競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    アメリカJCC

    アメリカJCC予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【AJC杯】傾向と対策

      過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・1・0・7】、2番人気が最多3勝。

     ☆前走 勝ち馬10頭は全て重賞に出走。有馬記念組が最多4勝。

     ☆年齢 5歳が最多4勝だが今年は不在。6歳と7歳が各3勝。4歳は【0・2・2・12】と不振。

     結論 ◎トーセンビクトリー ○ゴールドアクター ▲ショウナンバッハ
    展開を読む【AJC杯=スローペース】
     マイネルミラノの逃げでゆったりした流れ。ゴールドアクターとダンビュライトは好位、ミッキースワローはそれらを見ながら運び、直線で追い比べ。この3頭が早めに動いて消耗戦になればショウナンバッハなど差し馬の出番も。
    【前走後の談話】日曜中山11R・AJCC
    ◇ゴールドアクター「(前走のときとは)返し馬が全く違ったし、劇的に良くなっていた。勝ち馬は強かったが、よく頑張っている」(横山典騎手)

     ◇シホウ「ところどころでハミを抜いてくれたけど、まだ口が重い感じ。最近は長いところを使っているぶん、テンの行きっぷりも良くない。この距離は少し長い気がするし、もう少し時計がかかってほしかった」(吉田隼騎手)

     ◇ショウナンバッハ「じっくりと脚をためた。最後は伸びたが、外枠がきつかった」(木幡初騎手)

     ◇ダンビュライト「スタートが決まったし、馬の力を信じて自信を持って乗った。まだ子供っぽいところもあるが、期待通りに成長してくれている」(松若風騎手)

     ◇ディサイファ「ポンとゲートを出てくれて、リズム良く運ぶことができた。ただ、直線に向いてからは後ろから馬がくると耳を絞っていた」(柴山雄騎手)

     ◇トーセンビクトリー「直線までうまく立ち回ることができた。反応も良かったし、最後の不利がもったいなかった」(田辺裕騎手)

     ◇トミケンスラーヴァ「血統的には短い距離なのだろうけど、穏やかな馬。2回続けていいタイミングで乗せてもらってよかった」(秋山真騎手)

     ◇マイネルミラノ「行き脚がつかず、途中から動いていった。この馬の力からすれば、もう少し粘ってくれるかと思ったが…」(柴田大騎手)

     ◇ミッキースワロー「すごい馬場だった。よく頑張った」(横山典騎手)

     ◇レジェンドセラー「エンジンがかかるのは遅かったけど、この中間で成長していたためか、最後でもうひと伸びしてくれた。この距離はぴったりだし、このまま成長していけば、重賞も狙える器だと思う」(ルメール騎手)

    日曜中山の危険な人気馬

    【中山9R・バケットリスト】未勝利脱出を果たした前走は完勝だった。とはいえ、当時のメンバーは全て次走で馬券圏外に沈んでおり、相手関係に恵まれた感は否めない。とりあえず昇級戦は様子見が妥当だろう。

     【中山10R・ブレイヴバローズ】前走は逃げ馬をとらえられず、後ろからも差されての4着。もう少しクラス慣れが必要かもしれない。乗れている鞍上込みで人気を集めるだろうが、過信は禁物だ。

     【中山11R・ゴールドアクター】7カ月のブランクを考慮して入念に乗り込まれているが、肝心の動きの方は明らかに重め。陣営のトーンが上がらないのも仕方ない。本当の狙いは次以降と見て、今回はバッサリいく手もあるか。


    アメリカJCCの予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
    keibaj




    競馬ジャパンへ行く



    アメリカJCC予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    【アメリカJCC】ミッキースワロー、馬なりで躍動12秒6!菊花賞時より状態は上

    ◆アメリカJCC追い切り(17日・美浦トレセン)

     第59回アメリカJCC・G2(21日、中山)の追い切りが17日、東西トレセンで行われた。昨年のセントライト記念覇者ミッキースワローは、美浦・Wコースで躍動感あふれる動き。得意の舞台で年長馬相手に重賞2勝目を狙う。

     リズム重視の最終調整だった。ミッキースワローは美浦・ウッドチップコースに入ると、ゆったりとスタート。徐々にスピードに乗って迎えた直線では、騎乗した菊沢調教師は一切アクションを起こさず、最後まで馬の気に任せて走らせた。「先週併せたし、もう単走で十分。躍動感があったし、いい動きだったと思う。馬場の入りも落ち着いていて、精神状態はいいと思いますよ」。5ハロン67秒4で、ラスト1ハロンは馬なりで12秒6。上々のタイムをマークしたが、それ以上にテンションが上がることなく調整できたことが、菊沢師の自信を深めていた。

     3か月ぶりの一戦だが、菊花賞6着時と比べると、明らかに今回の方が状態は上。「(前走は)セントライト記念の反動がちょっとあったけど、今回の方がリフレッシュしている。分かりやすい馬で、苦しい時は馬場入りをごねたりしやすいので」と菊沢調教師。極悪の不良馬馬だった菊花賞のダメージはなく、むしろ「トモ(後肢)のバランスがだいぶとれてきた」と肉体面は進化している。

     重賞勝ちを含む2戦2勝の舞台での今年初戦。「(相性が)いいと思ったので、このレースからと考えた。古馬とは初対戦になるし、胸を借りるつもりで」と菊沢師は控えめに話したが、昨秋から一気に存在感が増してきた4歳世代。飛躍に向けて最高のスタートを狙っている。(西山 智昭)


    【アメリカJCC予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    アメリカJCC予想|2018年|注目馬「ミッキースワロー」まとめ 

    chuumokuuma



    ミッキースワロー
    父ートーセンホマレボシ、母父ージャングルポケット

    2017年-セントライト記念




    1着 ミッキースワロー 横山典弘
    2着 アルライン ルメール
    3着 サトノクロニクル デムーロ


    (ヤフーニュース引用)
    ミッキースワロー関連ニュース

    ◆第59回アメリカジョッキークラブカップ・G2(1月21日、中山競馬場・芝2200メートル)

     昨年のセントライト記念を優勝したミッキースワローが第59回アメリカJCC(21日、中山)に登場。昨秋以降の充電でリフレッシュした明け4歳馬の可能性への手応えを、主戦の横山典弘騎手(49)に聞いた。

     ―ミッキースワローが4歳初戦を迎えます。昨年は初コンビだったセントライト記念で皐月賞馬アルアインを破って、重賞初制覇に導きました。

     「粗削りであんな脚を使えたから、この先も順調を願うだけ。無事に走ってくれれば、いくらでも大きなレースを勝てるチャンスがある馬」

     ―不良馬場だった前走の菊花賞は6着でした。

     「レースのダメージが怖かったし、変な格好になったら嫌だなと思っていたけれど、昨年暮れの調教に乗った時は元気がよかった。後遺症はなさそう。負けたことばかりを悔しがるんじゃなくて、逆に、脚元にはよかったと思った。大事に育ててきたから。あそこで壊れていたら今回の話もなかった」

     ―義弟の菊沢調教師が大切に育ててきた一頭ですね。

     「開業してそんなに長いわけではないけれど、ジョッキー人生を見てきたなかでも、菊沢の中では間違いなく一級品なんだろう。彼から言えば、毎日馬を眺めたり、馬体に触れたり、そういう何でもないことも楽しいんじゃないの? その楽しさが続くためにも順調にいってほしいよ。(菊沢師が騎乗した)1週前追い切りを上(スタンド)から見ていて、調教師は機嫌良さそうだった。まだあんな顔しているくらいじゃダメだな(笑い)。飯食えないくらい、胃に穴が開くくらいすごい馬にならないと。まあ、プレッシャーを感じさせないほど、順調なんだろう? スワローに関しては、子供っぽい面はたくさんあるけれど、体の不安はあまりない馬なんだろうな」

     ―昨年は09年以来となるフェアプレー賞を受賞。33年目の目標を教えてください。

     「ないよ、具体的には。けがや騎乗停止をしないで、無事に乗っていればあとは馬たちが力を貸してくれる。おととしの戸崎や川田は、あれだけ(戸崎は969鞍、川田715鞍)乗って勝って制裁がゼロ。素晴らしいと思う。後輩に見習わなきゃいけないところはたくさんある。同じプロとしてすごいなと思うよね」


    種牡馬データ

    トーセンホマレボシ
    3勝しているのが、ミッキースワローとスターストラック

    中山競馬場芝2200mを2戦2勝

    騎手データ

    横山典弘
    アメリカJCC 6勝

    91年 メジロモントレー
    97年 ローゼンカバリー
    05年 クラフトワーク
    07年 マツリダゴッホ
    09年 ネヴァブション
    10年 ネヴァブション

    中山競馬場芝2200m
    (2010年以降)
    7-6-4-38/55(12.7%-30.9%)




    とりあえず買い・・・




    「広告」競馬ジャパンの無料予想が激アツなの知っているw

    keibaj


    愛知杯の無料予想が凄かった。
    無料馬連予想で万馬券


    競馬ジャパンへ行く



    アメリカJCC予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)
    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    ゴールドアクターが武豊との新コンビでアメリカJCCへ

     2015年の有馬記念優勝馬ゴールドアクター(牡7歳、美浦・中川公成厩舎)が、次走のアメリカJCC・G2(21日、中山・芝2200メートル)で武豊騎手(48)=栗東・フリー=と新コンビを組むことが4日、分かった。

     中川調教師は「新たな面を出してくれることを期待しています。馬は順調に調整しています」と名手の腕に期待。昨年の宝塚記念(2着)以来、7か月ぶりとなる始動戦へ調整を進めていく。
    【アメリカJCC予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    アメリカJCC予想|2017年|注目馬ニュースまとめ

    ベストレコードの無料コンテンツは見逃し厳禁っっz
    競馬ファンならここ見て儲けているw


    ミライヘノツバサ、アメリカJCCで重賞初制覇狙う

     今週のアメリカJCC・G2(22日、中山・芝2200メートル)で、ミライヘノツバサ(牡4歳、美浦・伊藤大士厩舎)が、重賞初制覇を狙う。3戦3勝と絶対的な強さを誇る舞台で、初めてのタイトルを手にするか。

     絶好のチャンスが巡ってきた。伊藤大調教師が笑みをもらした。「みんなに『中山では強いですね』と言われるけど、中山以外はあまり使ったことがないからね(笑い)。まあ、ステイゴールドの血が入っているので、合っているんでしょう。前走(迎春S=1着)後は少しでも不安があれば使わない予定だったが、今のところは不安はない」と期待を隠さなかった。

     皐月賞12着で菊花賞が13着。昨年の牡馬クラシックでは高い壁にはね返されたが、伊藤大師はその結果を前向きに捉えていた。「G1を使った経験が生きてきている。まだパドックでうるさかったり、前走では手前を替えなかったりするところがあるが、そのぶん、伸びしろはあると思う。少しずつ体もしっかりしてきた」と手応えをつかんでいる。完勝だった前走の迎春Sと同舞台で行われる重賞だけに、侮れない存在だ。(西山 智昭)


    アメリカJCC-データ

    【アメリカJCC(日曜=22日、中山芝外2200メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈2・0・0・8〉と別定GIIとしては信じられないほどの低打率。対照的に2番人気が〈4・2・2・2〉の高打率を誇る。3番人気は〈1・1・2・6〉。

     ステップ別では有馬記念組が4勝、2着2回、3着1回で馬券圏内最多を誇るが、実際のところ有馬出走の“格”を重視された馬の凡走が冒頭の1番人気の低打率につながっている面もある。

     今年はその有馬記念組が不在。例年とは逆に1番人気が期待に応える年になるかも。

    【アメリカJCC予想|2017年|注目馬ニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ