競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    オークス調教

    オークス(優駿牝馬)予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    オークス注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma

    【オークス】ソウル、3頭併せで鋭い伸び12秒3
    3歳牝馬のクラシック第2弾、オークスの追い切りが17日、茨城・美浦トレセンで行われた。1番人気の桜花賞で3着に敗れた昨年の2歳女王ソウルスターリング(美浦・藤沢和雄厩舎、牝3歳)は、主戦のクリストフ・ルメール騎手(37)が騎乗して鋭いフィニッシュを披露。サンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』となった。ムードは上々で、ルメール騎手は2400メートルの距離克服に手応えを感じている。オークスは18日に枠順が確定する。

     鳥肌が立つほどの動きだった。ゴール前の切れ味に復権の気配が漂う。桜花賞で3着に敗れた怪物娘ソウルスターリングが、オークスに向けて軽快な走りを取り戻した。

     「先生からはお任せ、といわれたからね。自分で動いていたし、とてもいいですね」

     花粉症で鼻をぐずつかせながらも、ルメール騎手の表情は明るい。Wコースで、ラユロット(3歳500万下)とシンボリバーグ(3歳500万下)を追走する。4コーナーで内に入れても半馬身遅れていたが、ゴーサインが出ると瞬時に反応。最後は併入だったが、ゴール過ぎに2頭を置き去りにしたように、伸びが違った。

     5ハロンは68秒1、ラスト1ハロンは12秒3を楽々とマーク。「今年2回レースを使っているし、それほど速い時計じゃないけど、動きはよかったね」と、藤沢和調教師も動きにはご満悦だ。

     デビューから4連勝。阪神JFもチューリップ賞も完勝し、3歳牝馬に敵なしと思われたが、桜花賞で3着に敗退。これには「悲鳴が出るくらいだったよ。すみません」と調教師は反省しきり。ルメールも「桜花賞のリベンジです」と、期する思いは強い。

     ポイントは2400メートルの距離。ルメールは「外枠だと1コーナーがすぐだから大変だし、内すぎる枠だとスタートが悪かったとき、跳びが大きくて掛かるかも。だから真ん中の枠が欲しい。桜花賞のゴール後もすぐには止まらなかったし、馬の後ろのいいポジションにつければ2400メートルもいける」と、克服は可能だと感じている。藤沢和師も「いまの時期に長距離を上手に走る馬はいないし、どの馬も初めての距離。穏やかに走ってくれれば」と期待十分の様子だ。

     先週日曜、東京でGIのヴィクトリアマイルを含む一日4勝、9連対の大活躍だったルメールは「先週は先週。今週はオークスを勝ちたい」と気合が入る。

     桜花賞で初めて他馬の後塵(こうじん)を拝した。天才少女が挫折を知って大人へのステップを一段上がったことは明らか。それをこのオークスで証明するはずだ。 
    【オークス】リスグラシュー、シュッと12秒0
    オークスの追い切りが17日、東西トレセンで行われた。栗東では桜花賞2着のリスグラシューが、CWコースでラストに上々の伸びを披露。順調な調整過程でGI制覇を狙う。桜花賞馬レーヌミノルはCWコースを鋭く駆け抜け、2冠制覇の準備を整えた。18日に枠順が確定する。

     ここまでしっかりと調教を積んできたリスグラシューが、CWコースでの最終追い切りでも軽快な脚取りを披露。大一番へ向け上々のムードを漂わせた。

     「良かったと思います。小柄な牝馬ですし、さすがに上積みはありませんが、前回と同じくらいだと思いますね」

     矢作調教師が納得の状態に胸を張った。この日はゆったりと、滑らかな脚さばきで進み、ラストを強調する内容。最後は鞍上のゴーサインに鋭く伸びて、ラスト1ハロン12秒0でゴールを駆け抜けた。

     ここは最大目標にしていたレースで、この後は休養する。だからこそ、攻めの調整で挑んだ桜花賞と同様に、この中間もみっちりと調整を積んだ。「当日、体は少し減るかもしれませんが大丈夫です。力を出せますよ」とトレーナー。馬体を大きく見せており、430キロ台の小柄な馬とは思えない。現状で望み得る最高の仕上がりだ。

     桜花賞は力強い伸びで2着を確保。展開が異なれば、突き抜けていたかもしれない。4着以下がない堅実派。現3歳牝馬でトップクラスの地力は疑いようがない。

     「オークスが目標でしたし、これくらいの距離に適性があると思っていました。ハーツクライ(譲り)の体をしていますし、2000メートル以上が向くとみていたので」

     初の2400メートルを矢作調教師は歓迎材料ととらえる。東京では昨秋にGIIIアルテミスS勝ちの実績がある。武豊騎手は「十分に勝ちを意識できる馬。何とかGIホースにしてあげたい」と意欲を燃やす。これまで阪神JF、桜花賞とGI2着が2回。もう銀メダルはいらない。
    【オークス】レーヌミノル、2冠へ反応抜群
    2冠制覇へ向け、視界良好だ。桜花賞馬レーヌミノルが、CWコースで軽快な脚取りを披露し、万全をアピールした。

     「前に目標を置き、ゴール前で併せる感じ。先週、3頭併せでしっかりやっている」

     本田調教師が予定通りの内容を強調する。メイショウカシュウ(1000万下)を2馬身ほど追走し、道中はぴったりと折り合った。直線に向くと楽な手応えでスッと抜け出し1馬身半先着。先週10日に実質的な最終追い切りを消化(CWで6ハロン81秒8)しており、6ハロン83秒8-13秒3の時計こそ平凡だったが、反応の良さは際立っていた。

     800メートルの距離延長を不安視する声もあるが、「折り合いさえつけば、とんでもない距離でも勝つことがある。それは自分が騎手のときから思っていたこと」。騎手時代にカワカミプリンセス(2006年)でオークスを制した本田調教師は自信を漂わせる。

     シンハライトに次ぐ連覇に挑む池添騎手は「乗りやすいし、折り合いは大丈夫。あとは騎手の腕だけ。一緒に頑張って、2冠を取りたい」と意欲満々。レーヌミノルが、横綱相撲で2冠を奪い取る。 
    【オークス(優駿牝馬)予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ】の続きを読む

    5
    オークス(優駿牝馬)予想|2016年|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    【オークス(日曜=22日、東京芝2400メートル)注目馬19日最終追い切り:美浦】チェッキーノは新コンビとなる戸崎圭(この日がファーストコンタクト)を背に南ウッドで僚馬2頭を目標にスタート。3馬身ほどの間隔を保ったまま、意識的に前との差を詰めることなく、余力を残してフィニッシュした(5ハロン69・0―13・0秒)。ヴィクトリアマイルをストレイトガールで連覇し、波に乗る鞍上も好感触を口にした。

     戸崎圭騎手「無理はさせずに馬の走りたいように、との指示。ゆったりと走れていたし、乗りやすい馬ですね。穏やかで気性の難しいところは感じないから、距離も大丈夫だと思う」

     トライアルのアネモネSを制しながら、疲れが抜けきらず桜花賞は回避し、フローラSからオークスの道を選択。その前走では大外枠から圧倒的な強さで3馬身突き抜け、確かな進化を感じさせた。母ハッピーパス(2001年桜花賞=4着→オークス=7着)が手にできなかったクラシックタイトル奪取へ、満を持して挑む。

     
    サンスポ追い切りCheck 2016オークス 栗東
     

     

    サンスポ追い切りCheck 2016オークス 美浦

     

    TM追い切り診断 2016オークス 栗東

     

     

    TM追い切り診断 2016オークス 美浦

     

     
    高配当21の無料予想が熱い…
    馬連予想が熱い

    okskouhai21







    【オークス(優駿牝馬)予想|2016年|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ