競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    アメリカJCC予想,予想オッズ

    アメリカJCC予想|2020年|予想オッズまとめ

    yosouodds




    アメリカJCC1番人気結果

    2019年 フィエールマン 2着
    2018年 ミッキースワロー 2着 
    2017年 ゼーヴィンド 2着
    2016年 サトノラーゼン 10着
    2015年 ゴールドシップ 7着
    2014年 レッドイレヴン 4着
    2013年 ルルーシュ 7着
    2012年 ルーラーシップ 1着
    2011年 トーセンジョーダン 1着
    2010年 キャプテントゥーレ 11着



    1番人気の不安定度





    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

     コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【AJCC】20年始動戦ブラストGI馬の威厳示す!


     今週は冬の中山を締めくくるGII「第61回AJCC」(26日)が行われる。注目はブラストワンピース。GI馬の肩書は今年のメンバーでは明らかに格上といっていい。昨秋の凱旋門賞11着以来だけに仕上がりがポイントになるが、’18有馬記念馬の威厳を示したいところだ。  

     苦杯をなめたパリロンシャンから3カ月以上が過ぎ、いよいよブラストワンピースが伝統の中山GIIで再始動。一昨年のGPホースが気持ちを新たにリスタートだ。  アウェーは想像以上に厳しかった。日の丸を背負って挑んだ凱旋門賞はブービー11着。「スタートして間もなく手応えがなくなった」と大竹調教師が振り返るように、独特のタフな重馬場に対応できずに消耗。欧州勢に歯が立たなかった。  

     激戦の影響は残り、帰国後は疲労回復に手間取った。陣営は心身のショックを取り除くことを優先し、連覇がかかる有馬記念をパス。復帰を年明けに定め、1月4日に美浦に帰厩した。  

     丹念に乗り込まれ、16日のWコースでは7馬身先行したマサノアッレーグラに半馬身先着。馬なりの1勝クラスを引き離せなかったのは、「帰厩時が過去最高の560キロ台。まだ腹回りに余裕がある。このひと追いで変わってくれないと」。それでもマークした6F79秒6はこの日の一番時計だからさすがGI馬だ。  

     ただ、AJCCはGI馬に優しくない。99年スペシャルウィーク以来勝っておらず、15年ゴールドシップ(7着)も、昨年のフィエールマン(2着)も敗れた。ブラストはスカッと五輪イヤーをV発進で決められるか。まずは今週の最終追いで、本来のダイナミックな走りを取り戻したい。(夕刊フジ)

    アメリカJCC動画【2019年】



    アメリカJCC-2019年結果 

    1着 シャケトラ 石橋脩
    2着 フィエールマン ルメール
    3着 メートルダール マーフィ

    アメリカJCCーオッズ

    1番人気 ブラストワンピース
    2番人気 ミッキースワロー
    3着人気 ステイフーリッシュ
    4番人気 スティッフェリオ
    5番人気 ラストドラフト

    ギャロップジャパン(GallopJapan)

    無料コンテンツでこれだけ楽しめます。
    管理人に日々チェックしています。もちろん無料でw
    特に鉄板の複勝圏内率が半端ないw
    とりあえず誰でも無料で試せる無料コンテンツを大事にしようw
    gjs

    5
    アメリカJCC予想|予想オッズ1番人気|サトノラーゼンまとめ



    サトノラーゼン(中山は合っている)-ニュースより

     サトノラーゼン(牡4=池江)は昨年のダービー2着馬で、世代トップクラスの実力。菊花賞後は放牧に出て、ここが始動戦になる。橋口助手は「以前に比べ力強さが出て、精神面でも大人になってきた。先週で体は470キロ(前走比+10キロ)。まだ冬毛は残っているが、乗った感触は悪くない」と上々の手応え。

     中山は2走前のセントライト記念(0秒3差7着)以来だが「当時は長距離を意識して折り合いを重視した競馬だった。中山は合っているし距離も問題ないので」と巻き返しへ力を込めた。

     




    サトノラーゼン(日本ダービー)2着時

    satonora


    この時は、ダービーで2着になると思わなかった。
    (完全に完敗ですね)





     

    【アメリカJCC予想|予想オッズ1番人気|サトノラーゼンまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ