競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    オークス馬体診断

    オークス予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【オークス】ワルキューレ100点!かつてない名牝の予感

     新たな神話が樫の大舞台に生まれる。鈴木康弘元調教師(74)がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。第79回オークス(20日、東京)ではフローラS勝ちのサトノワルキューレに唯一の満点を付けた。達眼が捉えたのはアーモンドアイ、ラッキーライラックの桜花賞上位2強をしのぐスケール。北欧神話のヒロインになぞらえて、悠然とした立ち姿を絶賛した。

      
     北欧の神話にワルキューレという名の若く美しい女騎士が登場します。神の敵を倒すため、鎧兜(よろいかぶと)に身を包み、天馬にまたがって戦場を勇猛に駆ける。北欧の夜空にゆらめくオーロラはこの女騎士の鎧がきらめいたものとされています。平時には鎧兜を脱ぎ、天女のような白い羽衣を羽織って天空を優雅に舞う。その姿は白鳥の化身とも言われています。半人半神のワルキューレ伝説です。

      
     3歳牝馬戦線に遅れて頭角を現したサトノワルキューレ。その鹿毛の馬体は同じ名を持つ女騎士のように勇ましく美しい。鍛え抜かれて浮き立つトモ(後肢)と肩の筋肉。450キロ程度の体重以上に重量感があります。その筋肉は、ボリュームだけでなく質も高いのでしょう。ディープインパクト産駒らしい柔軟さ、しなやかさを漂わせています。肩(肩甲骨)や首差しは絶妙な角度。ストライドが前によく伸びるつくりです。

      
     背中が短めで腹下がやや長い“短背長腹”。オークスの2400メートルにも対応できる体形です。腹袋も適度な厚み。それぞれの部位がゆとりを持って滑らかにつながっているため全体に余裕があります。ひと目で走る馬だと分かる。非の打ちどころがない馬体です。

      
     立ち姿は女騎士が駆る天馬のように神々しい。スタッフが弓なりにした引き手を指先で軽く押さえているだけなのに、悠然と立っています。目と耳は正面の一点に向き、四肢は均等に負重をかけています。注意心を持ちながら、どこにも力みがない。名牝のたたずまい。未知の距離も堂々と乗り切れる気性をうかがわせる立ち方です。

      
     とてつもないスケールの牝馬が出現しました。3歳牝馬の勢力図をまとめて塗り替えてしまうかもしれない。そんな可能性を伝える一級の馬体。北欧神話の若く美しい女騎士のようなニューヒロインです。

    【オークス】ライラック90点、あふれる余裕で舌をペロリ

     
     ラッキーライラックは舌をペロリと出しながら写真に納まっています。有名な不二家ペコちゃんみたいに。でも、練乳たっぷりのミルキーに舌なめずりしているのではありません。ハミから舌を出して遊んでいるのです。昨年の阪神JFや桜花賞時には真面目にハミを取り、少し緊張しながら立っていました。舌を出したのは気持ちに余裕が出たからでしょう。目には全く緊張感がない。余裕があり過ぎるぐらいです。

      
     立ち方を見ると、左後肢蹄の後ろを少しだけ浮かせています。前肢に負重をかけたせいで後ろが浮いたのではありません。舌と同じように遊んでいるのです。G1時の立ち馬撮影でこんなしぐさを見せたのも初めて。口元から蹄の先まで余裕があふれています。関東に遠征して初の2400メートル戦に挑まなければなりません。今からピリピリと緊張していては体が持たないでしょう。オークスに向かう上で必要な余裕なのです。

      
     腹下が長く、肩もよく寝ている。距離延長に対応できる体形です。肩とトモの筋肉には490キロの体重以上にインパクトがあります。ただし、今回は桜花賞時よりも腹周りが少し細くなっている。不二家のペコちゃんみたいに食欲を出して、おなかにもふっくら余裕が生じれば満点です。

    【オークス】アーモンドアイ85点、牝馬離れした大きな胸

     アーモンドアイの馬体を見る限り、桜花賞のダメージは見当たりません。筋肉は全く落ちていない。毛ヅヤも良好。ロードカナロア産駒らしいマイラー体形とはいえ、胸の深さは牝馬離れしている。大きな肺や心臓を収容する大きな胸です。適度なボリュームのある首差し、形と角度の良いトモ。桜花賞時と変わりのない体つきです。

      桜花賞時よりも目つきが鋭くなり、力を入れて立っています。これはリップチェーン(上唇内側の歯茎に掛ける鎖状の馬具)を気にしているからでしょう。桜花賞時のようにハミを着ければ、ゆったりとした立ち姿を見せるかもしれません。リップチェーン装着のため判断できませんが、前回と同じ穏やかな精神状態なら2400メートルは持つはずです。


    オークス
    はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    オークス予想|2017年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    ヤフーニュースより

    【オークス】ソウルスターリング100点!非の打ちどころなし

    走る名画だ。鈴木康弘元調教師がG1出走馬の馬体を診断する「達眼」。第78回オークス(21日、東京)では昨年の2歳女王ソウルスターリングに唯一満点を付けた。1番人気で3着に敗れた桜花賞のリベンジを期す樫の女王決戦。達眼が捉えたのは活力に満ちたボディーと距離延長にも対応できる立ち姿だ。

     息をのむほど美しい馬体の背景には青々と葉を茂らせた壁紙。ソウルスターリングは生け垣をあしらったこの壁紙のように季節が変化しても姿をほとんど変えていません。何度か指摘した通り、セザンヌやドガら印象派の巨匠が描いた名画を思わせる造形美。非の打ちどころがない部位がしなやかに無駄なくリンクし、完璧なバランスを整えている。柔らかい筋肉をつけた深いトモ(後肢)、そのパワーを受ける飛節は頑丈で絶妙な角度。流麗に抜けた首差し、滑らかに傾斜した肩に付いた過不足ない筋肉、盛り上がったキ甲(首と背の間の膨らみ)。すでに完成されたサラブレッドの造形といえるでしょう。

     表情も一緒です。1カ月前の撮影と同じように穏やかな目つきと耳の立て方。ハミを適度な緊張感をもってくわえている。尾も自然に下へ垂らしています。立ち姿は精神状態を偽りなく表す写し絵。

     桜花賞では道悪馬場にしきりと手前(軸脚)を替え、初の敗戦を味わいました。でも、精神的なダメージはどこにも見当たらない。名画の造形が時を経ても変わらないように桜花賞時の姿そのままです。ただ1点を除いて…。

     前回よりも腹周りが少しフックラしています。セザンヌやドガが一度仕上げた作品に活力を加えようと描き足したような力強さ。桜花賞後に短期放牧を挟んだと聞きました。短い休養でも見るからにエネルギーが蓄積された腹周りです。

     距離延長がプラスになる体形とは言えません。2400メートルを得意とする馬は部位のつながりに遊びがありますがソウルスターリングは前述した通り、どこにも無駄がない。美し過ぎる造形です。それでも、こなせると私は思う。引っ掛かる不安を感じさせない穏やかな表情。長い距離を走っても疲労がたまりづらい柔軟な筋肉、エネルギーにあふれた腹周り。もっと大切なことがあります。タテガミと尾は出走馬の中で最もよく手入れされている。際立って美しい身だしなみ。折り合いという競馬の躾(しつけ)も行き届いているはずです。「躾」は「身」と「美」からなっているように、身だしなみを美しくすることが基本。鞍上の指示を守って上手に2400メートルを走れるのではないか。

     青々と葉を茂らせた壁紙に映える馬体。その背景が東京競馬場の新緑に替わっても美しく活力ある姿を見せられるでしょう。走る名画です。(NHK解説者


    【オークス】リスグラシュー95点“優美”小柄でも繊細な筋肉

    どの馬も初めて体験する樫の2400メートル舞台。距離延長で本領を発揮するのはリスグラシューでしょう。牡馬のように分厚い胸前に比べて首が細い。トモも寂しい。体重はわずか430キロ前後。一見、パワー不足に映ります。でも、凝視すると、薄手なトモにとても繊細な筋肉を付けている。こういうトモはマイル戦のような急がせる競馬よりもゆったりと流れる2400メートルの方が合っているのです。

     桜花賞時に比べて顔つきがおっとりしています。耳も左右に少し開き気味で集中力を欠いています。当日のパドックでこんな緊張感のない顔をしていては仕事になりませんが、1週前のトレセンでの撮影だけに逆にいいのかもしれません。アゴが張っていない。カイバ食いは細いのでしょう。それだけに、おっとりさは余計に必要です。今から緊張していては、本番まで持たないからです。

     桜花賞の消耗も感じられません。腹は巻き上がることなく、前回同様、適度に引き締まっています。距離延長を味方にソウルスターリングにどこまでくい下がれるか。


    【オークス】ミスパンテール90点 威風堂々!鎧まとう女武将
    ミスパンテールは鎧(よろい)をまとった女武将のようです。牝馬らしからぬ重厚な馬体。筋肉量が豊富で、膝、飛節も立派。平家物語や源平盛衰記に登場する巴御前か。今年なら「おんな城主 直虎」をイメージさせます。立ち姿も威風堂々としている。桜花賞時は前後肢を開き気味にした間延びするような立ち方でしたが、今回は開くこともなく四肢でしっかり大地をつかんでいます。顔つきも男馬のように精かん。アゴっ張りがいいので食欲がおう盛なのでしょう。

     ただし、2400メートルが向いているとは言えません。鎧のようなごつい筋肉を付けているため硬く映るからです。パワーがみなぎる半面、重たさも。ハミの強い受け方が示すのは、とても前向きな気性。折り合いも課題になります。マイル戦なら満点ですが、鎧を着けていると長い距離は苦労するかもしれません。

    【オークス】ブラックスビーチ90点 肩の傾斜滑らか好馬体

    ブラックスビーチは大きな耳を除けばバランスが取れた体形です。腹が少し細い、すっきりとした体つき。その細めの体には繊細な筋肉を付けています。肩の傾斜も滑らか。体重440キロと小柄でも大きなフットワークを生み出す肩甲骨の角度です。ディープインパクトの牝馬産駒らしい好馬体。毛ヅヤも良好です。適度な緊張を持った立ち姿にも好感が持てる。しっかり手入れされたタテガミ。しつけもしっかりしているのでしょう。

     少しだけ気になるのは、小顔と対照的な大きな耳。馬相学からすれば、褒められません。ただ、御神楽(おかぐら)の獅子のように大きな耳を寝かせることなく、ピンと立てています。寝かせた大きな耳は気性に問題があるのですが、この立て方なら大丈夫。他には減点材料が見当たりません。重賞初挑戦でも、最大の惑星馬になるかも。

    【オークス】アドマイヤミヤビ85点 体形ゆったり各部位に遊び

    アドマイヤミヤビは見るからにオークス仕様の体形です。腹下が長くて、各部位の付き方に遊びがある。とてもゆったりとした体形。牝馬には珍しくトモが円形に映るぐらい丸みを帯びています。

     ところが、立ち姿はどうしたことか。桜花賞時よりも体重を後ろにかけ、尾を少し上げながら、体の隅々にまで力を入れています。気持ちを前面に押し出した姿。2400メートルを走るなら、もう少し穏やかに立ってほしい。体形は長距離仕様でも、気性は短距離仕様。心身のバランスが取れるかが浮沈の鍵になります。

    オークスはここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    このページのトップヘ