競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    エリザベス女王杯予想

    5
    エリザベス女王杯回顧|結果と動画|ネット評価まとめ
    マリアライト勝利!京都G1完全制覇蛯名「まだまだ良くない」

     連覇を狙うラキシスと、昨年2着の雪辱を期すヌーヴォレコルトに注目が集まったが、レースを制したのはG1初挑戦の6番人気、マリアライトだった。

     中団で折り合うと、直線で抜け出した。鞍上の蛯名正義騎手(46)は安藤勝己、武豊に続く3人目の“京都G1完全制覇”を達成。「レース自体は完璧でした」と納得の表情を見せると「この馬向きの馬場になったし、馬も前回よりもギュッとシェイプアップして良い状態だったので思い切っていきました」とレースを振り返った。

     ゴール直前、ヌーヴォレコルトとタッチングスピーチの猛追をしのぎ切った。「なんとかしのいでくれって感じでしたけど、よく頑張ってくれたと思います」と蛯名。「すごく乗りやすくて、こういう馬場も苦にしないで上手に走ってくれる。牧場さんも、厩舎もずっと我慢してしてくれて、ここまであまり回数を使っていないので、まだまだこれから良くなってくれると思う」と、初のG1挑戦で“新女王”となったマリアライトのさらなる飛躍に期待した。

     

    エリザベス女王杯-2015年

     

    1着 マリアライト 蛯名正義

    2着 ヌーヴォレコルト 岩田康誠

    3着 タッチングスピーチ ルメール

     

     エリザベス女王杯予想-ツイッターの声

    【エリザベス女王杯回顧|結果と動画|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    エリザベス女王杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

     「エリザベス女王杯・G1」(15日、京都)

     ヌーヴォレコルトは14日、1年ぶりの京都競馬場入厩。落ち着いた様子を見せた。ベテランの小松厩務員はひょうひょうとした口ぶりで「どうなのよ、ラキシスは」と昨年2着時に後じんを拝したライバルの名を挙げ記者に逆取材。

     「うまく仕上がった。岩田騎手もうまく乗れば勝てると話していたからね」と今年こその意気込みだ。

    エリザベス女王杯-追い切り動画


    サンスポ予想王-栗東


     サンスポ予想王-栗東

    サンスポ予想王-美浦

     

     

    主な馬の追い切りタイム

    クイーンズリング

    11/11 栗東坂

    55.4-40.5ー26.2ー13.1

    タッチングスピーチ

    11/11 栗東坂

    52.2-38.4-25.3-12.7

    ラキシス

    11/11 栗東CW

    84.7-67.5-52.1-38.5-12.3

    ルージュバック

    11/11 南W

    52.5-37.4-12.8

    ヌーヴォレコルト

    11/11 南W

    70.0-53.6-38.5-12.3

     

    ツイッターの声

     

    【エリザベス女王杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    エリザベス女王杯予想|予想・予想オッズ|ネット評価まとめ


    ラキシスは連覇なるのか? 

     連覇を狙うラキシスが登場する。春の宝塚記念から3連敗しているが、ここに入れば当然力上位。連覇が期待されるところだが、昨年に差のない2着に入線したヌーヴォレコルト、前走で脚質に幅が出たノボリディアーナなどの古馬、タッチングスピーチ、ルージュバックなどの3歳重賞ウィナーなどもスタンバイ。ラキシスの連覇なるか、それとも他馬がそれを阻止するのか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

    ■11/15(日) エリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・京都芝2200m)

     ラキシス(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)はここのところ不本意な競馬が続いているが、状態が悪いわけではなく、馬場やレースの流れに敗因を見い出せる。昨年のこのレースを制しているようにコース適性が高く、このメンバーなら巻き返しは必至だろう。

     ヌーヴォレコルト(牝4、美浦・斎藤誠厩舎)は秋初戦のオールカマーで2着。間隔が開いていたので、一叩きされた効果は大きいだろう。昨年のこのレースは2着だけに、今年は戴冠が期待される。

     ノボリディアーナ(牝5、栗東・松永昌博厩舎)は前走で鮮やかな差し切り勝ち。正にルメールマジックだった感もあるが、それだけであの競馬はできないだろう。控えたことで距離やレースにも幅が出た。3勝を挙げている京都コースで更なる前進が期待される。

     スマートレイアー(牝5、栗東・大久保龍志厩舎)は以前、極端な競馬が続いていたが、2走前から乗り替わって、ある程度ポジションを取るようになった。昨年は良いデキだったが、前残り馬場で極端に後ろからの競馬になったので力を出し切れず。前目につけられるようになった今年は上位争いに持ち込めそうだ。

     タッチングスピーチ(牝3、栗東・石坂正厩舎)は秋華賞で6着に終わったが、内回りコースが向くとは思えないだけに度外視したい。2走前のローズSではミッキークイーンに完勝していて、じっくり運べるここは巻き返しがあってもおかしくない。

     その他、休み明けも力あるルージュバック(牝3、美浦・大竹正博厩舎)、前走が本来の姿のクイーンズリング(牝3、栗東・吉村圭司厩舎)、底力が怖いメイショウマンボ(牝5、栗東・飯田祐史厩舎)、じっくり運べばチャンスがありそうなシャトーブランシュ(牝5、栗東・高橋義忠厩舎)、3連勝と充実のウインリバティ(牝4、栗東・飯田雄三厩舎)、ここでも通用してもおかしくないタガノエトワール(牝4、栗東・松田博資厩舎)辺りも上位争いの圏内。発走は15時40分。

     

    エリザベス女王杯-2014年


    2014年-レース結果

    1着 ラキシス 川田将雅

    2着 ヌーヴォレコルト 岩田康誠

    3着 ディアデラノビア 藤岡康太

     

    エリザベス女王杯-週間競馬ブック想定

    (印より予想)


    1番人気 ラキシス

    2番人気 タッチングスピーチ

    3番人気 ヌーヴォレコルト

    4番人気 ルージュバック

    5番人気 クイーンズリング

     

    エリザベス女王杯-ネット競馬


    1番人気 ヌーヴォレコルト
    2番人気 ラキシス
    3番人気 ルージュバック
    4番人気 タッチングスピーチ
    5番人気 クイーンズリング

     

    ツイッターの声 

    【エリザベス女王杯予想|予想・予想オッズ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    bnaban

    エリザベス女王杯予想|佐藤哲三氏のいろいろなまとめ

     

    ヤフーニュースより

    ◆「うまさ生かせる」〔5〕ヌーヴォレコルト

     美浦南の角馬場で体をほぐした後、Aコースを1周半。軽めの内容ながら、気合乗りは抜群だ。枠順は〔3〕枠(5)番に決まった。「内枠はいいですね。この馬本来の立ち回りのうまさが生かせると思います。馬は絶好調。追い切りの前よりもいい。びっくりしましたよ。けさは『走り足りないわよ!!』という感じ」と相田助手。秋3戦目ながら、状態のよさに関しては疑う余地がない。

     

    ◆最内から抜け出す〔1〕ラキシス

     坂路を4ハロン63秒0で軽快に駆け上がった。辻野助手は「ひと追いごとに良くなっています。間隔を取ってフレッシュなぶん、GIにいい状態で臨めそうですね」と、体調の良さに笑顔を見せた。〔1〕枠(1)番には「極端な枠に入りましたが、スタートセンスはいいのでロスのない競馬ができると思います。外回りコースならばらけると思いますからね」と、最内枠から直線抜け出しを狙っていた。

    ◆偶数枠に笑顔!!〔6〕メイショウマンボ

     昨年の覇者で、史上4頭目の連覇を狙う。枠順は〔3〕枠(6)番に入った。飯田祐調教師は「出てからの流れの方が大事なので、どこが嫌とかはなかったけど、スタンド前発走なので偶数枠でいいところだと思います」と笑顔で語った。

    ◆ロス最小限で…〔3〕キャトルフィーユ

     角馬場で軽く調整した後に坂路を駆け上がった。4ハロン61秒7でラスト1ハロンは13秒9と元気の良さをアピール。「気持ちが乗ってきて、競馬を察知しているみたい。体を大きく使えるようになって上積みは大きそうです。枠順はこだわっていませんでしたが、スタートのいい馬なので(3)番ならロスを最小限でいけそうです」と辻野助手。

    ◆自慢の末脚見せ所〔15〕ディアデラマドレ

     坂路で4ハロン61秒5-14秒5。落ち着きがあって雰囲気は上々だった。辻野助手は「切れが持ち味なので、良馬場でやれそうなのはいいですね」と、自慢の末脚が爆発することを期待していた。枠順は外めの(15)番。「後入れの偶数がよかったけど、最近はゲートも我慢できているので大丈夫でしょう」と話し、スタンド前発走についても「メンコを着用したマーメイドSで効果が大きかったので」と、イレ込み防止に努めるつもりだ。

    ◆内めでロスなく〔4〕オメガハートロック

     金曜早朝に京都へ移動した。枠順は〔2〕枠(4)番。「特に希望はありませんでしたが、内めでロスなく、が理想。前走はほとんど競馬に参加できていなかったので、ポンと出て流れに乗ってほしいですね」と橋本助手。ひと叩きして体調面の上積みは十分で、枠順も文句なしだ。

    ◆宗像師は満足げ〔8〕グレイスフラワー

     坂路を1本登坂。動きは軽やかだ。〔4〕枠(8)番に、宗像調教師は「枠順は、悪くないところでしたね。ジョッキーの指示に従順なのでコントロールしやすい馬」と満足そう。「体調が安定して、しっかり調教ができているのが快進撃につながっているのでしょう」と、条件戦とはいえ連勝の勢いに期待していた。

    ◆蛯名「いいところ」〔9〕ホエールキャプチャ

     坂路1本の後、Wコースを1ハロン18秒前後の軽いキャンターで1周。気合乗りは上々で、走る気を見せていた。枠順は〔5〕枠(9)番。「今の京都は外を回して届くような馬場じゃないから、枠順は外過ぎず、いいところだと思う。今回は気楽に乗れる立場だからね」と蛯名騎手。ひそかに一発を狙っている様子だった。

    ◆友道師「枠はいい」〔10〕ヴィルシーナ

     今年はヴィクトリアマイルを勝ち、宝塚記念3着と復活。枠順は〔5〕枠(10)番に入った。今回は腰に疲れが出て府中牝馬Sを自重し、約4カ月半ぶりの休み明け。友道調教師は「ぶっつけになるのがどうかですね。体はできているけど、息の部分がどうなのか。ただ、枠は極端なところじゃなくていいですね」と話した。

    ◆外めの枠気にせず〔16〕スマートレイアー

     府中牝馬S2着から挑む。枠順は〔8〕枠(16)番に決まった。外めの枠になったが、「どこでもよかった」と大久保龍調教師は意に介さない様子。この日はEコースと坂路のメニューで、ゲートで駐立も確認。「いつもやっていること。状態も悪くないですよ」と同師は話した。

    ◆気配は最高も…〔18〕アロマティコ

     昨年の3着馬は〔8〕枠(18)番に決まった。陣営は最後の直線で最内を突くレースプランを描いていたが、まさかの大外枠となった。「望んでいた枠ではないが、当たったものは仕方がない。馬の気配は最高だけど、まいったね」と佐々木調教師はしぶい表情だった。

     

     


    今朝の日刊スポーツを見ると

    ディアデラマドレが本命らしいですね…。

     

     

     前走は覚醒した感も

     
     
     
     
    【エリザベス女王杯予想|佐藤哲三氏のいろいろなまとめ】の続きを読む

    5
    bnaban

    2014年エリザベス女王杯を当てるぞ|エリザベス女王杯予想2014年

    アロマティコで如何でしょうか?

    【エリザベス女王杯(日曜=16日、京都芝外2200メートル)注目馬13日朝の表情:栗東】昨年の3着馬アロマティコは厩舎周りの運動で体調を整えた。

     佐々木調教師「(12日の)追い切りは三浦騎手に感触を確かめてもらった。レースの後は短期放牧を挟みながらという調整がいい効果をみせて、状態に関しては文句なし。超高値で安定している。メンバーが強くても展開が向けばラストは伸びてくるし、逆にスローにハマってしまうと全くダメ。とにかく流れ次第」

     引退の迫った5歳牝馬が渾身の仕上げ、そしてイチかバチかのイン突きでラストチャンスに挑む。

     

     知恵袋…アロマティコ

    エリザベス女王杯。 今のところアロマティコがおもしろいかなと思っています。そこで不安要素を教えてください
    彼女にはGIは厳しいと思います。底力に欠けます。G3辺りでそこそこ位
     
    アロマティコ動画
    【2014年エリザベス女王杯を当てるぞ|エリザベス女王杯予想2014年】の続きを読む

    このページのトップヘ