競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    エリザベス女王杯予想オッズ

    エリザベス女王杯予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【エリザベス女王杯】スマートレイアーは武豊騎手とコンビ、昨年は京都大賞典を制覇


     
     11日に京都競馬場で行われるエリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・芝2200m)に、通算4度目の出走を予定している8歳牝馬スマートレイアー(牝8、栗東・大久保龍志厩舎)の鞍上は、昨年12月の香港C以来のコンビとなる武豊騎手。

     
     同コンビではこれまでに2014年の阪神牝馬S(GII)、昨年の京都大賞典(GII)などを制している。2013年春のデビューから33戦9勝を数えたキャリアのうち、18戦6勝を占める名コンビでスマートレイアーが悲願のGI制覇を狙う。

    【エリザベス女王杯予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    エリザベス女王杯予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    ムーア騎手騎乗予定のルージュバックVS武豊騎手騎乗予定のスマートレイアー
    ◆第42回エリザベス女王杯・G1(12日・芝2200メートル、京都競馬場)

     第42回エリザベス女王杯・G1が11月12日、京都競馬場の芝2200メートルを舞台に行われる。

     前走のオールカマーでインから抜け出す新境地を見せたルージュバック(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)。これまで2000メートル(2歳時の百日草特別)までしか勝ち星がなかったが、2200メートルを克服したレースぶりは光った。潜在能力の高さは疑いようがなく、スノーフェアリーで2010、2011年を連覇したライアン・ムーア騎手とのコンビで悲願のG1制覇へ大きく期待が膨らむ。

     衰え知らずの7歳熟女、スマートレイアー(牝7歳、栗東・大久保龍志厩舎)は、前走の京都大賞典でほぼ最後方から、直線インを縫っての差し切り勝ち。逃げ、先行に活路を見い出した時期を経て、脚質に幅が出てきており、今やどんな競馬でもできる安定感を身に付けた。この馬を知りつくす武豊騎手の手綱も心強く、デビュー28戦目にして初のG1戴冠があっても驚かない。

     春のドバイ・ターフ制覇から7か月ぶりの実戦だった前走の府中牝馬S(2着)で地力を証明したヴィブロス(牝4歳、栗東・友道康夫厩舎)。逃げたクロコスミアは首差捕まえきれなかったが、好位から上がり3ハロン33秒2の脚を使い、上々の始動戦だった。ここに向けて状態は上昇しており、自身3つめのG1タイトルを目指す。

     昨年の3着馬ミッキークイーン(牝5歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、春の宝塚記念(3着)以来の実戦だが、1週前の栗東・坂路で鋭く伸びて、好調をアピールした。昨年と同様、左前脚じん帯の不安からの久々の実戦となるが、何とか間に合った感の昨年よりも、臨戦態勢は整いつつある。当週の動きに要注目だ。

     昨年、スタートでやや出遅れながら、内、内を通って抜け出し、G1初制覇を果たしたクイーンズリング(牝5歳、栗東・吉村圭司厩舎)。今回、Cデムーロ騎手とのコンビで前、前から積極的に運べば、勝機もありそうだ。

     秋華賞1、2、3着のディアドラ(牝3歳、栗東・橋田満厩舎)、リスグラシュー(牝3歳、栗東・矢作芳人厩舎)、モズカッチャン(牝3歳、栗東・鮫島一歩厩舎)は、54キロを生かし、チャンスをうかがう。

     マイルCSを勝ったサダムパテックの半妹でまだ奥がありそうな、ディープインパクト産駒ジュールポレール(牝4歳、栗東・西園正都厩舎)が最大の惑星馬か。
    【エリザベス女王杯予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ