競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    エプソムカップ

    エプソムカップ予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【エプソムC】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気【4・4・0・2】、2番人気【3・1・1・5】と上位人気は安定。7番人気以下の3着内は5頭のみ。馬単最高配当は4450円で波乱は少ない。

     ☆重賞実績 3着内25頭が芝1600~2000メートルの重賞で3着以内に入ったことがあった。

     ☆前走 マイラーズC組が5連対で最多。

     ☆年齢 4歳が【7・6・2・21】で他の世代を圧倒。5歳【2・2・1・38】、6歳【1・2・3・36】で続く。7歳以上は3着が4回あるのみ。

     結論 ◎ダイワキャグニー ○サトノアーサー ▲ブラックスピネル

    展開を読む【エプソムC=スローペース】

     マイネルミラノの単騎逃げ。競りかける馬がいなければ流れは落ち着く。エアアンセム、ダイワキャグニーが前を見ながら好位~中団をキープ。サトノアーサー、アデイインザライフは後方から末脚勝負。直線は激しい叩き合いに。

    【エプソムC】夕刊フジ・調教チェッカーズ 厳選3頭教えます

     1番手はサトノアーサー。3カ月ぶりを叩かれ、明らかに動きが良化した。今週は不良のCWコースでラスト1F11秒5をマーク。しまい重点も、馬なりのまま楽にスプマンテを2馬身突き放した。ストライドがよく伸び、バネの利いたフォームは前走以上。レースでも、末脚の鋭さは前走より増すはずだ。

     グリュイエールは2年1カ月ぶりだった前走でV。その反動が心配されたが、逆に素軽さが出てきて好調だ。今週は福永騎手を背に、不良の坂路で4F52秒0と、自己ベストを0秒7更新した。6歳でもキャリアは浅く、伸びしろ十分だ。

     トーセンマタコイヤは柴田善騎手を背にWコースで単走。馬なりで5F67秒5と動いた。前走より走りが軽くなり、推進力も出てきた。7歳でも馬はまだ若く、今が充実期だ。(夕刊フジ)

    日曜東京の危険な人気馬
     【東京9R・カフェライジング】昇級後、減量騎手が乗ったケースで3、2、3着だが、それ以外では11、11着。現状は斤量に恵まれなければ勝負に加われない。好相性の武藤とコンビを組むとはいえ、定量戦では厳しいか。

     【東京10R・プロディガルサン】抜け出すと気を抜く癖は相変わらず。ブリンカーを装着した前走でも改善はみられなかった。それでいて掛かり癖も抱えている。力上位でも当てにはできない。

     【東京11R・グリュイエール】2走連続で好時計V。それまでの走りを見ても、軽い芝でこそのタイプなのは明らかだ。日曜午後はまとまった雨が降る予報。天候次第ではパフォーマンスを大きく下げる恐れがある。2走ボケも心配。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    エプソムカップ予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【エプソムC】スマートオーディン「2年ぶりだけに割り引きは必要」

    【エプソムカップ(日曜=10日、東京芝1800メートル)注目馬最新情報:栗東】スマートオーディンの1週前追い切りは坂路4ハロン51・0―37・0―12・8秒。併せ馬で遅れたが、相手は攻め駆けタイプ。ごちゃついて前が壁になり、時計的には動けている。

     池江調教師「相手は稽古駆けするので、1週前追い切りで遅れたのは仕方がない。この馬なりには動いている。ただ、ある程度態勢は整うと思うけど、2年ぶりだけに割り引きは必要です」

    【エプソムカップ予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    エプソムカップ予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【エプソムC】スマートオーディン「2年ぶりだけに割り引きは必要」


    【エプソムカップ(日曜=10日、東京芝1800メートル)注目馬最新情報:栗東】
    スマートオーディンの1週前追い切りは坂路4ハロン51・0―37・0―12・8秒。併せ馬で遅れたが、相手は攻め駆けタイプ。ごちゃついて前が壁になり、時計的には動けている。

     池江調教師「相手は稽古駆けするので、1週前追い切りで遅れたのは仕方がない。この馬なりには動いている。ただ、ある程度態勢は整うと思うけど、2年ぶりだけに割り引きは必要です」

    【エプソムカップ予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    エプソムカップ予想|2017年|直前情報まとめ


    chokuzen

    ヤフーニュースより

    エプソムカップ傾向と対策
     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【4・3・1・2】と堅実。連対20頭全てが6番人気以内と波乱は少ない。

     ☆年齢 4歳が7勝、2着5回と他世代を圧倒。5歳が2勝、2着3回。6歳が1勝、2着2回で続く。7歳以上は勝ち星がなく厳しい。

     ☆実績 優勝馬全てが重賞で3着以内またはオープン勝利の実績があった。また、連対17頭が同年の年明け初戦で5着以内だった。

     結論 ◎アストラエンブレム ○マイネルハニー ▲タイセイサミット
    展開を読む【エプソムカップ=スローペース】
     マイネルミラノが最内から先手を取れば、マイネルハニーは直後で折り合いに専念。タイセイサミット、クラリティスカイが続き、アストラエンブレム、ダッシングブレイズは中団、デンコウアンジュ、ヒストリカルは後方から直線勝負。

    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    エプソムカップ予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    ダービー注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【マイネルハニー得意の道悪味方にV争い/エプソムC】
    7日に梅雨入りした関東地方。東京メインのエプソムC(G3、芝1800メートル、11日)は、道悪を味方にできるマイネルハニー(牡4、栗田博)に注目だ。重馬場の新馬を7馬身差で圧勝し、やや重のチャレンジCで重賞初制覇。東京は日曜も降水確率が高く、ひと雨あれば前残りが怖い。

     梅雨前線が停滞すればマイネルハニーが“前線”で粘り込む。東京競馬場の日曜の天気予報は「曇り時々雨」。降水確率は40%。木曜にも降雨があり、パンパンの良馬場は望めない。栗田博師は「雨が降れば、ほかの馬が苦にする分いいね。道悪は得意だから。水かきがついたみたいに走る」と雨を歓迎する。

     これまで、やや重~重では4戦3勝、4着1回。馬券圏内を外した1回は折り合いを欠いたもので、それでも2着とは首+鼻差だった。スピードはあるが、切れる脚は使えない。東京の長い直線で瞬発力勝負になると厳しいが、上がりのかかる馬場なら粘りは増す。重賞初制覇のチャレンジC(やや重)も、早め先頭から粘ってベルーフの追い上げを首差退けた。

     柴田大騎手は「ノメる感じがなく、バランス良く走る。調教でもぐちゃぐちゃのウッドコースを、何事もなかったように進んでいくからね。良馬場と同じように走るので、その分リードが取れる」と道悪適性に太鼓判を押す。7日の追い切りは2頭併せで追いかけ併入。放牧効果でリフレッシュ。落ち着きもある。雨中の戦いを“前線”で流れに乗れば、最後まで首位争いに停滞する。【水島晴之】
    【エプソムC】アストラ小島茂師「7、8分の完成度でも」
     2年前の勝ち馬エイシンヒカリが“世界No.1”になったように、出世重賞になりつつある「エプソムC」。今年は早い時期から期待されていたアストラエンブレムが断然の主役候補だ。管理する小島茂之調教師(49)といえば“ホンネ”の語り部として美浦では有名。「まだ7、8分の完成度でも勝ってほしい」と力強い。

     --最終追い切りは坂路3頭併せで4F51秒9

     小島茂之調教師「緊張感を持たせたかったので併せ馬。時計は気にせず、体を起こして走れればいいや、と。手応えは楽だったし、いい感じの追い切りができた」

     --先週から坂路2本追いが計4回

     「以前から山で2本やりたかった。こんな短い期間でそんな簡単に実になるのかなと思っていたが、担当者も『変わった』と。だいぶ実になっている」

     --中2週のローテは今回が初めて

     「ホントはここが目標だった。でも感じが良かったので前に1回使うのもありかな、と。実際、使った疲れは感じない」

     --前走のメイS(クビ差2着)は勝ち馬に歩調を合わせるような競馬に

     「相手の仕掛けを待っていると、嫌気を差してしまう。ミルコ(デムーロ)は『後ろから差されるほうがイヤ』と言っているけど、長くいい脚を使える血統なのに…」

     --今回は正攻法の競馬で

     「前にいたとすれば早めに抜け出すくらいでいい。当日の馬場がどうかだけど、馬の力を信じて乗ってもらいたい」

     --現在の完成度は

     「5、6分で競馬をしたときもあったが、ようやく7、8分。昨年なんかは無理に使わなくてもいいと思っていたほど。ミルコとは“まだGIという感じは…”と意見は一致。それでも、今の状態でも勝ちたいレースには違いない」(夕刊フジ)
    【エプソムC】タイセイサミット、力強く51秒4の好時計
    ◆エプソムC追い切り(7日・栗東トレセン)

     第34回エプソムC・G3(11日、東京)の追い切りが7日、東西トレセンで行われた。

     タイセイサミットは栗東・坂路を単走。1ハロン目から13秒7を刻み、残る3ハロンをすべて12秒台の好ラップ。力強い脚さばきで、全体51秒4の好時計で駆け抜けた。「すごくいい時計が出た。4ハロンもそうだけど、最後の1ハロン(12秒5)もしっかりと出てましたからね」と安藤助手は絶好の感触だ。

     全14戦で掲示板を外したのは、東京スポーツ杯2歳S(6着)と朝日杯FS(7着)だけ。重賞では3歳時に報知杯弥生賞4着、続く毎日杯も3着と好走実績がある。その素質馬が1600万、オープン特別を連勝。いよいよ軌道に乗ってきた。 「接戦の多い馬だけど、勝負根性があって、併せる形になれば抜かせない気持ちの強さがあると思います。前走(メイS)はその持ち味を生かせた形。差す競馬もできるし、自在性が出てきましたね」。幅の広がったレース運びに、安藤助手は手応えを深めている。抜けた存在のいないG3なら、タイトル奪取の好機だ。(
    【エプソムカップ予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ