーの中で屈指のオークス適性を感じます。

     3歳春のクラシックが完成度の勝負だとすれば、その勝負にも一日の長がある。キ甲(首と背の境にある膨らみ)が抜けているのです。馬の場合、地面からキ甲までの長さを体高(身長)としており、この部位の発達は成長や完成度を示すバロメーター。キ甲が高く盛り上がるのと同時に肩が寝て、胸が深くなり、前肢がより前へ伸びるようになる。この部位が抜けてくるのは3歳夏から4歳にかけての時期が比較的多いのですが、チェッキーノは3歳春の段階で抜けているのです。

     そんな完成度の高い骨格には柔らかそうな筋肉をしっかりと付けています。筋肉が柔らかいと、レースで柔軟に対応できる。他馬とぶつかったとしても、バランスを戻すのに時間がかかりません。一戦ごとに馬体重が増えているのもとても良い傾向です。小さめの飛節、膝、球節を除けば、非の打ちどころがない馬体。距離適性と完成度でライバルをリードしています。



    オークスの予想を買う人はここをチェックしましょうwwww
    オークス予想もここで完璧
    競馬トップの予想が熱いwwww

    keibatop







    【チェッキーノ|2016年オークス予想|徹底評価まとめ】の続きを読む

    5
    オークス予想|2016年|シンハライトが大注目www
     

    ◆第77回オークス・G1(22日・芝2400メートル、東京競馬場)

     桜花賞はわずか2センチの差で涙をのんだシンハライト。桜花賞馬、桜花賞1番人気馬と、世代の牝馬G1馬がいない“2冠目”は断然の主役として舞台に上がる。デビュー当初から府中の12ハロンを意識して調整を続けてきた陣営の思いが実を結ぶか。

     負けられない。桜花賞でジュエラーにわずか2センチ差で屈したシンハライトが、今度こそ女王の座を取りに行く。「抜け出したと思って、馬が勝ったつもりになったところを、後ろからまたこられた。ゴール後に差し返しているから悲観はしていない」と荻野斉助手。鼻面をそろえての入線で明暗は分かれたが、愛馬の勝負根性をたたえた。

     その宿敵ジュエラーはオークスを前に骨折が判明。桜花賞で1番人気を集めたメジャーエンブレムは牡馬相手にNHKマイルCを制覇し、1強ムードも漂う。「身体能力が高く、この世代では一枚も二枚も抜けている。2頭に恥ずかしい競馬をしたくない」と力を込めた。

     クラシック前から2冠目を見据えてきた。「桜花賞を使う前から折り合い重視でやっている」と荻野斉助手が言うように、馬を前に置いて調教を重ねてきた。11日の坂路での1週前追い切りもグランジャー(3歳500万)を追走。ラストは12秒3と鋭く伸びて2馬身突き放した。「力んでなかったし、後ろでも我慢できている」とまたがった池添は好感触。初の2400メートルでも折り合いに不安を感じさせない。

     ラジオNIKKEI杯2歳S勝ちのアダムスピークや、若駒Sを勝って昨年の日本ダービーに出走したアダムスブリッジなど、きょうだいを手がけた石坂調教師が「一番走るかもしれん」と絶賛した逸材。「距離や輸送はやってみないと分からない。こなしてほしいし、能力でカバーできると思う」とトレーナー。阪神で取り逃がしたタイトルを府中でつかみ取ってみせる。(橋本 樹理)

     

    シンハライト

    父ーディープインパクト、母父ーシングスピール

     

    チューリップ賞ー1着 

     

    桜花賞ー2着

     

     


    オークスはここの無料予想に期待します
    だって的中率が半端ないー無料予想をゲットさえすればいい
    的中率をチェックしましょうw
    (ギャロップジャパンの予想が熱い)
    oksgj



    【オークス予想|2016年|シンハライトが大注目www】の続きを読む

    5
    オークス(優駿牝馬)回顧|結果的に偶数枠が上位独占|ネットまとめ
     
     
    【オークス(優駿牝馬)回顧|結果的に偶数枠が上位独占|ネットまとめ】の続きを読む

    5
    オークス(優駿牝馬)予想|直前情報|ネット評価まとめ
    torai
     ↑↑
    競馬ファンならここの無料予想をチェック必至!!


     

     24日に東京競馬場で行われる、第76回オークス(3歳・牝・GI・芝2400m・1着賞金9700万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、桜花賞9着(1番人気)からの巻き返しを狙うルージュバック(牝3、美浦・大竹正博厩舎・2.9倍)が支持された。

     続いての2番人気は桜花賞を4馬身差で圧勝したレッツゴードンキ(牝3、栗東・梅田智之厩舎・6.3倍)、3番人気は重賞2勝のココロノアイ(牝3、美浦・尾関知人厩舎・7.2倍)となった。

     以下、桜花賞4着のクイーンズリング(牝3、栗東・吉村圭司厩舎・10.0倍)、忘れな草賞を勝ったミッキークイーン(牝3、栗東・池江泰寿厩舎・10.3倍)、桜花賞2着のクルミナル(牝3、栗東・須貝尚介厩舎・10.9倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    14 ルージュバック 2.9
    01 レッツゴードンキ 6.3
    04 ココロノアイ 7.2
    06 クイーンズリング 10.0
    10 ミッキークイーン 10.3
    17 クルミナル 10.9
    07 キャットコイン 14.7
    13 アンドリエッテ 17.2
    09 コンテッサトゥーレ 21.0
    05 シングウィズジョイ 22.3
    18 ディアマイダーリン 29.6
    02 マキシマムドパリ 31.1
    12 アースライズ 97.0
    08 ローデッド 102.3
    16 ノットフォーマル 134.9
    11 ペルフィカ 145.0
    15 トーセンラーク 155.9

    ※3番トーセンナチュラルは右肩ハ行のため出走取消

     その他、馬連は01-14が13.5倍、馬単は14-10が20.1倍、3連複は01-10-14が28.8倍、3連単は14-10-01が98.3倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

    最終更新:5月23日(土)18時20分

     

     

     

    【オークス(優駿牝馬)予想|直前情報|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    オークス(優駿牝馬)予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ


    【注目サイト】

    トライキャスト(無料会員が熱い)

    torai
     ↑↑
    こちらの無料会員おすすめです。。。。 


     

      

    【オークス(日曜=24日、東京芝2400メートル)注目馬21日朝の表情:栗東】忘れな草賞の覇者ミッキークイーンは厩舎周りの運動で汗を流した。

     池江調教師「先週の時点で実質的な最終追い切りは終わらせていたので、今週(20日)は息を整えるような調整で十分だった。馬体はフックラしているとまでは言えないけど、今回はコツをつかんでいるので前走から大きく減らすことはないはずだよ。カイバ食いも良くなっているし、馬体、息遣いなど総合的にみて現状では万全に近い」

    最終更新:5月21日(木)20時27分

     
    オークス(優駿牝馬)調教動画-2015年
    栗東トレセン
    【オークス(優駿牝馬)予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ